熟母縛り(1)「母の日を祝ってくれるなんて孝行息子じゃない」

「今日は何だか嬉しそうね」
「この間話したじゃないですか
今夜息子が家に来てくれるんですよ」
「あっ そうだったわね」

石田福子 56才 バツイチ
遠山光太 33才 ひとり息子 独身

離婚した時に夫の方についていった
今は独り立ちしていつでも会えるが
住んでる場所が離れている

「美恵子さんのところは毎年お正月に来てくれるから
いいですよね」」
「孫とお嫁さんの相手もしないといけないから
ほとんど話は出来ないわよ 特に息子とは」

野村美恵子 63才 息子2人と娘1人
現在は旦那さんと2人暮らしだが会ったことはない

私たちは同じ団地に住んでいるが棟は離れている
話すようになったのは魚屋さんがきっかけだ

『今日はいいタコ入ってますよ』
『あらっ 本当』
『じゃあ・・』

手を伸ばしたタコが同じだったのだ
タコ好きなのは私と美恵子さんの旦那さん
息子も好きだったが今はわからない

「泊まっていくって?」
「聞いてないんですけど用意はしてあります」
「ウフフッ 一緒に寝ればいいじゃない
会うの2年ぶりなんでしょ」
「嫌がりますって」
「お酒飲むんでしょ 大丈夫よ」

電話では何度か話をしてるが
会ったのは本当に2年前だ
結婚を前提に付き合ってた彼女とやってきた

息子と2人きりとなると4年ぶりになる
さらに一緒に飲んだのは20才の時だけなので
13年ぶり・・・あぁ とにかく楽しみだ

「母の日を祝ってくれるなんて孝行息子じゃない」
「ちょっとまだ信じられないんですけどね」

母の日どころか誕生日を祝ってもらったのも
遠い記憶の向こうの話だ
ずっともらえないとわかってれば
あの日のカーネーションも
押し花にして取っておいたのに・・・



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(2)『おいっ おまえの母ちゃんって独り暮らしだろ』

「ちゃんと予習していけよ」

木村伸也 39才 独身 会社の先輩

会社の寮を出て4月からうちに居候している

「はぁ はぁ リアルに縛るって・・・」
「縛るだけじゃなくこんな風に吊るせよ
眺めながら飲む酒は格別だぞ」

はじめての縄プレイを母で試すことにしたのは
先輩の助言があったからだ

『おいっ おまえの母ちゃんって独り暮らしだろ』
『は、はい そうですけど』
『一番手っ取り早いじゃないか』
『えっ!?』
『母の日のプレゼントだよ 息子からの』
『いやっ・・・』
『言っただろ 俺のはじめての縄プレイは
ばあちゃんだって』
『それは・・・』

その日まで近親相姦系の緊縛動画を観ても
母が頭に浮かぶことはなかったのだ

ただ決行を決めてからはどの動画を観ても
母にしか見えなくなった

「まぁ いくら酒に強くても一発だろ これで」

一緒に飲もうとしている酒の中身を入れかえてある
元々20度だが中身は50度以上だ

「ワレメ酒デビューだな 上手くいったら
俺も参加させてくれよ」
「わかってますって 2人の方が縛るの楽だし」
「本当にはじめてかよ 全く」
「ハハハッ」

別に元々親たちに何の思い入れもない
たまに電話で話すが義務的にこなしてただけだ
顔見せした元カノと上手くいかなかったことで
さらに気持ちが薄れた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(3)「ハハハッ タコがいる」

「母さん これ」

息子からカーネーションをもらった

「ありがとね 入って入って」
「あぁ うん」
「何 その荷物」
「いやっ 2日くらい泊まろうかなって」
「そうなの 嬉しいわ」

まさか2日も泊まってくれるなんて夢のようだ

「おなかすいてるでしょ」
「ハハハッ タコがいる」

お膳の真ん中に茹でダコを準備した

「光太は今でもタコは好きなの?」
「あんまり食べる機会はないけど好きだよ」
「よかったわ」
「母の日なんだから母さんの好きなもので
祝うのが当然だって」
「ウフフッ」
「あっ これお酒持ってきた」
「外国のお酒ね」
「言ってなかったけど今先輩と一緒に住んでて
これ持って行けって」
「一緒に?」
「あぁ うん」
「楽しそうね」

結婚が遅くなっても楽しく暮らしてるなら別にいい



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(4)「タコにはそっちのお酒の方が合うかもね」

「乾杯!!」

まずビールを飲みながら近況報告をし合った
頭の中はどうやって縛ろうか絶賛妄想中だ


「じゃあ そろそろこっち・・・」
「タコにはそっちのお酒の方が合うかもね」
「あぁ じゃあ 注いでやるよ」
「ウフフッ」

トクトクトクッ

「母の日に乾杯!」
「ありがとね 光太」

怪しまれないようにひと口飲んでみたが本当に強い酒だ

「飲みやすいけど・・・強いお酒ね」
「俺も初めて飲むから 度数は・・・20度だって」
「もっと高いような気がするけど」
「じゃあ 別のお酒買ってこよっか」
「ううん せっかくもらったんだから」
「あんまり無理しないで」

心配してるフリをするのも脳内リハ通りだ

「家なんだから酔っ払ってもここで寝るだけじゃない
それに明日も泊まっていくんでしょ」
「あぁ うん」
「ごはんは外で食べましょ」
「そんなの出前でいいって」

明日は首輪をつけてハメまくる予定なのだ
外で食事してる時間がもったいない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(5)「いつでも寝れるようにパジャマに着替えるわ」

酔ってるせいもあるが息子の視線が気になる
さっきから胸と下半身をチラチラ見ているのだ

「いつでも寝れるようにパジャマに着替えるわ」
「じゃあ 俺も」
「何か持ってきたの?」
「ジャージだけど」
「ウフフッ」

股間がずっと盛り上がっている

「はぁ はぁ」

息が荒くなってるのを本人は気づいてないようだ
一応ブラジャーはつけたままにした
いつもなら外しているが息子を戸惑わせないように

あぁ ただ頭がクラクラしてきた

こんなに酔うのは生まれてはじめてかもしれない

「母さん もう1回乾杯しよう」
「ウフフッ いいわよ 何度でも」

「乾杯!」

「はぁ はぁ」

鼻息が大きく聞こえると思ったら
となりに座りだした

「ちょっとトイレ行ってくるわ」
「大丈夫?」

あっ・・・

フラついてしまったが
すぐに腕を掴んでくれた

「連れてってやるって」
「ありがと」

息子はトイレの中まで入ってきて
私を便座に座らせてくれた

「出る時もお願いね」
「あぁ もちろん!そこにいるから声かけて」

パジャマとパンティを下ろして・・・

ジョロジョロジョロッ

あぁ 眠気が・・・



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(6)「母さん 起きて!!!」

「母さん!母さん!」

母がトイレの中で下半身丸出しのままで
眠ってしまった この展開は想定外だ

起こしながらも視線はワレメに集中している

熟女らしい剛毛・・・たまらない

「母さん 起きて!!!」

体を揺すりながら起こしていく
トイレの中が小便のニオイで
さらにイヤらしさが増しているようだ

「母さん!母さん!」

早く縛りたい 早く脱がしたい



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(7)「もしかして光太もトイレしたいんじゃない」

「・・・母さん!!!」

息子の声が頭に響き渡って
私は目を閉じたまま現実に戻ってきた

この距離で声が聞こえるということは
パンティを下ろした姿を見られてるということだ

「はぁ はぁ」

明らかに息子は興奮している

「うっ あっ ううん?」

ゆっくり目を開けていった

「あっ 母さん 起きた?」
「光太 あれっ もしかして私寝ちゃってたの?」
「そうだよ もう30分くらい経ってるって」
「ごめんね」
「立てそうか」
「ちょっと待ってね」

ジャージャージャーッ

ビデのボタンを押してトイレットペーパーを手に取った
息子はその様子を戸をところから見下ろしている

「ふぅ・・・こんなに酔ったのはじめてだわ
光太は大丈夫なの?」
「元々そんなに強くないけど先輩に鍛えられてるから」

パンティを下げたまま話を続けた
別に息子に見られても減るものじゃない

「もしかして光太もトイレしたいんじゃない」
「ハハッ 実はそうなんだ」
「ガマン出来ないならこのまま・・・」
「えっ!?」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母縛り(8)「もう手にもついちゃってるし 同じよ 同じ」

タイミングを伺っていたが
母の言葉で一気にモードが変わった

「すぐに立てればいいんだけど無理そうだから」
「じゃあ・・・」

ジャージとパンツを脱ぎ捨てて後ろに投げた
もちろんビンビンになっている

「あらあらっ そのままじゃ出来ないわね」
「出来るって 無理をすれば」

母にしがみついた

「光太 ちょっと・・・」
「はぁ はぁ」
「ほらっ もう 仕方ないわね」

ちんちんを握られて下に向けた瞬間に発射した

「あっ あぁ あぁ~~~~~」

たまりにたまったザーメンが
母の剛毛にもべっとりと垂れている

「もう・・・」
「ご、ごめん 母さん」
「何言ってるの 私が悪いんだからいいのよ
キレイにしてあげるわね」
「自分で出来るって」
「もう手にもついちゃってるし 同じよ 同じ」

慣れた手つきでザーメンをしぼりだしてくれている

あぁ たまらない もう言ってしまおう 今しかない


「母さん」
「うん?」

「あのさ このあと縛らせてもらってもいいかな」

「えっ!?」
「母さんを縛ってみたいんだ」
「ちょっと何を言ってるの!?」
「早くトイレ出よう 手伝うから」


もう止められない 勘当されたってかまわない





U-NEXTはアダルト(AV)も15000作品以上見放題!! 
※別料金ではなく月額1990円の中に含まれてます※

新しい作品も続々リストアップされますしジャンルも幅広いのでとにかくオススメ!!
まずは無料で楽しめますので気軽にチェックしてみてくださいねー

-------------------------------------------------
本ページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
-------------------------------------------------

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1004位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
40位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析