FC2ブログ

個室(1)

「コースは」
「3時間で」
「2000円になります」

ここは個室ビデオBOX
僕のアルバイト先でもう2年目になる

「ではあちらの通路奥の6番の部屋で
お願いします」

専門学校に通ってる時からずっと清掃関係の
バイトをしていたがたまたま見つけた
このバイトが気に入ってずっと続けている

続きを読む

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

個室(2)

友達にはまだバイトのことを言っていない
女の子に万が一知られると困るので
秘密にしている

「清掃の仕事まだやってるのか」
「あっ あぁ」
「きついだろ 俺のとこに来ないか」

友達の矢口は専門学校の時の友達で
今は携帯ショップで働いている

続きを読む

個室(3)

「Hなのしかないの」
「当たり前でしょ」
「本当にここでしてるの」
「するためだもん」
「違うって 女の人もってこと」
「スリルがあるみたいよ」
「私無理かも」
「じゃあ やめる」
「もう入っちゃったし」
「興味あるくせに」

続きを読む

個室(4)

「これ」
「はい」
「いつもの人と違うわね」
「えっ はい」
「新人さん?」
「いえっ もう2年ほどやってます」
「若いわね」
「はい まぁ」
「この辺の人」
「いえっ 違います」
「よかった」

そのおばさんが選んだものはSMものばかりだ

続きを読む

個室(5)

「・・・」
「コースはどうしますか」
「1時間で」
「1000円になります
別のものに借り替える場合は
受付まで全部持ってきてくださいね」
「・・・」
「それでは3番の部屋でお願いします」

「えっ」

最初からいた若い男の客は
女性とすれ違ってびっくりして声をだした

続きを読む

新作「清掃員美花」電子書籍発売!

新作「清掃員美花」の電子書籍の発売を開始しました
こちらの作品は未発表新作になります

マンションの清掃員と住人のちょっとエッチな物語

この作品の主人公美花の以前の職場での出来事を描いた
「美花プレイバック」はブログにて公開中です



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
お持ちのスマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad/iPod touch)でも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「おはよう」

月曜日の朝10時前 
他の住人の多くはすでに出かけてる時間帯だ

「不燃ごみの日よ あるならすぐ出してね」
「あっ あります あります」

こんなことを教えてもらうなんて
今までなかったことだ
ごみの日なんていつもは気にしていない
夜とかにしれっと出しておけば
なんとなく処理されているのでいつもそうしている

「ここの人たち めちゃくちゃね」
「えっ」
「缶を分別してない人もいるし」

さすがに僕は分別はしている

「今まで仕事だったんでしょ」
「はい 週2回は夜勤なので」
「ふ~ん 大変ね」
「もう慣れましたよ」

ゴミ置き場は自転車置き場と併設している

「みんな出かけると広いわよね」
「はぁ」
「前担当してたマンションは昼間でも
自転車が半分以上残ってたから大変だったの」
「そうなんですか」
「興味ないわよね」
「いえっ あっそうだ」
「何?」
「あれ 何て読むんですか」
「どれ」
「おばさんの名前」
「名前?あぁソイって読むのよ
そんなこと気にするなんてお兄さん面白いわね」
「いやっ たまたま目に入って・・・
ソイミカさんですか カッコいい名前ですね」
「ソイミハナなの」
「あっ・・・」
「いいの いいの よく間違えられるから」

なんだかおばさんとははじめから自然と話せた
母親と話してるような感覚というか
気を使わずに何でも言える気がしたのだ

-以上-

美花プレイバック 第1話

「今日は年金が振り込まれる日だからな」
「そうなんですか」
「知っとるくせに 悪い女だな」

私はソイミハナ

高齢者の多く住むこの公団マンションの
清掃員として働きはじめ2年が経とうとしていた

続きを読む

美花プレイバック 第2話

実は1年ほど前からコニシさんとも仲良くなっていた
旦那さんをお客にしたいと思って近づいたのだが
それは叶わなかった
すでに性欲がなくなってるとコニシさんから
聞かされてしまったのだ


続きを読む

美花プレイバック 最終話

帰りにコニシさんのところを訪ねると
ミズモトさんが来ていた

「えっ どういうことですか」
「あの人の前でしてるのよ」
「それはちょっと・・・」
「ちゃんと了解も取ったわよ」
「ウソでしょ」
「不能だから後ろめたいのよ きっと」
「でも・・・」
「興奮するわよ 旦那の見てる前で
犯されると」

コニシさんは常に先を行ってる



続きを読む

女教師の標的(1)

「三浦先生もう飲まないんですか」
「お酒弱いんですよ」
「いいじゃないですか 今日くらい」
「私・・でも・・・」

同僚の浅井先生の股間が膨らんできている
新婚なのに他の女に興奮しているのだろうか
間違いなく私のくちびるを見つめている

続きを読む

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析