FC2ブログ

≪最新作≫ 「姉弟遊戯」 Kindle電子書籍発売!

「姉弟遊戯」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

弟は昔からいたずら好きで私と母は
恥ずかしい思いを何度もさせられていた

一番ひどかったのはプールでのことだ

修学旅行でビキニを着ようと
リハーサルを兼ねてプールで着てみた
その時は母もビキニだった

弟は小6でいたずらする悦びを謳歌してる時だった

流れるプールに入るとすぐにビキニを外され
それを持ってどこかへ行ってしまったのだ

「あっ あの・・・」
「えっ あっ もしかして誰かに・・・
通報しましょうか」
「いやっ 息子の仕業なので
バスタオルか何か貸していただけますか」

監視員には胸を見られたはずだし
中高生男子たちも遠めから私たちを見ていた

弟はそのずっと先で大笑いしていた


「ススム!」
「姉ちゃんはおっぱい小さいなぁ」
「そんなことないわよ」

「まぁ いいじゃない」

そんなことされても母は怒らなかった

「何食べようか」
「そうだなぁ」

「ちょっと! お母さんも怒ってよ」
「おっぱいが見たい年頃なのよ」
「見たいなら家で見ればいいでしょ
もし同級生に見られたら・・・」
「いなかったでしょ」
「はぁ・・・」

「カツカレー!」

「反省しなさいよ ススム」
「いつまでもうるさいな 姉ちゃんは
そんなんじゃモテないよ」
「黙って聞いてれば・・・こらぁ!!」
「わっ 怒った 逃げろ~」
「ハハハッ 仲いいわね あんたたちは」

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

姉弟遊戯(1) 「酔い覚ましはこれだよね やっぱり」

「やっとひとり片付くわ」
「そんな言い方ないでしょ お母さん」
「もう35なのよ 言われて当然じゃない
私がその頃はあんた中2だったんだから」
「今と昔じゃ・・・」
「そんな昔でもないでしょ それよりも
あんたが行けばススムだって心おきなく結婚出来るわ」
「私のせいみたいに言わないでよ
遊んでるだけしょ いろんな女と」
「モテるからね 私の自慢の息子は」
「私は?」
「ウフフッ」



近藤アカリ 35才

来月結婚することが決まっている

会社も今週で寿退社ということで
今は有休を使いながらのんびり将来について
いろいろと思い悩んでいるところだ

マリッジブルーとは無縁と思っていたが
私もまんまとそのゾーンに入ってしまった

本当は恋愛結婚したかったが
数少ない私の過去の男たちは
ロクでもない男ばかりだった

私の親友と二股をかけたり
既婚者であることを隠してたり

・・・

結婚相手は相談所で見つけた

特に心ときめく感じでもない男だが
浮気の心配はなさそうなので
2回目のデートの時に私からプロポーズした

「私は結婚してもいいかなって思ってるんですけど」
「本当に?母さんが喜ぶよ」
「そうですか」

長野ケンジ 38才

多少マザコンなところもあるが
過去の男に比べれば大したことでもない

結婚したあとは彼の実家で暮らす
母親と祖母それに妹さんまでいるので
家事はそんなにしなくてもいいらしい

共働きで毎日忙しそうにしている
友達に比べたらいい結婚だとは思う

ただこの家を離れたくない理由がひとつだけある

それは弟のススムだ


「あぁ 飲み過ぎたぁ」
「ちょっとススム 何してるの」
「いいじゃん 姉ちゃん」
「お母さんが来ちゃうから」
「声が大きいのは姉ちゃんだろ」
「もう」

シラフの時は普通の姉弟なのだが
弟は酔うと甘えてくるのだ

いやっ 甘えるという限度は超えている

「酔い覚ましはこれだよね やっぱり」

パンティを脱がしワレメを舐めてくる

「あんっ あっ あぁ」
「姉ちゃん 最近ずっと彼氏いないだろ」
「それがどうしたのよ 婚活中なんだから
当たり前じゃない あんっ」
「やっぱりな これは男がいない時の味だよ」
「あっ あぁ はぁ はぁ」
「小遣いくれるなら最後までやってやるけど」

実家暮らしなので全くお金には困っていない
財布から1万円取り出した

「はい これでいいでしょ」
「おぉ 気前いいね」
「途中で寝たら返してもらうからね」
「わかってるって」

コンドームは部屋に常備してある

「いつか生でぶち込みたいな」
「それは生理があがってからね 30年後かな」
「妊娠中もいいでしょ」
「そうね 会えるかどうかわからないけど」
「近所の人と結婚しろよ 婿養子でもいいし」
「長男のあんたがいるのに何言ってるのよ」
「俺は結婚するかどうかわからないし」
「そのうち出来ちゃった結婚するって」
「姉ちゃんのおかげでゴムを着け忘れたことないから」
「何を自慢してるのよ」

「あぁ やっぱり締まりが最高だな はぁ はぁ」
「あんっ いいわ ススム」
「声大きいよ 姉ちゃん」
「おかしくなりそう もっと もっと~」

「はぁ はぁ あっ イキそう」
「まだよ」
「ダメだ もう あっ あぁ~」

弟は自分勝手にイッてしまうがそれでもいい
ローターオナニーよりはマシだ

男のモノが入ってくる感覚がたまらない

コンドームはお母さんに見つけられないように
厳重に包んでゴミ箱に捨てる
そして弟のおちんちんを咥えてキレイにしていく
すでに寝入ってるが気にしない 余韻を楽しみたいのだ

「じゃあ ススム おやすみ」
「・・・」

そのまま私のベッドで寝てしまうのは
いつものことだ

片づけが終わったら私は弟の部屋に行って眠る


「おはよう 姉ちゃん」
「う、うん」

弟は夜のことをどこまで覚えてるのかわからない
一度聞いてみたがはぐらかされたので
もう気にしないことにした

ただお金が増えてるので気づいてはいるはずだ

「また占領されてたみたいね」
「そうよ いつもいつも」
「私のベッドに来ればいいのに
昔みたいに抱いて寝てあげるから」
「父さんのいびきがデカいから無理だって」
「お母さんってよく平気で寝てられるよね」
「ハハハッ 慣れよ 慣れ」

父は朝早い仕事なので顔を合わす機会が少ない
夜も9時には寝てしまうのだ
そして休み前には必ず飲みに行くので
家には寝るために帰ってくるだけで
小さい頃からあまりかまってもらった記憶がない

母はそれでも寂しそうではない
趣味も多く友達を家に呼んで毎日のように
ワイワイやってるからだ

私たちの面倒もよくみてくれた
もちろん弟びいきだったけど
遊園地やプールにも3人でよく出かけた

弟は昔からいたずら好きで私と母は
恥ずかしい思いを何度もさせられていた

一番ひどかったのはプールでのことだ

修学旅行でビキニを着ようと
リハーサルを兼ねてプールで着てみた
その時は母もビキニだった

弟は小6でいたずらする悦びを謳歌してる時だった

流れるプールに入るとすぐにビキニを外され
それを持ってどこかへ行ってしまったのだ

「あっ あの・・・」
「えっ あっ もしかして誰かに・・・
通報しましょうか」
「いやっ 息子の仕業なので
バスタオルか何か貸していただけますか」

監視員には胸を見られたはずだし
中高生男子たちも遠めから私たちを見ていた

弟はそのずっと先で大笑いしていた


「ススム!」
「姉ちゃんはおっぱい小さいなぁ」
「そんなことないわよ」

「まぁ いいじゃない」

そんなことされても母は怒らなかった

「何食べようか」
「そうだなぁ」

「ちょっと! お母さんも怒ってよ」
「おっぱいが見たい年頃なのよ」
「見たいなら家で見ればいいでしょ
もし同級生に見られたら・・・」
「いなかったでしょ」
「はぁ・・・」

「カツカレー!」

「反省しなさいよ ススム」
「いつまでもうるさいな 姉ちゃんは
そんなんじゃモテないよ」
「黙って聞いてれば・・・こらぁ!!」
「わっ 怒った 逃げろ~」
「ハハハッ 仲いいわね あんたたちは」


スカートめくりの練習にも付き合わされた

「とりゃあ!!」
「もう」

家の中でめくられてもそこまで動じない

「姉ちゃん もっとちゃんとしてよ」
「何でこんなことに付き合わないといけないのよ」
「うるさいな 逃げたりいろいろしてよ」
「お母さんにすればいいでしょ」
「いいから 早く早く」

バカバカしいが弟が可愛くないわけでもないので
付き合ってあげた


「はぁ はぁ もういいでしょ」

生理中だったので体力が落ちていたのだ

大の字になって床に寝転ぶと
弟はいきなりパンティを脱がしてきた

「ちょっと・・・」

普通の時なら別に見られてもかまわないが
生理中は困る

「何これ おもらし用?」

小6なら知ってる子もいるだろうが
弟はまだ何も知らなかった

「はいはい そうそう」
「えっ 姉ちゃん まだおもらししてるの?」
「うるさい うるさい」


両親も弟にそれを聞かれて困っていたことは
今となってはいい思い出だ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


姉弟遊戯(2) 「ちょっと抱きついたような気もするし 覚えてないけどチュウもしたかな」

うちの姉は鈍感だ


「ススム 昨日何したか覚えてる?」
「姉ちゃんのベッドで寝ただけだろ」
「その前よ」
「ちょっと抱きついたような気もするし
覚えてないけどチュウもしたかな」

酔っていてもセックスしたことは覚えている
泥酔状態でボッキするわけがない

「もう あんまり飲み過ぎないで」
「そんなの勝手だろ」
「とにかく部屋に入ってこないでよ もう」


はじめて姉と関係を持ったのは
成人式の日だが実はそれ以前にも手を出している

そのことに姉は全く気付いてない




「姉ちゃん 姉ちゃん」

父ほどじゃないがいびきが大きいので
寝てるかどうかはすぐにわかる

中1でオナニーをはじめて
かなり頭が暴走していた時期だった

とにかく女の裸が見たくて姉の部屋に行った

夏だったのでTシャツとパンティの姿で
無防備に眠っていた 
その時すでに掛け布団は床に落ちていた


「まずはおっぱいで一発出すかな」

Tシャツをめくり胸を見ながらしごいた

「はぁ はぁ あっ あぁ~」


出しておさまるのは一瞬でまたボッキしてくる

寝てる姉のパンティを脱がす行為が
スカートめくりのようで興奮した

「はぁ はぁ」

もし目を覚ましたらとかは考えなかった
何だかんだ今までも許されてきてたからだ

姉のワレメのニオイはうちのボディーソープの
ニオイだった 随分丁寧に洗ってたようだ

「う、う~ん」

のん気におしりをかいたりしてる姉を
薄暗い部屋の中で見ていた

カチャッ

さすがに電気を点けると起きそうなので
懐中電灯を持っていたずらしていた

パンティを完全に脱がせれば
もっとはっきり見れたが
その時は中途半端なままでも十分だった


中3で彼女が出来たのでやめてしまったが
それまで月に1回は姉で楽しんでいた

乳首をいじったり舐めてみたり
どんどんエスカレートしていったが
その20回くらいのいたずらに気づいてないのだ


逆に本当に気づいてなかったのか
聞いてみたいくらいだが多分間違いない

本当に鈍感なのだ



実際にセックスまでした成人式の日は
ちょうど彼女がいない時期だった

まだアルコール初心者だったので
本当に酔っ払っていた

タクシーで何とか家に着いて
父を起こさないように階段を上がって
姉の部屋に入っていった

12時前だったので姉は起きていて
テレビを見ながらくつろいでいた

「酔ってるの ススム」
「姉ちゃんがどうしてここにいるんだよ」
「私の部屋だからでしょ 自分の部屋に行って」
「もう動けない ここで寝る」
「ちょっと待ってよ」

「あっ トイレ行くの忘れてた」
「ちょっと・・・」
「もれそう」
「早くトイレに行ってよ」
「ひとりじゃ立てない」
「仕方ないわね」

肩を借りながら1階のトイレに向かうことになった
酔ってはいるが頭はしっかりしていた

回した手で胸を揉んだりした

「ちょっと やめて ススム」

1階では父を起こすとまずいので
姉も小声になって抵抗もあまりしてこなかった

それを逆手に取っていたずらしていたのだ

「じゃあ してきて」
「姉ちゃん 手伝ってよ」
「何言ってるのよ」
「もれそうなんだって」
「わかったわよ」

姉がチャックを下ろすとすでに
半立ち状態になっていた

「もう」
「このままじゃ 飛び散るから下に向けて」
「どこまで甘えるのよ」

そう言いながらもちんちんを握り
ゆっくり下に向けてくれた

お○っこしてる最中は姉のおしりを触っていた

「じゃあ 拭かないとね」

姉は何も言わなくても拭いてくれた

「姉ちゃんもついでにしていけば」
「えっ あっ そうね
じゃあ ちょっと出てて」
「もういいじゃん ちんちんも見たんだし」
「エッチなんだから」

姉は俺の前でお○っこをはじめた
そのタイミングで顔を股の間に持っていった

「ちょっと 何してるの」
「どんな風になってるか見てみたくて」
「ヘンタイ!」

「じゃあ 拭かないと」

俺は姉のワレメを舐めていった

「えっ えっ ススム 何してるのよ」
「静かにしないと母さん来ちゃうよ
あぁ お○っこはじめて舐めちゃったな」
「汚いじゃない」
「酔ってるから味はわからないって」

父は寝ていたが母は起きてることもある

帰りも肩を借りて部屋に戻った
もちろん胸は揉みまくりだ


「じゃあ おやすみ」
「姉ちゃん 遊ぼうよ」
「何言ってるの あっ ちょっと・・・」

そのまま手を掴みベッドに押し倒した

「興奮してるでしょ」
「酔っぱらい過ぎだよ ススム」
「姉ちゃん もう1回舐めさせて」
「彼女いるんでしょ」
「いたらこんなことしないって」
「ちょっと待ってよ」

返事を聞くまでもなく脱がしていった

「私たち姉弟なのよ」
「ジャ~ン!!」

コンドームはいつも持ち歩いていたので
財布から取りだした

「ちょっとどこまでするつもりなの」
「もちろん姉ちゃんがイクまでだよ」
「冗談でしょ」
「はいはい 準備 準備」

シックスナインで姉を興奮させていった

「ちゃんと俺のも舐めてよ」
「こんなことしたことないのに・・・」
「はじめてじゃないでしょ 姉ちゃん」
「・・・」

何も言わなかったので処女だったのかもしれない
まぁ もう止まらない状況だった

酔った勢いで姉とセックスしてしまおうと
突っ走っていたのだ

「あんっ あっ あっ」
「指が2本も入るなんて姉ちゃんドスケベじゃん」
「もう ちょっと あんっ ダメッ」

そしてコンドームを着けて挿入した

「あっ あぁ~ん」

感じはじめた時から抵抗もしなかった
嫌がるフリをしながら楽しんでたに違いない

「あぁ~ 姉ちゃん 最高!!」

発射した後そのまま俺は寝入ってしまった

姉が片づけをして出ていったことは
朝起きてわかった


「ススム もう起きた」
「えっ あっ おはよう 母さん」
「何 パンツ脱いでるのよ ウフフッ」
「あっ」

布団をかぶせていってくれてたので
ちょっと見られただけで済んだ

「ずいぶん飲んだのね」
「うん あっ トイレ汚れてなかった?」
「大丈夫だったけど どうして?」
「こぼしちゃったかなって」
「店でしてきてよ 困った子ね もう」
「ハハハッ」

姉とは夜に再会したがいつも通りだった
問い詰められたのはずっとあとのことだ

成人式のあとも年に数回酔って抱いていたが
回を重ねるごとに抵抗もしなくなって
それが当たり前みたいに接してくるようになった


そんな都合のいい鈍感な姉が
結婚して家を出ていくのは少し寂しい

彼女たちよりも体の相性がよかったというのも
理由のひとつだけど・・・



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析