義父と嫁の白昼情事(11)「寝てる間もずっと舐めてていいかな」

「おかえり」

「あなた 起きてたのね 電気消えてるから・・・」
「さっき目が覚めたところだよ よく眠れたなぁ
そうだ ラーメンどうだった?」
「美味しかったわ あっ 寝る前に歯を磨いてくるね」
「あぁ ちょっと電気つけてもらえないかな」
「は~い」


パチッ


洗面所に行くと先に義父が歯を磨いていた


「おっ 満子さんも来たのか じゃあ・・・」


股間を押し当ててきたので軽くアソコをタッチした


「ウフフッ でも輝彦さんが起きてるんです」
「何だ そうなのか 残念だな」
「お義母さんは?」
「夢の中だ」


私はちょっとしたいたずらを思いついた


「あの~ 寝てる時にいたずらとかしたことありますか」
「いたずらって触ったりか」
「はい」
「どうだったかな 新婚の時にしたことあるが
寝たフリしてたって言ってたような・・・」
「じゃあ 今からしてくださいよ 
見つからないようにのぞいてるので」
「おいおいっ 輝彦起きてるんだろ」


ガタガタッ パタンッ


「あっ」


夫がトイレに入っていく音が聞こえてきた
義父との会話を聞かれてたら・・・


「今のはまたいつかでいいだろ」
「そうですね 輝彦さんに尽くしてきます」
「おぅ そうしてくれ」

「じゃあ また」


歯を磨いたあと部屋に戻ると夫が抱きついてきた


「あなた・・・」
「満子・・・愛してるよ」
「・・・嬉しい」


「壁に手をついて」
「う、うん」


「キレイだ」
「はぁ はぁ 早く・・・」


おしりを掴まれワレメを大きく開かれそこに顔を埋めてきた


「あんっ はぁ はぁ」
「満子・・・満子・・・」


今日は高木さんと義父と楽しんで終わりだと思っていたのに・・・


「はぁ はぁ 朝まで舐めていたい」
「いいわよ あんっ でも今日は寝てしまいそう」
「寝てる間もずっと舐めてていいかな」
「うん あなたの好きにして」


「はぁ~ん あっ あぁ~ あぁ~~~~~~~」


夫よりも先に絶頂を迎え私は深い眠りについた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


義父と嫁の白昼情事(10)「私もお義父さんのラーメン食べてからムラムラしちゃって・・・」

「遅いじゃないか どこまで行ってたんだ」
「すいません これを買いに・・・」
「高田ちゃん そういうのはひとりで買いに行けよな」

「お義父さん そんなことよりもラーメンお願いします 
おなかすいちゃいました」
「そうか そうか 全部乗せでいいか」
「はい」

「ありがとね 満子さん」
「女神でしょ」
「ハハハッ」
「何だ 何だ 何をコソコソ話してるんだ」
「目ざといなぁ 親父さんは」
「うるせぇ」

「そういえば今日は車で来たんです」
「おっ そうだったのか よし 出来たぞ ラーメン」
「いただきまーす! うわぁ 美味しい!!!」

「じゃあ そろそろ帰ります」
「おぅ またな 高田ちゃん」

「満子さん また店に来ることあったら連絡ちょうだいよ」
「ウフフッ わかりました」
「また 何をコソコソ・・・」
「帰りま~す」


私がラーメンを食べ終わり他の客もいなくなったところで
義父は店の片付けをはじめた


「まだ終電の時間じゃ・・・私はここで待ってますけど」
「いやっ ガマン出来ないんだ もう」
「お義父さん・・・」


細かいことを聞く必要はない



「はぁ はぁ あんっ あんっ」


屋台を片付けたあと車の中ではじまった


「私もお義父さんのラーメン食べてからムラムラしちゃって・・・」
「この乳首がたまんないんだ」


チュパッ チュパッ


「あぁ~ん 痛いです」
「ハッハッハ ちょっと強すぎたか」


「おぉ~ あっ あぁ あぁ~~~~~~~」


谷間に男汁が・・・


「お義父さん 私はまだ・・・」
「はぁ はぁ わかってる 俺もまだまだ・・・」


「あぁ~ん あんっ あんっ あぁ~~~~~~」


「じゃあ 帰るか」
「はい」


ブルルルルッ


「あっ 鈴木理恵って知ってますか」
「鈴木・・・あぁ 輝彦の好きなエロ女優だろ」
「もしかしてお義父さんがいつも見てるのって・・・」
「俺は内容で見てるからな 気にしたことないが
そのエロ女優が出てるようなのは興味ないな」
「そうなんですね」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(9)「普通ですよ おっぱい動画見てシコシコっと」

「ミツコって何ていうか 古風な名前ですね」
「そうなんですよ」
「どんな字ですか」
「あっ 満月の満です」
「マン・・・そうですか ハッハッハ」
「何か言いたそうですけど ウフフッ」


義父を恐れているのかすぐにマンコとは言われなかった


「じゃあ 僕もついでに行きますけどここで待ってますね」
「はい」


早めにササっとトイレを済ませて外に出ると
高田さんはもう待ってくれていた


「スッキリしましたか」
「はい」
「僕もです」
「でも早かったですね」
「そうなんです 早いから離婚・・・」
「えっ!?」
「冗談です ダメですか こういうの」
「いえっ・・・嫌いじゃないです」


義父と同じ系列の人間のようだ


「あぁ よかった さすがにね 独身女性には言わないですよ」
「セクハラで訴えられますもんね」
「そうなんです 最近本当に厳しくなって
今もスレスレで言い訳出来るように言ったんですよ」
「大変ですね 男の人って」
「そうなんです」
「私は大丈夫ですから」

「もう少しゆっくり歩いて帰りませんか」
「はい でもさすがに5分以内で着いちゃいますね 見えてますし」
「遠回りしましょう」
「ウフフッ わかりました」


階段を下りて駅の反対側から店に帰ることになった


「帰りが遅いとちょっと恥ずかしいかも」
「そこは僕に任せてください 満子さんはすぐ出てきたって
ちゃんと親父さんには言いますから」
「よろしくお願いします」
「そうだな あっ 薬屋で酔い覚ましでも買いますか
言い訳の材料になるでしょ 連れ回すなって怒られそうだけど」
「ウフフッ」


薬屋に入ると高田さんはコンドームコーナーに向かった


「どれ使ってるんですか 新婚だから使ってないとか」
「いえっ 使ってます これです」
「薄いなぁ 旦那さんがうらやましい」
「高田さんは?」
「今は必要ないですけど現役の時はこれでしたね」
「ウフフッ」


「850円になります」


酔い覚ましのドリンクを2本買って店を出た


「若い時みたいに自分でシコシコしてるんですけど
何だか物足りないんですよね~」
「シコシコって・・・」
「離婚されないようにもっと頑張ってればなぁ」


思った以上に高田さんは酔っているようだ
少しだけサービスしてあげよう


「どんな風にしてるんですか」
「えっ あっ 普通ですよ おっぱい動画見てシコシコっと」
「おっぱいが好きなんですね」
「はい」


高田さんの視線が胸の方に集中している


「早いんですよね」
「あっ えっ はい」
「じゃあ あそこで・・・」


地下に下りる階段を見つけたのでそこを指さした


「えっと・・・あそこ大丈夫そうですよ」
「満子さん でも えっと 親父さんには内緒ですよね」
「当たり前じゃないですか 言いませんって」


階段下のビールケースが置いてある暗がりで
私はシャツのめくっておっぱいを出した


「どうぞ」
「あぁ ちゃんと見えないのが残念だけど・・・」
「片手で揉みながらシコシコしてくださいね」
「満子さんは女神だ 生きててよかったぁ」


義父に抱かれた時に私もそう思った



「はぁ はぁ あっ あぁ~~~~~~~~」


高田さんはビールケースめがけて男汁をぶちまけた


「ウフフッ たくさん出ましたね」
「は、はい もう思い残すことはないです」
「そんなこと言わないでくださいよ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(8)「おいっ 高田ちゃん あんまり見るなって 帰っちまうだろ」

「いらっしゃい どうぞ!」

「お義父さん 私です」
「おぉ 満子さんか 待ってたぞ 座れ 座れ」


店は屋台の方に5人くらい座れるようになっていて
外に4人掛けのテーブルが3つ置いてある

今は屋台の方にひとりとテーブルがひとつ埋まってる状況だ


「親父さん 満子さんってもしかして・・・」
「息子の嫁だ」
「おぉ~ ついに現れましたか うわさのお嫁さん」
「大げさに言うなって」


常連さんだろうか マジマジと私を見てくる


「おいっ 高田ちゃん あんまり見るなって 帰っちまうだろ」
「お義父さん お客さんにそんなこと・・・」
「いいんだって こいつは」
「ハハハッ 満子さん いいんですよ 私は
前に会社をクビになった時にはツケで飲ませてもらったりして・・・」


高田直之 40才 医療品メーカー営業 バツイチ


「何が満子さんだ 全く」
「いいじゃないですか ねっ 満子さん」
「は、はい 何とでも呼んでください」


薄着で来てしまったのですぐにトイレに行きたくなってきた


「お義父さん トイレって駅ですか」
「いやっ あそこの交番の横に公衆便所がある 男の方は汚いけど
女の方は使う奴少ないからキレイなはずだ 行ってこい」
「僕がエスコートします」
「ウフフッ いいんですか」
「まぁ そうだな 酔っ払いに絡まれるかもしれないから
一緒に行ってこい あっ こいつが何かしたら報告しろよ
アツアツのラーメンスープを頭からぶっかけてやるからな」
「怖いこと言わないでくださいって 親父さん」
「ハッハッハ」


高田さんとトイレに連れて行ってもらうことになった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(7)「疲れてるなら私ひとりで店に行くよ」

「このあと満子と父さんの店に行く予定なんだけど
母さんも一緒に行く?」


4人揃っての夕食がはじまった


「いいわよ 私は」
「たまには顔出せよ おまえ」
「仕事で肉にまみれてるから脂っぽい場所に行きたくないだけよ」
「あぁ そういうことだったのか」

「満子さん 私もね 今の仕事する前は時々行ってのよ」
「そうなんですね お義父さん 理由知らなかったんですか」
「あぁ 嫌われたかと思ってな」
「何を言ってるんですか あんたは」
「ハッハッハ」


和やかなまま夕食は終わった


「ごちそうさま 店に行くまでちょっと寝ててもいいかな」
「疲れてるなら私ひとりで店に行くよ」
「そうだぞ 俺と一緒に帰ってくれば安全だしな」
「でも・・・母さんよりもずっと店に行けてないし」
「そもそもラーメン好きでもないもんね 輝彦は」
「そうなんですか」
「満子さん 聞いてないの?」
「・・・はい」

「こいつはそばが好きなんだ でも屋台そばじゃ仕事にならんだろ」
「私も今はラーメンなんか見たくないけど大好きだったのよ」
「じゃあ 誰に似たんだ 輝彦は」
「お義兄さんでしょ 蕎麦打ちもはじめたって言ってたし」
「そうだった 兄貴だ 兄貴 お盆休みにでも行って来いよ
結婚式の時にも誘われてただろ」
「うん 伯父さんのところは今度泊まりで行くつもりだよ」


夫とそのあとふたりで話し合った結果
今夜はひとりで行くことになった


「帰りは父さんがいるから安全って言ってたけど
危ないから最初から車で行けばいいよ」
「そっか そうだね 駐車場代かかるけど」
「11時以降は安かったと思う 3時間200円くらいだったかな」
「そうなんだ」


免許は持ってるが車を持ってなかったので
そういう事情にはあまり詳しくないのだ
ただ年に数回は運転してたのでペーパードライバーではない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
946位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
41位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析