FC2ブログ

≪最新作≫ 「義母監視」 Kindle電子書籍発売!

「義母監視」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「あなた 今日は頼んだわね」
「あぁ わかった」

頼まれたのは義母の監視だ

主夫なので家事はもちろんやっているが
妻から新しい任務を与えられた



島津コウスケ 36才

料理教室の先生として働いていたが
そこで妻と出会い結婚した

私が理想の男だったらしく猛アタックされ
断る理由もなく受け入れたのだ

もちろん妻に何の魅力もなければ
結婚まではしない

「主夫になってほしいんだけどダメかな」
「えっ!?」


妻はアヤミ 29才

4か国語を操るキャリアウーマン

外資系企業で働いているので
海外出張で家を空けることもある

恋愛は時々していたようだが
結婚話は今まで一度もなかったらしい

そして30才になる前に結婚しようと
料理教室に通いはじめてそこで私と出会った
休むことが多く料理の腕は全く進歩しなかった
そもそも味オンチなのだ

「どうですか?」
「いやっ これは・・・味見しました?」
「一応しましたけど」
「う~ん」

「先生 このあと時間いいですか?」
「個人授業は受け付けてないんですけど」
「違います ちょっと話がしたくて・・・」

近くのカフェで話をした

「結婚なさってるんですか?」
「いやっ 独身です」
「婚約者とかは?」
「いないですね」
「彼女は?」
「あっ まぁ 今はいないですけど・・・」

「私と付き合ってくさだい!」
「えっ・・・」

彼女と別れてから2年が経ち
女に飢えていた時期だったので
そんなに好みの顔でもなかったがOKした

初デートでホテルに誘われた
私もバーでお酒を飲みながら誘っても大丈夫だなと
思っていたが妻の方が行動が早かった


「あんっ あんっ あぁ~」


胸は小さめだがスタイルがよくて
アソコの締まりは悪くない

それに経験が豊富なのか
男を悦ばせる術を知っていた

「私の味はどうですか?」
「ハハハッ 悪くないね」
「先生のずっと舐めてたいな」
「いいよ」

「はぁ はぁ」

主夫になってほしいと言われたのは
付き合って1か月後のことだった

「もしかして今のはプロポーズ?」
「ウフフッ 実はそうです」
「まだ僕たち付き合って1か月だし
デートも4回目だよ」
「コウスケさんのこと本当に好きなので」
「いやっ 僕もアヤミさんのこと好きだけどね
それに主夫って子供がいるわけでもないのに
共働きでいいんじゃないの?」
「実は向かいに住んでるお母さんに
家事をしてもらってるんです」
「一緒に住んでないんだ」
「はい 父の生命保険のお金を株で運用して
利益が出たので実家の向かいのマンションの
一室を投資目的で買ったんです
そこに今は私が暮らしてるっていうか」
「すごいね 仕事は出来そうな感じはしてたけど」
「結婚することになったら私の部屋に
引っ越してきてくれればいいかなって」

なんだこの魅力的な条件は 
本当に主夫だけしてればいいみたいだ

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

義母監視(1) 「主夫になってほしいんだけどダメかな」

「あなた 今日は頼んだわね」
「あぁ わかった」

頼まれたのは義母の監視だ

主夫なので家事はもちろんやっているが
妻から新しい任務を与えられた



島津コウスケ 36才

料理教室の先生として働いていたが
そこで妻と出会い結婚した

私が理想の男だったらしく猛アタックされ
断る理由もなく受け入れたのだ

もちろん妻に何の魅力もなければ
結婚まではしない

「主夫になってほしいんだけどダメかな」
「えっ!?」


妻はアヤミ 29才

4か国語を操るキャリアウーマン

外資系企業で働いているので
海外出張で家を空けることもある

恋愛は時々していたようだが
結婚話は今まで一度もなかったらしい

そして30才になる前に結婚しようと
料理教室に通いはじめてそこで私と出会った
休むことが多く料理の腕は全く進歩しなかった
そもそも味オンチなのだ

「どうですか?」
「いやっ これは・・・味見しました?」
「一応しましたけど」
「う~ん」

「先生 このあと時間いいですか?」
「個人授業は受け付けてないんですけど」
「違います ちょっと話がしたくて・・・」

近くのカフェで話をした

「結婚なさってるんですか?」
「いやっ 独身です」
「婚約者とかは?」
「いないですね」
「彼女は?」
「あっ まぁ 今はいないですけど・・・」

「私と付き合ってくさだい!」
「えっ・・・」

彼女と別れてから2年が経ち
女に飢えていた時期だったので
そんなに好みの顔でもなかったがOKした

初デートでホテルに誘われた
私もバーでお酒を飲みながら誘っても大丈夫だなと
思っていたが妻の方が行動が早かった


「あんっ あんっ あぁ~」


胸は小さめだがスタイルがよくて
アソコの締まりは悪くない

それに経験が豊富なのか
男を悦ばせる術を知っていた

「私の味はどうですか?」
「ハハハッ 悪くないね」
「先生のずっと舐めてたいな」
「いいよ」

「はぁ はぁ」

主夫になってほしいと言われたのは
付き合って1か月後のことだった

「もしかして今のはプロポーズ?」
「ウフフッ 実はそうです」
「まだ僕たち付き合って1か月だし
デートも4回目だよ」
「コウスケさんのこと本当に好きなので」
「いやっ 僕もアヤミさんのこと好きだけどね
それに主夫って子供がいるわけでもないのに
共働きでいいんじゃないの?」
「実は向かいに住んでるお母さんに
家事をしてもらってるんです」
「一緒に住んでないんだ」
「はい 父の生命保険のお金を株で運用して
利益が出たので実家の向かいのマンションの
一室を投資目的で買ったんです
そこに今は私が暮らしてるっていうか」
「すごいね 仕事は出来そうな感じはしてたけど」
「結婚することになったら私の部屋に
引っ越してきてくれればいいかなって」

なんだこの魅力的な条件は 
本当に主夫だけしてればいいみたいだ

料理もそうだが家事は嫌いじゃない
友達にはキレイ過ぎて部屋に行きたくないと
言われたことがあるくらいだ

ただ自己満足なので他人が散らかしても
何とも思わない 片づければいいだけだからだ


料理教室は引き継ぎをしてから辞めた
もちろん引き留められたが未練はなかった

結婚式はしなかったが親戚へのお披露目や
友達を呼んでのパーティは毎週のように開いた
式をしなかったのは妻の会社の人たちが
日を合わせられないくらい忙しいという理由だ

新婚旅行にはまだ行ってない

ウェディング写真はスタジオを借りて撮影した
その写真はパネルにしてリビングに飾ってある

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母監視(2) 「コウスケさんも説教するの?」

義母は国枝アヤコ 54才

背が低く胸とおしりが大きい

典型的な日本のおかあさんという感じで
あまりに妻と似てないので最初びっくりした

「これ うちの人よ」

義父は妻とそっくりだった
ハンサムで背も高い きっとモテたに違いない

不釣り合いな2人だが恋愛結婚だったらしい

ちなみに義父は59才で亡くなっている
がんの診断をを受けてから1年ももたなかったようだ

結婚した当初は私の手伝いをするために
義母もうちに来てくれたが必要ないと思ったのか
すぐに来なくなった

私は妻の子供の頃の話を聞いたりするのが
楽しかったが義母には退屈だったのかもしれない


そのあと義母はパチンコに行くようになり
そこで知り合った友達と会うようになった
家で飲み会を開いたりどんどん生活は乱れていった

たまたまそれを妻が休みの日に見てしまい
このままギャンブル中毒になって
変な男に家まで取られたら大変だということで
監視するように言われたのだ

皮肉にも義母を家事から解放したことが
裏目に出てしまった形だ



「お義母さん 今日はお昼一緒に食べましょうよ」
「友達と約束してるからごめんね」
「またパチンコですか?」
「コウスケさんも説教するの?」
「あっ いえっ」
「あの子に散々言われたから気をつけるわよ
5000円負けたらやめるから」
「じゃあ 負けたらすぐ帰ってくるんですね」
「勝つために行くのよ」
「あっ あぁ そうですよね」

ギャンブルは人の性格まで変える
義母はもっと穏やかだった

「早く孫でも見せてくれればおとなしく
世話でもするから心配しないで」
「ハハッ すいません 期待に応えられなくて」
「そうよ もうすぐ半年になるのに
ちゃんとやることはやってるんでしょ」
「あっ はい」

妻の都合が優先されるが週に2、3回はしている
そろそろ妊娠してもいい頃だ

私も妻も2人くらい子供が欲しいと話し合っている
子育ては私と義母がするので妻は産むだけだ

さすがに2か月は産休を取ることになるだろうが
海外で活躍してる女性にとって子供がいることが
ステータスになるとのことで早く産みたいらしい

「洗濯やっておきましょうか」
「そう? お願いしようかしら」
「何なら掃除もしておきますけど」
「ううん 掃除は昨日したから大丈夫よ
でもコウスケさんがいるとダメになっちゃうわね」
「お義母さんの面倒をみるのも僕の仕事ですから」
「老後はよろしくね あっ もう老後かな」
「まさか まだ若いじゃないですか」
「ハハハッ 現役だけどね 一応」

そういって胸を見せつけてきた
妻の小さい胸とは違って服の上からでも
存在感がある

「じゃあ 持ってくるわね」

洗濯カゴを持って戻ってきた

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母監視(3) 「そうですか じゃあ 洗っておきますね」

「下着もいいのよね」
「当たり前じゃないですか」

大きなブラジャーを手に取ってヒラヒラさせている

「男の人に洗ってもらうなんて生まれてはじめてよ」
「いつもアヤミさんの洗ってますし」
「ついでだから・・・」

その場で今つけてるブラジャーを外した

「これ昨日もつけてたモノだから」
「あっ そうなんですね」
「ズボラになっちゃうのよね
パチンコの友達はガサツな人が多いし
男だけじゃなく女も」
「ハハハッ」

シャツを見ると乳首が透けている
乳輪が大きいようだ

「パンティも脱いじゃおうかな
寝てる間に汗もかいちゃったし」
「どうぞ どうぞ」
「恥ずかしいけどちょっと嬉しい気もするわ」
「じゃあ うしろ向きますね」
「見ててくれてもいいのよ」
「ハハハッ」

私はうしろを向いた

「そうだ 着替えがないとね」

義母は部屋に入っていったが
なかなか戻ってこない

「お義母さん どうしたんですか」
「コウスケさん ちょっと入ってきて」
「何ですか?」

家に上がって部屋に向かった

部屋に入ると床にパンティが5枚並べてある

「えっ・・・」
「男の人から見てどれがいいのかなって」
「それは男によって違いますよ
彼氏さんに直接聞いた方がいいんじゃないですか」
「いないわよ 彼氏なんて」
「そうなんですか」
「いつも来るパチンコの男友達は奥さんいるんだから」
「そうだったんですね」
「奥さんと一緒に来てる人もいるし」

ただ飲み会をしてることを知ってるだけで
あいさつもしたことがないので
来てる人たちのことはよく知らないのだ

もしかしたら妻が言う家を取られたりという
心配はしなくていいかもしれない

「僕はこれです」

わりとスタンダードなピンクのパンティを選んだ
義母がはくと食い込んで面積が小さくなりそうだ

「じゃあ 今日はこれにしようかな」

私の目の前ではきはじめた
チラッと見えたが毛は剃ってあるようだ

実は妻には剃ってもらっている

元々整えられていたが少し残してあった
それはパイパンが苦手な男が日本人に多いと
雑誌で読んだからでポリシーではなかった

私が言うと「じゃあ 剃って」とお願いされて
ホテルの浴室でキレイに剃ってあげた

「見てもらえる?」
「はい」
「若い人に見てもらうと若返るわ」

案の定食い込んでいる

「似合ってますね」
「ウフフッ 将来介護してもらうんだしね
うちにこの間はじめて来た菊池さんなんか
時々娘婿と一緒にオフロ入ってるんだってさ」
「そうなんですね」
「コウスケさんも頼めば背中くらい流してくれるよね」
「もちろんですよ」

なんだかおかしな雰囲気になってきた
この家には私と義母の2人きりなのだ
それでこの格好になるなんて誘われてるとしか・・・

今までも何度か2人きりになったことはあるが
こんな雰囲気にはならなかった

「あっ もう出かける時間だわ」
「そうですか じゃあ 洗っておきますね」
「よろしくね」

床から脱ぎたての義母のパンティを拾いあげた

あったかい・・・


私はすぐに家に戻ってそのパンティに顔をうずめた

中学の時の自分に戻った気分だ
女性のパンティに興味を持ちはじめた時に
一度だけ母親のパンティを手にしたことがある

ワレメのところにちんちんを当てがって
ここに来てはじめてオナニーをした

「はぁ あっ あぁ~」

思いっきりぶちまけた

義母を女性として意識したのは今日がはじめてだ

背中を流してと言われるのが楽しみになってきた
あの大きな乳輪にちんちんを押しつけたい



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析