FC2ブログ

≪最新作≫ 「義母の誘惑」 Kindle電子書籍発売!

「義母の誘惑」の電子書籍の販売を開始しました

-黒川家に代々伝わる慣習とは一体!?-

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「これから半年ほどお世話になるわね」
「何を言ってるんですか こっちのセリフですよ」
「ウフフッ どっちでもいいじゃない
でもママが来てくれてうれしいな」



畑山カズヤ 28才 サラリーマン

結婚2年目 現在妻が妊娠中だ

安定期を過ぎたので半年ほど
義母が一緒に住んで家の用事などを
してくれることになった


妻はエミ 24才

顔で選んだのでかなり美人で
大学時代はミスコンなどにも出ていた

家事などは苦手で妊娠する前も
面倒になると義母を呼び出していた


義母は黒川ハルミ 48才

妻とは全く似ていない
ボリュームある体つきが特徴だ

子供は娘が2人 義姉のハルカさんは
未婚で実家で一緒に暮らしている



「でもお義父さんがよく許してくれましたね」
「ハルカの花嫁修業だって説得したのよ 
家でフラフラしてるだけなんだから」
「お姉ちゃん 可哀想に」

妻の実家は電車で1時間ほど離れてるだけなので
いざとなれば義母が掛け持ちでやることになるだろう

義父は義母よりも年下で最初挨拶に行った時に
キッチンでの2人の会話をたまたま聞いたのだが
母と息子みたいな感じだった


「俺にもビールちょうだい ママ」
「ダメよ これ以上飲んだらまた・・・」
「いいだろ ちぇっ」
「そんなこというなら・・・」


子供と同じようにママと呼ぶのにびっくりした
私の前ではそう呼ばないように気をつけてるようだ

今まで義母は一度も泊まっていかなかったが
それはきっと義父が許さなかったに違いないのだ


「もしもし 着いたわ うん うん
何度も言ったけどつまらないことで
帰って来いとか言わないでね 
エミのためでもあるけどハルカのためでも
あるんだから う、うん えっ 嬉しいわ
私も愛してるわ じゃあね シンゴくん」

こっちに来て早速義父に電話だ


「絶対パパはガマン出来ないと思うなぁ
ママを追ってこっちに来るんじゃない」
「そしたらハルカも来ちゃうわよ」
「2人とも来たら・・・狭くなるね」
「ハハハッ 僕は別にかまいませんけど」
「来させないから心配しないで
今はエミのおなかの子が最優先だから」
「妊娠してよかった」
「何をのん気なこと言ってるの
これからが大変なのよ それだけは
代わってあげられないから」
「ママ~って叫んじゃいそう」
「恥ずかしいわね せめてカズヤさんの
名前にしなさい」
「ハハハッ オッケ~」

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

義母の誘惑(1) 「これから半年ほどお世話になるわね」

「これから半年ほどお世話になるわね」
「何を言ってるんですか こっちのセリフですよ」
「ウフフッ どっちでもいいじゃない
でもママが来てくれてうれしいな」



畑山カズヤ 28才 サラリーマン

結婚2年目 現在妻が妊娠中だ

安定期を過ぎたので半年ほど
義母が一緒に住んで家の用事などを
してくれることになった


妻はエミ 24才

顔で選んだのでかなり美人で
大学時代はミスコンなどにも出ていた

家事などは苦手で妊娠する前も
面倒になると義母を呼び出していた


義母は黒川ハルミ 48才

妻とは全く似ていない
ボリュームある体つきが特徴だ

子供は娘が2人 義姉のハルカさんは
未婚で実家で一緒に暮らしている



「でもお義父さんがよく許してくれましたね」
「ハルカの花嫁修業だって説得したのよ 
家でフラフラしてるだけなんだから」
「お姉ちゃん 可哀想に」

妻の実家は電車で1時間ほど離れてるだけなので
いざとなれば義母が掛け持ちでやることになるだろう

義父は義母よりも年下で最初挨拶に行った時に
キッチンでの2人の会話をたまたま聞いたのだが
母と息子みたいな感じだった


「俺にもビールちょうだい ママ」
「ダメよ これ以上飲んだらまた・・・」
「いいだろ ちぇっ」
「そんなこというなら・・・」


子供と同じようにママと呼ぶのにびっくりした
私の前ではそう呼ばないように気をつけてるようだ

今まで義母は一度も泊まっていかなかったが
それはきっと義父が許さなかったに違いないのだ


「もしもし 着いたわ うん うん
何度も言ったけどつまらないことで
帰って来いとか言わないでね 
エミのためでもあるけどハルカのためでも
あるんだから う、うん えっ 嬉しいわ
私も愛してるわ じゃあね シンゴくん」

こっちに来て早速義父に電話だ


「絶対パパはガマン出来ないと思うなぁ
ママを追ってこっちに来るんじゃない」
「そしたらハルカも来ちゃうわよ」
「2人とも来たら・・・狭くなるね」
「ハハハッ 僕は別にかまいませんけど」
「来させないから心配しないで
今はエミのおなかの子が最優先だから」
「妊娠してよかった」
「何をのん気なこと言ってるの
これからが大変なのよ それだけは
代わってあげられないから」
「ママ~って叫んじゃいそう」
「恥ずかしいわね せめてカズヤさんの
名前にしなさい」
「ハハハッ オッケ~」


うちは2DKで部屋は2つあるが隣り合っている
そしていびきが聞こえてしまうくらい壁が薄い
友達を泊めた時にわかったことだ

「ママはこっちの部屋使ってね
ちょっと荷物が多いけどテキトウに片づけて」
「はいはい」
「あとね ここ壁が薄いの」
「えっ!?」
「私たちの会話とか聞こえちゃうかもしれないけど
気にしないでね」
「わかってるわよ」
「ウフフッ」

よく来てもらってるが泊まったことはないので
どれくらい音が漏れるかわからないはずだ
私も友達のいびきを聞くまで気づかなかった



「やったぁ これからは自由だわ
何のドラマ観ようかな あと友達とも遊んで・・・」
「今までと大して変わらないだろ
それよりつわりとか大変になるみたいだぞ」
「平気平気 痛くなったら寝ちゃうから」
「まぁ 男の俺にはわからないけどさ」
「さすがに産む時は痛そうだけどね」

安定期に入ってからは2日に1回のペースで
セックスしていたが今日からどうするかは決めてない

「あなた」
「うん?」
「今日は大丈夫だよ」
「でも・・・」
「ママのことが気になる?」
「そりゃ そうだろ」
「聞かないフリしてくれるって
さっき言ってたでしょ」
「まぁ・・・」

激しくしなければ大丈夫なようだが
おなかが大きくなってきたので
義母のこととは関係なく躊躇してしまう

何だか悪いことをしてるようで
萎えてくるのだ

「ダメなの?」
「ごめん」
「まぁ ママが来たばっかりだしね」

妻は妊娠してからは求めてきたりしなくなった
元々私よりも性欲が強かったので妊娠効果だろう

「おやすみ」
「あぁ おやすみ」

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母の誘惑(2) 「エミはまだ寝てるの?」

「おはようございます」
「ごはん 食べていくでしょ」
「はい」
「エミはまだ寝てるの?」
「はい」
「じゃあ 2人で食べちゃいましょ」

義母は料理が上手いので
朝から幸せな食卓だ

いつも朝食はパンとコーヒーを自分で用意したり
牛丼屋で食べたりする
妻が寝てるのは妊娠と関係なくいつものことだ


「パンの方がいいなら明日からそうするけど」
「いえっ ごはんの方がありがたいです」
「朝ごはん作ってあげるのははじめてね」
「はい」

昨夜出来なかったこともあるが
ついつい義母の体に目がいってしまった

あっ ノーブラだ

Tシャツ越しに乳首がうっすら透けている

「夕食は7時頃でいいのよね」
「はい 遅くなる時は連絡入れます」
「オフロは毎日湯船に浸かってるの?」
「いやっ 掃除が面倒なので週に2回くらいです」
「やっぱりエミの話はウソだったのね
カズヤさんがオフロ嫌いだからそうしてるって」
「ハハハッ じゃあ そうしておいてください」
「優しいわね」

「あっ」

箸を落としたので拾おうとして
テーブルの下にもぐると
義母のパンティ・・・いやっ ノーパンか
影になっていてはっきり見えない

「はい これ使って それはもらうわ」
「すいません」

ギンギンになってきた
妻を起こすわけにもいかないし
トイレでひとりで処理してから出勤しよう


「ごちそうさまでした」
「全部食べてくれたのね うれしいわ」

義母はすぐに洗い物をはじめたので
トイレに駆け込みしごきまくった

「はぁ はぁ」

テーブルの下にもぐったあと
義母のスカートの中に頭を埋める妄想だ
拾った箸を使って義母のアソコを・・・

「うっ」

勢いよく便器のフタにまでかかってしまった


「行ってきます」
「行ってらっしゃい カズヤさん」

見送ってくれた時にまた胸を見てしまった
気づかれてるかもしれない

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母の誘惑(3) 「浮気とかしたら許さないからね」

「なぁ 畑山 数に入れていいだろ」
「バレたら大変なことになるって」
「遊びだろ エミちゃんもそこで見つけたくせに」


佐野キョウスケ 28才 同期の悪友だ

私より先に結婚していたが合コン好きで
奥さんに隠れて開催している

妻はその佐野開催の合コンで見つけたのだ

そして佐野の奥さんも現在妊娠中だ
予定日はうちと1か月も違わない


「ガンガン出来ないだろ もう」
「そりゃあな」
「うちの奴なんて手だけだぞ 
咥えるのもイヤだって言い出して はぁ・・・
相手を探してくれって言ってるようなもんだろ」
「仕方ないだろ」
「エミちゃんはしゃぶってくれるんだろ」
「いやっ まだ普通にしてるって」
「マジか ノリが悪いと思ったら
切羽つまってないのかよ」

エミと出会わせてくれた恩義もあるので
佐野の頼みはだいたい聞くようにしている


「独身のフリしなくていいなら行ってやるよ」
「そんな奴が合コンにいたら盛り下がるだろ」
「本当に他にいないのか」
「レベル下げたら女のレベルも下がるだろ
おまえは合コンのプロだし」
「もう2年も行ってないんだぞ」
「いやっ 酒がスイッチだから」

確かにそうだ

ある程度アルコールが入るとテンションが上がって
大学時代の自分に戻る習性があるのだ

結婚してからは飲みに行く時は妻も一緒だ
最近はほとんどお酒を口にしていない
妊娠中の妻がやめているので飲む機会がないのだ


「今日だけマジで頼む!」

結局は押しきられた



「今日ちょっと会社の飲み会あるから
お義母さんに夕食いらないって言っておいて」
「お酒飲むつもり?」
「さすがに乾杯くらいは付き合わないと」
「佐野さんもいるんでしょ」
「そりゃ 同じ会社だからな」
「女もいるんじゃないでしょうね」
「うちは年増しかいないって知ってるだろ」
「浮気とかしたら許さないからね」
「飛躍するなよ」
「冗談よ このセリフ言ってみたかっただけ」
「ハハハッ そっかそっか」
「ドラマがいいところだから じゃあね」
「あぁ」



その日の合コンは佐野がキレイどころを
持ち帰ったところで終了した

私はスイッチが入る手前でなんとか済んだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析