FC2ブログ

義父と嫁の肉弾戦(1)『彼女の方が美人じゃないか』

「親父はこの部屋を使ってくれ」
「もっと狭い部屋があるならそこでもいいぞ」
「世間体があるだろ 会社の連中も来るんだから」
「雅恵さんは納得してくれたのか」
「ここは俺の家なんだ ぐだぐだ言うなら
追い出してやるさ」
「あいかわらずだな おまえは」


西川剛志 66才 無職

妻の紀子と別れてから転職を繰り返しながら
なんとかひとりでやってきたが
ついに仕事を失い息子の世話になることになった



息子は孝志 45才 大手建設会社勤務

昔から図体がデカくてガキ大将タイプ
ラグビー部の先輩の勧めで建設会社に入った

紀子とはケンカばかりしていたが
俺のことは何かと気にかけてくれていた

言葉遣いは荒いが俺にとっては優しい息子だ



息子の嫁は雅恵 40才 専業主婦

ラグビー部の後輩の妹で息子がひと目ぼれした
そして猛アタックして手に入れた

息子は紀子と仲は良くなかったが
紀子と雅恵はよく似ている
性格というよりも体型だ 何もかもデカい


『おまえ 何だかんだいって母さんが好きだったのか』
『そんなことないって』
『見た目が似すぎだろ』
『彼女の方が美人じゃないか』
『まぁ そうだな 俺は母さんの体に惚れたから
顔なんかどうでもよかったけど ハッハッハ』



息子夫婦の間には娘がひとりいるがもう家を出ている

孫娘の美奈 17才

高校に進学せずに彼氏と同棲をはじめた
相手は30代ということだけ聞いているが
まだ俺は会ったことがない

中1の時に年をごまかして付き合いはじめたらしい
2人に似て図体がデカく顔も大人びていたので
全く気付かれなかったのだろう



「食事の準備出来ました」

「おぅ 親父も一緒に食べるだろ」
「そうだな」

食卓にはかつ丼が用意されていた
俺と息子の大好物だ

「もう特盛りは食べきれないんじゃないか 親父」
「年寄り扱いするな かつ丼ならおまえより食えるぞ」
「ハハハッ 確かに昔はそうだったな」
「本当ですか あなた」
「俺は2杯が限界で親父は3杯ペロリだから」
「すごいですね お義父さん」
「当たり前だろ 年季が違うってもんだ」

3人でかつ丼をかきこんだ

「みそ汁のおかわりもらえるか」
「はい あなたは」
「じゃあ 俺も 負けてられないからな」
「ウフフッ」

「雅恵さんのポテトサラダは絶品だな」
「そうだろ 親父は久しぶりなんじゃないか」
「あぁ」

「待て待て 一番食ってるのは雅恵さんじゃないか」
「そんなことないですって」
「いいのか 孝志」
「こいつとは勝負しないことにしてる 底なしだから」
「さっきの話ですごいって言ったのは
お世辞だったんだな 雅恵さん」
「・・・すみません お義父さん」
「ワッハッハッ」

家族で集まる習慣が今まであまりなかったので
雅恵のことはよく知らない

俺がここに来ることを歓迎してないと
息子に聞いていたので多少身構えていたくらいだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

義父と嫁の肉弾戦(2)「恥ずかしがる年でもないってことか」

食事が終わって部屋に戻ると息子がやってきた

「親父 女はいるのか」
「いるわけないだろ 無職だぞ」
「まだ現役だよな」
「何の心配だ そんなこと気にするな」
「そうはいかない 一緒にこれ見ようぜ」

息子が手に持ってるのはDVDだ

「おまえ 雅恵さんがいるのにそんなの見てるのか」
「見ながらぶち込んでるんだよ」
「ハハハッ うらやましいな」

すぐにデッキに入れて再生をはじめた

「音は気にしなくていいぞ ここは角部屋だし
となりは年寄りだから」
「雅恵さんに聞かれてもいいのか」
「慣れてるって それにもう40だからな」
「恥ずかしがる年でもないってことか」

定番の洋モノだ 

和モノだと俺たちの好みに合う女が見つからない


「親父 ちんちん交換してくれよ」
「ハハハッ まだ言ってるのか」

息子の方が図体はデカいはちんちんは俺の方がデカい
それも見て一発でわかるくらいの差はある

「何ならAV男優になればいいんじゃないか」
「世間体とか言っておいて何を言ってるんだ」
「ハハハッ 確かにバレバレだよな
若い奴は毎日のように見てるだろうし」

紀子が別れてからも時々会いに来るのは
これを楽しむためだ 話をすればケンカになるが
セックスは別だ


「ここまでケツがデカいと俺は届かないかも」
「ハハハッ 思いっきり横に広げれば大丈夫だろ
ブヨンブヨンなんだから」
「今までの女ではおふくろが一番デカいんだろ」
「そうだな おまえも子供の時にそのケツとか
おっぱいに顔を埋めてたから知ってるよな」
「あぁ 友達といたずらして引っぱたかれたし」

「俺はひとりでするから雅恵さんの相手してこいよ」
「片付けしたあとフロ入ってるからまだだって」
「一緒に入ればいいだろ」
「全裸見たあとじゃ盛り上がらないだろ」
「思ったより仲いいじゃないか」
「悪いなんて言ってないだろ」
「追い出すとかさっき言ってなかったか」
「今さらここを出て幸せになれるわけないだろ」
「なんだ 出ていかれる心配ないってことか」
「あと美奈が急に帰ってきて俺と親父だけだったら
すぐにまた家出だからな」
「ハッハッハ 家事が苦手なんだってな」
「今も相手の男がしてやってるってさ」
「おまえはその男に会ったことあるのか」
「いやっ ない 雅恵は一度会ってるけど
気が弱そうだったってそれだけ言ってた」
「それなら美奈の天下だな」
「俺の子だからな 元々女番長みたいなもんだし」


1時間ほどして息子は部屋を出て行った

雅恵のことが少し気になっていたが
この分だと居心地は悪くなさそうだ


「あぁ~ん あぁ~ あなた~ あんっ あんっ」

寝ようとしたところで雅恵のあえぎ声が響いてきた
AVの音よりも鮮明に聞こえてくる

トイレに行くついでにリビングに入ってすぐわかった
寝室のドアを開けたままセックスしているのだ

これじゃのぞいてくれと言わんばかりだが
今日はもう満足してるので寝ることにした



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の肉弾戦(3)「ウフフッ お元気なんですね」

「おはよう 雅恵さん」
「あっ おはようございます」
「あいつは仕事に行ったのか」
「もう10時過ぎてますから」
「あぁ そんなになってたのか ハハハッ」

「何か準備しましょうか」
「いやっ ちょっと近所を見て回るつもりだから
食堂にでも入って食べるよ」
「私が案内しましょうか」
「いいのか」
「早く慣れていただきたいですし
この辺は全くわからないですよね」
「あぁ 迷子になったら迎えに来てもらうつもりだった」
「ウフフッ お義父さん 冗談ばっかり」

歓迎されてないというのは何だったのかな

「なぁ 雅恵さん 正直に話してほしいんだが
俺と一緒に住むのはどうなんだ」
「どうって言われましても・・・逆に聞きたいですよ」
「えっ!?」
「昨晩は聞かれたかどうかわかりませんが
お義父さんがいても気にせずに・・・」
「ハハハッ さすがにびっくりしたな
寝室のドアが開いてたから」
「もしかしてのぞかれましたか」
「いやっ 昨日は疲れてたから でもいいのか」
「私たちはかまいませんよ 楽しんでるんですから」
「ハッハッハ でもあいつに聞いたら
雅恵さんは俺のこと歓迎してないって・・・」
「そうではなくて美奈が戻ってきたらってことですよ」
「どういうことだ」
「ほらっ 4人で暮らしたことないじゃないですか
あの子はこの家で一番わがままなので何を言いだすか」
「その時は俺が出て行くから心配しないでくれ」
「そういうわけにもいかないですよ」
「いやいやっ 寝たきりってわけじゃないんだから
そうだ このあたりの女と知り合って・・・」
「ウフフッ お元気なんですね」
「あぁ 現役バリバリだぞ」
「バリバリって ウフフッ」
「今は言わないか ワッハッハ」

とりあえずいつでも出ていけるように
早めに女を見つけて避難場所を確保しておこう
そうすれば心置きなくここで暮らせる

美奈は戻ってくるかもしれないが男を見つければ
またすぐ出ていくだろうし

「じゃあ これだけ干したらいつでも行けますので」
「そうか じゃあ 俺も準備しておくよ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の肉弾戦(4)「デート楽しんでくださいね 剛志さん」

「こんにちは」
「あっ はぁ・・・」

玄関を出てすぐに声をかけられた
となりの奥さんのようだ

「加代さんもお買い物ですか」
「そうなのよ」
「お義父さんです 少し話してたと思いますけど」

「はじめまして」
「あぁ はじめまして」

「商店街に行かれるんですよね 一緒に・・・」
「2人のお邪魔になるから」
「いやいやっ かまいませんよ」
「そう じゃあ ご一緒させてもらうわ」

「よく一緒に行ったりしてるのか」
「はい」

そのあと自己紹介をし合った


前田加代 65才 夫は幸男 70才 年金暮らし

息子夫婦よりも前からここで暮らしている

雅恵は仲良くさせてもらってるようだが
孝志とはあまり交流してないとのことだ


「剛志さんは若々しいですね うちの夫とは大違い
本当に50代にしか見えないですよ まさか年上だなんて」
「いやいやっ」
「昨日もかつ丼の特盛りを食べちゃったり」
「えっ!?」
「雅恵さんも食べてただろ」
「ウフフッ」

さすがに雅恵と並ぶと見劣りするが
ムチムチとした体型で悪くない
紀子と同い年だが顔や雰囲気は全然若く見える


「今日も囲碁ですか 幸男さんは」
「ううん 朝から釣りに出かけちゃったわ」
「釣りするなんて若いなぁ」
「仕事してた時は無趣味だったんだけど
囲碁と釣りにハマっちゃって」
「定年になってからはじめたんだね」
「そうなんです だから初心者なんですよ 70で」
「ハハハッ ちょっと旦那さんとも話してみたいな」
「お義父さんは釣りも囲碁もしないでしょ」
「まぁ そうだけど よく考えたら俺も無趣味だから」

さすがに趣味も特技もセックスだとは言えない


「じゃあ 私は銀行に行くので」
「はい じゃあ また」

「デート楽しんでくださいね 剛志さん」
「ハハハッ 加代さんにはかなわないな」


駅前の商店街を中心に雅恵に案内してもらった


「そろそろ何か食べましょうか」
「この辺に美味しい店でもあるのか」
「孝志さんとよく行くのはそこの中華なんですけど
美奈が好きだから昔からよく行ってて」
「じゃあ そこでいいよ」


大衆中華食堂という感じで店内は広い

「味は普通ですけど量が多いですし安いんですよね
特にセットメニューはランチだと大盛り無料ですし」
「オススメは何だ」
「そうですね 中華丼とか天津飯のセットとか
あとキムチ野菜炒めなんかもよく食べますけど」
「じゃあ 今日は雅恵さんと同じモノにするよ」

「中華丼セット 2つ 大盛りで」

「食べきれるか心配だな 俺はかつ丼以外だと
そこまで大食いでもないから」
「残ったモノは私が食べますので大丈夫ですよ」
「ハハハッ そうか 雅恵さんは底なしだったな」

2人で中華丼をかき込んだ
セットにはラーメンと餃子3ヶがついている

「そんなに味も悪くないな」
「中華丼と天津飯は家で作らないようにしてるんです
お義父さんはかつ丼以外だとどういうのがお好みですか」
「フライや天ぷらは好きだな あとカレーだとか」
「かつ丼は週に3回くらいなんですけど
毎日の方がいいですか」
「いやっ 外でも食うからそれでいいよ
この辺にはかつ丼食べれる店は何軒くらいあるんだ」
「10軒近くありますよ 行く店は決まってますけど」
「そのよく行く店はかなり美味いんだな」
「ここに越してきた時に全部の店に行って味比べして
ただお義父さんの好みもあるでしょうから」
「そうだな 俺も全部まわってみるよ」
「じゃあ かつ丼のある店をいろいろ案内していきますね」
「あぁ 頼む」


「はぁ・・・何とか食べきれたな
雅恵さんは何か追加すればいいんじゃないか」
「あとでお肉屋さんによるので買い食いします」
「ハハハッ まるで男子学生だな」

紀子も食べるのが好きだったが雅恵にはかなわない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析