FC2ブログ

完熟義母(2) 「好きなようにしていいわよ」

「う、うん?」
「おはよう 寝ててもいいわよ」

妻とは朝にセックスすることが多い
義母との時のようにすぐに勃たないので
しばらくフェラが続く

「本当に朝立ちしないよね あなたって」
「ハハハッ 昔からだから」

それはウソだ 結婚前までは時々朝立ちしていた

「あっ 元気になってきた」
「君も脱いで」
「ウフフッ」

義母の体にハマってからは妻の体では
あまり興奮しなくなった

結婚してすぐの頃は年上ということもあり
状況だけで興奮出来たが妻の体は同世代と比べても
張りがあって若い体なのだ

普通の男なら喜びそうなものだが
私にとってはご馳走ではない

ご馳走は少し垂れた胸 たるんだおなか 
そして太い足・・・

初体験は12才の時で相手は祖母の友達で
60代くらいのおばさんだった

名前は知らない ただ田舎に行った時に
どういう経緯かわからないが一緒に
オフロに入ることになったのだ



「あららっ おちんちん大きくなってきたわね」
「あっ・・・」
「都会の子は奥手だって聞いたけど
そんなことないみたいね」
「お母さんたちには言わないで」
「ウフフッ もちろん 内緒にしてあげるわよ
そのかわり私のこと洗ってくれる?」
「うん!」

タオルにボディソープをつけて洗おうとすると
すぐにそれを奪われた

「素手で洗ってくれないと」
「いいの?」
「好きなようにしていいわよ」

おっぱいなどをひと通り楽しんだあと
母よりもモジャモジャと毛の生えたワレメを
洗っていくことにした

「寝てあげようか」
「うん」
「そこの穴におちんちん入れたっていいんだよ」
「えっ 本当に?」
「ハハハッ」

思いっきり顔を近づけていじっていった

「うれしいわ 興味を持ってもらえて」
「ここ?」
「そうよ 指でも何でも入れていいわ」

私はいきなりちんちんを入れていった
夢精はしていたがオナニーはまだしてなかったので
ガマンの加減がわからずすぐに発射した

「あらあらっ はじめてでしょ」
「う、うん」
「こんなおばあちゃんと初体験しちゃうなんて」
「セックスしたの 僕」
「そうよ もう立派な大人な男になったのよ」

そして私のモノを愛おしそうに咥えて
残った精子を吸いつくしてくれた

「はぁ あぁ 気持ちいい」
「ウフフッ」


「邦彦はどこで寝る?」
「えっと・・・」
「あっ 私たちと寝るかい」
「うん」

夜は祖母とそのおばさんの3人で寝た

また何か出来るかもと思っていると
都合よく祖母のいびきが聞こえてきて
おばさんが近づいてきた

「もうこのおばあちゃんは起きないから 
また私と遊ぶかい」
「うん」
「眠くなったら寝ていいからね」

まず寝てる祖母とおばさんのおっぱいを
両手で比べるように揉んだ

「どっちのおっぱいが柔らかい?」
「おばさんの方が・・・」
「まぁ うれしいわ」

浴衣の前をほどいて私を抱きしめてくれた

「これからも会うたびに楽しいことしようね」
「うん」


ただこのおばさんと会ったのはその日が最後で
今どうしてるのかも全く分からない

田舎には中学の時はクラブがあって行けず
高2の時に行く機会は一度あったが
親戚だけしか集まってなくて会えなかった

その後祖母が伯父と暮らすことになり
田舎に行く理由もなくなりそれっきりになった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

完熟義母(1) 「熟女を嗜むのが大人の男・・・かな」

「熟女を嗜むのが大人の男・・・かな」
「何を格好つけてるんだよ 義理のお母さんだろ」
「それも完熟だからね 宮本くん」
「基準は何だよ まだ60代だろ」
「年齢じゃないんだな 艶というか・・・」
「はぁ もういいや 大将 同じのもう一杯」
「はいよ」


所沢邦彦 35才

義母と同居するようになってから
熟女の魅力にハマってしまった

結婚2年目 まだ子供はいない

子作りに関しては妻のタイミングで
することになっている

うちの両親は実家を私に明け渡して
母の故郷である島に移住してしまった
電話やメールのやりとりはあるが
結婚式以来会っていない


妻は和歌子 38才

化粧品販売の会社で主任をしている
結婚が遅かったのは仕事が主な理由だ

義伯母の勧めで婚活パーティに参加
そこで私と出会い結婚した

熟女というジャンルには元々興味はあったが
妻と出会った頃はまだ年上好きくらいだった


義母は山口和江 63才

結婚した時にはもう義父は亡くなっていたので
未亡人ということになる

専業主婦だったこともあって世間には疎い


宮本学 35才 独身

中学時代からの友達で会社も同じところで働いている
私が熟女にハマってからはしなくなったが
一緒にオナニーするくらい仲がいい

宮本はごく普通の巨乳好きで
今はキャバ嬢と付き合っている
顔はブサイクだが確かに巨乳ではある


義伯母は笹川花江 67才

妻を結婚させた張本人で熟年離婚したあとは
姉妹でしばらく暮らしていたが男が出来たようで
同居を解消して義母をうちに送り込んだ

あまり会う機会はないが熟女的には
義母以上の素材なのでいつか手を出してみたい




「ただいま」

「おかえりなさい 邦彦さん」
「あっ お義母さん」
「あの子はもう寝ちゃったのよ」
「ハハハッ」

妻は家に帰るとだいたいすぐに寝てしまう
仕事で体力をすべて使い果たしているのだ

「今日も宮本さんと飲んでたの?」
「はい」
「家に連れてきてもいいのに」
「平日だと泊まってもらうことになるので」
「あっ 前にも同じこと聞いたわね
休み前はあの子と・・・ウフフッ」

「シャワー浴びてから寝ます」
「おなかはすいてないの」
「少し・・・甘えちゃっていいですか」
「そのためにいるんだから 私は」

私は義母の手を握ってそのまま洗面に連れていった

「だから邦彦さん あの子がいる時は・・・」
「甘えていいって」
「そういう意味で言ったんじゃないわよ」

話を聞くつもりはない すぐに熱いキスをした
そして義母の目の前で脱いでいく

「全く もう」

服の中に手を入れて胸を揉んでいった

「ブラはもう外してるんですね」
「邦彦さんを出迎えたら寝ようと思ってたから」
「そうかなぁ」

乳首を強めにつまんでひねっていく

「あっ・・・」
「もっと声出していいですよ」
「だからあの子がいる時は・・・」

言葉とは裏腹に左手で私のモノを触りだした

「お義母さん・・・あっ」
「ウフフッ」

先っぽが弱いことを知られてしまってるので
義母は集中的に責めだした

「そこは だから・・・」
「早く出してもらわないと夜食の準備が出来ないわ」
「そんなの・・・あっ ヤバい」

少し染み出してきたモノを義母は指ですくって
舐めはじめた

「邦彦さんの味だわ」

義母は料理が上手い 味覚に長けているからだ

「今日も受け止めてほしいんですけど」
「どこで?」
「久しぶりにこっちで」

パンティを乱暴にずらしてギンギンになったモノを
思いっきり突き刺した

「ウフフッ やっぱり元気だわ 若い人は」

百戦錬磨の義母にとって私など赤子同然だ
愛撫なしでもスルッと入っていく

「はぁ はぁ 最高です お義母さん」
「あんっ あの子に見られたら終わりだわ はぁ はぁ」
「終わりじゃないですって」

たとえ離婚してもこの完熟を手放すつもりはない

「あっ もう あぁ~」

たまっていたモノを義母の中にぶちまけた

「もう自分勝手なんだから 死んだ主人と一緒だわ
ううん 男の人はだいたいそうよね」
「いろんな人と経験してるってことですか」
「えっ そういう意味じゃなくて
お姉ちゃんにいろいろ聞いてるのよ」
「あぁ 淫乱なんですね 花江さんは」
「私よりはってことよ 誤解しないで」
「いいじゃないですか お義母さんも花江さんも
独り身なんですから」
「まぁ そうだけど 変なこと言うと
お姉ちゃん怒り出すから」
「ハハハッ」

年を取っても姉妹の立場は同じということか
ひとりっ子の私には理解できないところだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母 第3集 【Special Edition】 Kindle電子書籍発売!

義母 第3集 【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品>

1. 義母の誘惑
2. 義母の寝室
3. 義母万歳
4. 完熟義母

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※本編は現在発売中の電子書籍と同じ内容です
購入される場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

≪最新作≫「完熟義母」Kindle電子書籍発売!

書き下ろし新作小説「完熟義母」の電子書籍の販売を開始しました

※同時発売の「義母 第3集 【Special Edition】」にも収録されています



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「ただいま」

「おかえりなさい 邦彦さん」
「あっ お義母さん」
「あの子はもう寝ちゃったのよ」
「ハハハッ」

妻は家に帰るとだいたいすぐに寝てしまう
仕事で体力をすべて使い果たしているのだ

「今日も宮本さんと飲んでたの?」
「はい」
「家に連れてきてもいいのに」
「平日だと泊まってもらうことになるので」
「あっ 前にも同じこと聞いたわね
休み前はあの子と・・・ウフフッ」

「シャワー浴びてから寝ます」
「おなかはすいてないの」
「少し・・・甘えちゃっていいですか」
「そのためにいるんだから 私は」

私は義母の手を握ってそのまま洗面に連れていった

「だから邦彦さん あの子がいる時は・・・」
「甘えていいって」
「そういう意味で言ったんじゃないわよ」

話を聞くつもりはない すぐに熱いキスをした
そして義母の目の前で脱いでいく

「全く もう」

服の中に手を入れて胸を揉んでいった

「ブラはもう外してるんですね」
「邦彦さんを出迎えたら寝ようと思ってたから」
「そうかなぁ」

乳首を強めにつまんでひねっていく

「あっ・・・」
「もっと声出していいですよ」
「だからあの子がいる時は・・・」

言葉とは裏腹に左手で私のモノを触りだした

「お義母さん・・・あっ」
「ウフフッ」

先っぽが弱いことを知られてしまってるので
義母は集中的に責めだした

「そこは だから・・・」
「早く出してもらわないと夜食の準備が出来ないわ」
「そんなの・・・あっ ヤバい」

少し染み出してきたモノを義母は指ですくって
舐めはじめた

「邦彦さんの味だわ」

義母は料理が上手い 味覚に長けているからだ

「今日も受け止めてほしいんですけど」
「どこで?」
「久しぶりにこっちで」

パンティを乱暴にずらしてギンギンになったモノを
思いっきり突き刺した

「ウフフッ やっぱり元気だわ 若い人は」

百戦錬磨の義母にとって私など赤子同然だ
愛撫なしでもスルッと入っていく

「はぁ はぁ 最高です お義母さん」
「あんっ あの子に見られたら終わりだわ はぁ はぁ」
「終わりじゃないですって」

たとえ離婚してもこの完熟を手放すつもりはない

「あっ もう あぁ~」

たまっていたモノを義母の中にぶちまけた

「もう自分勝手なんだから 死んだ主人と一緒だわ
ううん 男の人はだいたいそうよね」
「いろんな人と経験してるってことですか」
「えっ そういう意味じゃなくて
お姉ちゃんにいろいろ聞いてるのよ」
「あぁ 淫乱なんですね 花江さんは」
「私よりはってことよ 誤解しないで」
「いいじゃないですか お義母さんも花江さんも
独り身なんですから」
「まぁ そうだけど 変なこと言うと
お姉ちゃん怒り出すから」
「ハハハッ」

年を取っても姉妹の立場は同じということか
ひとりっ子の私には理解できないところだ

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


未亡人 【Special Edition】Kindle電子書籍発売!

未亡人 【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品>

1. 無防備
2. 寮母・大森真由美
3. 朝昼と夜
4. 茜色の再灯

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※本編は現在発売中の電子書籍と同じ内容です
購入される場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



Twitter
最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

LINK
リンク
カウンター
電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析