FC2ブログ

≪最新作≫ 「ギャル姉がやってきた!」Kindle電子書籍発売!

「ギャル姉がやってきた!」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「家事面倒だし 私 ここで住むわ」
「ウソでしょ」
「私 そんなに家にいないし平気平気」
「いやっ でも・・・」


北村ケント 23才

文具デザイン事務所[アリスタ]で働いている
高校時代の美術部の先輩がはじめた会社で
社員はまだ4人しかいない

その先輩も女性だが他の社員も女性で
僕は会社で唯一の男性社員だ

元々男らしさのカケラもないので
なんだか溶け込んでいる

ただゲイではなく普通に女性が好きだ

昔から洋画を観て育ったせいか
外国の女性にしか興味がない



姉はヒミコ 25才

小学校の時にギャル雑誌を見て覚醒し
中学入学の時には学校の規則も無視で
派手なメイクにアクセサリー満載で登校しはじめた

「じゃあ 学校行かなくていいの?」

これを言われると先生たちも困った様子で
注意しながらも見逃していた

PTAで話題になりそうなものだが
姉はそのあたり頭がいいのでPTA役員の娘を
自分の子分のようにしていた

高校は不良たちが行くところだったので
特に何も言われることなく
ギャルとして存分に楽しんでいた


20才を過ぎるともうギャルの世代ではおばさんだ
姉の友達は普通のOLになったり結婚したり
どんどんマトモになっていったが姉は違った

今でも派手な格好で出歩いている

ただ職業柄全く問題ない
高校の時からギャルショップ[MOH]で
バイトしてたが今はそこで雇われ店長をしている

店には姉の写真も飾ってあって
新しい世代のギャルに崇められている



うちの両親は伝統雑貨のバイヤーで
ここ最近は日本に戻ってきていない

僕が高校を卒業するまでは
母だけ日本で仕事をしていたが
そのあと家を売り払って父のもとに向かった

なので僕は大学からはひとり暮らしで
その時に入居した部屋に今も住んでいる

姉は高校を卒業してからは友達の家や彼氏の家を
渡り歩いていたが昨年はじめて部屋を借りた

ただ長続きせずに面倒になったという理由で
うちにやってきたのだ


「服とかアクセサリーとか置く場所ないよ」
「それは大丈夫 店の倉庫に置いたりしてるし
あと羽振りのいい友達のクローゼットにも」
「じゃあ その友達のところで住めばいいのに」
「もう25だからね 気を使うっしょ」
「ハハハッ お姉ちゃんらしくないなぁ」
「大人な発言ってやつよ ハハハッ」

姉は楽天家なのでどんなことでも大して悩むことはない

ただうちは1Kだ ロフト付きなので
スペースは問題ないがプライバシーが・・・

「洗濯好きな弟がいてよかったわ」
「全部やらせるつもり?」
「お金ちょっと入れるからさ」
「いくら」
「う~ん 3万でどうかな」
「食費も込みで?」
「細かいんだから 仕送り貯金してたんでしょ」

大学時代はアルバイトしてたが
親からも仕送りをもらっていて
実は結構貯金はある 姉にはバレてるようだ

「わかったよ でも3万払えなくなったら
洗濯も掃除も食事の準備もしないからね」
「わかったって ケントのパンツも洗ったげる」
「はぁ・・・」

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

ギャル姉がやってきた!(1)「家事面倒だし 私 ここで住むわ」

「家事面倒だし 私 ここで住むわ」
「ウソでしょ」
「私 そんなに家にいないし平気平気」
「いやっ でも・・・」


北村ケント 23才

文具デザイン事務所[アリスタ]で働いている
高校時代の美術部の先輩がはじめた会社で
社員はまだ4人しかいない

その先輩も女性だが他の社員も女性で
僕は会社で唯一の男性社員だ

元々男らしさのカケラもないので
なんだか溶け込んでいる

ただゲイではなく普通に女性が好きだ

昔から洋画を観て育ったせいか
外国の女性にしか興味がない



姉はヒミコ 25才

小学校の時にギャル雑誌を見て覚醒し
中学入学の時には学校の規則も無視で
派手なメイクにアクセサリー満載で登校しはじめた

「じゃあ 学校行かなくていいの?」

これを言われると先生たちも困った様子で
注意しながらも見逃していた

PTAで話題になりそうなものだが
姉はそのあたり頭がいいのでPTA役員の娘を
自分の子分のようにしていた

高校は不良たちが行くところだったので
特に何も言われることなく
ギャルとして存分に楽しんでいた


20才を過ぎるともうギャルの世代ではおばさんだ
姉の友達は普通のOLになったり結婚したり
どんどんマトモになっていったが姉は違った

今でも派手な格好で出歩いている

ただ職業柄全く問題ない
高校の時からギャルショップ[MOH]で
バイトしてたが今はそこで雇われ店長をしている

店には姉の写真も飾ってあって
新しい世代のギャルに崇められている



うちの両親は伝統雑貨のバイヤーで
ここ最近は日本に戻ってきていない

僕が高校を卒業するまでは
母だけ日本で仕事をしていたが
そのあと家を売り払って父のもとに向かった

なので僕は大学からはひとり暮らしで
その時に入居した部屋に今も住んでいる

姉は高校を卒業してからは友達の家や彼氏の家を
渡り歩いていたが昨年はじめて部屋を借りた

ただ長続きせずに面倒になったという理由で
うちにやってきたのだ


「服とかアクセサリーとか置く場所ないよ」
「それは大丈夫 店の倉庫に置いたりしてるし
あと羽振りのいい友達のクローゼットにも」
「じゃあ その友達のところで住めばいいのに」
「もう25だからね 気を使うっしょ」
「ハハハッ お姉ちゃんらしくないなぁ」
「大人な発言ってやつよ ハハハッ」

姉は楽天家なのでどんなことでも大して悩むことはない

ただうちは1Kだ ロフト付きなので
スペースは問題ないがプライバシーが・・・

「洗濯好きな弟がいてよかったわ」
「全部やらせるつもり?」
「お金ちょっと入れるからさ」
「いくら」
「う~ん 3万でどうかな」
「食費も込みで?」
「細かいんだから 仕送り貯金してたんでしょ」

大学時代はアルバイトしてたが
親からも仕送りをもらっていて
実は結構貯金はある 姉にはバレてるようだ

「わかったよ でも3万払えなくなったら
洗濯も掃除も食事の準備もしないからね」
「わかったって ケントのパンツも洗ったげる」
「はぁ・・・」

ギャルがみんなそうとは限らないと思うが
姉には全く羞恥心がない

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ギャル姉がやってきた!(2) 「仲良し姉弟だね あたしたち」

「じゃあ 早速ここの狭いユニットバスを
使わせてもらおうかな」

バストイレが一緒になってるのでかなり狭い

「ここのカゴに入れればいいの?」
「あっ うん」

姉の下着をこれからは洗わないといけない
家にいた時は母がしていたのではじめてのことだ

「あっ そうだ」
「何?」

ハダカのまま部屋に戻ってきた

「ちょっと 何してるの お姉ちゃん」
「ケントも脱いで」
「えっ!?」
「気を使うのイヤだからさ 見せ合っておこうよ」
「おかしいでしょ」
「あっ ボッキしちゃった?」
「してないって」

姉の言うとおり全部脱いだ

「おぉ 立派なモノ持ってるねぇ」

何とか耐えて半立ちくらいだ

「もういいでしょ」
「一緒に入ろうか」
「入れるわけないでしょ 狭いのに」
「狭いとくっついちゃうもんね」

姉のハダカを見るのははじめてじゃない
黒ギャル時代にもよく見せられたりしていた

あの時はオナニーに夢中だった時なので
かなり興奮した

胸はCカップで美乳だ
くびれもあってスタイルがいい

「あっ ビンビンになってきたねぇ」
「ちょっとからかわないでよ」
「ロフトから私の寝姿見てオナニーしていいから」

男の生理にここまで詳しいと逆にありがたい

「じゃあ 一緒に入るよ」
「おっ ケント覚悟決めたね~」

中に入ったがもちろん狭い

「ハハハッ 狭いね 思った以上に」
「だから言ったでしょ」
「仲良し姉弟だね あたしたち」
「お姉ちゃんが入ろうって言ったから・・・」
「気になるから先に出して」

姉は手でしごいてくれた

「わっ あっ あぁ~」

たまっていたのですぐに発射した


「ハハハッ 結構デカいじゃん 誰か紹介しようか」
「ギャルでしょ 話が合わないよ」
「見た目だけギャルも結構いるって
私みたいな本格派は少ないから 今は」

そして順番に洗いはじめた

「キャハハッ 楽しいな こういうの」
「背中だけでいいって」
「おしりの穴も」
「ちょっと指入れないでよ」
「ケントが本当にゲイじゃないか確かめないと」
「やめてよ もう」

「今度は私にしてみて」
「いいの?」
「意外と嫌いじゃないのよね」

ボディソープをつけて中指を
おしりの穴に押し付けていった

「あっ あんっ」
「グッと入れちゃうよ」
「いいよ」

これは楽しい

「あんっ ヤミツキになるわ」
「こっちも・・・」
「ちょっと私を犯すつもり?」
「ごめんなさい」
「ハハハッ さすがにダメっしょ」
「う、うん」

基本的に男を欠かさない姉が
僕なんかとエッチする必要はないのだ

「特定の彼氏っているの?」
「今はいないわ 4人くらいストックしてるけど」
「あいかわらずモテるんだね」
「そりゃ そうでしょ」

「じゃ 先に出るよ」
「どうぞ どうぞ やっぱ狭いし ハハハッ」

浴室を出るとちょうど母から電話がかかってきた

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ギャル姉がやってきた!(3) 「金髪じゃなくてもいいのね」

「どう? 元気でやってる」
「うん でも今日お姉ちゃんが来ちゃって」
「仲いいわね」
「それも一緒に住むって」
「ハハハッ 家事が面倒だからでしょ」
「その通り」
「ヒミコに代わって」
「今オフロに入ってるから」
「そっか でも2人が元気ならいいわ」
「今度いつ帰国するの?」
「まだ予定はないわ 打ち合わせもこっちでしてるし」
「こっちって今どこにいるの?」
「言ってなかったっけ シンガポールよ」
「そうなんだ」
「近いでしょ 今度2人で遊びに来てよ」
「う、うん」

ガチャッ 

「あっ お姉ちゃん 出てきた」

「誰?」
「お母さん」
「あぁ マミーか」

姉に代わった

「マミー 楽しんでる~ ハハハッ だって~
ケントの邪魔しないって うん えっ 行く行く~
そんじゃパピーにもよろしく~」

ハダカのままいるのかと思ったが
姉はパンティをはきはじめた

「カーテン開けたら向かいのマンションから
丸見えだから気をつけてね」
「別に見られても・・・いやっ ストーカーが
増えたら困るから言うこと聞くわ」
「増えたらって今すでにいるってこと?」
「そう 女子なんだけど 結構本気なんだよね」
「ここもバレちゃうんじゃない?」
「いいじゃない ケントがお仕置きしてあげれば」
「犯罪じゃない それって」
「真面目過ぎるでしょ みんな中学から
バンバンやっちゃってるのに」
「みんなってお姉ちゃんの周りだけね」

「まさか童貞じゃないでしょうね」
「う、うん 経験はあるよ 一応」
「よかったわ でも彼女はいないんでしょ」
「実は・・・」

どうせバレるので姉に外国人好きを伝えた

「ギャルどころか外国人好きなんて
結構ハードなところ攻めるわね
大学の時に留学生とかいたんじゃないの?」
「いたけど好みの子はみんな相手がいたから」
「そりゃ そうよね あっ うちの店にも
時々外国人客が来るから協力してあげるわ」
「本当?」
「この話には乗るのね 真面目は撤回撤回
どんな子ならOKか教えておいてよ」
「あっ うん 例えば・・・」

洋モノグラビア雑誌を姉に見せながら伝えた

「金髪じゃなくてもいいのね」
「うん」
「みんな私と同じでパイパンね」
「お姉ちゃんは脱毛してるんだよね」
「もちろんよ 剃るの面倒だしね」

パンティをずらして見せてくれた
さっき出したところなので普通に見れる

「キレイに割れてるなぁ」
「もっと興奮してよ」
「ごめんなさい」

「彼女を紹介してあげたら何してくれるの?」
「3万もいらないし家事も全部してあげるよ」
「何それ 最高じゃない 本気出すわ」
「よろしくね お姉ちゃん」

外国人繋がりの多い親にでもいつか頼もうかなと
思ってたところなのでうれしい展開だ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析