兄嫁のいる家(11)「ちゃんと気持ちいいところも触りながらね」

「まだ5時半過ぎだから1時間以上楽しめそうね」
「あっ はぁ でも兄ちゃんに悪いな」
「もう飽きたんだね 私の体に」
「そんなことは・・・」


飽きるどころか毎日でも抱きたいくらいだ


「じゃあ まずは服を着たままシックスナインしよっか」
「は、はい」
「もう 言葉遣いが戻ってるよ」
「そっか ハハッ」


真美さんは居間にあおむけに寝そべった


ガラガラガラガラッ


居間のガラス戸を閉めてから位置を確認して
ゆっくりと真美さんの股間に顔を埋めていった


「はぁ はぁ」


ジーーー


「ウフフッ もうこんなにかたくなってる」
「あっ さっきトイレ行ったから」
「慣れてますよ そんなの 昔から」


昔からって・・・


「お医者さんごっこした時がはじめてかな 舐めたのは」
「そんなことしたんだ」
「健康かどうか調べるためにね」


チュパッ チュパッ


「あっ あぁ・・」
「浩二さんはもう大人だからザーメンの味がすぐにしちゃうわ」


八百屋で不完全燃焼だったので染み出してるようだ


「じゃあ 中身もいただきます」


パンティを剥ぎ取って太ももをこじ開けてから
生のワレメにしゃぶりついた


「あんっ あぁ~ん 気持ちいい もっと あぁ~ん」
「はぁ はぁ あっ あぁ」

「うっ うぐっ あぁ~ん あんっ あぁ」

「真美さん・・・あっ あぁ」

「邪魔だわ 下だけ脱ぎましょ」
「は、はい」

「咥えてるとイキそうかどうかわかるのよ」
「あぁ だから・・・」


さっきから暴発しそうな瞬間を耐えていたが
真美さんはそうしてくれてたのだ


「私は女だから平気よ イッタあとも舐め続けて
いたずらし続けてね」


「はぁ はぁ あっ あぁ」


「浩二さん もうガマン出来ない」


バタンッ


今度は真美さんが上になった


「ふぅ 楽しい」
「はぁ はぁ おしり舐めさせてください」
「ちゃんと気持ちいいところも触りながらね」
「はい」

「真美さん 真美さん」
「あぁ~ん もっと奥まで指入れて」
「はぁ はぁ 出していいですか」
「仕方ないな もう うぐっ」

「あっ あぁ~ あぁ~~~~~~」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(12)「触ってほしい合図なのに」

「ただいま」
「おかえりなさい 早かったですね」


兄は7時過ぎに帰ってきた
早めに夕食の準備に取りかかっていたので問題はない


「何だ 浩二 手伝ってるのか 初日だったのに」
「ちょっと料理運んだだけだって」
「専業主婦の仕事を取ってどうするんだよ
これ以上太ったらおまえのせい・・・」

「呼びました?」

「いやっ 呼んでないって なぁ?」
「ハハハッ」


3人で食卓を囲んだ


「そうだ 兄ちゃん 寮に入ろうと思ってたんだけど
八百屋のおばちゃんが店に住んでもいいって」
「おぉ それはいいな うちからも近いし」
「うん」
「あなたも親しいんですか」
「ハッハッハ ガキの頃から知ってるって
その時のおばちゃんの年を超えてるのが不思議でしょうがない」
「本当本当 小さい時から僕らにとってはおばちゃんだもんね」

「家賃はいくらにしてもらったんだ」
「あっ 聞いてないけどタダだと思う 店の手伝いでも
たまにすればいいんじゃないかな」
「一応仕事するんだから逆にその方が大変じゃないか」
「毎日だったら寮に入るって」
「ハッハッハ それがいい 人使い荒いからな おばちゃん」
「確かに確かに」


兄への罪悪感が消えてきてる気がする
全く疑われないと大丈夫な気がしてくるのだ


「ごちそうさん じゃあ フロに入るか」
「準備しますね」
「あぁ」


真美さんは席を立った


「いつくらいに出ていくつもりだ」
「寮じゃないから週末にでも引っ越すよ」
「そうか」
「まだおばちゃんに正式に住むって伝えてないし
どうなるかわかんないけど」
「娘はもう家を出てるしおじさんがOK出せば大丈夫だろ」
「多分 すぐに荷物を取りに来れるから最小限でいいし」

「仕事の方はどうだったんだ」
「う~ん 慣れればそんなに大変じゃないと思う
あと真美さんのおかげでひいきされてるっていうか・・・」
「コネっていいな 楽な仕事で給料もいいなら
俺が代わってもらいたいぐらいだ」


「あなた 準備出来ました」
「おぅ」


今日は兄がひとりで入るようだ


「何の話してたんですか」
「引っ越しのことと仕事のことですよ」
「ウフフッ」


浴室の方から扉を閉める音が聞こえた瞬間に
真美さんは僕の股間をさすりはじめた


「真美さん・・・」
「さっきは楽しかったですね」
「あっ はい でも・・・」
「触ってほしい合図なのに」
「すいません」
「最初から直に触ってください」
「は、はい」
「部屋行きましょ」


部屋の方が浴室の音がしっかり聞こえるからだ


「あっ あんっ 私は勝手にイキますけど
浩二さんはちゃんと教えてくださいね」
「はい」


「はぁ はぁ あんっ あぁ~ あぁ~~~~~」


兄のシャワーの音と真美さんの吐息が混じって
今まで以上に興奮した


「あんっ 痛い!」
「すいません」


服の中に手を入れておっぱいを揉んでみたが
少し力が入りすぎた


「ウフフッ 夜中部屋を通る時に気をつけないとな
浩二さんに何されるかわかんないから」
「それはこっちのセリフですよ」
「ひど~い 秀ちゃんにこき使うように言っちゃおうかな」
「やめて・・・ください」
「冗談ですって 浩二さんのおかげで満たされてるのに
もっと乳首を強く摘まんでください」
「はい」

「あんっ あっ あぁ~」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(13)「いい加減にしてよ もう この酔っ払い!」

「じゃあ 板倉さんの入社を祝って乾杯!!!」
「乾杯!!!」


まだ試用期間中だが金曜日の夜に歓迎会が行われた

行きつけの居酒屋なのか週末なのに貸し切りで
社員は家族や彼女を連れてきているので30人近くいる


「お兄さん夫婦も呼んでくださいよ
マミーとも久々に会いたいし」
「マミー?」
「あっ 聞いてないんだ プライベートでは
昔からマミーって呼んでるんですよね
ちょっと違う意味に聞こえちゃいそうだけど ハハハッ」


真美なのでマミー 確かにあだ名としてはありがちだ


「一応妊婦だし 飲めないから」
「あっ 忘れてた こういう場はご法度でしたね」
「でも呼んだら来そうですけど」
「いやいやっ 何かあったら旦那に恨まれるから」

「はいはい みんな揃いました?」
「社長 これで全員です」
「じゃあ 今日のシングルは主役の板倉さんと俺も含めて
5人でいいかな」
「私は?」
「あれっ 福井さんがひとりなんて珍しいじゃないですか」


福井さんは40才前後の事務の女性で話はほとんどしたことがない


「じゃあ この5人の中のひとりが福井さんの相方だ
よっしゃ!じゃんけんに勝ったやつな」
「やった~!!!」


どういう状況なのかわからず戸惑ってしまった


「あれあれっ 板倉さんの様子が変だぞ」
「本当だ 喜んでないっすね」
「いやっ あっ 社長 これ どういうことなんですか」
「社長 福井さんが泣いてます」
「マジか じゃあ 板倉さんで決まりだな」
「えっ!?」


そのあと社長はキャバ嬢のような女性を4人呼び寄せた
これで店にいる社員は全員カップルになった

こんなにいい会社はないなと状況を飲み込めた時には
もう手遅れで僕は福井さんのとなりに座った


「コネ入社おめでと 乾杯!」
「ハハッ ありがとうございます」


僕がコネだということはみんな知ってることなので
もう何とも思わなくなった


「2回目の旦那がまた最悪なのよ 子供放ったらかしで・・・」


ひたすら福井さんの話を聞かされた
僕は相槌担当だ みんながまわりにいるので軽くだが
ボディタッチも時々してくる


「キ~ス! キ~ス! キ~ス!」
「おぉ~~~~」


大学生のコンパのノリで店は盛り上がっていたが
人数はいつの間にか半分くらいになっていった


「じゃあ 私もそろそろ帰るわね」
「あっ はい 楽しかったです 福井さん」
「ウフフッ これからも仲良くしましょ」


お持ち帰りされるのかと思っていたが
福井さんはあっさり帰っていった
真美さんを見てるので熟女はみんな淫乱に見えてしまって・・・


「板倉さん マミーに電話してくださいよ」
「いやっ それは・・・兄ちゃんもいるので」
「便所とかで隠れて電話出来るっしょ
今の時間なら2回戦終わって休憩中かもしれないし」
「まぁ・・・」
「あぁ じれったい 俺がしますよ じゃあ」


携帯を勝手に触りだした


「ロックかかってますって」
「あっ 外します っていうか かけますよ」
「はいはい スピーカーにしてください」


この時間だと2階の部屋にいるはずなので
一旦固定電話の方にかけることにした


「もしもし 板倉ですけど・・・」


そばにいたのか1コールで取ってくれた


「あっ 浩二です」
「浩二さん どうしたんですか」
「いやっ あの~」


社長に電話を奪われた


「マミー!!!」
「秀ちゃん?」
「何してるの」
「ちょうど水を飲みに来たところだけど」
「アッハッハ 楽しんでるんだ~ 旦那と」
「いい加減にしてよ もう この酔っ払い!」


思った以上に真美さんと社長は親しげだ


「お待たせ~」


電話中に社長の相手が店に戻ってきた
何か買いに行ってたようでコンビニの袋を持っている


「ちぇっ マミーとテレフォンセックスしようと思ったのに
じゃあ 板倉さん また月曜日」
「はい 社長」

「みんな~ テキトウに解散してくれ~
朝まで寝ててもいいけど吐いたら出禁だからな」
「はいは~い」


もう切れてるかと思ったが電話が繋がっている


「すいません 真美さん」
「浩二さんは巻き込まれただけでしょ」
「ハハッ じゃあ 切りますね」
「もしかしてそばに今日の女がいるんですか?」
「あっ もう帰っちゃったので・・・ いやっ」
「知ってますよ 秀ちゃんの歓迎会の仕組みは
それでも辞める人多いんだけどね」
「はぁ」
「早く帰ってきてほしいな」
「わかりました すぐ帰ります!」


真美さんの言葉でいつものように火が点いた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(14)「声をガマンするの苦手だけど ウフフッ」

「真美さん・・・」


玄関を開けると階段の下で真美さんは
うつぶせで寝そべっている


「ここだったら浩一さんのこと監視出来るでしょ」
「でも・・・」


こんなところで寝てるの不自然だが
兄が便所に起きてきた時にすぐわかる
居間よりも確実な場所だ


「声をガマンするの苦手だけど ウフフッ」
「すぐにいってくださいよ」
「どっちの意味で?イってほしいの?言ってほしいの?」
「バレたら大変なのことになるんで」
「兄弟仲を壊すつもりはないから心配しないで
妊娠してなかったら別だけど」


キャミソール姿が色っぽい
すぐにパンティを脱がすとおしりを上げてくれた

愛撫も何も必要ない いきなり突き刺していった


「あっ・・・」


パンッパンッパンッパンッ


「はぁ はぁ はぁ あっ あぁ」
「うっ うぅ~ん はぁ・・・」


パンッパンッパンッパンッ


酔った勢いであえぎ声をガマンしてる真美さんを
突きまくった


「うっ あぁ・・・・」


そして10分ほどで中に発射した


「ウフフッ」


ピチャッ ピチャッ


ザーメンと愛液に濡れたモノをしゃぶってくれた


「明日 浩一さん昼から仕事に行くみたいなの」
「そうなんだ じゃあ・・・あっ 引っ越ししないと」
「二日酔いってことで日曜日すればいいでしょ」
「は、はい」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(15)「アレも今から多めに手に入れてきてやるからな」

「ごめん 兄ちゃん 引っ越しは明日にするよ」
「おぅ その方がいい 俺が手伝えばすぐに終わるだろ」
「いいって ひとりでも出来るから」
「何だか追い出したみたいになってるから手伝いたいんだよ」
「そんなことないのに・・・でも助かるよ」
「アレも今から多めに手に入れてきてやるからな」
「ハハッ」


アレとはもちろんエロDVDだ
真美さんとのことがあるので慣れてきたとはいえ心苦しい


「いってらっしゃい 浩一さん」
「そうだ 夜はちょっと飲んでくると思うから
先に食べててくれ」
「わかりました また連絡してくださいね」


昼過ぎに真美さんと2人きりになった


「何を話してたんですか」
「明日の引っ越しのことですよ 手伝いたいって」
「あぁ 言ってました 私はいいって」
「ハハッ そうなんだ」
「ちょっと嫉妬しちゃうな」
「これからは2人きりじゃないですか」
「しばらく会わないみたいな言い方・・・寂しいな」
「そんなことは・・・」


台所で思いのままに抱き合ってキスをした
そしてすぐにスカートの中に手を・・・



ガチャッ!!



「えっ!?」




「おまえら何をやって・・・・」



時が止まるというのはこういうことなのか



「浩一さん・・・」



兄が引き返してきた
あまりのタイミングで言い訳もすぐに出てこない

体はすぐに離れたが饒舌な真美さんも戸惑ったままだ



「浩二 おまえ・・・」



「ごめん!!! 兄ちゃん ごめん!!!!」



わけがわからないまま土下座をして兄に謝った
殴られるのは覚悟の上だ



「はぁ・・・こうなるかもしれないと思ってたんだ
悪いけど今日出て行ってくれ いいな 浩二」
「うん もちろん すぐに出ていくよ」



ちょっと拍子抜けした 
兄は僕を憐れんでいるような表情をしている



「浩一さん・・・」
「時間ないから帰ってからにしよう そこの紙袋取ってくれ」
「は、はい」



真美さんが紙袋を渡すと兄はすぐに出て行った

僕は部屋に入り無言で荷造りをはじめた
さすがに真美さんも気まずいのか2階に上がっていった



「はぁ・・・」


優しい兄を裏切った自分に嫌気がさす


「すいません やっぱり今日荷物入れます」
「そうなの 車は店の方にあるから鍵を取りに来て」
「はい」


八百屋のおばちゃんに連絡を入れて荷物移動をはじめた
軽トラックを借りたので2往復で済みそうだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(16)「それだけは本当にやめてください!!」

「じゃあ 行きます」


荷物をすべて移動させてから真美さんに声をかけた


「うん ごめんね こんなことになって」
「調子に乗り過ぎました 妊娠中の兄嫁に手を出すなんて」
「全部私のせいなのに・・・」
「そんなことは・・・」


こんな状況でもついつい真美さんの胸を見てしまう
いやっ あれっ これは・・・


「反省してないでしょ ウフフッ」


乳首がくっきりと立っている


「真美さん・・・」
「さっき浩一さんが急に戻ってきた時もね
2人に犯されたら楽しいだろうなって妄想してたの」
「えっ・・・」
「だって2人とも好きなんだもん」


ここまでくると兄が気の毒になってくる


「こういう会話もやめましょう」


真美さんはスカートの中に手を入れ始めた


「あんっ あっ」
「ちょっと・・・」
「抑えきれるくらいなら浩二さんと関係なんて持たないわ」


座り込んで胸も揉みながら目の前でオナニーをしはじめた


「相手してくれないなら秀ちゃんに頼もうかな あんっ」
「それだけは本当にやめてください!!」
「じゃあ・・・」


メチャクチャな理屈だが浮気されるのは困る


「どうしてもって時は僕が・・・」
「今なんだけど」





そのあと僕と真美さんは獣のように交わった




「あぁ~ん あんっ もっと~ もっと~~」
「うわぁ~ 兄ちゃん ごめん! あっ あぁ~~~~~」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(17/最終話)「妊娠中の女を抱くのって興奮するでしょ」

あの日以来真美さんと会うことは全くなくなり
兄がしばらくして八百屋の僕の部屋に顔を出すようになった

近況を話していくことがほとんどで
あの日のことはまるでなかったかのように平穏だ

義母が家に来てるようで真美さんは家を出てないらしい


「仕事続いてるじゃないか」
「うん」
「彼女は作らないのか」
「出来ないだけだって」

「じゃあ また来る」
「うん」



真美さんの代わりになるわけではないが
時々おばちゃんにいたずらして遊んだりしている

おじさんとの性生活の話も過激で面白い


「混浴に行った時が一番楽しかったわ
洗い場に寝かされて陰毛を剃られたりして」
「誰かいたんですか」
「うん でも多分近所に住んでる年寄りばっかりよ 男も女も
チラッとは見るけどそんなに興味ないって感じでね」
「そんなもんなんだ」
「若い男でもいたらもっとよかったんだけど
十分楽しかったわ そもそも露天風呂で全裸で寝転ぶなんて
あまり体験出来ないでしょ」
「今は陰毛伸ばしっぱなしでしょ おばちゃん」
「ついに見ちゃう?」
「いやっ この間のぞいた時にはみ出してましたから
正解知ってるんですけど」
「もうイヤらしいんだから」



社長は真美さんが後押ししてくれたのかさらに優しくなった
風俗にも誘ってくれる もちろんタダだ


「板倉さん 今日はおっパブデビューですね」
「本当いいんですか」
「給料はさすがにすぐは上げられないのでこれくらいは
でも真面目に頑張ってくれて感謝してますよ」
「コネだから」
「ハハハッ」


「はぁ はぁ あっ あぁ~~~~~~」






-3年後-

「兄ちゃん おめでとう!」
「あぁ もう嬉しくて嬉しくて お義母さんも大喜びでな」


真美さんが2人目を妊娠した

兄の家では義父と熟年離婚した義母が同居をはじめている
何度か会っているが挨拶くらいしかしていない
真美さんとも顔を合わすことはあるが義母もいるので
2人きりになるタイミングがないままだ


「今後はお義母さんの体調が悪い時とか
おまえにマコトを預かってもらうこともあるから
真美と連絡を取り合ってくれ」
「いやっ でも・・・」
「あの日は本当驚いたけど浩二以外の男だったら
離婚してたかもしれない 逆に感謝してるんだ」
「本当に・・・ごめん」
「おいおいっ 謝ってもらうために言ったんじゃないって
それにな・・・」

「何?」

「おまえの心を軽くするために告白するけど
お義母さんと俺もちょっとそういう関係なんだ」
「えっ!?」
「妊娠中に義母系のエロDVDを見まくったのが原因だ
おまえの部屋に寝てるだろ 便所のついでに・・・」
「兄ちゃん・・・」
「真美よりも締まりが良くて・・・年は関係ないぞ
今後家に来た時にいたずらしてみろ」


兄の許しが出たので早速家にお邪魔した


「久しぶりね ここで会うのは」
「はい 真美さん」
「お母さんはマコトのお迎えに行ってるから」
「そうなんですね あっ 下着つけてるんですか」
「浩二さん・・・」
「帰ってきたのがわかるように居間で」
「ウフフッ たまってるの?」
「3年ぶりの真美さんの穴なので」
「じゃあ ちょっと待って」


「もしもし お母さん ちょっとゆっくりしたいから
遅めに帰ってきてもらいたいんだけど うん うん
家に着く5分前に電話して」


「真美さん」
「これでゆっくり楽しめるでしょ」
「兄ちゃんは大丈夫かな」
「これ」


携帯のGPSで兄のいる場所が会社になっている


「マコトのために契約したんだけど
母も必要だし結局全員把握出来るようにしたの」


用意周到だ


「妊娠中の女を抱くのって興奮するでしょ」
「う、うん」
「1回で終わるのはなしだからね」
「ハハッ」



「はぁ はぁ あっ あぁ~ あぁ~~~~~」


「あんっ あんっ あぁ~ん あっ あああああ」


「うわっ はうっ おっ あぁ~~~~~」


「あぁ~ん 浩二さん」


「真美さん 最高です はぁ はぁ あぁ~~~~~~」



-おわり-



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1318位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析