熟姉と中年兄弟(1)「ごめんね オフロ入ってたのよ」

「男2人の暮らしも悪くないな」
「新しい彼女が出来るまででしょ どうせ」
「おまえは作る気ないのか」
「無理だって・・・」


越谷雄二 42才 

両親はすでに他界してしまった
家を残してくれたので私はそこでずっと暮らしている

仕事は転々としているが今は深夜牛丼屋で働いている
家だけじゃなくお金も残してくれたので
生活に困ることはないが社会に関わってないと
心の病になると友達に言われたので一応働いてるのだ


友達といっても今ではひとりしかいない

大沢隆志 42才

ずっと私と同じように女に恵まれない生活を送っていたが
2年前に見合い結婚した 奥さんはひと回り下でバツイチだ

前夫との間にも大沢との間にも子供はいない
出来ないというわけではないらしい

毎日のように一緒にいたが今は週に1回くらいしか会ってない
ゲームに夢中になってる時は泊まり込みのことも多かった

私と大沢の趣味はシミュレーションゲーム
ゲームする前に一緒にオナニーするのもいつものことだった


「女には興味あるんだろうな」
「あるって」

兄 雄一 44才

大沢と週1回くらいしか遊べなくなって
ひとりでいることが多くなったが先週兄が出戻ってきた
男の場合は出戻りというのかわからないが離婚して
家に戻ってきたのだ

離婚理由ははっきり言わないがお互い顔を合わせるのが
苦痛になったということだ 兄には子供がひとりいる
高校卒業と同時に家を出てるので
年に1度顔を合わすくらいだ


「そうだ 雄二」
「何」
「姉ちゃんとは最近いつ会った?」
「会ったのは・・・母さんの7回忌かな」
「何だ 俺と一緒かよ」
「でも電話は年に何回かかかってくるよ」
「説教か」
「ハハッ まぁ そうだね あと無駄遣いするなって」
「姉ちゃんが言うなって」
「ハハハッ」

金遣いが荒いのは父と姉だった

「雄二が先に死んだらもらおうと思ってるんじゃないか」
「別にいいじゃない」
「まぁ そうだけど 俺たちも長生きしようぜ」
「そう思ってるけどわからないし」
「姉ちゃんは100才までは死なないだろうけど」
「ハハハッ」


姉 秀美 49才

父と競馬場に行った時にナンパしてきた男と結婚した
元々異性関係は派手な感じだったので誰も驚かなかった

子供は2人 姉に似て早熟なのか叔父の私より先に
2人とも結婚してしまった 式をしてないので相手の顔は知らない
そもそも姪と甥に最後に会ったのは母の3回忌の時だ
7回忌の時には姉だけうちに来た


「電話してみるか 俺が離婚したこともまだ話してないし」
「そうなんだ」
「おまえは電話で話してるけど俺はあの日以来何もなしだからな」
「こっちからかけるのってはじめてかも」

私は姉に電話をかけた


プルルルル プルルルル

「何だ 留守か」
「そうかも」

プルルルル プルルルル

「携帯にかけるほどのことでもないしな」
「ハハハッ」


「もしもし はぁ はぁ」
「あっ お姉ちゃん」
「何だ 雄二か 珍しいじゃない ちょっと待って」
「う、うん 忙しいならあとでかけ直すけど」
「大丈夫 大丈夫 はぁ はぁ」

音声はスピーカーをオンにしてるので兄にも聞こえている

「土曜の昼間からお盛んだな」
「まさか」

姉はすぐに受話器越しに戻ってきた

「ごめんね オフロ入ってたのよ」
「そうなんだ」
「姉ちゃん 俺もいるよん」
「えっ 誰?」
「ちょっとちょっと」
「雄二 変な人と関わっちゃダメって言ったでしょ」
「ハハハッ」
「聞こえてるの?」
「スピーカーオンにしてるから家中に聞こえてるよ」
「歌でも歌おうか じゃあ」
「ハハハッ」

「実は俺 離婚して家に戻ったんだ」

「はぁ?冗談はやめてよ」
「いやっ 冗談じゃないんだよね」
「普通離婚する前に話すでしょ バカなの あんた」
「姉ちゃんとは7回忌以来会ってもないから
もう無関係かなって」
「寂しいこと言わないでよ」
「何言ってるんだよ 俺には電話してこなかったくせに」
「電話してほしかったの あいかわらず可愛いわね 雄一も」

中年になっても姉弟の関係は変わらない 何だかホッとする


「姉ちゃんは旦那と順調なのか」
「秘密」
「結構姉ちゃんとこも危ないんじゃないのか
子供らも出ていっちゃったし」
「ノーコメント フフッ」

しばらく兄と姉の会話が続いた


「今度家に遊びに行こうかな」
「説教じゃなく励ましの言葉期待してるから」
「考えておくわ でもどうせ次の女いるんでしょ」
「いないって」
「そうなの?ふ~ん ヘックシュン!」
「何だよ バスタオル姿なのか」
「スッパよ スッパ」
「あぁ~ 想像してしまうからやめてくれよ 姉ちゃん」
「ウフフッ 昔は私のおっぱい吸ってたくせに」
「記憶ない時の話されても困るって なぁ 雄二」
「う、うん」
「それに吸ってたじゃなく 吸わせてただろ」
「ウフフッ だって2人とも可愛かったからさ」


「じゃあ またね」
「暇な時は電話してくれよ こっちからもするし」
「そうね もう話すことないけど」
「ちょっと待ってよ 姉ちゃん」
「ウフフッ」

ガチャッ


「姉ちゃんが全裸で電話してると思うと興奮しちゃったぜ」

兄はパンツを下ろしてボッキしたモノを見せてきた

「あいかわらずデカいなぁ」
「さすがに衰えたけどな おまえも見せてくれよ」
「う、うん」

兄弟で下半身丸出しな状況は面白い
他人には見せられない感じだ

「雄二はどんな女が好みなんだ まぁ 姉ちゃんみたいな
熟女には全く興味ないだろうけど」
「う~ん 普通だよ」
「巨乳の若い女か」
「う、うん まぁ もっとストライクゾーン広いけど」

熟女も別に嫌いではない

「姉ちゃんはもう垂れてるだろうな」
「ハハッ」
「元々垂れ気味だろうけど」
「兄ちゃんってずいぶんお姉ちゃんの裸に興味あるんだね」
「そりゃあ ブラもパンツも使わせてもらったくらいだしな」
「そうなんだ」
「おまえはそんなことしないもんな」
「見つかったら・・・」
「何もないって 俺たちのこと可愛いって言ってるくらいだぞ」
「そっか でも全然考えたこともないよ」
「まぁ それが普通だけどな 女っていっても
俺だってさすがに母さんの下着見て興奮はしないし」
「当たり前じゃない」
「世の中にはヘンタイもいるみたいだぞ そういうAV多いだろ」
「兄ちゃんからAVの話聞くのはじめてかも」
「あっ まぁ おまえの方が専門家だよな」
「専門家って・・・まぁ でもよく見てるけど」
「ワッハッハ 告白しちゃったか」

「なぁ」
「何」

兄はボッキしたモノをしごきながら話をつづけた

「今度姉ちゃんが来たらいたずらしないか」
「何を言ってるんだよ」
「酒弱かっただろ おまえと同じで」
「酔わせていたずらとか犯罪じゃない」
「じゃあ お願いするか ちんちんに姉ちゃんの
好きな酒でもぶっかけてしゃぶってくれって」
「たまってるならとりあえず出した方がいいんじゃない」
「姉ちゃん系のAVはあるのか」
「見放題だから何でもあるって」

動画サイトを利用するようになってからは本当に便利だ
レンタルしたり買ったりすることなく常に新しい作品が見れる
プレミアコースなので画質も最高レベルだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟姉と中年兄弟(2)「この垂れ具合が近いかもな」

「兄ちゃん 選んでいいよ」
「こういうのあるとは知ってたけどすごいな」
「じゃあ 見る時はレンタルしてたってこと?」
「あぁ だいたい車で見てたな 河川敷の駐車場にドピュッとな」
「別にオナニーしなくても・・・」
「甘いな ただやるだけでいいわけじゃないんだぞ」
「結婚したことないからわかんないけど
まぁ 友達は逆に性欲なくしてる気がする」
「吸い取られてるんだろ」
「相手がひと回り下でバツイチだから そうかも」
「おまえが半分受け持てばいいんじゃないか ハッハッハ」

兄は熟女のジャンルで姉弟系を漁っている

「この垂れ具合が近いかもな」
「全然イメージ湧かないけど」
「乳輪の大きさとか覚えてないのか」
「うん 兄ちゃんは覚えてるの?」
「いやっ さすがにな 姉ちゃんもあの時は成長途中だったろ
Cカップくらいはあっただろうけど」
「今はGはあるよね」
「もっとあるかもよ 俺がお世話になった時のブラはFだったけど」
「そうなんだ」

「おっ 兄弟2人でやるのあるじゃないか これにしよう」
「今度来た時に想像しちゃいそうだな」
「俺よりも先に襲いかかったりしてな」
「それはない・・・と思う」
「そうなっても責任取ってやるって
雄二をけしかけたのは俺だってな」
「兄ちゃん・・・」

大沢とはいつものことだが兄とはもちろんはじめて
一緒にオナニーする

「男2人でオナニーとか生まれてはじめてだな」
「そうなんだ」
「普通ないだろ おまえは友達と一緒にしてるのか」
「うん」
「集中出来ないんじゃないか」
「う~ん すぐに慣れたかな でもつられることはある」
「盛り上がりポイントは人それぞれだもんな」
「うん」

動画の再生をはじめたが前半は話しながら見ていた

「この兄貴はちょっとチンピラ入ってるな」
「そうだね 普通母親のおしりとか触らないし」
「だな」

うちとは逆で実家にいるのが姉の方で
兄弟2人がお盆に帰っての設定だ

夕食が終わって母親が寝室に行ったタイミングで
3人で部屋で飲みはじめた

「俺らは最初から3人だからな」
「うん」

しばらく飲んだあとトイレに行って戻った姉に
兄の方が言いがかりをつけはじめた


『ちゃんと流してきたのかよ』
『あっ どうだっけ 見てきて』

弟の方が見に行くと兄が姉に近づいていった

『男は連れ込んだりしてるのか 昔みたいに』
『どこにいるのよ そんな男』
『じいさん人気すごいだろ ここだと』
『男じゃないでしょ それは』
『やっぱりかたくないとダメか』
『何 あんた もう衰えたの』
『そりゃあ もう年だからな おとなしいもんだよ』
『本当?』
『確かめてみてもいいぜ』
『ハハハッ 何を言ってるのよ 戻ってくるわよ』


「うちの姉ちゃんと同じでエロいな
無理やりじゃなくてもヤレるじゃないか」
「そうだね」

ただタイトル通り2人で姉を手籠めにする流れだった
弟は母親の見張りメインなのでほぼ姉と兄のシーンだ

「見張りしなくていいから雄二も最初から参加出来るぞ」
「ハハッ そうだね」
「おまえ想像しまくってるんだろ」

姉を女として見てないので本当に徐々にって感じだ


「おっ あっ あぁ~~~~」


兄は姉に2人がぶちまけたところで発射した


「俺の方が早漏みたいじゃないか 熟女は無理か」
「そんなことないけどお姉ちゃんの顔がチラチラ浮かんで・・・」
「興奮よりも集中出来ない感じか」
「そうかも」
「何だよ おまえの方が男2人オナニーの先輩なのに」
「ハハハッ」

私は別の作品に替えてひとりでオナニーして発射した
兄はぐったりしてそのまま寝てしまった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟姉と中年兄弟(3)「昔から大きい方だったんじゃないの」

「ただいまー」

「えっ!?お姉ちゃん 急にどうしたの」
「もっと喜んでよ 雄一はいないの」
「う、うん ちょっと出かけてる」

数日後 予告もなしに姉が家にやってきた

「これ 台所に持って行って」
「う、うん あれっ 料理でもするの」
「そうよ 私の手料理で慰めてあげようかなって
得意じゃないけど昔よりはマシだから」
「ハハハッ」

「お酒はある?」
「ビールが何缶かあると思うけど」
「そうだ 雄一に買ってくるように電話して
私は甘い系の酎ハイしか飲まないから」
「それなら僕が買いに行ってもいいけど」
「僕って・・・あんたいくつよ 全く可愛いんだから」
「ハハッ・・・」

「お姉ちゃんが出た方がいいんじゃない」
「そうね」

携帯を姉に渡した

「私が来てあげたのにどこに行ってるのよ
えっ!? そうなの じゃあ 待ってるわ
ううん 泊まっていくから 飲みすぎないようにね
せっかく私が手料理を作るんだから ウフフッ じゃあね」

「兄ちゃん すぐ帰ってこないんだ」
「そうみたい 知り合いから呼び出されたんだって
でも軽く飲むだけだから9時には帰ってくるってさ」
「じゃあ お酒は僕が・・・」
「一緒に行こっか 急いで料理する必要もないし
雄一の慰め会なのに主役がいないとね」
「う、うん」

2人で台所に入ると姉が冷蔵庫を開けた

「何も入ってないわね」
「そんなことないって アイスは常備してあるし」
「ごはんはどうしてるの?」
「カップ麺か外食かな 僕が仕事の時は牛丼もあるし
まだ兄ちゃんが戻ってきて1週間も経ってないけど」
「それでガマン出来るのが信じられないわ」

「そうだ 雄二」
「何?」
「私と会うの久しぶりでしょ」
「う、うん」

ついついAVの映像が頭に浮かんでしまう

「どう?」
「えっ!?」
「正直に言ってみて 怒らないから」

姉の体を見てるだけで照れてくる

「何を正直に言うのかちょっとわからないんだけど」
「アハハッ そうよね 見た目よ 見た目」
「あっ そっか そんな気はしてたけど」
「で?」
「う、うん 太ったっていうか・・・」

明らかに7回忌の時に比べて太っているのだ

「わかるよね やっぱり」
「10キロくらいは太ったような・・・」
「バカ言わないで!8キロだけよ」
「ハハハッ 同じくらいじゃない」
「はぁ・・・過食症かも こんなに太ったのって
生まれてはじめてよ」
「ダイエットでもすればいいんじゃない」
「でもこの間の同窓会じゃこの体型が人気だったのよね」
「同窓会?」
「そう 抱きたい女子No.1に選ばれちゃった」
「ハハッ」
「若いでしょ 同窓会に行くと学生時代に戻るからね」
「そうなんだ」
「あんたは行ってないもんね」
「うん 一度も ここ最近は何も届かないから
やってるかどうかもわからないよ」

地元にいるので同級生を見かけることはあるが
交流がないので特にあいさつもしない

「服着てれば胸の形とかわからないじゃない
ただ巨乳ってだけで人気になるから」

チラッと胸の方に視線を送った
ということは形はよくないということか
AVの影響が・・・平常心平常心

「昔から大きい方だったんじゃないの」
「あらっ こういう話題に付き合ってくれるのね」
「えっ あっ ハハハッ 変かな」
「もっと気まずくなると思ってたから 雄一と違って」
「ハハッ」

何とかやり過ごせた これは兄のおかげかもしれない
以前なら言葉に詰まってたはずだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟姉と中年兄弟(4)「口止め料としてのぞかせてあげるわよ ウフフッ」

「ここ広くていいわね 前は何もなかったけど」

駅と反対方向に10分ほど歩いたところに
大型スーパーとマンションが建設された
古い団地を壊してからしばらくここは更地だった

「今は駅前の牛丼屋で働いてるから
このスーパーに来るの久しぶりだよ」
「駅の方もいろいろ出来てるもんね
っていうかそもそも料理しないから関係ないじゃない」
「ハハッ」

姉は入ってすぐカートにカゴを載せた

「主婦っぽいなぁ」
「今さら何を言ってるの あの子たちのどっちかに
子供が生まれたらおばあちゃんよ」
「おばあちゃんかぁ」

姉がおばあちゃんと呼ばれるなんて想像できない
姪も甥も結婚は早かったが子供はまだいない
電話で愚痴を多少聞いてるので状況は知っている

「明奈の方は子供を産むより先に離婚しそうだけど
秀太の方はもうすぐかも」
「店長になれそうってこと?」
「ううん 向こうの仕事するのも悪くないかって」
「婿養子みたいだから嫌がってたんじゃないの」
「ネックが解消されたのよ 北海道に行くってさ」

甥の奥さんの実家に跡を継ぐ気がない
独身の兄が居座っているのだ

「旦那はとっくにおじいちゃんだけどね」
「年はそうだけど鍛えてたじゃない」
「いつの話よ」

電話で夫婦間の話題は出てこないので
義兄に関しては母の三回忌から時が止まっている

「キウイと桃 どっちにする?」
「生より缶詰の方が好きなんだけど」
「あっ そうだった そうだった ウフフッ」

カゴの中にどんどん入れられていく

「もしかしてお姉ちゃんと同じで太ったとか?」
「それはないんだけどね」
「仕事で疲れてるってこと?」
「まぁ そんなところだけど」

姉は意味深な表情でこっちを見ている

「何?」
「知りたい?」
「えっ あっ うん」
「あっちよ あっち」
「あっちって・・・」

間違いなく夫婦生活のことだ
姉ともこんな話はあまりしてこなかった焦ってしまう

「回数減るペースが早すぎなのよ
雄二はまだちゃんと元気よね」
「あっ うん 一応」
「週に1回よ」
「えっ・・・」

ほぼ毎日発射してる私からすると考えられない

「びっくりしてるみたいだけど
雄二は何回くらい出してるの?」

もちろんオナニーの回数だ

「毎日でも・・・」
「すごいじゃない!そろそろモテ期来るかもよ
若い子じゃなくても平気だったらだけど」
「来ないって」
「ううん そうだ 仕事変えなよ
友達に聞いたら食品製造とかいいらしいよ
旦那に相手にされてない奥さんとか
シングルマザーが多いんだって」
「そうなんだ」
「男が1割もいないところだったら間違いないわよ
友達は派遣バイトの若い男狙いだけどね」

牛丼屋のシフトを減らして
短期で行ってみるのもいいかな

「私が一緒に働いてアシストしてあげてもいいわ」
「えっ!?」
「ウフフッ これからは時々来ようかなって」
「兄ちゃんが言ってた通り危ないってこと?」
「ううん 刺激が必要なのよ あの人真面目だから
浮気とかしないけどね」
「まさかだけどお姉ちゃん・・・」
「欲求不満なのよ 実家だったら怪しまれないでしょ
もし男を捕まえられたら家に連れ込んだり」
「ちょっとちょっと」
「口止め料としてのぞかせてあげるわよ ウフフッ」
「・・・・」

姉のセックスをのぞけるなんて・・・
ただこの調子なら兄のいたずらも許してくれそうだ

「わっ!!!」

姉が私の股間をさりげなく触ってきた

「想像だけでこんなになるなんて・・・」
「ちょっとお姉ちゃん」
「そんなに私たち顔も似てないし
まわりには夫婦に見えてるわよ」
「知ってる人もいるって ここには」
「そっか ずっと暮らしてないから忘れてたわ
でもあんまり交流ないって言ってたじゃない」
「そうだけど・・・」
「そういう人には仲いい姉弟に見えるだけよ」

そのあとは他愛もない話をしながら
何もなかったかのように買い物を続けた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟姉と中年兄弟(5)「そんなの寝た後でいくらでも出来るって」

「酔ってからオフロ入るの危ないから
雄一を待ってる間に先に入ってくるわ」
「あっ うん」

姉は長風呂なので1時間は出てこないだろう
その時間を見計らったように
兄から電話がかかってきた

「もしもし 兄ちゃん」
「おう どうだ 仲良くやってるか」
「うん 今さっきオフロに入ったとこ」
「そうなのか じゃあ のぞいてこいよ」
「無理だって」
「情けない奴だな」
「もしかして早く帰ってこれそうなの」
「いやっ 今から店に入るから早くて9時前になる」
「そうなんだ」
「そんなことよりいたずらのことだけどな
飲みながらずっと考えてたんだ」
「やめた方がいいと思うんだけど」
「何だよ 喜んでたくせに」
「これからも時々泊まりにくるって言ってるし」
「何だそうなのか じゃあ 今日じゃなくてもいいな」
「うん」

「まぁ でもひとつだけ聞いてくれ 寝てる時に
2人で足を広げていくとか面白くないか」
「ハハハッ 気づかれるって」
「ハミ毛を撮影したりとか」
「オフロ入ったから下はジャージとかはきそうだけど」
「もしそうだったら飲んでる時に脱ぐように
仕向けるしかないな」
「うんうん」
「何だかんだ ヤル気まんまんじゃないか」
「あっ・・・」
「ワッハッハ 状況次第で今日決行しようや」

「雄二~ 雄二~」

オフロ場の方から姉の呼ぶ声が聞こえる

「お姉ちゃんが呼んでるみたいだから 切るね」
「待てって オフロに入ってるってことは
もしかして一緒に入ろうとかじゃないのか」
「まさか」
「期待してるくせに」
「そんなことは・・・」
「舐めてこいよ 脱ぎたてのパンティ」
「そんなの寝た後でいくらでも出来るって」
「おまえ~ 頭いいな じゃあ あとで」

電話を切ってオフロ場に向かった

「何?お姉ちゃん」
「ちょっと~ すぐ来てよ」

戸を開けて話しているが
角度を変えれば見えそうだ

「兄ちゃんと電話してた」
「もしかして早く帰ってこれるって」
「ううん やっぱり9時になるってさ」
「そっか それよりリンスとかないの」
「あっ さっき買おうと思って忘れてた」
「ちょっと末っ子のあんたが先にボケてどうするのよ」
「ごめん すぐ買ってくるよ」
「ダッシュでお願い あっ コンディショナーがいいわ」
「うん わかった」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1370位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
52位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析