FC2ブログ

≪最新作≫「寮母・大森真由美」 Kindle電子書籍発売!

「寮母・大森真由美」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

寮母・大森真由美(1) 「元気な方であれば誰でも・・・」

「これからもよろしくお願いします」

「やっと決断してくれたんだね」
「はい ここを辞めても働く場所も
ないですし 今までよくしていただいたので」
「じゃあ 早速相棒を募集しないとね
面接は一緒にしてもらおうかな」
「元気な方であれば誰でも・・・」
「まぁ 相性ってものもあるでしょ
旦那さんみたいな人はいないだろうけど」
「・・・」


大森真由美 49才 未亡人

業界で中堅の安藤精密機器の
独身寮の管理人をしている

2年前に夫が会社をリストラされ
住み込みでここの管理人をすることになった

食事の支度など大変なこともあるが
給料は求人票の通り支給され
老後の蓄えの心配をしなくてよくなった

ただ予定通りとはいかなかった
2つ年上の夫が急死してしまったのだ

ほとんど風邪もひかないような夫だったのに
健康診断のあと再検査を受けて
医師にガンと知らされてから1か月後のことだった



「私としては迫田さんがいいと思うんだけど
もし女性の方がいいなら小林さんかな」
「迫田さんでいいですよ」
「気まずくないかな 男性でそれも年上だから」
「学校給食の経験があるなんて即戦力じゃないですか
それに一緒の部屋で暮らすわけでもないですし」
「ハハハッ そんな冗談が言えるようになったなら
もう大丈夫かな」
「いつまでも落ち込んでばかりはいられないので」

迫田誠司 58才 バツイチ

寮の近くに住んでいて実家の農業を
手伝っていたところこの募集を見つけたようだ

都会で暮らしてた頃には履歴書に書ききれないほど
いろんな職に就いていたらしい
養育費のためにWワークをしていたと話していた


「ありがとうございます!」
「えっ!?」
「私のことを推してもらったみたいで」
「普通に選んだだけですよ」
「こんな田舎でまともな収入が得られる
仕事に就けるなんて奇跡ですから」
「確かに給料は悪くないですね」
「年は私の方が上ですけど気を使わないでください
年下に使われるのは慣れてるんで」
「ウフフッ そうなんですね」
「大森さんに嫌われたらクビになっちゃいますから」
「そんな権限ないですって」

最終的に迫田さんを推したのは
即戦力ということもあるが別の理由もある
繊細で優しい夫とは真逆で豪快でガサツな感じが
新鮮だったのだ

それに女同士の方がギスギスすることもある

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

寮母・大森真由美(2)「岸本くん 今日は大丈夫?」

夫が亡くなってから2週間は
入寮者に会社で食事してもらっていた
通常は昼だけ会社の食堂で食事するが
私のために配慮してくれたのだ

復帰して迫田さんが採用されるまでは
総務課長の奥様と手分けをして
食事の支度などをしていたが
今日からは私と迫田さんでやっていく


「おはようございます 迫田さん」
「大森さん おはようございます」
「今日からが本当のスタートですね」
「はい 張り切っていきますよ」

採用が決まってから3日間の研修がある
業務のこともそうだが会社のことを学ぶ
私もこの仕事をはじめる前に同じ研修を夫と受けた


朝食の準備は朝5時半からはじめる

現在の入寮者は女性8名で男性が22名

部屋数は女性10部屋男性30部屋なので
満室にはなっていない状況だ

独身寮ということで男性は結婚するまで
ここで暮らすことがほとんどだが女性は違う
5年以上ここにいると嫁に行けないという噂が
流れているので未婚のままでも出ていく

駅前の開発が進みワンルームマンションが
次々と建ちはじめて出ていける環境が
整ったということもある
噂も不動産屋が流したのかもしれない


「これで終わりかな」
「やっぱり手際がいいわ」
「ハハハッ 30人分じゃ もの足りないな
あと一品作ってもいいくらいで」
「ウフフッ」

朝食は7時からだが6時半には出来上がってるので
早めに食べに来る人もいる

「真由美さん もう食べれるかな」
「早川さん 今日も早いわね」

早川若葉 32才

5年以上寮にいる唯一の女性社員だ

「ダイエットで夜食べるの控えてるから
もうおなかすいちゃって」
「だからダイエットなんて必要ないでしょ」
「くびれがないと女じゃないって
今の男は思ってるから」
「ハハハッ じゃあ 私はもうダメだわ」
「真由美さんには武器があるじゃないですか」

武器というのは胸だ

結婚した当時は体重が50kgもなくて
普通の体型だったが2年で65kgまで
太ってしまった ただその副作用なのか
胸が急成長したのだ

くびれはほとんどないが大きな胸のおかげで
夫は満足してくれていた


7時になると一気に食堂に人が流れ込んでくる


「大森さんカムバックですね」
「ウフフッ」

「あっ みなさん 私は迫田といいます
これからよろしくお願いします」

パチパチパチッ

みんないるわけではないが迫田さんは挨拶した


「ごちそうさまです」
「岸本くん 今日は大丈夫?」
「ハハハッ はい」

岸本雅史 25才

私が管理人になった時に新入社員で入ってきたので
いわゆる同期だが体が弱く病欠や早退がかなり多い
ただ仕事は出来るらしく総務課長から
気にかけてくれと言われている


「よく食べるなぁ」
「まだ3杯目ですよ ハハハッ」

久保純也 33才

大学時代に相撲部だったこともあって大食いで
この寮の最年長の社員でもある

色恋や出世よりも食欲優先ということで
婚期が遅れているがモテないわけではない

「前に言ってた見合いはどうなったの」
「全然ダメでしたよ 小食自慢とかして
太っててもいいって言ってるのに
母さんが外見で決めてくるから」
「ハハハッ でも久保くんがいないと
ちょっと寂しくなるわ」
「さすがにそろそろ結婚しないと
母さんが病気になっちゃうので」
「そうね」

久保くんの母親は子離れ出来ていない
月に一度は電車で3時間もかけて会いに来る

「純也のことよろしくお願いします」

来るたびにこの言葉を聞いている


朝食の片づけをしてる間に
みんな出社していく

「今日は残ってる人はいないみたいだわ」
「看病があると昼間もゆっくり出来ないね」
「岸本くん以外は滅多に休まないから」
「そうなんだ じゃあ 大丈夫かな」

朝食のあと日常清掃をして午前中の業務は終わりだ
夕食の準備をはじめる5時までは自由時間になる

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

寮母・大森真由美(3)「若いんだから仕方ないじゃない」

「そっちはちょっと大変だろうけど
頑張ってくださいね」
「裸でやっちゃおうかな」
「いいですよ 今日は誰もいないですし」

ここの寮は男女一緒に生活出来るように
工夫されている 玄関と食堂以外では
顔を合わすことはない

階段も分かれていて
浴室、シャワー室、トイレ、洗濯機なども
それぞれの1階部分に設置してある

ただ汚れ方は明らかに違う 
よく夫がぼやいていた

「また今日もベッタリとついてたよ」
「若いんだから仕方ないじゃない」

シャワー室でオナニーする男がいるみたいだ
個室なので部屋ですればいいだけだが
まぁ そういう趣向なのだろう

「いやっ 出すのはいいけど流すくらいは
エチケットだろ 一体誰だろうな」
「監視カメラをつけるように課長さんに
頼んでみれば」
「無理に決まってるだろ プライバシーに
うるさい世の中なのに 犯罪でもあるまいし」
「ハハハッ そうね 生理現象だしね」


迫田さんが来る前は総務課長の奥様と
2人だったので私が男の方を担当していたが
その時は見当たらなかった

私に気を使ってくれてたのかもしれない


「どうですか 迫田さん」

10時過ぎに自分の方の清掃を終えて
迫田さんのところに顔を出した

さすがに裸ではやっていない

「こんなもんでいいんですかね
研修でもあまり説明なかったんだけど」
「クレームが出なければいいですよ
毎日のことだし 排水溝のゴミの処理と
浴槽洗いさえキチンとしてくだされば」
「清掃はビルメンテしかやってないから
まだコツが掴めてないんだよね」
「家ではオフロ掃除したりしないんですか」
「お義姉さんがやってくれてるからね
それまでもほとんどした記憶がないな」
「ハハハッ そうなんですね」

そのあとも迫田さんの作業をチェックしていった

「じゃあ 休憩に入りましょうか
迫田さんは家に帰るんですよね」
「お義姉さんがごはん用意してくれてるので」
「うらやましいわ」
「大森さんも一緒に食べますか」
「いやっ 私はここにいないと」
「そっか 2人とも出ちゃったら
誰もいなくなりますもんね」
「一応住み込みの管理人ですから 私は」

迫田さんを見送り玄関の鍵を一旦閉めた
連絡なしにくる訪問者はいないので
昼休みは特に誰にも邪魔されない

夫がいる時は昼食を一緒に食べて
仮眠するかセックスするかのどちらかだった

サラリーマン生活をしてた頃よりも
ここに来てからの方が性生活が充実していた
昼に抱かれてさらに夜に2回戦ということも
何度もあったのだ


「ここの寮は異性の連れ込みも禁止だし
入寮者同士の交際も認められてないから
俺たちだけだな セックスしてるのは」
「ウフフッ そうね」

「はぁ はぁ」
「あんっ あなた いいわ」

「あっ あぁ~」

夫は早漏というか淡泊な方だったので
満足とまではいかなかったが楽しい日々だった

今は私ひとりだ 夫のことがすぐ頭に浮かぶ

夫の死で性欲は彼方に消えていたが
久しぶりに私のところに戻ってきた

パンティを脱ぎワレメに指を這わせた

「あっ あんっ」

夫がいれば舐めてもらえるのに・・・

「あなた・・・あなた・・・」

オナニーしながら眠ってしまったが
呼び出しベルで目を覚ました



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析