父子家庭哀歌~俺の娘の下着姿を見せてやる!~(2)

『尾崎さん ちょっとこれ見て下さい』

お見舞いに来てくれた時に話ははじまった

先に状況を聞かせるとおもむろに
スマホの画面を見せてきたのだ

『何だ これは』
『奥さんの下着姿を毎日アップしてるブログですけど
結構儲かってるみたいなんですよ』
『アップって・・・どういうことだ』

ネットについてはあまり詳しくない

『ここに広告が貼ってあるじゃないですか』
『あぁ これか』
『この広告をクリックしてもらったり
何かモノを買ってもらうとお金が入るんです』
『あぁ でも俺に何の関係があるんだ』
『尾崎さんもこういうのやればいいんじゃないかなって
家でする仕事だし』
『おいおいっ パソコンなんて触ったことないぞ』
『でも娘さんが持ってるんですよね』
『一応あるのはあるけどな』
『じゃあ ちょっと勉強すれば大丈夫ですって
僕が教えますし』
『そんな簡単に儲かるわけないだろ』
『いやっ 娘さんならイケるんじゃないですか
熟女系ってお金が動きやすいので』
『ちょっと待て!!!娘って何だ!!』
『尾崎さん 声大きいですって』

大部屋で他に5人の患者がいる

『この奥さんの代わりに娘さんの下着姿を
アップしていくってことですよ』
『はぁ?』

いきなりの提案に頭が回らなかったが
娘の下着姿を撮ってネットに載せるというものだった

『無理に決まってるだろ』
『顔はこんな風にバレないので』
『一度しか会ってないからわからないんだろうけど
そういうのを引き受けるような娘じゃないんだ』
『でも生活保護はイヤだって言ってるんですよね
1年後どうするんですか』
『それは・・・』

心配してくれてるのか好奇心なのかわからないが
どんどん話を進めいく

『ダメ元で一度聞いてみればいいじゃないですか』
『おまえ・・・父親が聞くことじゃないぞ』
『じゃあ そこは僕が このあと来るんですよね』
『いやいやっ』

第三者が入ると余計にややこしくなる

『おっぱいは大きいですよね』

若い女が好きでも一応チェックしてたようだ

『まぁな』
『寝てる時に揉んだりしたことあるんですか』
『あるわけないだろ』
『ムラムラした時はどうしてるんですか』
『前に話しただろ』
『シャワー室の壁に・・・そのあと娘さんも入るんですよね』
『当たり前のことを聞くな』

『エロさが大事なのでヤル気ないなら無理かなって』
『そもそもOKしないだろ』



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

父子家庭哀歌~俺の娘の下着姿を見せてやる!~(1)

「こんなことになって本当にすまないな」
「またその話? もう楽しんでるって言ってるでしょ」


尾崎満男 62才 無職

タイル職人として働いてきたが
体を壊して仕事を失った

娘 綾子 40才 無職 未婚

自転車で赤信号で渡っている時にひき逃げされて
足を骨折し後遺症が残り職場復帰出来なくなった

離婚した時には母親の方についていったが
元妻が再婚するタイミングでこっちにやってきた

まだ2人で暮らして1年も経っていない

お金を貯めてこのアパートを出ようと
していたが治療費でほとんど消えてしまった

間取りは2K 浴槽はなくシャワー室だけある


「今からでもやめて生活保護って道もあるぞ」
「やっぱり自信ないんでしょ 私じゃ・・・」
「そうじゃないって」
「顔をさらすわけじゃないし割り切るってば」
「ふぅ・・・最低の父親だな 俺は」
「また?泣かないでよ」

「じゃあ これに着替えてくれ」
「お父さん はじめる前に私の体をじっくりと見て」
「あっ あぁ」
「どうせ撮られるならキレイに撮ってもらわないと」

娘は私の目の前で全裸になった

下着姿をチラッと見かけることはあるが
裸を見るのは何十年ぶりだ

「これ はみ出しちゃうかもね」

自然なままの濃いめの陰毛がイヤらしい

「こっちも垂れちゃってるし」

大きめの乳輪に垂れ乳 少し動いただけで揺れている

「うしろを向いてくれ」
「う、うん」

おしりも垂れ気味だが大きい 安産型だ
一緒に暮らしはじめてからは男の影は見えないが
いろいろと経験してるだろう

「長野さんは月曜日に来るんだよね」
「あぁ」
「こんな風に見せてあげた方がいいかな」
「いやっ あいつは隠れてるのが好きだから」
「ウフフッ 変わってるよね」
「先に言うと意味ないが覗かせてやってもいいか」
「寝てる時とか?」
「あぁ シャワーしてる時とかな」
「バレバレだよ あんなに狭いのに」
「ハッハッハ そうだな」

長野直樹 46才 タイル屋の次男坊

年は離れてるが話が合うので仕事をしてる時は
時々飲みに行っていた 今回の件は長野の提案だ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(7)「もしかして光太もトイレしたいんじゃない」

「・・・母さん!!!」

息子の声が頭に響き渡って
私は目を閉じたまま現実に戻ってきた

この距離で声が聞こえるということは
パンティを下ろした姿を見られてるということだ

「はぁ はぁ」

明らかに息子は興奮している

「うっ あっ ううん?」

ゆっくり目を開けていった

「あっ 母さん 起きた?」
「光太 あれっ もしかして私寝ちゃってたの?」
「そうだよ もう30分くらい経ってるって」
「ごめんね」
「立てそうか」
「ちょっと待ってね」

ジャージャージャーッ

ビデのボタンを押してトイレットペーパーを手に取った
息子はその様子を戸をところから見下ろしている

「ふぅ・・・こんなに酔ったのはじめてだわ
光太は大丈夫なの?」
「元々そんなに強くないけど先輩に鍛えられてるから」

パンティを下げたまま話を続けた
別に息子に見られても減るものじゃない

「もしかして光太もトイレしたいんじゃない」
「ハハッ 実はそうなんだ」
「ガマン出来ないならこのまま・・・」
「えっ!?」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(6)「母さん 起きて!!!」

「母さん!母さん!」

母がトイレの中で下半身丸出しのままで
眠ってしまった この展開は想定外だ

起こしながらも視線はワレメに集中している

熟女らしい剛毛・・・たまらない

「母さん 起きて!!!」

体を揺すりながら起こしていく
トイレの中が小便のニオイで
さらにイヤらしさが増しているようだ

「母さん!母さん!」

早く縛りたい 早く脱がしたい



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(5)「いつでも寝れるようにパジャマに着替えるわ」

酔ってるせいもあるが息子の視線が気になる
さっきから胸と下半身をチラチラ見ているのだ

「いつでも寝れるようにパジャマに着替えるわ」
「じゃあ 俺も」
「何か持ってきたの?」
「ジャージだけど」
「ウフフッ」

股間がずっと盛り上がっている

「はぁ はぁ」

息が荒くなってるのを本人は気づいてないようだ
一応ブラジャーはつけたままにした
いつもなら外しているが息子を戸惑わせないように

あぁ ただ頭がクラクラしてきた

こんなに酔うのは生まれてはじめてかもしれない

「母さん もう1回乾杯しよう」
「ウフフッ いいわよ 何度でも」

「乾杯!」

「はぁ はぁ」

鼻息が大きく聞こえると思ったら
となりに座りだした

「ちょっとトイレ行ってくるわ」
「大丈夫?」

あっ・・・

フラついてしまったが
すぐに腕を掴んでくれた

「連れてってやるって」
「ありがと」

息子はトイレの中まで入ってきて
私を便座に座らせてくれた

「出る時もお願いね」
「あぁ もちろん!そこにいるから声かけて」

パジャマとパンティを下ろして・・・

ジョロジョロジョロッ

あぁ 眠気が・・・



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

FANZA
カテゴリ
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1127位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
47位
サブジャンルランキングを見る>>
VR
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析