実姉の変貌(1)「びっくりって姉ちゃん整形でもしたの?」

「あんたカオリに会うの久しぶりでしょ
絶対びっくりすると思うわ」
「びっくりって姉ちゃん整形でもしたの?」
「まぁそうね 自然に整形したみたいなものよ」
「お正月に電話で話した時も何も言ってなかったじゃない」
「ウフフッ ずっと黙ってたの」


大島誠也 28才 

地元の会社に就職したがしばらくして四国に転勤

友達の結婚式に出席するため3年ぶりに
実家に帰ることになった


うちは両親と姉の4人家族

父 誠一 58才 タクシードライバー
母 和美 55才 介護士
姉 香織 33才 家事手伝い(遊び人)


僕と姉は年が離れてることもあって
小さい頃はオフロに入れてもらったりしてたが
あまり一緒に遊んだ記憶はない

特に姉は男に目覚めてからは家にいないことが多く
つい最近まで結婚もせず半同棲を繰り返していた

顔は中の下で体型はガリガリとひいき目に見ても
モテるとは思えないが恋愛マスターなのだろう
ただ若さがなくなるとそれも通用しなくなってくる
母が言うにはここ最近は家にいることが多いようだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

実姉の変貌(2)『セイヤ 私のおしりにぶちまけていいよ』

「えっ!?姉ちゃん?」

家に着いた時にちょうど玄関を入ろうとしている
姉と鉢合わせたがその後姿にびっくりした

大きいおしりが目に飛び込んできたのだ

「あっ セイヤ 来たわね」
「いやっ 姉ちゃん・・・」
「何よ」
「いやいやっ 別人すぎるでしょ」
「あぁ そうだったわね ウフフッ 家の中で話しましょ」
「う、うん」

ずっと40kgくらいしか体重のなかった姉が
母を通り越してぽっちゃりとした体型になっている

「いつから?」
「徐々にだけど今年のお正月にはもうこんな感じだったわ」
「顔もだって・・・」

中の下だったが中の上にランクアップしてる気がする
特にすっぴんだとひどかったのに肌に張りがある

「そうなのよね 化粧もあんまりしなくなっちゃった」
「どうしてここまで・・・」
「友達のヤケ食いに付き合ってたらいつの間にかね
食べるのが楽しくなってきちゃって」
「服とかだって」
「ハハハッ 全然着れないのばっかりよ
セイヤに買ってもらわないとね」
「じゃあ これからもこの体型でいくってこと?」
「若い時はあれだけどこれからはこっちの方が
モテるんじゃないかなって」
「まぁ」
「服もそうだけどおっぱいも大きくなっちゃって
ブラを一番買ってもらいたいかも」

姉のおっぱいに興味を持ったことがなかったが
確かに大きくなってる気がする

「CだったのにFになっちゃったのよ」
「そっ そうなんだ」

ブラジャーの話を姉としたことがないので少し戸惑った

「セイヤも巨乳好きでしょ」
「えっ あっ そんなことない・・・よ」
「ウフフッ 隠さなくてもいいじゃない もう大人なんだし」

姉は服の上から胸を鷲掴みしてアピールしてきた
あれっ これってもしかして・・・

「姉ちゃん ノーブラなの?」
「ピンポ~ン!セイヤも女性経験豊富になっちゃったのね」

なってないが話を合わせておこう


トントントントンッ

「おぅ セイヤ 久しぶりだな」
「あれっ 父ちゃん 2階にいたんだ」
「最近昼間はおまえの部屋で寝てるからな あ~ 眠い眠い」

父はトイレに入っていった

「朝帰ってきたところだからね」
「大変そうだなぁ」
「さすがにもう慣れたんじゃない 2年もやってるし」

そして父はトイレから出てきた

「セイヤ 今日は家にいるんだろ」
「うん」
「久しぶりに4人でメシか 楽しみだな」
「あっ うん じゃあ おやすみ 父ちゃん」
「おぅよ」

トントントントンッ


「母ちゃんは仕事って聞いてるけど何時に帰ってくるの?」
「もうマザコンなんだから 仕事場に会いにいけば?」
「何言ってるんだよ もう」
「ウフフッ 6時には帰ってくるわ あんたも疲れたでしょ 
それまで寝てればいいんじゃない」
「ううん そんなに疲れてないよ バスで寝れたから」

はじめて高速バスに乗ったが先輩のアドバイス通りに
寝不足プラスちょい飲みで熟睡出来た

「じゃあ このあと買い物行っちゃう?」
「買い物?」
「これこれ」

また胸を揉んで見せつけてくる

「俺と?」
「だってスポンサーだからね」

「姉ちゃんのために貯金してたんじゃないんだけどな」
「ちょっとくらいいいじゃない」
「もちろんそのつもりだけど高そうだなぁ」
「先に限度を教えてくれればそれ以内でおさえるわよ」
「じゃあ 3000円!」
「セイヤ~ あっ そんなこと言うなら・・・」
「えっ あっ ちょっと・・・」

姉は僕の顔を胸を挟んでくれた これは気持ちいい

「サービスを要求するなんて もう ウフフッ」
「わっ あっ 姉ちゃん 3万くらいでいいよね」
「やった~ 一気に10倍! それよりセイヤ汗くさいわね
買い物に行く前にシャワー浴びてきて」
「うん」
「じゃあ 私も用意しよっかな」

言われた通りにシャワーを浴びることにした
3年ぶりの実家の浴室だ

このタイルには何度もぶちまけたことがある


「はぁ はぁ あっ あぁ~」


姉のおしり・・・姉のおっぱい・・・

オナニーのネタにするのははじめてのことだ
姉のパンティで何度かしたことはあるが
それは姉のことを思ってじゃなかった


『セイヤ 私のおしりにぶちまけていいよ』


「あっ あぁ~ あぁ~~~~~」


近くにいたら聞かれそうだがあんなことまでされたので
もうかまわない むしろ聞かれたいくらいだ

今回3泊するだけだがこんなことなら
休みをもっと長く取ればよかった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

実姉の変貌(3)「気になるならノーパンで行くけど」

「ごめん ごめん 遅くなっちゃって」

姉はボディラインが出る服に着替えてきた

「あっ 今度はちゃんと見てくれてるわね」
「そりゃあ・・」

谷間がくっきり見えるので自然と目が行く

「ちょっときついんだけど変じゃない?」

スカートからうっすらパンティラインが見えている

「ちょっと見えちゃってるけど」
「パンツの線が見えてる方がいいんでしょ 男って」
「いやっ でも・・・」
「気になるならノーパンで行くけど」
「ダメだって それは」
「ウフフッ」

ミニスカートではないがノーパンだと
さすがにエスカレーターに乗れば下から見えそうだ

「じゃあ 行こっか」

姉と買い物なんて本当に小さい時以来だ


「あらっ セイヤくん 帰ってたの?」

家を出てすぐに近所の山田さんに声をかけられた

「は、はい 明日友達の結婚式で」
「誰?」
「内川なんですけどおばさんは覚えてないかも
新川に住んでる奴なんで」
「あぁ でも顔を見ればわかるかもね」
「はい うちに何度も来てるんで」

「それよりカオリちゃん 化粧なんて珍しいわね」
「ちょっとだけですって デパート行くんで」
「してんたんだ 気づかなかった」
「今の言葉を彼女に言ったらオワリよオワリ」
「ウフフッ 仲いいわね うちの子たちなんて・・・」

しばらく山田さんに捕まっていたが
家の中から聞こえたかすかな洗濯機のブザーで解放された


「山田さん あいかわらずだなぁ」
「そりゃあ この辺の噂を何でも知ってて
勝手に広めるおしゃべりおばさんだもん」
「ハハハッ 母ちゃんのせいでもあるけど
姉ちゃんの噂もいろいろ広まってるもんね」
「もう別にいいわよ 同棲の達人でも男好きでも
近所の男はスルーしてるから」

「今は彼氏っているんだっけ 変わったことだけ
母ちゃんに聞いてたけど」
「いないいない」
「ウソでしょ 前よりモテるはずなのに」
「それがよくないのよね 前は引っかかる男の数が
少なかったから選べたけどさ」
「じゃあ 特定の男がいないってだけ?」
「そうね でも面倒だから元カレと遊んでることが多いけど」
「えっ!?」
「セイヤと同じ反応で別人になった私を楽しんでくれるのよ」
「でもほとんどは裏切られて別れてるのに
まだ繋がってるなんて・・・」
「まぁ 別れた時がピークでそのあとはいい思い出しか
覚えてないのよ 番号は別れた時に消しちゃうから
向こうからかけてきてくれた男だけだけど」
「大人だなぁ」
「さっきの経験豊富って言葉は撤回だわ 
セイヤはまだまだね」

童貞ではないが彼女が出来たことはない
何度か相手をしてもらってるのは事務員の鈴木さん
40代の人妻で若い社員は全員お世話にになっている

「姉ちゃんと比べたら結婚しててもまだまだでしょ」
「ウフフッ でもそんな経験人数は多くないのよ
回数は自信あるけど」

刺激的な会話でさっき出したばかりなのにボッキしてきた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

実姉の変貌(4)「あっ ファミレスが回転すし屋になってる」

「歩いていく?」
「うん 行きは歩きでいいかも」
「本当に疲れてないのね 私だったらフラフラになりそう
高速バスってイビキがうるさいんでしょ」
「寝ちゃってたから気づかなかったよ」
「じゃあ セイヤが迷惑かけてたのかもね」
「それはありうる ハハハッ」

「最近こんなに歩くことないからヤセちゃいそうだな」
「バス乗ってもよかったけど」

1つ先の停留所の近くにイオンがあるのだ

「ううん セイヤと話す機会もそんなにないしね
家だとマザコンだからどうせ母ちゃん母ちゃんだし」
「うるさいな もう そんなことないって」
「本当に?」
「いやっ そりゃあ 母ちゃんは好きだけどさ」

母とは友達みたいな関係なのだ

性的な話題は父としかしないがそれ以外は
何でも包み隠さず母に報告している

友達の母親同士が今でも繋がってるのは母のおかげだ
明日の結婚式も母と一緒に行く

「あっ ファミレスが回転すし屋になってる」
「そうそう まだオープンして半年かな」
「もちろん行ってるんでしょ」
「当たり前じゃない オープンの日に3人で並んだって」
「ハハハッ」
「山田さんの方が前だったけどね」
「行ってみたいな」
「ダメよ お母さんが手料理食べさせるのを
楽しみにしてるんだから」
「そっか」

「そもそもさ こっちに戻ってくる予定はないの」
「会社にはずっと言ってるんだけど俺って優秀だから」
「まだ平でしょ」
「主任候補って言ってよ」
「騙されてるんじゃない」
「でも四国の方は人数少ないから代わりが来ないと無理かな
昨年の新入社員は研修の段階で2人も辞めちゃったし」
「どうして?」
「理由は噂で聞いただけだけど転勤があるからじゃないかって」
「あぁ セイヤはよく辞めなかったわね」
「他が決まってなかったし ひとり暮らしもしてみたかったから」
「寮でしょ」
「うん」
「私がいない時はうちでも同じようなものだったじゃない」
「そんな今さらなこと言われても困るって
もう主任候補なわけだし」
「ウフフッ まぁ 出世して戻ってくるものいいかもね」
「盛大に凱旋パレードしてもらわないと」
「山田さんとお母さんが揃えばやりかねないわよ」
「ハハハッ」

話をしながらだったのであっという間にイオンに到着した



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

実姉の変貌(5)「大きさだけで形が全然違うわよ あの人たち美乳だもん」

「さすがに人少ないね」
「まぁ 平日はこんなもんよ 前はお正月だったっけ」
「うん」

学生時代にはまだイオンはなかったが
家に帰ってくる度に行ってるのでこれで4回目だ

「ランジェリーは3階だから」
「そうなんだ」

エスカレーターに乗った

「一緒に選んでくれるでしょ」
「えっ!?俺も店に入るの?」
「入りたくないならいいけど 同級生に会うかもしれないしね」

入ってみたいとはずっと思っていた
もし同級生と出くわしてもすぐに四国に戻るし・・・

「いやっ 入る入る」
「ウフフッ 私から離れないようにね」
「あっ うん」
「一応彼氏彼女風に会話する?」
「知り合いに会ったら逆に変に思われるから普通でいいって」
「アハハッ そうね 山田さんはいないだろうけど」

店にはスタッフがひとり 
客はベビーカーを押しながら見てる奥さんがいるだけだ

「もっとお客さんいた方が面白かったかもね」
「いやっ でも・・・」

それどころじゃない 夢のような世界が広がってるのだ

「興奮したらひとりでトイレで済ませてきてね」
「姉ちゃん・・・」

次々と下着を見ていった

「予算内ならパンツも買っていいよね」
「うんうん」
「本当に3万円までいいの?」
「うんうん」
「セイヤも単純でいいわ」

Tバックだけでもかなり種類がある

「姉ちゃんもこういうのはいたりするの?」
「付き合ってる男の好みに合わせてね」
「今までいたんだ」
「ひとりだけよ 意外とTバックって男に人気ないじゃない」
「あっ まぁ そうかもね」

グラビアだと刺激的だけど同棲してる相手だったら
結局脱がすので隠れてる方がいいかもしれない

「でもね」
「うんうん」

まわりに人がいないのに姉は小声になった

「私はキレイに剃ってるあるからはみ出ないわよ」
「えっ!?全部?」
「ううん 前はちょっと残してあるの 
AV女優でもいるでしょ そういう人」
「あっ うん でもAVなんて姉ちゃん見ないでしょ」
「男が持ってるのをヒマな時に見たことあるから
巨乳巨乳でイラっとしたけどね」
「今は大丈夫じゃない」
「大きさだけで形が全然違うわよ あの人たち美乳だもん」

姉の谷間を見つめた

「谷間だけだったらキレイに見せられるけどね」
「形 気になるなぁ」
「ウフフッ 今夜見せてあげるわよ」
「本当に!?」
「先に言っておくけどセイヤとそれ以上するつもりはないからね
あくまでも私たち家族なんだから」
「わかってるって」
「実はね・・・お父さんにも触らせてあげてるのよ」
「えっ!?マジで」
「マジマジ 朝帰ってすぐに仕事の愚痴聞いてあげるんだけど
辞めたくなるくらいウザい乗客がいたりするのよ」
「うんうん」
「お母さんも仕事行っていないじゃない
そのままイライラして寝れそうにないからさ
揉んでいいよって」

「いつから?」
「2か月前」
「最近じゃない」
「さっきも着替えに2階に行った時に触らせてあげたわ」
「わぁ・・・あっ 俺の部屋で寝てる理由ってそれなんだ」
「うん そうだよ まぁ お父さんのことはともかくさ
セイヤもさっきおっぱいで顔を挟んであげたでしょ」
「ハハッ そうだったそうだった」

父と姉の関係が健全なのかどうかわからないけど
お互いがよければいいのかもしれない
ただ母に見つかったら大変なことになる

「これかな どう?」
「いいんじゃない」

「パンツは・・・これとこれと・・・Tバックも一応」

「29600円です」

「ハハハッ 買い物の天才じゃない 姉ちゃん」
「でしょでしょ 主婦でもないのに」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

実姉の変貌(6)「一生こういう機会はないかもしれないよ」

「マスタードソースで」

下着の買い物のあと軽くお店巡りをしてから
フードコートに入った

「帰りにお父さんにタコ焼きでも買って帰ろうか」
「バスに乗るとニオイが・・・」
「じゃあ 帰りも歩きでいいんじゃない」
「姉ちゃんがいいならいいけど」

姉は父にメッセージを送った

「お父さん すぐにラーメン食べちゃうからね」
「そうなんだ」
「昼は私とラーメン食べてること多いのよ
疲れてると夜まで起きてこないけど」
「ふ~ん」
「あっ さっきの話は勘違いしないでね
お父さんとそういうことするのは本当に時々だから」
「別に勘違いはしてないって」

そうは言ってみたが当然勘違いしていた

「娘の私よりもお母さんのこと愛してるからさ
触ってもいいって言ったのも私からだし」
「うんうん」
「親孝行の延長って考えればセイヤもお母さんの
背中を流したりしてあげればいいんじゃない」
「そんなこと・・・」
「明後日は昼間お父さんタクシーの乗務日だから
ずっといないしさ」
「姉ちゃんはいるでしょ」
「あぁ 私も一緒に入ればもっといいかな」
「いやっ それは・・・」
「耐えられない?」
「そりゃあ・・・」
「一生こういう機会はないかもしれないよ」

確かに母と姉と3人でオフロは一生ない気がする

「母ちゃんが何て言うかわかんないし」
「喜ぶに決まってるじゃない セイヤだけじゃなく
私ともずっと入ってないんだから」
「そうなんだ」
「温泉とかならわかるけど家のオフロは狭いじゃない」
「3人だったらもっと狭くなるよ」
「狭い方がいいでしょ スキンシップ出来るし」

姉は本当に男の気持ちがわかってる さすが恋愛マスターだ

「興味ないだろうけどおっぱいだけじゃなく
股の間もしっかり洗ってよ」
「えっ!?背中だけじゃないの」
「背中なんて私が洗うわよ セイヤはおっぱいと
股の間だけ洗えばいいから」
「さすがに・・・」
「ハダカの付き合いになれば今までよりも
もっと仲良くなれるって」
「まぁ そうだけど」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

実姉の変貌(7)「姉ちゃん 本当に大食いになってるじゃん」

「ただいま~」

「おぅ おかえり 待ちくたびれたぞ」
「はい タコ焼き」

「セイヤ さすがに疲れたんじゃない」
「うん 夜ごはんまでちょっと部屋で休むよ」
「おぅ じゃあ またあとでな」

2階の自分の部屋に入った 父のニオイが充満している



「セイヤ セイヤ」

あっという間に寝入ってしまったようで
母の声で目が覚めた

「あっ 母ちゃん 帰ってたんだ」
「何言ってるの もう7時半よ」
「えっ!?」
「ウフフッ お父さんもタコ焼き食べてたから
ごはん遅くしたのよ セイヤはもう食べれるでしょ」
「うん もちろん」

トントントントンッ

1階の居間に入るとさっきまで何もなかったお膳に
もう料理が並んでいる 僕の好きなモノばかりだ


「やっぱり高速バスからのイオンは疲れるわよね」
「ハハッ 大丈夫だと思ってたんだけど」

「この明太子最高!」
「ウフフッ」

「お母さん おかわり」
「姉ちゃん 本当に大食いになってるじゃん」
「こんなのでびっくりしないで 3杯食べることもあるし」
「えぇ~~~」

「おまえも飲めよ」
「ウフフッ そうね あんたたちは食べてからでしょ」
「うんうん ほとんど飲めないけど」
「私も」
「情けないな おまえたち」
「時代よ 時代」

「あぁ 食べた食べた ごちそうさま」
「デザートは食べれる?」
「うん」
「美味しいアイス買っておいたからね」
「私もちょうだい」
「お酒とアイスって ハハハッ」

「父ちゃんは明日は休みって・・・」
「そうだな 明後日の朝から次の出番だ
おまえ明日は帰ってこないんだろ」
「一応帰ってくるつもりだけど夜中になると思う」
「お父さんが寝てるから静かに入ってきてよ」
「別にいいって にぎやかな方がいいじゃないか」
「ウフフッ セイヤの転勤が終わってくれるといいんだけど」
「おまえはそればっかりだな」
「あなただって帰ってきてほしいくせに」
「そりゃそうだろ セイヤ 24日はいつ出るんだ」
「昼までには出るつもりだけど あっちに夜には着きたいから」
「そうか とんでもない長距離でも出ない限り会えるな」
「出た方がいいんじゃないの 父ちゃん」
「まぁ そうだな」
「出たら連絡してよ そっちに行くからさ」
「何を言ってるのよ そんなタイミングよくいいお客さんに
出会えるわけないでしょ」
「ハッハッハ でもゼロじゃないだろ ゼロじゃ」

「じゃあ おやすみ 愛する我が子よ」
「ハハハッ おやすみ 父ちゃん」

「明日の朝も4人で食べましょうね」
「うん」
「は~い!!」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1096位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析