姉の右手(1)「その言い方やめろって 姉ちゃんは姉ちゃんだから」

「あぁ どうしてこんなに生身の女と縁がないんだ」
「男子校出身でこの仕事してれば無理ないよ」


根本ソウタ 金型工 童貞 チビ 仮性包茎
宇野タケシ 金型工 童貞 デブ 真性包茎

僕たちはモテない条件が揃った男だが希望は持っている


「まずは包茎手術だよな」
「根本くんは戦えるじゃん そのままでも」
「早く剥けって」
「痛いんだってば」
「俺が剥いてやろうか」
「触られたら暴発するから」
「おいおいっ そっちの気があるなら絶交するぞ」
「ハハハッ ないよ ないって」
「怪しいな じゃあ 今一番したいこと言ってみろよ」
「パイパン舐め舐め」
「合格!!!ハッハッハ」


頭も悪いし運動神経もない
ただ宇野がいるから僕は何とか自信を保っている

先に宇野に彼女でも出来たら・・・あぁ 考えたくない


「ヤセるのなしだぞ」
「いきなり何?」
「おまえってヤセるとイケメンになる可能性あるから」
「10㎏やせたら彼女が自動的に出来るとかなら考えるけどね」
「出来るんじゃないか」
「20㎏はヤセないと大して変わらないって」
「なぁ 揉んでもいいか」
「パイズリはやだよ」
「わかってるって」


昔一度だけチャレンジしたことがあるが
宇野の鼻息で萎えてしまった


「彼女出来たら毎日こんな風に揉めるんだよな~」
「乳首つままないでってば」
「自分でシゴかなくてもいいなんて・・・」
「ザーメンって飲んでくれるかな」
「それは女によるんだろ でもヤリマンだと
浮気とかされたりするし・・・」

「根本くんのお姉ちゃんは?」

「いきなり何だよ」
「最近顔見てないけど同棲とかしてるの?」
「もしかして俺の姉ちゃんで卒業するつもりか」
「何だかんだ言って家に若い生身の女がいるじゃない」
「その言い方やめろって 姉ちゃんは姉ちゃんだから」
「下着をオカズにしたことあるでしょ」
「したことないって 妄想で勝手にしゃべるなよ」
「ふ~ん 僕もお姉ちゃんか妹が欲しかったなぁ」
「家族だぞ 対象外だろ おまえ母ちゃんの下着を
オカズにしたことあるのか」
「あっ もう 萎えるからやめてよ そういうの」
「ハハハッ さすがに熟女はパスだよな」
「根本くんだってお母さんでしないでしょ」
「言わなくていいって 本当に萎えるから」


オナニーをしはじめた頃から
家族とはあまり話をしなくなった
父には性教育をしてもらった関係で仲は悪くないが
仕事が忙しく家で顔を合わす機会がほとんどない


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

姉の右手(2)「下着とかって脱いだらどこに置いてあるの?」

「なぁ いつもの公園行こうぜ」
「うん」


家の近くの公園だが夜はあまり人がいない


「ちゃんとあるな」


公園のトイレ裏にある物置きの下に
拾ったエロ本を隠してある

濡れたり盗まれたりするので補充も時々している

エロ本が捨ててあるマンションは決まってるので
仕事帰りのチェックは欠かせない
ただ誰かに拾うところを見られてはいけないので
毎回拾えるわけじゃない


「妹がいればお小遣いあげるだけで
パイパン舐め舐め出来るのかな」
「それはマンガの世界だろ 剃らないとボーボーだって」
「ボーボーは根本くんのお姉ちゃんでしょ」
「また姉ちゃんを出すのかよ」
「これとかお姉ちゃんに射精管理されてるしさ」
「どれどれ まだ読んでないな」


姉が双子の弟の射精管理をするマンガだ
ザーメンを飲んだりしてかなりエロい


「ねぇ 手コキくらいは頼んだらやってくれるんじゃない」
「5000円とか言われたらどうするんだよ」
「いいじゃない それくらい」


今まで対象にもしていなかった姉の顔が
チラチラ頭に浮かんで仕方ない


「おまえのせいで気になってきただろ」
「下着とかって脱いだらどこに置いてあるの?」
「多分洗濯カゴに入ってるネットの中だろうな」
「本当にオカズにしたことないんだね」
「そもそも見つかったら気まずいどころじゃないぞ
家族って一生家族だからな」
「ハハハッ そうだね」


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

姉の右手(3)「あそこは激しいからね」

「おかえり ソウタ すぐ食べる?」
「うん よろしくー」


最近は家族揃って食べることはほとんどない
帰る時間帯がバラバラなのだ


「今日も寄り道してきたの 宇野くんと」
「あぁ うん」
「もう20才になったんだから飲みに行けばいいのに」
「お酒は・・・まだ無理」


一応チャレンジしてみたがマズくてすぐ断念した
弱いのか強いのまだわからない


「その格好はもしかして今から出かけるの?」
「そうなの お父さんは接待中なんだけど
早く終わりそうだから一緒に飲もうって」
「ふ~ん」
「親が仲いいとうれしいでしょ」
「別に」
「何よ 喜んでよ」
「元々あんまりケンカしないじゃん
宇野のところは週一回は修羅場だってさ」
「あそこは激しいからね」


宇野の両親は体型がビッグなので
ケンカも大迫力ですぐに近所の噂になる


「そうだ ミズキも遅いって言ってたわ」
「いつもギリギリじゃん」
「門限過ぎて帰ってきたらちゃんと教えてよ」
「今さら手遅れでしょ 前は泊まり放題だったのに」


門限が出来たのは酔って記憶をなくしたことがあるからだ
その時は警察に保護されたからよかったものの
知らない男に連れ去られてたら大変なことになっていた


「じゃあ 行ってくるわね」


ごはんを食べてる途中で母は出かけて行った
珍しく家には僕ひとりだ

すぐに浮かんだのは姉の下着
8時前なので1時間くらいは帰ってくる心配はないだろう


洗濯機のところに行ってみたが何もないので
ベランダに向かった

姉のブラジャーとパンティが風になびいている
母のモノもあるが一目瞭然だ

今までも見かけたことはあるがじっくり見たことはない
そもそも興味の外だったのだ

ブラジャーのタグを見るとDと書いてある
何となくCくらいと思ってたので意外な感じだ


「ソウタ!!!!」
「えっ!!!」


振り向くといるはずのない姉の姿がそこにあった
玄関が開いたことに気づかないなんて・・・


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

姉の右手(4)「コンドーム コンドームっと」

「コンドーム コンドームっと」

久しぶりのカーセックスを前に浮かれながら
家族に気づかれないように静かに家に入った

玄関を入ってすぐに右側が私の部屋なのだ

あれっ?

廊下の先にガラスの扉があって
上の方だけ見えるようになっているのだが
そこから弟の姿が見えた

そして弟の視線の先が明らかに私の下着に・・・

もしかして・・・

今まで下着を触られたりしたことはない
いやっ 現場を押さえたことはない

ウフフッ

ちょっとからかってみようかな
車に戻る前に別のおちんちんを責めるのだ

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

姉の右手(5)「小さいけどちゃんと剥けてるのね」

「姉ちゃん・・・」
「何してたの?正直に教えなさいよ
そしたらお母さんに内緒にしてあげるから」
「えっ・・・」


言い訳は通用しない 外を見ていたといっても
工場の壁なのだ 景色を見るなら手すりに
もっと近づいてないとおかしい


「見てたんでしょ」
「ご、ごめん」
「珍しいね 私の下着なんて興味なかったのに」
「う、うん」


僕の行動を楽しんでるようだ


「遅くなるって・・・」
「うん すぐに出て行こうと思ってたんだけど
廊下からあんたが見えちゃったからさ」


あぁ 確かに廊下からしっかりと見える場所だ
母はそれを見越してここに干してるのだろうか


「はいはい 何しようとしてたのか言って」
「えっ えっと・・・」
「ウソは通用しないわよ 男の生理もそこそこ詳しいから」


白状するしかない


「今は・・・ブラのサイズ見てた」
「ウフフッ っていうことは今日がはじめて?」
「うん はじめてだけど」
「そうなんだ ちょっとがっかりだな
友達の話だといろんなことされてるみたいだから」
「弟に?」
「ううん 弟だけじゃなく男家族全般によ
おじいちゃんに寝てる時に触られたとかさ」
「うわぁ 犯罪じゃん」
「ソウタは大丈夫だったね もう少し声かけるのを
遅くした方がよかったかな」
「姉ちゃん・・・」
「甘えた声なんて久しぶりに聞いたわ
昔は何でも頼ってくれてたけど」
「う、うん」


懐かしい 姉と仲が良かった時期もあるのだ


「もうバレちゃったんだからそういう目で見ていいよ
さっきから必死に目を合わそうとしてくれてるけど」
「えっ でも・・・」
「許しが出てるんだからおっぱいとかおしり見て見て」


姉はおっぱいを揉みながらいたずらっぽく笑った


「それでそれで」
「実は・・・洗濯ネットを先に・・・」
「汚れたパンティにも興味あるってこと?」
「ううん ただ母さんも出て行ったし
部屋に入る勇気もないからまずそこかなって」
「もしあったらオチンチンに巻いてた?」


姉の口からオチンチンという言葉が・・・興奮してくる


「わかんない 巻いたかも」
「今もオチンチンビンビンだよね」
「う、うん」
「出して」
「えっ」
「早く早く」
「う、うん」


もう姉の言いなりだ
戸惑いながらも見せたい気持ちもあるのですぐに出した


「小さいけどちゃんと剥けてるのね」


小さいって・・・あぁ 自信がなくなってくる


「ベランダに出て」
「えっ・・・」
「私がソウタのオチンチンをシコシコしてあげるから」


その言葉で萎えそうになったモノが再び立ち上がった


「ウフフッ 元気になったね ちょっとこのままで」
「うん」


情けない格好だが外から見られることはない
背後でゴソゴソと音が聞こえる


「はい これ 脱ぎたてのパンティよ
これで楽しんで」


姉からパンティを受け取った
今まではいてたものなのであたたかい


「はぁ はぁ」
「そんなに汚くないから舐めてもいいよ」
「う、うん」


そのあと姉はチンチンをそっと握ってきた


「わっ!」


親指で先っぽを触ってくる


「ちょ、ちょっと 姉ちゃん・・・」
「ソウタの精子 はじめて触っちゃった」
「あっ あぁ」
「ウフフッ 耐えてる耐えてる どこまで飛ぶかな~」


慣れた手つきでしごかれて・・・
あぁ 姉の右手の感触がたまらない


「あっ あぁ~ あぁ~~~~~~~~」


3回ほどコスられただけで発射してしまった
たださっき出したばかりなので量は出ない


「ウフフッ でもあんまり出なかったね
もしかして緊張した?」
「う、うん でもありがとう」
「ウフフッ これからまたソウタと仲良くなれそうだわ
はい ティッシュ」


また手コキしてもらえるということかな

そんなことを考えながらベランダの床や壁に
飛び散ったものをキレイに拭きとっていった


「今日はあれだけど明日仕事終わったら
一緒に居酒屋でも行こっか」
「うん!!!」
「ソウタにはスケベなこともそうだけど
飲み相手にもなってもらいたいから鍛えないと」


姉はそう言って出かけて行った



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

姉の右手(6)「娘の友達に手を出すとか最低な男なんだけど」

「お待たせ~」

「遅かったじゃない もしかして買いに行ってた?」
「ううん ちょっと弟と喋ってて」
「ふ~ん」
「盛り下がってるじゃない もう」
「そんなことないって」
「すぐにすねるんだから」


彼は斉藤くん 弟と同い年
スポーツクラブで私から声をかけた


「そうだ 兄弟とかいるの?」
「う、うん 姉が2人 もう結婚して家にいないけど」
「私と付き合ってくれたのは年上だからって言ったよね
もしかしてシスコンかな」
「そんなことは・・・」
「あるでしょ」


彼は恥ずかしそうにうなづいた


「可愛いんだから」


チュッ チュッ

キスしながら股間を触っていく
弟と違って立派なオチンチンだ


「はぁ はぁ」
「今日は1時間くらいしかなくてごめんね」
「ううん はぁ はぁ」
「口でしてあげよっか」
「うん」


ズボンを脱がすと大きくそそり立った
オチンチンが姿を現した


「初体験は誰としたの?」
「えっ はぁ はぁ あの・・・」
「もしかしてお姉さん?」
「違うよ」
「じゃあ 先輩とか・・・ううん まさか先生?」
「先に教えてよ ミズキさんが」


別に秘密にすることはない
何人かの友達にも話している


「私?私はね~友達のお父さん!」
「うわぁ 無理やりってこと?」
「そうじゃないよ よく家に行ってて
昔から触られてたからその延長かな」



その日 玄関先で友達の塾の帰りを待っていると
おじさんがゴルフバッグを抱えて帰ってきて
先に家に入れてもらったのだ


『手を洗おうかな ミズキちゃんも洗うかい』
『は、はい』


おじさんは洗面所で手を洗ってる時に
スカートの中に手を入れてきた

毎日セックスのことを考えていて
シャワーオナニーにハマってた時だったので
パンティ越しにクリトリスを触られただけで
イキそうになった


『あんっ おじさん あっ あぁ・・・』
『感じやすいね ミズキちゃん ハッハッハ』


やめてと言えばすぐにやめてくれたはずだ

今までもいたずらの延長で友達がいても関係なく
おしりとか胸を触ってきてたがしつこくはなかった


『はぁ はぁ』
『自分で触ったりしてるんだろ もう』
『は、はい』


おじさんは顔を近づけてきたがかなり酒臭かった


『酔い覚ましは若い女のマンコ汁に限る
ミズキちゃん 舐めさせてくれるかい』


黙ってパンティを下ろすとおじさんは顔をうずめてきた


『あっ あんっ あぁ~~~~~~ん』


初体験は着衣セックスだった

おじさんが財布からコンドームを出したことは覚えてるが
痛いよりも気持ち良すぎてそのあとのことは曖昧だ
確か友達に会わずに帰ったような気がする



「今も会ったりしてるの」
「してないしてない 引っ越しちゃったから
友達とは連絡取り合ってるけど」
「もちろん友達は知らないんでしょ」
「当たり前じゃない 一生秘密よ」
「1回だけ?」
「本格的なのはね あとは未遂ばっかり
友達とおばさんの目を盗むの大変だもん」
「娘の友達に手を出すとか最低な男なんだけど」
「まぁ もともとセクハラで有名だったからね 
友達は今でも大嫌いって言ってるし」
「ハハハッ」


おちんちんの先っぽを舐めていく


「あっ あぁ 気持ちいい」
「それでそれで 斉藤くんは誰なの?」
「実は・・・伯母さん」
「結局身内か 相当年上でしょ」
「うん 20才以上 酔ってオフロに入ってきて・・・」
「ハハハッ 酔っ払いって同じじゃない 嬉しかった?」
「もちろん 生でさせてくれたし」
「ヤバいじゃない さすがにまだ生理ある時でしょ」
「そんなの考える余裕もないくらい興奮しちゃって」
「そりゃあ そっか」
「そろそろうしろの席行こう 舐めたくなったから」
「ウフフッ 嬉しいこと言ってくれるわね」


うしろの席に移ってシックスナインの体勢になった


「はぁ はぁ あの時も伯母さんのを必死で舐めたんだ」
「あんっ わぁ もう もっと あんっ」
「ミズキさんよりもビラビラだったけど」
「あぁ~ん 私はまだまだ若いんだからね あんっ」
「コンドームつけてよ」
「もう 世話がかかるんだから ウフフッ」


コンドームをつけてから自分でゆっくり腰を落としていった


「あぁ~ん あんっ あんっ 大きい・・・」
「あっ 最高! あぁ~~~~~~~」


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

姉の右手(7)「何だよ ヤリマンって言いたいのか」

「アドバイスありがとな」
「えっ!?」


組立と旋盤で担当が違うので
話が出来るのは昼食の時くらいだ

いつも食堂で家から持ってきたごはんと
カップ麺を食べることが多い


「まさかまさかの展開で手伝ってもらったぞ」
「えっ えっ お姉ちゃんに?」
「あぁ 干してるブラジャー見てるところで
急に帰ってきて見つかって謝ってそれで・・・」
「ウソでしょ 最悪の展開なのに」
「俺もそう思ったって でも怒るって言うよりも
はじめて下着に興味を持ってくれたことを喜んでたような」
「やっぱり根本くんのお姉ちゃんって・・・」
「何だよ ヤリマンって言いたいのか」
「ダメ?」
「いやっ その通りだと思う 普通怒って親に言われて
最悪追い出されることもあると思うし」
「だよね 一気にそんな風になるなんてうらやましいな」
「ベランダで握ってもらって・・・あぁ~~~~だからな」
「夢でしょ それって AVみたいだし」
「ハハハッ 俺もまだ信じられないって
さらにだよ 今夜居酒屋で一緒に飲むことになってるから
エロい話を聞きまくれそうなんだ」
「さっきありがとうって言ったよね 僕
じゃあ そこに参加させてよ」
「う~ん 今度でいいか もっと姉ちゃんの本音を
聞き出してからの方が計画立てやすいから」
「絶対だよ」
「任せてよ 宇野ちゃ~ん」
「もう 根本くん 気持ち悪いって」


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

姉の右手(8)「この私の右手で鍛えてあげるわ」

「根本ですけど・・・」

「ソウタ こっちこっち」
「あっ 姉ちゃん」


仕事から帰ってシャワーを浴びてすぐに向かったが
すでに姉は席に座って飲んでいた


「早いじゃない まだ予約時間前なのに」
「ウフフッ 昼過ぎに起きちゃってヒマだったから
開店時間に来ちゃった」
「じゃあ もう1時間くらい飲んでるの?」
「正解!!!」


のれんだけで仕切られた個室
話は丸聞こえだがある程度は大丈夫な気がする


「ウーロンハイでも飲んでみようかな」
「あらっ 自分からお酒頼むなんて偉いじゃない」
「だって 姉ちゃんの飲み相手にならないと」
「ウフフッ シコシコしてもらいたいのね」
「・・・うん それもあるけど」
「正直でいいわ そういう男好きよ 女は」
「本当に?」
「好きな男限定だけどね」
「意味ないじゃん それじゃあ」
「ハハハッ」


「ウーロンハイと私はこれおかわりね」
「はい」
「あとオムそばと特大ホッケとバターコーンよろしく」
「かしこまりましたー」


「乾杯!!!!」

カァ~~~~ン!


ひと通り注文したモノが運ばれてきてから
姉との話がヒートアップしてきた


「こういうくちびる見ると興奮するんでしょ」


バターコーンのバターでテカテカになっている


「ちょっと足広げて」
「う、うん」


姉が足で股間を刺激してきた


「ホッケおいしいな あっ あぁ~ 本当デカいね」
「ウフフッ もしかして出してきた?」
「えっ あっ う、うん」
「ちょっと顔近づけて」
「うん」


姉の顔をこんなに近くで見ることはない


「ウーロンハイ3杯飲めたら帰りに公園で
シコシコしてあげる」
「えっ!?公園で!!!」


公園と聞いてエロ本を隠してる公園が頭に浮かんだ


「飲めたらだよ 不正はなしね」
「う、うん あっ 公園は家の近くの・・・」
「ウフフッ 知り合いに見つかっても知らないよ
まぁ どこでもいいけど」

「どうすればたくさん飲めるの?」
「まぁ つまみをたくさん食べながらの方がいいかもね
吐いたら失格だけど」
「そっか・・・」
「やさしいわよ ウーロンハイ3杯なんて
家族みんなお酒強いんだしソウタも大丈夫だって」


僕はゆっくりと飲み進めていった


「ねぇ 宇野くんってカラダ大きいけど
オチンチンはどんな感じなの?
昔チラッと見た気がするけど忘れちゃったわ」
「それは・・・本人に聞いてよ」
「ふ~ん 教えてくれないんだ」
「違うって 宇野が姉ちゃんに聞かれたいかなって」
「あぁ そういうこと 友達思いね」

「今度3人で飲もうよ」

「それはバランス悪いわよ 誰か呼んであげるわ」
「本当に?」
「宇野くんに似た太った子でいいよね」
「そんな友達いたっけ」
「普段は会ってないけど私が呼べば来るわよ
全く男に縁がないって同窓会で言ってたし」
「それって・・・」
「もしかしたら宇野くんと取り合いになるかもね
私は彼氏出来ちゃったから相手するつもりないし」
「彼氏って お正月はいないって言ってなかったっけ」
「あぁ まだ付き合ったばっかりよ ソウタと同い年なの」
「うわぁ・・・」


同い年で彼女いるなんて・・・うらやましい


「同窓会の時は新品って言ってたけど今はわからないわ
上司と不倫してるかもしれないし」
「そうなんだ」
「デブ専にはたまらないって 彼女」
「俺は・・・違うけど」
「童貞なんでしょ とりあえず卒業しないと」
「う、うん」
「この私の右手で鍛えてあげるわ」
「姉ちゃん・・・ありがとう」
「その代わり何でも言うこと聞いてね」
「もちろん!」
「ここはおごりだよね」
「うん!!」


「はいはい 3杯目よ 大丈夫?」
「うん ちょっとでも・・・これさっきより濃いかなって」
「アハハッ バレた?」
「えっ!?姉ちゃんの仕業なの?」
「そうよ そんな簡単に・・・」


姉の顔がまた近づいてきた


「シコシコしてあげるわけないでしょ」

チュッ!!!

「姉ちゃん・・・」


まさかのキスに驚いた 
ただ結構酔ってきている気がする


「ちょっとトイレに・・・」
「吐いたらゲームオーバーよ」
「う、うん」
「ウソついたら二度と一緒に飲んであげないからね」
「わかってるって」


ジョロジョロジョロジョロッ


「ふぅ・・・」


あとグラス半分くらい飲めばクリアなので
一気に飲みきるしかない


「おかえり~ 私も行ってこよっと」

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

姉の右手(9)”うちの家の近所の公園に30分後に来て”

”ミズキさん 今から会えないかな”


トイレに行く途中に彼からメッセージが届いた


”弟と飲んでるところなのに”


ジョロジョロジョロッ シャーシャーッ


”会いたい”

”抱きたいでしょ”

”違うって 会いたいんだ”

”もう 困ったな”

”どこで飲んでるの?そこまで行くよ”

”明日会うのに・・・門限まで時間もないよ”

”だから会いたいだけだって”


本音かどうかわからないが嬉しい


”わかったわ うちの家の近所の公園に30分後に来て”

”やった~ ミズキさん 大好きだよ~”



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

姉の右手(10)「公園まで走るよ~~~」

「ごめんね 彼に呼び出されちゃったから出よ」
「えっ! そんなぁ~」
「ちゃんと彼が来る前にしてあげるから」
「まだ飲んでないけど いいの?」
「いいから いいから 会計してきて 外で待ってるわ」
「うん!!」


正直残りのウーロンハイを飲んだら
吐く可能性もあったので悪くない


「公園まで走るよ~~~」


足が多少ふらついているが手コキのために走った


「はいはい 手を繋ごう ソウタ」
「うん」


姉の右手・・・このあとシコシコしてくれる手だ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1101位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析