FC2ブログ

≪最新作≫ 「伯母の秘密」 Kindle電子書籍発売!

「伯母の秘密」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「そんなだからエイジさんに捨てられたのよ」
「お姉ちゃんは結婚もしたことないでしょ」
「生意気言わないで あんたより男は知ってるわよ」
「淫乱!」

バチンッ

「叩かないでよ もう」
「お母さんにしつけを頼まれてるからね」
「いつまでも子供扱いしないで もう40よ」
「死ぬまであなたの怖い姉だからね 私は」
「あぁ もう」



垣内エイゴ 19才 専門学生

中学を卒業した時に父は家を出ていった
それ以来母子家庭だ

僕は元々母にベッタリだったので
父が出て行っても悲しくなかったが母は違った 
しばらく家で泣き続けた


母はヒデミ 40才

見た目は強く見えるがネガティブな性格で
すぐに落ち込む そして何もしなくなる


そんな母に代わってうちのことを
してくれたのは伯母だった


伯母はヒデコ 42才 独身

父が出て行ったあと近所に引っ越してきた

顔は母とそっくりだが性格は正反対で
男勝りで少し暴力的な面がある

家に来て母に説教する時には度々手が出る
僕の目の前では叩かないが
母が言い返したらビンタという感じだ


それでも母は伯母がいないと困るので
最後は謝って仲直りする

伯母も根は優しいのか
僕と母を見捨てる気配は全くない

ただ時々やりすぎだと思ったりする
そんな時僕は母の仕返しを妄想するのだ



「伯母さん お母さんに謝ってよ」
「どうしたのよ 珍しいわね」
「謝るつもりがないなら・・・」

伯母の両手両足を縛る

まぁ現実には全く無理だろう
普通にケンカしても勝てるかどうか怪しい
背も同じくらいだし強そうなのだ

「こんなことしていいと思ってるの」
「じゃあ 謝ってくれる?」
「絶対に謝らないわ」

バチンッ

「ちょっと・・・エイゴ・・・」
「お母さんにしてることだろ」
「女性に暴力をふるうなんて最低よ
こんなことヒデミに教えてもらったの」
「うるさい!」

バチンッ

「伯母さんは女じゃない鬼だ」
「何言ってるのよ ヒデミのために・・・」

泣きそうな伯母はなかなか想像しづらい

「こんなもの・・・」

服を剥ぎ取る どんな体なのか全くわからない
とりあえずエッチな雑誌に載ってるハダカを
当てはめてみた

するとかなりエロい状況になった

「ひどいわ」
「謝るならすぐにやめるけど」
「本当にやめて 恥ずかしいでしょ」
「パンティまで脱がさないと反省しないみたいだね」
「ダメよ 本当に」
「じゃあ 謝れ!」
「・・・う、うん わかったわ」

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
[PR]

伯母の秘密(1) 「伯母さんは女じゃない 鬼だ!」

「そんなだからエイジさんに捨てられたのよ」
「お姉ちゃんは結婚もしたことないでしょ」
「生意気言わないで あんたより男は知ってるわよ」
「淫乱!」

バチンッ

「叩かないでよ もう」
「お母さんにしつけを頼まれてるからね」
「いつまでも子供扱いしないで もう40よ」
「死ぬまであなたの怖い姉だからね 私は」
「あぁ もう」



垣内エイゴ 19才 専門学生

中学を卒業した時に父は家を出ていった
それ以来母子家庭だ

僕は元々母にベッタリだったので
父が出て行っても悲しくなかったが母は違った 
しばらく家で泣き続けた


母はヒデミ 40才

見た目は強く見えるがネガティブな性格で
すぐに落ち込む そして何もしなくなる


そんな母に代わってうちのことを
してくれたのは伯母だった


伯母はヒデコ 42才 独身

父が出て行ったあと近所に引っ越してきた

顔は母とそっくりだが性格は正反対で
男勝りで少し暴力的な面がある

家に来て母に説教する時には度々手が出る
僕の目の前では叩かないが
母が言い返したらビンタという感じだ


それでも母は伯母がいないと困るので
最後は謝って仲直りする

伯母も根は優しいのか
僕と母を見捨てる気配は全くない

ただ時々やりすぎだと思ったりする
そんな時僕は母の仕返しを妄想するのだ



「伯母さん お母さんに謝ってよ」
「どうしたのよ 珍しいわね」
「謝るつもりがないなら・・・」

伯母の両手両足を縛る

まぁ現実には全く無理だろう
普通にケンカしても勝てるかどうか怪しい
背も同じくらいだし強そうなのだ

「こんなことしていいと思ってるの」
「じゃあ 謝ってくれる?」
「絶対に謝らないわ」

バチンッ

「ちょっと・・・エイゴ・・・」
「お母さんにしてることだろ」
「女性に暴力をふるうなんて最低よ
こんなことヒデミに教えてもらったの」
「うるさい!」

バチンッ

「伯母さんは女じゃない鬼だ」
「何言ってるのよ ヒデミのために・・・」

泣きそうな伯母はなかなか想像しづらい

「こんなもの・・・」

服を剥ぎ取る どんな体なのか全くわからない
とりあえずエッチな雑誌に載ってるハダカを
当てはめてみた

するとかなりエロい状況になった

「ひどいわ」
「謝るならすぐにやめるけど」
「本当にやめて 恥ずかしいでしょ」
「パンティまで脱がさないと反省しないみたいだね」
「ダメよ 本当に」
「じゃあ 謝れ!」
「・・・う、うん わかったわ」

もっと抵抗するならハダカにして
外に連れ出すのもいい

いやっ 友達を呼んでおもちゃにして遊ぼうか

最初の妄想では仕返しするだけだったが
いつしかおかしな方向に進んでいった

今では伯母をネタにオナニーすることもある
強気な女性を言いなりにするプレイが
僕の性の趣向なのかもしれない

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

伯母の秘密(2) 「いやっ 敏感だからね お姉ちゃんは」

「聞こえちゃったわよね」
「慣れたよ もう」
「お姉ちゃんには感謝してるんだけどさ
歯向かっちゃうのよね」
「口が悪いもんね 伯母さんは」
「そうなのよ 昔からだけど
あれだと男もビビっちゃうよね」
「男の前では別人になるんじゃない」
「そうかもね でも見たことないのよね
お姉ちゃんが男の人といるところを」
「そうなの?」
「うん いろんな男と付き合ってきたのは本当よ
たまに電話してるのも聞いたことあるし」
「どんな感じで話してるの?」
「う~ん 約束の時間確認してたりとかで
甘い会話は聞いたことないかもしれない」
「ふ~ん」


僕はずっと気になってることがあった
うちの家事をしてくれるなら
伯母も一緒に住めばいいのにと


「伯母さんもここで一緒に住めばいいのにね」
「何度も言ったわよ 家賃も無駄だしさ
でもプライベートは必要なんだって」
「謎だね」
「エイゴ探偵 調べてみれば」
「いいのかな」
「バレたら私が頼んだことにすればいいわ
またビンタされるだろうけど」
「痛いんでしょ」
「まぁね でも叩かれてないと私はダメだから」
「ハハハッ お母さんは変わってるなぁ」
「そんな変わり者の私から生まれてきたんだから
エイゴも変わり者なはずよ」
「僕は・・・普通だよ」
「ウフフッ そうね」


「近くって聞いてるけど住所ってわかるの?」
「えっ 行ったことないの?」
「ないよ 行く用事なんてないから」
「実は私も行ったことないのよ」
「えっ!?」
「だって電話すればすぐ来てくれるしさ
まぁ 駅とは反対の方だって言ってたけど」
「あぁ じゃあ 偶然会うこともないね」
「探偵の仕事はまず家探しね」
「それはついていけばいいだけだし簡単でしょ」
「いやっ 敏感だからね お姉ちゃんは」
「友達に手伝ってもらおうかな」
「その方がいいわね」

もう3年以上も家に来てくれてるのに
伯母のことを何も知らないのかもしれない

母をいじめる怖い伯母の姿が強烈なので
それ以外に興味がいかなかったということもある

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

伯母の秘密(3) 「スカートはいてる写真思い出した」

「あぁ~ 覚えること多いな しかし」
「そうだね」


友達は玉田コウキ 19才

高校時代からの友達で同じ専門学校に通っている

「家を出て行かないなら何でもかまわないわよ
お金の心配はしなくていいから」

母にそう言われて玉田といろいろ考えて
結局音響の仕事を目指すことにした

理由はファンよりもアーティストの近くに行けるので
アイドルと結婚出来るチャンスがあると思ったからだ

ちょうどコンサートによく行ってたので
いつもスタッフの人が楽屋に行けるのを
うらやましく思っていた


「今日もいつものとこ寄っていくか」
「そうだね」

学校の帰りに行くのはゲーセンで
コインゲームをしながら話をするのが
ほとんど日課になっている

そんなに混んでないのでゆっくりできるのだ


「おっ まだフローズン売ってるな」
「いつまでだろうね」

もう10月なのでそんなに売れない気がする


「そうだ 手伝ってもらいたいことがあるんだ」
「何々」
「うちで家事をしてもらってる伯母さんの話は
何度かしたことあるだろ」
「あっ 暴力をふるう伯母さんだね」
「そうそう」
「実は私生活が謎なんだ」
「どういうこと?」
「お母さんも家に行ったことないって」
「えっ そうなんだ」
「電話すれば10分ほどで来るから
近くに住んでるのは間違いないんだけど」
「まぁ 別に行く用事はないよね」
「そうなんだよ でも気になるだろ
一緒に住まない理由があるはずだし」

「同棲してるからじゃないの?」
「それが普通の考えだよな」
「うん 知られたくない関係なのかもね 愛人とか」
「冴えてるな 玉田」
「垣内くんは思わなかったの?」
「いやっ いつもの伯母さん見てたら
男の影自体が全く浮かばないんだ 
付き合うとしたらMの男くらいじゃないかな」
「その通りでしょ 僕みたいな感じのおじさんとか」
「ハハハッ Mの自覚あるんだな」
「そりゃあ 垣内くんと同じ専門学校に
行くくらいだよ 僕は」

玉田は長男だが生徒会長をするような姉がいるので
自分では何も決めずに生きてきたらしい

「スカートはいてる写真思い出した」
「また~」
「お姉さんがわざわざ見せてくれたんだから
自慢の弟の晴れ姿ってことだろ」

玉田の家に遊びに行った時にアルバムを
見せてもらった
小学校の時には毎年スカートをはかされて
写真を撮られていたのだ

それがまたお姉さんよりも似合ってるのが
びっくりだった

「ゲイにならなくてよかったよ」
「なるわけないでしょ」
「世の中には結構いるらしいぞ」
「ちょっと信じられないね」
「まぁな」

僕も玉田もまだ女性経験はない

さすがに一緒にオナニーはしないが
玉田がお姉さんの部屋から見つけてきた
レディコミなどを借りたりしている

下着も持ってくるように頼んでみたがそれは断られた 
バレたら一生言われるという理由だ
確かにスカートのことを考えるとわからなくもない

レディコミのお礼といっては何だが
母のパンティとブラを玉田に貸したりしている
それで絆が深まった感じもする
下着の件以外はほとんど僕の言いなりなのだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

伯母の秘密(4) 「垣内くんは熟女興味ないでしょ」

「見失うなよ」
「うん でも探偵なんてはじめてだから」
「俺もだよ」

伯母は自転車で通っている

家にいることを確認してから
友達に会うといって外に出てきた

そして家の近くで待機しているのだ

伯母を尾行するのは玉田の役目だ
一度も会わせたことがないので
顔を見られても問題ない

ただ尾行してることを悟られないように
気をつけるだけだ

僕は玉田のあとを遅れてついていく
目的地の伯母の家を見つけたら
ケータイに連絡が入ることになっている


「あっ 出てきた」

夕食の準備を終えた伯母が出てきた
そして自転車に乗って駅の方に向かった

「あれっ 家に帰らないのかな」
「本当だ 駅の方に行ってるね」
「とりあえず よろしくな」
「うん」

伯母の自転車の追跡をはじめた

駅の近くの商店街を抜けてさらに進んでいった

この先には僕の通ってた高校もあるが
あとは住宅地だ 所々に畑なんかもある

長い直線の道に入った
ここだとうしろを振り返れば
玉田だけじゃなく僕まで見えてしまう

僕は路地に隠れて曲がるのを待った

相当離れてしまったがやっと2台の
自転車は曲がった もう10分は経っている

ここは家じゃない気がする
友達のところにでも向かってるのだろうか

自転車をまた走らせるとすぐに
ケータイにメッセージが入った

”着いたよ レンガのマンション
ブルームレジデンス 103号室
10階建てだから遠くからでも見えると思う”

左ななめを見るとすぐにわかった

僕は自転車を走らせてすぐに向かった


「作戦成功だな」
「バレてないと思うよ
玄関入るときも振り返らなかったし」
「そうか」
「あと男の人が出迎えてた」
「そうなのか」
「うん やっぱり同棲してるんだよ」
「でもここだと家まで10分で行くのは
大変じゃないか 準備もあるだろうし」
「そうだね じゃあ彼氏の家かな」
「う~ん 男の顔とかは見えたか」
「はっきりとは見えなかったよ
ワイシャツだったから男ってわかったけど」
「サラリーマンってことか」
「わかんないけど そうじゃないかな」

「でもこのマンションを外からのぞくのは
ちょっと無理だな」
「うん 通報されちゃうよ」

このあたりでもひと際目立つ
立派なマンションなのだ

「ちょっとポストの名前見てくるよ」
「僕が行こうか?」
「いやっ 玄関見ててくれ
もし開いたら呼びにきてくれよ」
「うん わかった」

オートロックのマンションだけど
管理人室はないみたいだ

あっ 何も書いてない


「今日の成果はここを見つけたことだな」
「まだ伯母さんの家かどうかわからないけどね」
「それが問題だよな でも出てこないだろ」
「うん そりゃ もし彼氏だったら
ごはん食べたあとはセックスするでしょ」
「想像出来ないけど見てみたい気もする」
「垣内くんは熟女興味ないでしょ」
「玉田は何でもありだもんな」
「特別熟女が好きってわけじゃないけど
伯母さんなら全然守備範囲内だよ おっぱいも大きいし」
「まぁ うちのお母さんの下着でしてるんだし
当然だろうな 伯母さんの方が胸も大きいし」
「そろそろまた貸してよ」
「あぁ 今日も手伝ってくれたし
言うことを聞かないとな」

「明日また探偵やるの?」
「いやっ 伯母さんは毎日は来ないから
お母さんに聞いてみないと」
「ゲームより面白いね」
「あぁ さらに謎が増えたみたいだし」

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

伯母の秘密(5) 「で 明日は来るの?」

「エイゴ探偵どうだったの?」
「それがさ 家に帰ったんじゃなくて
彼氏の家に行ったみたいなんだよ」
「彼氏?」
「場所も高校の方だからお母さんが言ってた
反対の方だし男の人が出迎えてたから」
「やるわね お姉ちゃん」
「それも高級なマンションだったよ
新しかったし 駅のホームからも見えると思う」
「そうなんだ」

「で 明日は来るの?」
「ううん 今週はあと土曜日に来るわ」
「そんなに先なんだ もっと呼んでよ」
「その彼氏との用事でもあるんじゃない
明日も頼んだんだけど無理だってさ」
「そうなんだ」
「それに私が立ち直ったら来なくなるかも」
「ハハハッ それは絶対ないから大丈夫
お酒飲んだらすぐに思い出すし」
「わざと落ち込んでるんじゃないんだけどね」
「僕が言うことでもないけど早く忘れて
次の男を探しなよ」
「まわりに独身の男なんていないんだもん」
「仕事変えれば?」
「そうしよっかな」

母は派遣会社に登録していて今はコールセンターで
働いている 忙しく仕事をしてればその間は
過去のことを思いだしたりしないらしい

ただ24時間働くわけではないので
また伯母に怒られるような状況になってしまうのだ


「じゃあ オフロ入ってくるわ」
「うん」

僕は母の部屋に入り下着の入ってる引き出しを開けた

いつものように白のパンティとブラを手に取った
白を選ぶのは同じようなのが多いからだ

オナニーを覚えたての頃は母のというよりも
パンティを見ただけでボッキしていた
今はすぐに母の顔が思い浮かぶので萎えてしまう

玉田にはこだわりがある
あくまではいてることが重要なので
毎回1週間ほどで返してくれる

使用済みが一番いいと言っているが
毎日オフロに入る母の下着の数が合わないと
洗濯する伯母に気づかれそうなので断っている


そういえば伯母はうちではオフロに入らない
あとスカートをはいてるのも見たことがない

妄想にプラスして伯母のパンティでもあれば
もっと楽しめそうなのに手に入れるチャンスがないのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析