中年姉弟の性風景(12)「これで白髪になったらもう高齢者だよ」

「おはようございます 幸子さん」


準備をして家を出ると隣人と出くわした
端部屋なのでとなりは402号室の住人だ


「あっ どうも はじめまして」
「噂の弟さんね」


視線が頭にいってるのは明らかだがもう慣れている


「やっと引っ越し終わったのね」
「はい 旦那さんは?」
「釣りよ 釣り 日がのぼる前には出かけたわ」
「ハハハッ」

「ふたりでどこか行くの?」
「はい ごはんでも食べに行こうかなって」
「いいわねぇ」
「じゃあ ご一緒にどうですか」
「ううん またにするわ 早起きしたから昼寝しないと」

「そうそう 康夫 幸子さんの旦那さんは仲間よ」
「仲間って・・・」「


姉の視線ですぐに気づいた ハゲ仲間なのだ


「あっ そうなんですか」
「うちの人はもっとツルツルよ ウフフッ」
「年が20才くらい上だけどね 残念!」
「何が残念だよ もう」
「ウフフッ じゃあ 行ってきま~す」


姉はもう隣人と仲良くしてるようだ


「旦那さんに引っ越しの時 ちょっと手伝ってもらったの」
「人手いるなら手伝いに来たのに」
「ううん 大した荷物はなかったから 見ればわかるでしょ」
「まぁ そっか で ツルツルって」
「剃ってるんだって 康夫が残してる髪とか」
「それはそれで面倒な気がするけどな」
「見た目の問題でしょ 何ていうか家族だから大丈夫だけど
その髪は何とかした方がいいと思うよ」
「手遅れでしょ 何しても」
「剃るのはイヤなんだよね」
「毎日生えてくるから大変だって」
「まぁ 黒いもんね 幸子さんの旦那さんは白髪だから
多少生えてきても目立たないけど」
「これで白髪になったらもう高齢者だよ 俺なんか」
「髪の毛があれば若く見えるのにもったいないなぁ」
「やっぱりカツラか・・・」
「ごめん ごめん つまんない話しちゃって」
「いやっ 重大問題だから」


ハゲは気にしてるが鏡を見る回数を減らしたりして
なるべく考えないようにしている
ストレスも抜け毛の原因らしいがほとんど遺伝だろう


「そうだ これからは私が散髪してあげるよ」
「姉ちゃんが!?」
「うん 経済的でしょ その髪型なら失敗しようがないし」
「ひどいな」


ここ最近は本格的な理容室じゃなく
1000円カットに行ってるので大した出費でもない


「そのかわり私の髪は康夫が散髪してね」
「えっ それはさすがに・・・」
「髪をすいたりするだけよ 何かある時はちゃんと美容室行くし」
「あぁ それならいっか」

「結構ボサボサだから今日の夜にでも散髪してあげよっか」
「あっ うん」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(11)「オフロ入る時は戸を閉めておいてよ」

「康夫 おはよ」


リビングに顔を出すと姉はテレビを見てくつろいでいた


「おはよ いつの間にか寝てしまって・・・」
「シャワー浴びるって言ってたのに」
「今から浴びてこよっかな」
「そういう私もさっき入ったばっかりだけどね」
「そうなんだ」


よく見るとフロ上がりの髪でバスタオルも
無造作に置いてある


「昼は何か外に食べに行こっか 初ドライブを兼ねて」
「姉ちゃんが運転してる車に乗るのはじめてだな」
「何言ってるのよ お母さんの葬儀の時に乗ったでしょ」
「あっ そうだった そうだった」


母の亡くなったあたりの記憶は曖昧になっている
あまりにもつらい出来事だったからだ


「オフロ入る時は戸を閉めておいてよ」
「わかってるって」


別にのぞかれても平気だが言うとおりにしよう


「ふぅ・・・」


バサッ ガチャッ


洗濯機の中をのぞくと洗濯ネットが目に入った
この中に姉の下着が・・・

いきなり戸を開けて洗面に入ってくることはないので
手に取って中を見てみることにした


「おっ」


トントンッ


いきなり戸を叩かれてびっくりした


「何々」
「言うの忘れてたけど下着は洗濯ネットに入れてね」
「あっ うん どこにあるの?」
「中に入ってる」


すでに手に持ってるがそう答えた


「えっ これって姉ちゃんの入ってるんじゃない」
「さっきシャワー浴びたって言ったでしょ」
「一緒に入れていいの?」
「当たり前でしょ 家族なのよ 思春期じゃあるまいし
あっ でもブラは別の洗濯ネットに入れるから
パンツが入ってるの確認して入れてね」


ということは確かめてもいいということか


「じゃあ ごゆっくり~」
「あっ うん」


洗濯ネットの中からパンティーを取り出して観察してみる
色は黒で少し高そうだ


「はぁ はぁ」


思春期じゃあるまいしと言われたが
興味あるんだから仕方ない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(19/最終話)「父ちゃんの方を向いておしり突き出して」

-次の日-

「じゃあ また来るよ」

「今度はみんなで来て」
「何だよ 俺ひとりで来ちゃダメなのかよ」
「そんなことないけどね」
「あぁあ 俺もここで住もうかなぁ 居心いいし
母ちゃんのおっぱいも吸えるし」
「何を言ってるんだい もう」


弟は家に帰っていった


「騒がしかったけど楽しかったわ」
「親孝行な息子たちだから」
「自分で言わないで でも本当その通りだわ」


チュッ


「母ちゃん 今日は佐久間さんと会うの?」
「ううん 約束はしてないけど」
「じゃあ・・・」


チュパッ チュパッ


「やっぱりさ 父ちゃんにも見てもらおうかなって」
「そうかい 私はどっちでもいいよ」


仏間に母を連れて行きすべて脱がせた


「父ちゃんの方を向いておしり突き出して」
「はいはい こうかい」


ヌプッ ズボズボッ


「あんっ あぁ クニオ あぁ~」
「はぁ はぁ」


パンパンッ パンパ~ンパンッ


「あぁ~ん お母さん イッちゃうよ」
「はぁ はぁ あっ あぁ~」

「クニオ クニオ」
「あっ あぁ~~~~~~~~」


ドピュッ


これからも母とずっとスケベなことを楽しんでいこう


ペロペロッ


「母ちゃんって本当精子好きだね」
「あぁ 大好きだよ」



-おわりー



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(18)「兄貴 前に言ってたこと実行しようぜ」

「兄貴 前に言ってたこと実行しようぜ」
「前に言ってた・・・あっ おっぱいか」
「あぁ」


弟がひとりで家に遊びに来た


「母ちゃん 今日は俺兄貴の部屋に泊まっていくから」
「はいはい 好きにすればいいよ」
「ガンガン飲むぞぉ」

「乾杯!」


最初は昔の事や私に新しい仕事のことを
話していたが徐々にスケベな方向に変わってくる


「兄貴 ふたりで母ちゃんをとなりに座ろうぜ」
「ウフフッ うれしいわ」


「母ちゃん おっぱい吸わせてよ」
「何だい 甘えちゃって もう」
「兄貴も早く早く」
「あっ あぁ」


モミモミッ モミモミッ


「あんっ くすぐったいね もう」
「いいでしょ 母ちゃん」
「好きにすればいいよ あんたたちのおっぱいなんだから」
「やったぁ 脱いで 脱いで」
「はいはい」


モミモミッ チュパッ チュパッ


「あぁ~ん 楽しいわ お母さん」


上半身ハダカの母親にいたずらしながら飲み進めていった


「トイレ トイレ」


弟がトイレに立った瞬間にチンコを出し
母の口に突っ込んだ


「はぁ はぁ あっ あぁ~~~~~」


ドピュッ


ゴックンッ


「ウフフッ ガマンしてたのね」
「うん」

「はいはい 戻ってきたよぉ おっぱい! おっぱい!」
「オサム クニオ たくさん吸っておくれ」


チュパ チュパッ


「あぁ 眠くなってきたわ あとは2人で飲んでね」
「あぁ~い おやすみ~」


母が先に酔いつぶれて眠ってしまった


「兄貴 兄貴 エロ動画見てシコろうぜ」
「そうだな ハハッ」


弟と一緒にオナニーするのも悪くない


「これやばいな 母親の2穴を兄弟でって」
「俺らも大して変わらないことしてただろ」
「いやっ おっぱいだけなら可愛いもんだろ
母ちゃんに彼氏いないならこういうのもやっていいかもな」
「変なこと言うなって オサム」
「兄貴 チンコびんびんじゃ説得力ないぞ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(10)「姉ちゃん テンション高すぎ」

「姉ちゃん あっ 起きてたんだ」
「ノックしてよ もう」
「そっか ごめん」


7時前に部屋に入ったがもう【姉貴の寝顔】には手遅れだった


「そういうことも先に話し合っておかないとね」
「うんうん その前にピザ頼もう」
「そうね」


リビングに置いてある2店舗のチラシを
見ながらピザを選んでいく


「姉ちゃん どっちのピザ頼んだことあるの?」
「ううん まだ チラシを見ただけよ」
「そうなんだ こっちのチェーン店は知らないけど」
「知らない方にしようよ 一か八か」
「うんうん マズいピザって食べたことないし」
「それもピザゴッドだって ハハハッ 神だね」
「ハハハッ」


早速ピザを頼んで待つことにした


「部屋のノックもそうだけどトイレは鍵を閉めてね
あとオフロは廊下側の戸を閉めればいいかなって」
「うんうん」
「洗面とか使いたい時はノックしてくれてもいいし」
「オフロ場の中にいたら聞こえないんじゃない」
「そんな急ぎで洗面使いたいことなんてないでしょ」
「まぁ そっか」

「あと仕事が決まるまでは家事は私が全部してあげるわ」
「本当に?」
「うん 洗濯は2人だから週に1回でいいよね
あとオフロはシャワーしかしないんだっけ」
「冬はたまに入ると思うけど」
「そうなんだ 私も夏はいいかな 湯船の掃除も大変だし」


姉が結構ズボラなので少し気が楽になった


「ごはんも夜だけは作るつもりだけど・・・」
「炊飯器あるの?」
「あるわよ ずっと使ってなかったから使えるか心配だけど」
「送り迎えしてもらえるなら途中に店で食べてもいいかなって」
「もちろんそれも考えてるわよ 牛丼屋はお持ち帰りも出来るし
あっ そうそう スーパーは7時から半額よ」
「ハハハッ 帰りが7時になることは年に数回だけど」
「そうなの?」
「調べた感じだと6時前には駅に着くかなって」
「会社でゆっくりしてきてよ 幸助くんもいるんでしょ」
「幸助くんって 何度聞いても笑えてくるなぁ」


会社の定時は5時でゆっくり出ても6時過ぎには駅に着く
ただ小島の家に寄ってくればいくらでも時間調整できる


「康夫は何かある?」
「あのメダカのことだけど・・・」
「私が何かすることあるの?」
「特にないけどブレーカーを落としたまま
家を出たりとかされると困るっていうか」
「そういうことね 出かける時はチェックしていくわ」
「ありがと」

「メダカ飼ってるなんてかわいいわね」
「見てると疲れが取れるっていうか」
「まぁ 癒されるわよね」


姉はあまりメダカには興味はなさそうだ


ピンポ~ン


「ピザだ ピザだ」
「ハハハッ」

「いっただきま~す!」
「姉ちゃん テンション高すぎ」
「だってピザ食べるの久しぶりなんだもん」
「まさかだけどダイエット?」
「それ以外ないでしょ ガマンする理由なんて
あっ お金ないとかあるか」
「ピザくらいならいつでもおごるけど」
「本当に?」
「うん」
「やったぁ 一生ピザ食べ放題ゲット!
持つべきものは弟ね」
「一応1日Mサイズ1枚ってことでいいかな」
「ウフフッ」


その日は朝から引っ越しで忙しかったこともあって
姉との会話もそこそこに早めに眠りについた





※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1045位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析