FC2ブログ

≪最新作≫「義弟のいる家」Kindle電子書籍発売!

「義弟のいる家」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は書き下ろしの新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「おまえら何度も言ってるけど
今後2階に上がるのは禁止だからな」
「わかってるよ 兄貴」
「裕樹もだぞ」
「う、うん」
「どうしても行きたい時は俺と一緒にな」
「そんな用事あるわけないだろ
荷物も全部1階に下ろしたんだから
「ハハハッ まぁ そうだよな」

「じゃあ 瑞希さん よろしくね」
「は、はい」
「気安く名前を呼ぶな」
「じゃあ お義姉さんって呼べばいいのかよ」
「なるべく口をきくなってことだ」
「兄貴 それは束縛し過ぎだろ」
「おまえらを野放しに出来るか」
「おいっ 裕樹も一緒にされてるぞ」
「ハハッ・・・」



斉藤瑞希 28才 結婚2年目

夫の転職をきっかけに義弟たちの住む実家に
移り住むことになった

今までは社宅で暮らしていた


夫は裕也 40才 長距離トラック運転手

今までダンプの運転手だったが
その会社を辞めて転職した

転職理由は私だ 社宅で孤立してしまい
毎日のように夫に泣き言を言っていた
陰湿ないじめは社宅も女子校も同じなのだ

家を空ける仕事になるが早くお金を貯めて
友達と起業したいとのことで
長距離トラックの仕事を選んだ

夫の両親はすでに亡くなっていて
実家には義弟2人だけで暮らしていた

夫はとにかく優しい

見合いパーティーで知り合い
命がけで幸せにするとプロポーズされた


上の義弟は卓也 35才 携帯ショップ店長

バツイチで子供はいない

性格は楽天家で初顔合わせの日に
化粧室から出たところでいきなりプロポーズされた

『なぁ 兄貴じゃなく俺と結婚しない?』
『えっ・・・』
『あんなゴリラみたいなのよりも
俺の方がマシでしょ』

今年のお正月には結婚式以来に
久々に会ったがさらに馴れ馴れしくなっていた

『瑞希ちゃ~ん』

そう呼ばれたのはその日がはじめてだ
夫と友達が宴会してる最中に台所にやってきた

『は、はい』
『おっぱいまたデカくなったんじゃない』
『えっ そんなことは・・・』
『揉まれまくってるんだね 兄貴は絶倫だもんな』

絶倫なのは間違いないけど
胸はそこまで揉まれまくってはいなかった
おしりの方が好きみたいだし

『2人の時は瑞希ちゃんでいいよね 俺のが年上だし』
『は、はい それはいいですけど・・・』
『兄貴に告げ口とかやめてくれよ 殺されるから』
『わかってます 言いません』
『本当? じゃあ こんなことしても・・・』

股間をおしりに当ててきた

『ちょっと・・・』
『頭の中ではもっとエロいことしちゃってるけどね』

卓也さんの行為には驚いたが社宅のいじめに比べたら
何てことはないので黙ってガマンした


下の義弟は裕樹 32才 土木作業員

顔は夫とそっくりだが性格はおとなしい感じだ
ほとんど目を合わせてもらったことがない

「裕樹は俺と同じで口下手だから
婚活パーティーで相手を見つけるしかないかもな
まぁ 行きたがらないだろうけど」
「卓也さんに一緒に行ってもらったりすれば
いいんじゃないですか」
「兄貴があんな軽い奴だと敬遠されるだろ」
「ウフフッ」
「身内が言うものなんだけど昔からあいつだけは
モテまくってたからな 顔も悪くないし 口も上手いし」

裕樹さんも私と同じようにいじめに遭っていたが
夫がいじめっ子を脅してからは無視されるだけで
済んだということだ

高校に入ってはじめて出来た友達と
今でも仲良くしていて家にも時々来るらしい

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

義弟のいる家(1)「おまえらを野放しに出来るか」

「おまえら何度も言ってるけど
今後2階に上がるのは禁止だからな」
「わかってるよ 兄貴」
「裕樹もだぞ」
「う、うん」
「どうしても行きたい時は俺と一緒にな」
「そんな用事あるわけないだろ
荷物も全部1階に下ろしたんだから
「ハハハッ まぁ そうだよな」

「じゃあ 瑞希さん よろしくね」
「は、はい」
「気安く名前を呼ぶな」
「じゃあ お義姉さんって呼べばいいのかよ」
「なるべく口をきくなってことだ」
「兄貴 それは束縛し過ぎだろ」
「おまえらを野放しに出来るか」
「おいっ 裕樹も一緒にされてるぞ」
「ハハッ・・・」



斉藤瑞希 28才 結婚2年目

夫の転職をきっかけに義弟たちの住む実家に
移り住むことになった

今までは社宅で暮らしていた


夫は裕也 40才 長距離トラック運転手

今までダンプの運転手だったが
その会社を辞めて転職した

転職理由は私だ 社宅で孤立してしまい
毎日のように夫に泣き言を言っていた
陰湿ないじめは社宅も女子校も同じなのだ

家を空ける仕事になるが早くお金を貯めて
友達と起業したいとのことで
長距離トラックの仕事を選んだ

夫の両親はすでに亡くなっていて
実家には義弟2人だけで暮らしていた

夫はとにかく優しい

見合いパーティーで知り合い
命がけで幸せにするとプロポーズされた


上の義弟は卓也 35才 携帯ショップ店長

バツイチで子供はいない

性格は楽天家で初顔合わせの日に
化粧室から出たところでいきなりプロポーズされた

『なぁ 兄貴じゃなく俺と結婚しない?』
『えっ・・・』
『あんなゴリラみたいなのよりも
俺の方がマシでしょ』

今年のお正月には結婚式以来に
久々に会ったがさらに馴れ馴れしくなっていた

『瑞希ちゃ~ん』

そう呼ばれたのはその日がはじめてだ
夫と友達が宴会してる最中に台所にやってきた

『は、はい』
『おっぱいまたデカくなったんじゃない』
『えっ そんなことは・・・』
『揉まれまくってるんだね 兄貴は絶倫だもんな』

絶倫なのは間違いないけど
胸はそこまで揉まれまくってはいなかった
おしりの方が好きみたいだし

『2人の時は瑞希ちゃんでいいよね 俺のが年上だし』
『は、はい それはいいですけど・・・』
『兄貴に告げ口とかやめてくれよ 殺されるから』
『わかってます 言いません』
『本当? じゃあ こんなことしても・・・』

股間をおしりに当ててきた

『ちょっと・・・』
『頭の中ではもっとエロいことしちゃってるけどね』

卓也さんの行為には驚いたが社宅のいじめに比べたら
何てことはないので黙ってガマンした


下の義弟は裕樹 32才 土木作業員

顔は夫とそっくりだが性格はおとなしい感じだ
ほとんど目を合わせてもらったことがない

「裕樹は俺と同じで口下手だから
婚活パーティーで相手を見つけるしかないかもな
まぁ 行きたがらないだろうけど」
「卓也さんに一緒に行ってもらったりすれば
いいんじゃないですか」
「兄貴があんな軽い奴だと敬遠されるだろ」
「ウフフッ」
「身内が言うものなんだけど昔からあいつだけは
モテまくってたからな 顔も悪くないし 口も上手いし」

裕樹さんも私と同じようにいじめに遭っていたが
夫がいじめっ子を脅してからは無視されるだけで
済んだということだ

高校に入ってはじめて出来た友達と
今でも仲良くしていて家にも時々来るらしい





「あぁ~ん あなた~」

「瑞希 これからは帰って来るたびに
求めるだろうけどガマンしてくれないか」
「あんっ もちろんです あっ あぁ~ん」
「キレイだよ」

パシャッ パシャッ

夫は週に2日しか家に帰ってこない

他の日はトラックの中などで寝ることになるので
今日も写真や動画を撮りながらセックスしている
夫のオナニーのネタにするためだ

転職してからはこんな風にしている
他の夫婦がどんなことしてるのかわからないが
そんなに変わらないだろう

私は結婚するまで男性経験がなかった
セックスは夫としかしたことがない


「あっ あぁ~」

子供は私が30才になってからと言ってある
今までしてこなかったセックスを楽しみたいからだ

社会人になってからは先輩社員に
仲良くしてもらっていたが女子校時代は
ひとりも友達がいなくて時間を持て余していた

いじめに耐えられたのはオナニーのおかげだ
毎日のようにオナニーしていた
オナニーと勉強ですべて解消していたのだ

社宅では思うようにオナニーが出来なかったので
いじめに耐えきれず夫に泣き言を聞かせてしまった

何故出来なかったかというと1階で壁も薄く
いじめの首謀者がとなりに住んでいたので
昼間こそ物音を立てないように静かに過ごしていたためだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義弟のいる家(2)「イヤなら早めに言ってよ 俺は調子乗りだから」

「行ってらっしゃい あなた」
「あぁ 早くお金を貯めないとおかしくなりそうだ」
「ウフフッ 頑張ってね」


家事は洗濯だけ義弟たちの分もすることになっている
食事は夫がいる時はみんなで一緒に食べることもあるが
他の日はひとりで食べるように言われている

オフロは義弟たちが仕事に行ってる間に入って
夜は2階でひとり自由に過ごす 
トイレは2階にもあるので1階に下りる用は特にない


「おはよう 瑞希ちゃん」
「あっ おはようございます」
「そんなカタい挨拶しなくていいって」

洗濯をしていると卓也さんが声をかけてきた

卓也さんは毎週決まった曜日ではないが
平日が休みで今日もたまたま休みのようだ

裕樹さんはもう仕事に出かけている
毎日6時過ぎには家を出てるらしい

「そのパジャマ洗っておきましょうか」
「今度でいいよ あっ でもパンツは・・・
ハハハッ 兄貴もバカだよな 隔離してるくせに
洗濯だけは一緒にやれとか」
「それくらいはしないと仕事もしてないですし」
「してるじゃん 昨日もバンバンやってたんでしょ」
「えっ・・・」

あぁ すぐにペースに巻き込まれそうになる

「イヤなら早めに言ってよ 俺は調子乗りだから」
「は、はい」
「瑞希ちゃんには兄貴に報告という切り札が
あるんだからビビることないでしょ」
「・・・」
「黙ってたらチャレンジしちゃうよ」

どんな返事をすれば平和に済むのかと考えていると
卓也さんは私の前でパンツを脱いでしまった

「あっ・・・」
「健康な男子でしょ 朝立ちだよ」

夫の方がガタイがいいのに
おちんちんは卓也さんの方が大きい

「比べてるね その顔は」
「そんなことは・・・」
「兄貴よりデカいだけじゃなくてカタいんだよ
触ってみる?」
「ふざけるのもいい加減にしてください」
「え~ もう終わりなの ツレないなぁ
兄貴は明後日まで帰ってこないんだし
いない時くらい遊びに付き合ってよ」
「困ります しつこくするなら裕也さんに・・・」
「ハハハッ 切り札出されたから退散するよ
でもまたチャレンジするからね
じゃあ 出かける前にシャワーでも浴びよっかな」


卓也さんが出かけたのを確認してから
私はオフロに入ることにした

裕樹さんが帰ってくるのは早くても5時すぎなので
まだまだ時間に余裕がある


「はぁ~ 気持ちいい」

思わず口に出してしまった

社宅から出られただけでも天国なのに
これからはオナニーだって思いっきり出来る

洗濯は終わらせたので明日は買い物に
出かける予定だ 買うモノは決まっている
コスプレ衣装だ

夫にコスプレセックスしてみたいと言った時は
思ったほど反応してくれなかったが賛成はしてくれた

『瑞希がしたいなら俺もちゃんとなりきるから』
『うれしい』

私は完全にMだが女性に虐められることには
耐えられない 逆に男性になら何をされても
受け入れてしまう気がする

卓也さんの好きにさせないのはあくまでも
夫のことを思ってのことで楽しんでる自分もいる

あの大きなおちんちん・・・

「あっ あんっ」

浮気も妄想までは許してもらえるかな



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義弟のいる家(3)「この部屋を見れば隠しようがないでしょ」

「おかえりなさい 裕樹さん」
「あっ・・・ただいま」

裕樹さんの出迎えなんて頼まれていないが
お互い気を使いそうなので仲良くしておくことにした

驚いていて避けられなかったのか一瞬目が合った 
そしてうしろにもうひとりいることに気づいた

「あっ お友達ですね」
「はじめまして 藤井と言います」
「藤井さんですか これからはここで
暮らすことになったのでよろしくお願いします」
「こちらこそよろしくです
何て呼べばいいですか」

藤井さんは裕樹さんより卓也さんに近い気がする
見た目はオタクそのものだけど

「えっ あっ 名前は瑞希ですけど」
「じゃあ 瑞希さんでいいですか」
「はい」
「ミカエル神殿に出てきそうないい名前だなぁ」
「えっ・・・」
「少し前までガチなアニヲタだったんです
マニアックなアニメですいません」
「ウフフッ じゃあ 今は違うんですか」
「言っちゃっていいかな 裕樹」
「う、うん」
「見てもらった方が早いから
部屋に行きましょう 一緒に」
「はい」

まるで自分の部屋のように藤井さんは先に入っていった

「わぁ・・・」

壁に飾られているのはコスプレ姿の女性のポスターだ

「ちゃんと衣装着てるものだけですから
ほとんど撮影会の写真を引き伸ばしたモノで」
「じゃあ 世界に1枚ってことですね」
「このカメラ目線は僕に向けてですからね
こっちは裕樹ですけど」
「いろんな女性が写ってるみたいですけど
あっ 一緒の女性かな」
「さすがに全部一緒じゃないですけど4人だけです
女性もそうですけどコスプレも大事なので」
「ふ~ん そうなんですね」

明日コスプレの衣装を買いに行くと言えば
盛りあがりそうだけどちょっと違うかな

裕樹さんたちはこれを見てオナニーするんだろうけど
私はコスプレしてプレイする側だからだ

あっ このメイド服可愛いな

「このこと裕也さんも知ってるんですか」
「もちろん なっ」
「う、うん」
「この部屋を見れば隠しようがないでしょ」
「ウフフッ そうですね」
「それに裕也さんも・・・」
「ちょっと 藤井くん!」
「あっ さすがにそれは言っちゃダメか」
「気になるんですけど」
「まぁ ご想像にお任せするということで」

もしかしたらコスプレ撮影会に
夫も行ったことがあるのかもしれない

「じゃあ ごゆっくり」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義弟がいる家(4)「じゃあ 子供作るのもっと先にしようかな」

「先輩!」
「あらっ 瑞希ちゃんじゃない」


小林香織 35才 OL時代の先輩

子供は女の子でもう中1になっている

旦那さんの顔は写真でしか見たことはないが
神経質そうな顔をしていた

「夫の実家に引っ越してきたんです
松原町の方なんですけど落ち着いてから
連絡しようと思ってたら会っちゃいましたね」
「そうなのね 年末に電話くれた時は
何だか元気なかったけど今日は声が明るいわね」
「は、はい 社宅ではうまくいってなくて」
「社宅はいろいろと難しいのね」
「私も悪いんですけど・・・」

「家も近くなったしまた時々会いましょうよ
ベタ惚れの旦那さんが許してくれるならだけど」
「それが長距離トラックの運転手に転職したので
3日に1日しか帰ってこないんです」
「社宅を出ただけじゃなく仕事も辞めたのね」
「さすがにここからは通えないので・・・」
「違うでしょ 瑞希ちゃんのためでしょ
本当にベタ惚れなのね 旦那さん」
「ウフフッ すいません 先輩」
「私だって負けてないって言いたいけど
さすがに倦怠期だからね」
「先輩のところ倦怠期が長いですね」
「まぁ 夫婦なんて普通こんなもんよ
子供が出来たらあなたの旦那さんも変わるって」
「じゃあ 子供作るのもっと先にしようかな」
「別にいいと思うよ 今は遅い人も多いから
35才で産んだって参観日で目立つこともないし
そもそも瑞希ちゃんって童顔だしね」
「ありがとうございます 先輩」
「別に褒めてないわよ フフフッ」

私はひとりには慣れているが
先輩と出会って本当によかったと思っている

婚活パーティーに参加するように
勧めてくれたのも先輩なのだ

「来週はどんな感じ?」
「えっと・・・月木以外ならいつでも」
「そう じゃあ 金曜日にでも飲みに行きましょ
酔っ払っても次の日旦那さんいないんでしょ」
「は、はい じゃあ 金曜日に」
「いつものところでいいよね」
「播磨屋ですか」
「そこしかないでしょ 私たちには」
「ハハハッ そうですね」

ランチの行きつけの店は何軒かあったが
お酒を飲む場所はほとんど播磨屋だった
安いのに料理がすごく美味しいので
他の店に行くと損した気分になるのだ


先輩には何でも相談してきたが
さすがに性の趣向までは伝えていない
コスプレのことを言ったらどんな顔するか楽しみだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析