兄嫁のいる家(1)「見せつけるわけじゃないが俺も入ってくるかな」

「今日の面接はどうだったんだ」
「多分大丈夫だと思う」
「そうか 申し訳ないが仕事が決まったら
約束通りここを出て行ってもらうぞ」
「わかってるって」


板倉浩二 35才 無職

専門学校を卒業していろいろアルバイトをしていたが
ここ半年は全く仕事をしていない
兄に小遣いをもらって過ごしている状態だ


兄 浩一 40才 鉄工所勤務

結婚するまではどんな兄弟よりも仲がよかった
新規オープンのラーメン屋を巡るのが趣味で
一緒に行列に並んで食べたりしてたのだ

ただ最近は奥さん優先だ


兄嫁 真美 36才 専業主婦

兄の勤める鉄工所で事務員をしていたが寿退社した
顔はブサイクな方だが体型はムチムチしていて悪くない


今は両親が遺してくれた家で3人で暮らしている
2階建ての木造の家で築50年以上

1階は玄関入ってすぐ台所であと階段
ガラス戸を開くと居間と4帖半の部屋が連なっていて
ふすまで仕切られている その奥が便所と浴室だ

2階は6帖の部屋と広めのベランダ
昔の家なので押入れが広い

絨毯を敷いてあるが元々は和室のたたみ部屋だ

兄夫婦は2階の部屋を使っている
元々は僕と兄の部屋だった


「これ借りてきてやったから」
「あっ ありがとう 兄ちゃん」


鉄工所には独身男が多いので
エロDVDが尽きることはない
今は動画サイトでも観れるのだが
伝統としてDVDを買うことになってるのだ

中古DVDショップは駅近くの繁華街にあって
鉄工所の面々は昔からお得意様という感じだ


「見せつけるわけじゃないが俺も入ってくるかな」
「はいはい ごゆっくり」
「ハハハッ」


僕が家から出ていく理由は妊娠が発覚したからで
時期的には結婚前に仕込んでいた


『おかえりなさい』
『洗ってくれ』
『は、はい』


壁に耳を当てれば浴室と便所の音ははっきりと聞こえる
古い家ならではの楽しみ方だ

家にいる時は真美さんの便所の音を聞くのが日課で
何食わぬ顔で居間から部屋に移動して出てくる前に居間に戻る


『浩一さん・・・』
『はぁ はぁ おぅ 気持ちいい』


今日も真美さんにしゃぶらせてるようだ 音でわかる
結婚には全く興味ないがうらやましい



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(2)『おまえ指輪してるじゃねーか 人妻か』

「はぁ はぁ あっ あぁ~」

ガラガラッ コンコンッ

夜のオナニー中も兄たちが便所を使う時は中断になる
兄は勝手に入ってくるが真美さんはノックしてくれる

そのガラス戸を開けてからノックまでが早い時が
急いで便所に行きたい時だなとわかるようになった

今日も少し早かった


「どうぞ」
「ごめんね」


すぐにDVDを停止してちんちんだけパンツにしまう
兄に気を使ってそうしているが特に何も言われてない


ジョロジョロジョロジョロ ジャー


勢いよく放たれる真美さんの小便の音がいいオカズになる


シャーシャー


ウォシュレットの音で壁から離れればいいので
小便の音を聞くのにはいい環境だ


「おやすみなさい」


そういって真美さんは部屋を通り抜けていった

ガラガラッ・・・バタンッ

『はぁ・・・』

冷蔵庫を開けて水でも飲んでいるようだ

トントントントンッ


真美さんの便所が終わると少し音量を上げて
DVDを楽しめる

野ションしてる女をハメていくDVDを再生した
これは借りてるモノじゃなく僕が買ってきたモノだ


『ちょっと・・・やめてください』
『何言ってるんだ こんなところで小便してるくせに』
『あぁ~ん 止まらない』
『ほらっ 小便しながら咥えろ』
『やめて・・うぐっ うっ あぁ~』


真美さんに一番近い体型の女を選んで観る


『おまえ指輪してるじゃねーか 人妻か』
『誰にも言わないでください』
『じゃあ 言うことを聞いてもらわないとな』


森の中に連れ込んでワレメを舐めまくる


『あぁ~ん あんっ あんっ』
『旦那に抱かれてねーのか おらっ おらっ』
『・・・もっと あんっ あぁ~~~~~ん』


「あっ あぁ~ あぁ~~~~~~~」


男が女の濃い目の毛にブチまけるところで発射した
もちろん僕の頭の中では真美さんに変換されている



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(3)「ごはん食べて元気出してください」

「あっ この番号は昨日の面接の結果かな」


真美さんが食事の用意をしてくれてる時に電話が鳴った


「はい」
「すみませんが・・・」


結果はダメだった 感触がよかったのでガッカリした


「どうだったんですか」
「ダメでした・・・あぁ 兄ちゃんに大丈夫って言ったのに」
「ごはん食べて元気出してください」
「ありがと 真美さん」


昼間は真美さんと2人きりだが食事も一緒にしないし
お互いあまり会話もしないようにしている
洗濯モノも黙って洗濯カゴに入れておけばいいだけだ


「浩二さん あの・・・」
「はい」


いつもなら食べ終わる前まで2階に行ってたりするが
今日は話しかけてきた


「浩一さんにもまだ言ってないんですけど
私の友達が男手を探しててもしよかったら・・・」
「本当ですか」
「浩二さんのこと話したわけじゃないんですけど
周りに誰かいないかって相談されてて・・・
仕事内容は運転と搬入の手伝いらしいんです」
「是非是非」
「給料とか実際の仕事内容を聞いてみて
無理だったら遠慮なく断ってくださいね」
「まぁ 断れる立場じゃないですけど」
「あくまでも選択肢のひとつにしてもらえればなって」
「ありがとうございます」
「ウフフッ まだ話も聞いてないのに」
「そうですね 今すぐ連絡取ってみてください」
「はい」


電話するために2階に上がっていった
まさか仕事を紹介してもらえるなんて思ってなかった
不純な目で真美さんを見てる自分が情けない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(4)「ついに不便な生活ともおさらば出来るな」

「トントン拍子で決まってよかったな」
「うん 真美さんのおかげだよ」


紹介してもらった会社に入れることになった
試用期間があるので正式入社は1カ月後だ


「よっぽどなことがない限り大丈夫だろ」
「寮があるみたいだから部屋も探さなくていいしね」
「ついに不便な生活ともおさらば出来るな」
「まだそんな不便じゃないって」
「ハハハッ まぁ そうだな 今は便所の時に
起こされるだけか 子供が生まれたら・・・」


真美さんには次の日 2人きりになってから
正式にお礼を言った


「本当にありがとう」
「仕事大変だったらいつでも辞めてくださいね
私に気を遣わなくていいので」
「気を遣わさせてください その方が頑張れますので」
「そうですか じゃあ 応援してますね」


あと気になることを聞いてみた


「でもびっくりしましたよ 社長と男友達って」
「幼なじみですよ ただの」


兄は女友達繋がりだと思ってるはずだ


「兄ちゃんには・・・」
「隠してるってわけじゃないですけど
浩二さんの仕事が決まる方が大事なので
別に言ってもらってもいいですよ」
「いやっ 知らない方がいいかな」
「本当にただの幼なじみで元カレとかじゃないですから」
「ハハハッ そっちの方が面白いですけど」
「もう ウフフッ」


いつもならこれで会話が終わるが今日は続いた


「知りたいですか?」
「えっ!?」
「ちょっと待っててくださいね」


真美さんは便所に行って戻ってきた
さすがに今日は音を聞かずに待つことにした



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(5)「浩一さんには内緒にしてくださいね」

「名前は聞いてると思いますけど南野秀樹
私は秀ちゃんって呼んでて年は2つ下で
家が3つ隣りだから小さい時から一緒に遊んでたんです」
「年下だったんですね てっきり真美さんの方が・・・」
「そんなお世辞いいですよ 秀ちゃん童顔だし」


さすがにお世辞はバレてしまった
確かに髪も明るい色に染めてて20代にしか見えないのだ


「小さい頃に結婚しようって言われたことあるんですけど
秀ちゃんはモテるからそんな話は全然忘れちゃってて」
「ひどいですね」
「でも困ったことがあると今でも頼ってくるんです
大人になってからはお金がほとんどですけど」
「今回も・・・」
「2人続けてすぐに辞められて困ってるって」
「そうなんですか ちょっと心配になってきたな」
「あっ 浩二さんは大丈夫ですよ 私の紹介なので」
「頼もしいなぁ」
「偉そうにしてきたらいつでも言ってください
叱ってやりますので」
「ハハハッ すごいな 真美さんは」
「あっ お菓子持ってきますね」
「は、はい」


お膳に大量のお菓子を広げた


「妊娠すると食欲旺盛になるって本当なんですね」
「私は元々ですよ 食べることが趣味ですもん」
「ハハハッ」
「いつかこうして浩二さんとも話してみたいなって
思ってたんです 引っ越したらあまり会えないし
子供が生まれたら私が忙しくなるし」
「そんなこと思ってくれてたなんてうれしいな」
「浩一さんよりも話しやすいな」


真美さんは僕を見つめてきた


「年が近いからじゃないですか」
「もうちょっと言葉崩してくれていいですよ」
「じゃあ 真美さんも」
「ウフフッ わかりました」


バリバリボリボリ ゴクゴクゴクッ


「秀ちゃんとはお医者さんごっこもしたり
お風呂も一緒に入ったりしてたから
やましいことはないですけど裸を見せ合った仲なんです」
「うわぁ うらやましいな」
「さすがにその頃はぺったんこでツルツルでしたけど」
「ハハハッ そりゃあ まぁ・・・」


ぺったんこでツルツル・・・言い方が・・・


「あと・・・」
「うんうん」
「やったぁ 言葉崩してくれてうれしい
実はエッチなエピソードがひとつだけあるんです」
「小さい頃じゃないってこと?」
「詳しくは言わないですけど私もう生理はじまってました」
「えっ あっ うんうん」
「浩一さんには内緒にしてくださいね」
「これは内緒なんだ 楽しみだなぁ」


真美さんの口から生理・・・これはたまらない
そういえば一度便所のゴミ箱を覗いたことがある


「エッチなビデオを貸してくれたことがあって
感想を教えてほしいって」
「えっ!?本当に?」
「女だけど一応興味ある年頃だったし
その日の夜中にひとりで観て・・・」
「感想を言ったんだ」
「はい 好きなシーンとかも言ったりとか」
「うわぁ・・・」


別世界だ モテない男とモテる男は違う
いやっ 幼なじみがいればこんな風に出来るのかな


「ちなみにどんなシーンが?」
「先生と生徒が関係を持つ作品だったんですけど
居残って宿題させてる女子生徒のスカートの中に手を入れて
まさぐってるシーンが・・・好きっていうか興奮して」
「・・・」
「そのあとのセックスシーンでは醒めちゃって
女優さんの演技が下手だったからだけど」
「ハハハッ」


とりあえず笑ってみたが真美さんとこんな話をしてるなんて
にわかに信じられない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(6)「私って浩二さんには女扱いされてないんですね」

「浩二さん」
「は、はい」


一瞬妄想の世界から戻れなくなっていた


「また言葉戻ってますよ」
「真美さんも」
「あっ 本当だ もうどっちでもいいですね
それよりも毎晩そういうの観たりしてますよね」
「まさかそんなこと聞かれるなんて・・・」
「全然普通ですよ 私も浩一さんと付き合うまで
4年も彼氏いなかったんですけど時々観てましたもん」
「えっ!?」


昼前のこんな時間帯に話す内容じゃない気がする


「私の変化に気づいてます?」
「えっ!?変化って・・・」


真美さんを見てみたが変化と言われても・・・


「私って浩二さんには女扱いされてないんですね」
「そんなことは・・・」
「ここ見てください」


指さした先は明らかに乳首だ 少し盛り上がっている


「見ましたけど・・・あっ!」


ノーブラだ じっくり見ないようにしてたので気づかなかった



「さっきトイレに行った時に外してきたんですよ
喜んでくれるかなって でも全然見てくれないから」
「いやっ・・・だって・・・」


こんな積極的になられても真美さんは兄嫁なのだ


「妊娠したら食欲旺盛になるんじゃなくて
性欲旺盛になるんですよ」
「あっ はぁ」
「それに男のあのニオイに敏感になっちゃって」
「あのニオイって・・・あっ すいません!!!」


便所に行くたびに僕のザーメンのニオイを嗅いでいたようだ


「どうして謝ったんですか イヤなんじゃなくて
むしろ嗅ぎたいんですよ」
「真美さん・・・」
「これからノックせずに通りますけどいいですよね」
「もっ もちろん 好きにしてください」
「そのまま気にせずシコシコって続けてくださいね」
「は、はい」


バリバリボリボリ ゴクゴクゴクッ


何だろう この沈黙の時間は
真美さんは何か期待してるのだろうか


「あぁ 美味しい ジュースもう1本飲もうかな
浩二さんはどうします?」
「まだあるから 僕は・・・」


ガラガラッ トントントントンッ

真美さんは2階に上がっていったようだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(7)「今度こそ私の変化に気づいてくださいね」

「今度こそ私の変化に気づいてくださいね」


しばらくしてから新しいジュースを持って
居間に戻ってきた 変化といっても服は同じだし
間違いなく下着のことだろう

乳首を見てみたがさっきと変わらない


「事務員してた時もちょっと手が空いたら
イヤらしいこと考えてたんですよ」
「さっきは食べることが趣味って」
「食べたらもっと高まるじゃないですか」


バリバリボリボリ ゴクゴクゴクッ


「お酒飲めないのが辛いな」
「兄ちゃんとはよく飲みに行ってたの?」
「私って家で飲むのが好きなんです 
お店で飲むと帰りのこと考えちゃうから」
「じゃあ 1度もないんだ」
「会社の飲み会では一緒に飲んでましたけど
2人きりではないです あっ 牛丼屋に行くと
浩一さんだけビール頼んでますけど」
「ハハハッ 僕も何度も付き合わされてるので」
「そうですよね 2人でずっと暮らしてたんですから」
「はい」


会話しながら真美さんを見てみたが
想像で答えるしかなさそうだ


「パンツのことですか」
「パンティって言ってくださいよ」
「あっ ごめんなさい」
「ウフフッ」
「・・・パンティをはいてないとかですか」
「ブッブ~ 不正解 正解はこれです」


左手を見せてきた 意味が分からない
指輪はずっとしてるわけじゃないし・・・


「もう乾いちゃったんですけど
人差し指と中指を入れてきたんです」
「えっ・・・」
「こういう話してるとすぐ濡れてくるから・・・」


想像の上を行き過ぎてどう対応していいのかわからない


「浩二さん 私みたいなイヤらしい女は
何をしても怒りませんよ」
「だから・・・」


兄への忠誠心を試されてるようだ


「私よりも浩一さんの方が大事ですよね」
「まっ まぁ すいません つまらない答えで」


興味はあるが兄を裏切るレベルではない


「じゃあ 逆に手を出してくれないなら
浩二さんが便所に押し入ってきたって言いますね」
「ちょっと・・・」
「妊娠してなかったらこんなこと言わないですよ
今だったら中に出しても平気だし・・・他の男を
探しに行くよりもいいでしょ」
「兄ちゃんとはあんまりしてないってこと?」
「してもらってますけど足りないっていうか・・・
とにかく24時間ずっとイヤらしいままなんです」


そんなことを告白されても・・・

いやっ 真美さんの言う通りにしないと
何もしてないのに兄と仲たがいすることになる

どうせ仲たがいするならしておいた方が賢明だ


「つわりとかはじまったら逆にあのニオイが
気持ち悪いって言いだすかもしれないです
性欲もなくなるかもしれないし」


頭の中が爆発しそうになってきた
もうビンビンですぐにでも発射してしまいそうだ


「真美さん すぐに出そうなんですけど・・・」
「いいですよ でもそのあとも遊んでくださいね」


妊娠中なので無理やりというよりも
気遣いながら服を脱がしていった


「すいません」


暴発する前に入れてしまわないといけないので
おっぱいを楽しむのはあとにしよう


「うわっ」
「びしょびしょでしょ」
「は、はい」


「うっ あっ あぁ~~~~~~~」


童貞男みたいに入れてすぐに発射した
もちろん生でするのははじめてのことだ


ドクッ ドクドクッ


「はぁ はぁ すいません すいません」
「私こそごめんなさい 全然気持ちよくなかったでしょ」
「最高でした!!」
「本当に?」
「は、はい」
「じゃあ 私の穴は最高って言って」
「はい 真美さんの穴は最高です!!」
「ウフフッ」


ドロドロになった僕のちんちんに吸い付いてきた


「ふわぁ・・・」


気持ちよすぎる


「浩二さんのザーメン飲んじゃった 美味しい!」
「・・・ありがとうございます」
「これからなのに・・・」
「すいません 頑張ります」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(8)「やっぱり疲れてるよね 初日だし」

「じゃあ 行ってくるよ」

「浩二が俺より先に出ていくなんて何年ぶりだ ハハハッ」
「ウフフッ 行ってらっしゃい 浩二さん」


真美さんに紹介してもらった会社に向かった
今日が初日なのでさすがに緊張する


「こちらの板倉さんは私の幼なじみの紹介だから
ちょっと贔屓するけどよろしく頼むよ」
「了解で~す」


上司は全員年下だが作業は黙々とひとりでするので
続けられそうな気がする 重い荷物も毎回じゃない


「じゃあ これをこの4カ所に運んで
そうだな はじめてだし2時までに戻ってきて」
「はい わかりました」
「昼はどっかで済ませてきてよ 渋滞してたら
コンビニに寄って運転しながら食べるとかね」


取引先への配送中は車でひとりになれるので気が楽だ


「おつかれさまでしたー」


朝早く出るので終わる時間は早い
家に4時半までには帰れるのだ


「おかえりなさい 浩二さん」


買い物に出てるかなと思ったが出迎えてくれた


「買い物行く時間でしょ」
「一緒に行きましょうよ」
「一緒に?」
「やっぱり疲れてるよね 初日だし」
「いやっ 大丈夫だけど・・・」
「結構買い込むから あとで浩一さんにもちゃんと言うわ
荷物持ちをしてもらったって」
「あっ じゃあ・・・」


僕が考えてることくらい真美さんはお見通しなのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(9)「人使い荒いなぁ 真美さん ちょっと待ってて」

「いらっしゃい あれっ 今日は旦那さんと一緒かい」
「ウフフッ」
「おばちゃん そういう冗談はいいから 荷物持ちだって」
「ワッハッハッ そうだ サービスするから品出し手伝って」
「人使い荒いなぁ 真美さん ちょっと待ってて」


八百屋だけじゃなく近所の店の人は
僕のことを生まれた時から知っている

特にここはバイトさせてもらったこともあるし
おばちゃんに弱みも握られている

弱みというのはバイトしてた時におばちゃんの娘が
居間で寝ていて好奇心でスカートの中をのぞいていたら
タイミング悪く帰ってきて見つかってしまったのだ
もしおじさんだったら思いっきり殴られてたに違いない


「きゅうり3箱とここにあるとうもうろこし全部運んで」
「なんだ軽いのばっかりじゃん」
「ちょっと腰をいためちゃってね」
「年だね おばちゃんも」
「ちょっと揉んでくれないかい」
「お客さん来ちゃうでしょ」
「いいから いいから」


僕は居間にうつぶせになったおばちゃんの腰を揉んだ


「こんなんでいいかな 兄ちゃんのしか揉んだことないけど」
「あぁ~ 気持ちいいわ」
「そうだ 仕事見つかって今日が初出勤だったんだよね」
「そうなのかい 仕事決まったなんて初耳だね」
「試用期間が終わったら正社員になって寮に入るから
しばらくおばちゃんと会えないかも」
「遠いのかい 仕事場は」
「ううん 子供も生まれるし家にいると邪魔だから」
「そんな理由だったらここで住んでも構わないよ」
「えっ!?」


まさかこんな提案をされるとは思わなかった


「娘も結婚してからは年に1回しか帰ってこないし
そもそも私たちは何年も前から店には住んでないから」


結婚前は娘が部屋代わりに使っていて
男をとっかえひっかえ連れこんでるという噂が流れていた


「そういえばおじさん最近見ないけど・・・」
「ウフフッ 熟年離婚したわけじゃないよ
年も年だし仕入れと片付けだけやってもらってるんだ」
「あぁ そうなんだ」
「浩二くんはあんまり買い物来ないから知らないんだね」
「あっ、あいさつはちゃんとしてるし」
「女を教えてあげた恩人だもんね さっきから腰だけ
揉んでるけど別のところも揉んでいいよ」


はじめての相手というわけじゃない
スカートをのぞいたことも黙ってくれてるし
おじさんに隠れて服の上からだが触らせてもらってたのだ


「お客さん 来ましたよ」


おしりでも揉んでやろうと思っていたら
真美さんが呼びにきた


「あぁ せっかく気持ちよかったのに 誰だい
邪魔するのは もう」
「ウフフッ」


そのあと品出しして買い物を済ませて
肉屋の方に向かった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

兄嫁のいる家(10)「キレイな子だけよ そんなのは 私なんて・・・」

「あんまり安くないなぁ」


毎日買い物をしてないとわからない意見だ


「じゃあ ミナトヤに行くしかないね」
「私はいいけど大変でしょ 今日は仕事してきたんだし」
「ハハッ 昨日までだったら余裕だった 確かに」


ミナトヤは数年前に出来たスーパーで
歩いていくには少し遠い場所にある

はじめから行くことが決まってる場合は
自転車で行くところだ


「でも兄ちゃんが帰ってくるの6時過ぎじゃないの」
「ううん 今日は7時半は超えそうって連絡あったのよ
だから荷物持ちお願いしたのよ 生まれてはじめて」


確かに買い物の誘いははじめてのことだ
この間の一件で一気に距離が縮まった

いやっ 縮まりすぎだ


「浩二さん モテモテね」
「えっ あっ おばちゃんはだってなじみもなじみだから
あの店でバイトしたこともあるし」
「そうなんだ だからあんなに品出し慣れてたのね」
「うんうん あっ それとあそこに住まないかって」
「本当に!?」
「寮に入るつもりだったけどその方が気が楽かなって」
「そりゃあ 地元がいいわよ」
「真美さんもやっぱりそうなんだ」
「格好つける必要ないもん すっぴんで出かけられるし」
「逆じゃないの?」
「キレイな子だけよ そんなのは 私なんて・・・」


お世辞を言いそうになったがそれは堪えた
あまり言いすぎると本当にイヤミになる


「ちょっとトイレに」
「僕も行こうかな」


小さな公園なので小便用と個室がひとつづつしかない


「鍵開けたままするから誰か来たら教えてね」


明らかに誘ってきてる


ジョロジョロジョロジョロ

ジャー ジョボジョボ


家で聞くのとはまた違う音の響き方だ


「あっ あんっ」


真美さんのわざとらしいくらいのあえぎ声が聞こえてきた


「誰か来るかもしれないから」
「ウフフッ あんっ 浩二さん・・・」


両サイドから簡単に見られてしまうので無茶は出来ない
いきなり誰かが走ってくるかもしれないのだ


「真美さん とりあえず鍵だけ閉めてくださいって
見張ってますから」
「はぁ はぁ 冗談よ 冗談」


そういって普通に出てきた
オナニーしてるフリをしてただけだった


「もうミナトヤに行くのはやめて
家に帰ってシックスナインで舐め合いましょうよ」
「でも夜ごはんの準備もあるでしょ」
「手伝ってくれればすぐ終わるわ」


断る理由はない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1068位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
45位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析