FC2ブログ

≪最新作≫ 「ママと一緒に」 Kindle電子書籍発売!

「ママと一緒に」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「今日からは恭介と2人きりね」
「う、うん」


藤本恭介 27才 スーパー店員

うちは母子家庭で妹がひとりいる

その妹が結婚して家を出て行ったので
2人だけになった


母は静香 44才 通称ママゴン

妹が名付け親だが今でもそう呼んでいる
怪獣みたいな見た目で迫力があるから
ママゴンなのだ

小さい時は僕らだけじゃなく
近所に住む子供もそう呼んでいた

胸もおなかもおしりもかなり大きい

ただ昔に比べておなかだけ
引っ込んだ気がする


「今日から家ではこの格好だからね」
「えっ・・・」

服だけじゃなくブラまで取ってしまった

「ふぅ やっぱり楽だわ」
「ちょっとママ」
「嬉しいでしょ おっぱいが見れて」
「いやっ でも 誰か来たら・・・」
「着るに決まってるでしょ 捕まっちゃうわよ」
「ハハッ そうだよね」

母の胸を生で見るのはかなり久しぶりだ

「Hカップよ」

聞いてないのに答えてくれた


「あとね 私の仕事教えてあげるわ」
「えっ 知ってるよ」
「あぁ 里美先輩の店は辞めたのよ 半年前に」
「そうなんだ」
「ケンカしちゃってね」
「でも同じ時間に仕事に行ってるじゃない」
「最初は隠すつもりなかったんだけどさ
綾音にこれ以上軽蔑されたくなかったから
黙ってたの 結婚も決まってたしね」
「軽蔑なんてしないと思うけど」
「恭介の見てないところでいじめられてるのよ」
「そうなんだ」
「何でもママゴンのせいだからね あの子は」
「ハハハッ それはそうかもね」

僕は母に逆らったりしないが
妹とはケンカしてることもあった

ただ恋愛するようになってからは
家では仲良くしてるように見えたけど


「デリヘルで働いてるの」
「えっ・・・そうなんだ」

母ならあり得る話だけど少しびっくりした

「やっぱりびっくりしないか
いきなりおっぱい出しちゃうような
母親だもんね」
「僕も働いてるし今はお金に困ってないのに
もしかしてまだ借金あるの?」
「ないわよ 将来あんたたちの世話に
ならないように頑張って貯金することにしたの」
「ママの面倒はずっと僕が見るって
結婚しても一緒に住もうと思ってるし」
「嬉しいな でも相手がびっくりするわね
家でおっぱい丸出しなんて」
「それはさすがにやめてよ」
「え~ いいじゃない」
「子供が出来るまではいいかもしれないけど」
「嘘に決まってるでしょ でも私みたいな
お嫁さんなら受け入れてくれるかもね」
「ハハハッ」

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ママと一緒に(1) 「今日からは恭介と2人きりね」

「今日からは恭介と2人きりね」
「う、うん」


藤本恭介 27才 スーパー店員

うちは母子家庭で妹がひとりいる

その妹が結婚して家を出て行ったので
2人だけになった


母は静香 44才 通称ママゴン

妹が名付け親だが今でもそう呼んでいる
怪獣みたいな見た目で迫力があるから
ママゴンなのだ

小さい時は僕らだけじゃなく
近所に住む子供もそう呼んでいた

胸もおなかもおしりもかなり大きい

ただ昔に比べておなかだけ
引っ込んだ気がする


「今日から家ではこの格好だからね」
「えっ・・・」

服だけじゃなくブラまで取ってしまった

「ふぅ やっぱり楽だわ」
「ちょっとママ」
「嬉しいでしょ おっぱいが見れて」
「いやっ でも 誰か来たら・・・」
「着るに決まってるでしょ 捕まっちゃうわよ」
「ハハッ そうだよね」

母の胸を生で見るのはかなり久しぶりだ

「Hカップよ」

聞いてないのに答えてくれた


「あとね 私の仕事教えてあげるわ」
「えっ 知ってるよ」
「あぁ 里美先輩の店は辞めたのよ 半年前に」
「そうなんだ」
「ケンカしちゃってね」
「でも同じ時間に仕事に行ってるじゃない」
「最初は隠すつもりなかったんだけどさ
綾音にこれ以上軽蔑されたくなかったから
黙ってたの 結婚も決まってたしね」
「軽蔑なんてしないと思うけど」
「恭介の見てないところでいじめられてるのよ」
「そうなんだ」
「何でもママゴンのせいだからね あの子は」
「ハハハッ それはそうかもね」

僕は母に逆らったりしないが
妹とはケンカしてることもあった

ただ恋愛するようになってからは
家では仲良くしてるように見えたけど


「デリヘルで働いてるの」
「えっ・・・そうなんだ」

母ならあり得る話だけど少しびっくりした

「やっぱりびっくりしないか
いきなりおっぱい出しちゃうような
母親だもんね」
「僕も働いてるし今はお金に困ってないのに
もしかしてまだ借金あるの?」
「ないわよ 将来あんたたちの世話に
ならないように頑張って貯金することにしたの」
「ママの面倒はずっと僕が見るって
結婚しても一緒に住もうと思ってるし」
「嬉しいな でも相手がびっくりするわね
家でおっぱい丸出しなんて」
「それはさすがにやめてよ」
「え~ いいじゃない」
「子供が出来るまではいいかもしれないけど」
「嘘に決まってるでしょ でも私みたいな
お嫁さんなら受け入れてくれるかもね」
「ハハハッ」

「それにしてもいつ彼女出来るのよ」
「そんなの僕に聞かないでよ」
「誰に聞くのよ じゃあ」
「出会いがないから」
「仕事仲間は男とおばさんばっかりだろうけど
お客さんにいるでしょ 可愛い子くらい」
「無理に決まってるじゃん」
「じゃあ 合コンね あっ 苦手なんだよね」
「お酒も弱いし 歌も下手だし」
「私が教えてあげるしかないわね」
「いいよ そんなの」
「ううん 恭介には性教育よりも
女の扱い方を先に教えるべきだったわ」

性教育は中1の時にしてもらった
はじめて夢精をした日の夜のことだ

妹はまだ小さかったので寝かせたあとに
夜中にオフロの中でいろいろ教わった
その時はもう一緒にオフロに入ってなかったので
緊張したことを覚えている

そのあとエッチな本もビデオも用意してもらって
オナニー生活をはじめた

友達はそれを見ようと毎日のように
うちに顔を出していたが妹がいると
ダメだったので諦めて帰ることの方が多かった

母は早いと2時頃帰ってきてたが
だいたい仕事の時は朝帰りだったので
妹が寝たあとにオナニーしていた

今も同じところに住んでいるが
木造のアパートで1Kで
キッチンの方にテレビとビデオを置いていた

今は部屋に不釣り合いな大画面テレビもあるし
電子レンジから食器乾燥機まである

オナニーしたあとそのままキッチンの
冷たい床で寝てしまったことが何度もある

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ママと一緒に(2)「もう綾音もいないし気にしなくていいわ」

「素人童貞はいつ卒業出来るのかしらね」


はじめての相手も母に用意してもらった
それは20才の誕生日のことだ

「男になってらっしゃい」
「う、うん」

里美さんの知り合いということで
いかにも夜の仕事をしてそうな女性だった

「ウフフッ 好きにしていいからね」
「あっ はい」
「リードしてもらいたいならそうするけど」
「お願いします!」
「ハハハッ わかったわ」

「あっ もうガマンできないです」
「出していいわ」

生でさせてもらったので瞬殺だった
朝までに3発出して童貞を卒業した


それ以来セックスどころかキスすらしていない


「オナニーは毎日してるんでしょうね」
「えっ 毎日じゃないけど・・・」
「あんまりそういうことに母親が関わると
ダメだって楓先輩に言われたから黙ってたけど
そうもいかないわね」
「別に毎日しなくてもいいじゃない」
「お酒も飲まない ギャンブルもしない
それなのにオナニーさぼる理由がないでしょ」
「海外ドラマ観てそのまま寝ちゃったりとか」
「そんなの結婚してからでも出来るじゃない
彼女とドラマ観れるようになってよ」
「う、うん」
「そのドラマの集まりとかないの」
「あるかもしれないけど」
「趣味が一緒だったら話も盛り上がるでしょ」
「う、うん」
「まぁ とにかくオナニーは毎日して
私がいる時もオフロですればいいわ」
「いいの?」
「もう綾音もいないし気にしなくていいわ」

性教育された時にオフロではしないように
言われたのだ


「私のおっぱい見てボッキした?」
「えっ してないけど」
「そっか 親子だもんね でも別にいいのよ
顔を見れば萎えるだろうけど」

本当は半立ちくらいにはなっている
話をして気持ちを逸らしているのだ


「ちょうどこのアパートの建て直しで
来年夏には出ていくじゃない
そのタイミングで結婚ってどう?
引っ越し費用も出してもらえるんだしさ」
「出来るならそうしたいけど」
「だから私に任せてよ 協力するから
先輩にもアドバイスもらうし」
「ママの先輩たちは過激だからなぁ」

高校時代は同級生じゃなく
上級生とつるんでたらしく今でも仲がいい

スナックのママをしている里美さんとは
何度か会ったことがある

「でも里美さんとケンカしたんでしょ」
「もう仲直りしてるわよ そうだ
綾音もいないし 先輩たちをここに
連れてきてもいいよね」
「えっ!?」
「ビビらなくてもいいじゃない
里美先輩にしか会わせてないしさ
みんな会いたがってるんだよね」

会話に出てくる先輩といえば
ケンカ好きの里美さんと援助交際のカリスマ
美人の楓さんと万引きマスターの真由さんで
みんな警察のお世話になった経験があるらしい

母は運が良かったので大丈夫だったということだ

年は里美さんが2つ上で他の2人は1つ上だ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ママと一緒に(3)「親子なのにおかしいよ」

「今日から布団は1組でいいわね
夜はあんまり私もいないし」
「ママ 寝相悪いから」
「綾音よりマシでしょ 何言ってるの」
「まぁ そうだけど」

妹は確かに一番ひどかった
蹴っ飛ばされて起きるなんて
日常茶飯事だったのだ

ただ1組の布団で寝るとなると
母の胸が当たった状態になりそうだし
寝れなくなりそうだ


「恭介 今日からは赤ん坊の頃みたいに
甘えていいからね」

早速胸の谷間に顔を押しつけられた
何とも気持ちがいい

「ママ 苦しいって」
「ウフフッ おっぱい吸ってもいいのよ
もう綾音がいないからね」
「親子なのにおかしいよ」
「セックスするわけじゃないんだから
あっ ダメよ こっちは刺激しないでね」
「何言ってるんだよ もう」
「ガマン出来なくなるからね」

母や妹を性の対象にしたことはない
友達は母の胸を見て興奮していたが
僕にとっては見慣れたものだったからだ

ただ生の胸は刺激的だ 柔らかくて・・・
揉みたくなってしまう ただあくまでも母だ
怒られはしなくてもおかしな関係になってしまう

「ボッキしてるわね これじゃ寝れないでしょ」
「ちょっと・・・」

こんなことされたのははじめてだ
妹がいないだけでここまで変わるなんて

「出してきて それともここでする?」

母に買ってもらった巨乳だらけの
エッチな本を持ってキッチンに行くことにした

「これ 忘れちゃダメでしょ」

ティッシュを受け取った
ここまで男の生理を理解している母も
世の中にいないのではないだろうか

「はぁ はぁ」

部屋で母が聞いてるかもしれないが
気にせずしごいていった
もちろん頭に母の胸も浮かんでくる

「あっ あぁ~」

パイズリされてることを妄想しながら発射した


「おかえりなさい いっぱい出た?」
「もう 恥ずかしいじゃない」
「はいはい こっち来て」

母の柔らかい胸に抱かれながら眠りについた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析