FC2ブログ

母と息子の偽装生活(1)「僕がエッチなのはママのせいじゃないか」

「今日は店長さんに何も言われなかった?」
「うん ママに言われた通り忙しそうなフリして
逃げ回ってたから」
「ウフフッ」

「ママ 気持ちいい?」
「ミツルはそんなこと気にしなくてもいいわよ
何をされても私はうれしいんだから」
「でも・・・」
「わかったわ ちゃんと感じてるかわかるように
声を出してあげるわね」
「う、うん じゃあ・・・」

「あっ あんっ 気持ちいいわ ミツル」



田上フミコ 44才 シングルマザー

息子と2人で細々と暮らしている


息子はミツル 23才

家から徒歩圏内にある大学を卒業して
大型家電の店に就職した

店は地下鉄で10分ほどの行ける場所なので
自転車で通えないことはないが
最近は地下鉄で通わせている


『僕は自転車で通う方がいいんだけど・・・』
『うち以外では他人に囲まれていてほしいの
ママの言いたいことわかる』
『全然』
『私とずっと仲良くしたいでしょ』
『う、うん』
『そのためよ ちゃんとミツルが社会人として
一人前なら私たちの関係を誤解されたりしないから』
『それと自転車は関係ない気がするんだけど・・・』
『ウフフッ そうね でもお願い』
『うん わかったよ ママ』
『いい子だわ ミツルは』


息子と仲がよくても許されるのは小さい時だけだ 
特に母子家庭の場合は何かと気を使う

昔は学校帰りの息子を見つけただけで抱きしめていた
逆もある 息子が寂しくてパート先のお弁当屋まで来て
抱きついてきたりしてたのだ

今は家の中以外であまりそういうことは
しないようにしている


「今度の休みは久しぶりに外でデートしようか」
「いいけど 人が多いところはイヤだなぁ」
「そうだ そろそろ新しく出来た観覧車に乗りに行こうか
ゲームセンターも近くにあるし」
「行きたいって言ってたね そういえば」
「まだ混んでるだろうけどね」
「観覧車だったらママとイチャイチャ出来るからいいよ」
「そんなの家でいくらでも出来るでしょ」
「だって外では手も繋いじゃダメって・・・」
「ウフフッ 観覧車の中で写真撮って壁に飾ろっか」
「うん チュウしてる写真ね」
「ダメよ それは チュウはもちろんするけど」

「ママ 愛してるよ」

チュッ チュッ チュッ

「おっぱいとくちびる どっちが好き?」
「えっと・・・おっぱい」
「もう エッチなんだから」
「僕がエッチなのはママのせいじゃないか」
「ウフフッ そうね またチューチューする?」
「うん」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

母と息子の偽装生活(2)「可愛いわ 私のミツルは ウフフッ」

息子とはオフロも一緒に入っているし
同じ布団で並んで寝ている

大きくなった時にダブルサイズに買い替えた

息子はおっぱいが大好きだがワレメも時々は舐めてくれる
そのお返しでおちんちんを舐めてあげるのだ

小さい時から慣れているせいかすぐには射精しない
それにおちんちんは大きめだ
息子の実父は一生教えるつもりはないが
こんなに大きくはなかったので私のおかげだろう


「電車の中でもおっぱいあたり見たりしてるんでしょ」
「う、うん」
「あんまり見過ぎるとチカン扱いされるから気をつけてね」
「何度も言わなくてもわかってるよ」
「まぁ ミツルは怪しい顔してないから大丈夫だろうけど」

内気な性格だが見た目は爽やかな感じなのだ
ただ喋りは苦手なのでモテることはない

高校時代も後輩から告白されて逃げ帰ってきた


『ママ 告白されちゃったよ』
『おめでとう!久しぶりね それでそれで』
『えっ・・・何も言わずに帰ってきちゃったんだけど』
『はぁ 前に言ったでしょ ありがとうって言って
返事はまた今度って言いなさいって』
『だって急だったから・・・』
『もしかしたら初体験の相手になったかもしれないのに』
『今度はちゃんとそう言うから』
『その子がまた告白してくれるといいけどね
それでミツルはどう思ったの?』
『う~ん おっぱいはママよりも小さかった』
『まだ成長期だからおっぱいの大きさで決めちゃダメよ
もし小さくても私のおっぱいを触らせてあげるし』
『ずっと?』
『ウフフッ もちろんよ このおっぱいは
ミツルのモノだからね』
『ママもいろんな男の人と付き合っていいからね』
『本当に?嫉妬したりしないの?』
『するけど 僕も誰かと付き合うから』
『そうね でも私はミツルのあとでいいかな』


「じゃあ そろそろ寝ましょ」
「うん そうだ 明日のお弁当はごはんと
玉子焼きだけでいいよ カップラーメンと食べるから」
「わかったわ」

息子はいつもお弁当を残さず食べてきてくれる
それは小さい頃からだ

「ママ おっぱい出して」
「ウフフッ 今日は家に帰ってからずっとね」
「だって・・・」
「いいのよ ミツルのおっぱいなんだから
もう何も出ないけどね」

おっぱいを舐めながら寝るのはいつものことだ

「あっ 何だかムズムズしてきたから
おっぱいで挟んでもらいたい」
「昨日は出さずに寝ちゃったもんね」
「うん」

仰向けになっている私にまたがってきた

「元気なおちんちんね」

「あっ あぁ 気持ちいいよ ママ」

「ミツル いっぱい出してね 顔にかかってもいいから」
「うっ あっ あぁ~ あぁ~~~~」

今日は10分もかからずに発射してくれた
長い時は20分以上パイズリしてることもあるのだ


「おやすみ ミツル」
「うん ママ おやすみ」

息子は寝つきが元々いい方だが射精したあとは
本当に一瞬で熟睡してしまう

「可愛いわ 私のミツルは ウフフッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

母と息子の偽装生活(3)『ミツルに彼女が出来てからだと思います』

「ミツル 起きて」

お弁当の用意が済んでから息子を起こす


「うっ うんっ あぁ~ よく寝たなぁ」

自分で起きることは滅多にないが寝起きは悪くない
すぐに頭が回転するようになっているのだ

「ママ おっぱい吸いたい」
「はいはい」

顔におっぱいを押しつけていく

「苦しいよ ママ」
「ウフフッ こっちは起きてないみたいね」
「あっ もう」

チューチュー チューチュー

「じゃあ 起きて ごはん食べて」
「うん」



「行ってきま~す」
「行ってらっしゃい」

私は9時半に家を出るのでそれまでに
掃除や洗濯を片付けていく



「おはようございます」

パート先のお弁当屋は【ホカホカ弁当】
チェーン店ではなく個人経営の店だ

オーナーは松山イクオ 66才 奥様はヒデコ 62才

私はもう15年近く働いているので仕事には慣れている
ほとんどこの3人で店を回しているのだ

定休日は日曜日 予約次第では手伝いに来ることもある
私はそれ以外に息子に合わせて火曜日も休みにしている


「あぁ おはようさん」
「フミコさん 今日は朝から忙しいわよ」
「あれっ 予約入ってなかったですよね」
「昨日フミコさんが帰ってから注文があったのよ
仕出しの手違いで50人分足りなくなったって」
「わぁ」

開店時間が私の出勤時間になっている

いつもなら11時半くらいまでお客さんがあまり来ないので
ゆっくり昼の準備をしていく
作り置きの100個の弁当を詰めるのが主な仕事だ

「オーナー これはどうしましょう」
「ダメだな 捨ててくれ」
「わかりました」

あまりにひどい出来の総菜は廃棄になる
その見極めは売上次第なので私は毎回聞くことにしている

あと店長をオーナーと呼ぶのには訳がある

大通りを挟んで向かいにあるコンビニとカレーショップも
オーナーが経営してるのだ
このあたりの土地は代々松山家が所有している

コンビニはオーナーの長女夫妻が担当している

松山ヒデミ 38才 夫はユキト 30才 婿養子

ヒデミさんは若くてカッコいい旦那を囲っているのだ
たまに店に出たりもするみたいだがヒモに近い

カレーショップの方は長男が開いた店だが
実質の経営者はやはりオーナーだ

松山タケシ 40才 バツイチ

実はこのタケシさんと私は付き合ってることになっている
まだ2年しか経ってないが偽装恋愛中だ

それというものタケシさんが離婚した時に
ゲイであることをカミングアウトしたのだ


『フミコさん もしよかったらいい人が見つかるまで
うちのタケシの恋人になってもらえないかな』

ゲイであることは奥様に先に聞いていた
私は口が堅いので信用して話してくれたのだ

『別にいいですけど・・・』
『本当かい』
『はい』
『誰かいい人が見つかったらやめてくれていいからね』
『ミツルに彼女が出来てからだと思います』

『仕事に来た日にカレーショップに顔を出して
ちょこちょこ話するだけでいいからさ』
『わかりました』
『その代わりカレーはタダにしてあげるからね
毎日でもテイクアウトして持って帰って』

さすがに毎日では飽きてしまうので
食べたくなった時に持って帰っている

ただ店に顔を出すのはいつもの日課だ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


母と息子の偽装生活(4)「こうやって揉まれるのも久しぶりなんだろ」

「はぁ 何とか切り抜けたね」
「そうですね」
「じゃあ あとは任せたよ あんたも帰るかい」
「いやっ 今日はここで寝るよ」

1時に一旦奥様は家に帰る 戻ってくるのは5時半だ

オーナーも午後から2時間ほど休憩するので
奥様と一緒に帰ることもある
家は歩いて5分ほどの場所だ

店の奥に3帖ほどの休憩スペースがあって
私はそこで着替えているがオーナーが寝る場所でもある


「本当にこの2年間ずっと男がいないのか」
「もっと前からですけど」
「ひとりで寂しくないのか」
「私にはミツルがいますから」
「子供と男は別だろ」
「もちろんそうですけどミツルといれば
忘れていられるんですよ」
「まだ若いのにな」
「もう44ですよ」
「俺がその頃はブイブイいわせてたぞ」
「奥様に叱られますよ そんな話してたら」
「俺たちはもうそんなのは通り越してるさ」
「最近は仲いいですもんね」
「まぁ これだけ一緒にいればわかるよな ハッハッハ」

ひと言も話をしない時期もあったが
ケンカは長くても1カ月だ 何となく仲直りしている

夫婦なのできっと夜の生活で挽回してるのだろう


「えっ あっ オーナー ちょっと・・・」

オーナーがおっぱいを触ってきた

「あいかわらずいいおっぱいだな」
「またお客さんに見られちゃいますよ」

セクハラはここで働きはじめた時からだ

服の上からおっぱいとおしりを触ってくるだけだが
タケシさんとの偽装恋愛がはじまってからは
全くしてこなくなっていた

これが理由で偽装恋愛が終わってしまうことを
恐れていたのだろう

お客さんに見られて奥様に知られてしまった時には
辞めないように説得された

『この人の手癖が悪いのは昔からなんだ
もう二度とさせないから辞めないでおくれ』
『は、はい』
『すまなかったな フミコさん あんまりにも
魅力的だったものだから』
『余計なこと言わなくてもいいのよ 全く』

その時は1週間ほど手を出してこなかった


「何だかんだ 嫌がってないよな」
「もう魅力がなくなったのかなって思ってましたよ」
「タケシのことがあるから・・・」
「やっぱりそうだったんですね」
「本当に感謝してるんだ 近所の人にも親戚連中にも
男が好きなことバレてないからな」
「離婚した相手は大丈夫なんですか」
「ちゃんと慰謝料も払ったしな 口止め料も含めて」
「ウフフッ 大変ですね」
「子供の責任を持つのが親だろ フミコさんも
子供がいるからわかってるだろうけど」
「もちろんですよ 犯罪者になっても味方ですから」
「タケシはそこまでじゃないけどな」
「ハハハッ わかってますよ」

「こうやって揉まれるのも久しぶりなんだろ」
「もちろんですよ 2年前のオーナー以来ですって」
「本当か もったいないな こんないいおっぱいなのに」

息子に毎日のように揉まれてるがもちろん内緒だ

「なぁ 触ってくれないか ビンビンなんだ」
「お客さんが来たらどうするんですか」
「来たらやめればいいさ」
「さすがに店の中だと衛生的にアウトじゃないですか」
「ハッハッハ どっちが管理者かわからないな
休憩室に行こう すぐに終わるから」

正直いつかこんな日が来るだろうと想定していた
何をされてもこんないい職場を辞めるつもりはない
イヤなら奥様に話せばいい また謝ってくれるはずだ

「生乳を見せてくれないか」
「・・・わかりました」

ブラを外して服をめくった

「じゃあ 頼む」

オーナーのおちんちんを見るのははじめてだ
大きくも小さくもない

「ウフフッ オーナーのおちんちん見るの
今日がはじめてですよ」
「そうだったか 前に見せたと思ってたぞ ハッハッハ」

左手で服をめくって右手でおちんちんをしごいた

「あっ おぅ 上手いじゃないか」
「そうですか」
「はぁ はぁ もうイキそうだ」
「じゃあ・・・」

「あっ あぁ あぁ~~~~~」

休憩室の壁や床に向けて発射した


「ニオイがこもっちゃいますよ」
「そうだな 窓を開けておこう」

「ちょっとタケシさんのところに行ってきますね」
「そうか わかった」

気まずいのでカレーショップに行くことにした
休憩室の清掃はオーナーにひとりでしてもらおう



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析