酒乱父娘(1)『俺のことを父ちゃんと呼ぶなら置いてやる』

「ただいま 父ちゃん」

「結局出戻ってきたな 荷物はそれだけか」
「うん 面倒だから全部置いてきちゃった」
「ここにはもう服ないだろ」
「何でもいいよ お金はもらったから
まとめて買いに行こうかなって」
「ハハハッ あいつが金持ちでよかったな」
「お金だけじゃなかったんだけどな 最初は」


藤本仁志 50才 バツイチ独身 不用品回収業

俺には娘がひとりいる 名前は百合 23才
別れた嫁の連れ子なので血の繋がりはない

今は父ちゃんと呼んでくれてるが
ずっとおじさんと呼ばれていた

母親についていかずにここで暮らしたいと言った時に
条件を出したのだ


『俺のことを父ちゃんと呼ぶなら置いてやる』


世間体というやつだ
実の娘かどうかなんて身内以外は気にかけない

百合を受け入れたのはひとりになりたくなかったらだ
天涯孤独な俺がやっとの思いで家族を手に入れたのに・・・


最初から仲良く暮らしてたわけじゃない
決まりとして家にいる時は一緒に飯を食べることにしていた


『うまいか』
『・・・うん』


家に百合がいるだけで救われた 本当にいるだけでうれしかった

百合にあとで聞いたが母親の新しい男が気に食わなかったようだ
祖父の家でも暮らせたが地方に行きたくないということで
俺にお願いすることにしたらしい


「やっぱりここが落ち着くな」
「ハハハッ」
「そうだ 私ね お酒飲めるようになったんだよ」
「本当か」


同棲すると言って出て行ったのは2年前だが
その時はほとんど飲めなかった

あの日から一度も会わずに今日を迎えた
電話で話したのもたったの2回だけだ


「父ちゃん あいかわらずコンビニでエロ本買ってるの?」


男を知ってからは片付けなくていいと言われたので
ひとり暮らしの時のように散らかし放題だ
百合も俺が買ってきたエロ本についてくるDVDを観たりしていた

そのうち以前のように化粧品と生理用品とコンドームが
テーブルに並ぶはずだ


「エロ本よりも先にこっちに気づいてくれよ」
「あっ 私の大好きな豆大福!!!」


高級なケーキじゃなくコンビニで売っている豆大福が
何よりも好きなのだ 俺も百合の影響で食べるようになった


「あぁ~ん 父ちゃん 美味しいよぉ~
そうだ 私 お酒だとハイボールが好きなんだよね」
「そうなのか 今度から買っておかないとな
今日はビールか焼酎で勘弁してくれ」
「はぁ~い」
「あいかわらずだな 口のまわり拭いてやる」
「ウフフッ」


豆大福の白い粉をつけた百合は出て行った頃と変わらない
仲良くなっていったきっかけも豆大福だった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

酒乱父娘(2)「実はね・・・父ちゃんと違って絶倫だったの」

「乾杯!」


百合は一気にビールを1缶飲み干した


「おっ おいっ いくらなんでも・・・」
「ウフフッ もう父ちゃんより強いと思うよ」
「じゃあ 夜の店で働けるな」
「ピンポ~ン!近いうちキャバで働こうかなって
お酒飲むのが仕事とか最高だもん」


「そうだ お金だけじゃなかったって何なんだ
おまえは優しい男とか苦手だろ」
「実はね・・・父ちゃんと違って絶倫だったの」
「おいっ 俺は関係ないだろ」
「知ってるんだから お母さんのこと2日に1度しか
抱かなかったから逃げられたんでしょ」
「はぁ・・・デリカシーなさすぎるな」
「だって家族だもん 言いたいことガマンしなくていいじゃん」
「そうだったな」


百合の言う通り別れた嫁は絶倫だった
俺も多少自信はあったがさすがに仕事で疲れてる日もある


「そいつも俺みたいに回数が減ったってことか」
「そう でも父ちゃんと違ってその分を別の女で・・・ 
それはそれで最低でしょ」
「まぁ そうだな 実家で同棲してたのに」


籍は入れてないが相手の家族との同居で
子供が出来たら結婚することになっていた


「だから家にいるお義父さんをちょっと誘惑したりね」
「おいおいっ」
「説教されちゃったけど」
「それで済んだのか」
「息子の浮気にうすうす気づいてたんじゃない
誘惑する時は私酔ってたしアル中扱いだったかも」
「大迷惑だな」
「お金のこと気にせず飲めるのがよくなかったな」
「じゃあ うちでは飲むたびに・・・そうだな
あのクーラーボックスにお金を入れることにするか」
「ウフフッ 仕事はじめてからでいいでしょ」
「あぁ」


どんどん飲み進めていった


「じゃあ 明日仕事だから俺は寝るぞ」
「私も一緒に寝る!」
「うれしいこと言ってくれるじゃないか」
「その前にシャワー浴びてこよっと
父ちゃんのトランクス借りるね~」
「あぁ 勝手にしろ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

酒乱父娘(3)「すき間からジャングルが丸見えだぞ」

「父ちゃん 父ちゃん」
「う、うん 何だ あぁ 百合か」


一緒に寝ることを楽しみにしていたが
酔っていたので百合がオフロから出てくる前に
いつの間にか眠ってしまっていた


「早く起きちゃったの 散歩でも行こうよ」
「元気だな 今 何時だ」
「まだ6時だよ」
「そうか 二日酔いになってないみたいだな」
「うん それよりこれ見て 似合うでしょ」


すでにジャージに着替えてるが
ズボンを下ろしてトランクス姿を見せてきた


「すき間からジャングルが丸見えだぞ」
「もう 父ちゃんのスケベ!!! 踏んじゃうよ」
「おっ おいっ やめろって」


かかとで股間を踏もうとしている

エロ話はたまにしていたがスキンシップはなかった
あくまでも父と娘という立場で暮らしていたのだ


「ウフフッ 早く行こうよ」
「わかった わかった」


若い時は友達の母親のジャングルを見ただけで
ビンビンにボッキしてたのに静まりかえっている


ジョロジョロジョロジョロッ


小便の勢いもなくなってきた気がする

百合と一緒に暮らすのをきっかけに
男としての自信を取り戻したい


「ついでに朝ごはんも食べに行くか おなかすいてるだろ」
「うん 行きつけの松屋はまだ潰れてないよね」
「ハハハッ 駐車場広くしたんだぞ」
「儲かってるんだぁ」
「あぁ」


「そうだ 父ちゃんだけジャングル見るのは不公平でしょ」
「いくらでも見せてやるぞ そこ寝転べ」


トランクス姿で百合の顔にまたがった


「おなか出てきたね」
「そっちか」
「トランクスもピチピチでほとんど見えないよ」
「じゃあ・・・」


トランクスのすそを広げてジャングルを見せた


「ジャングル以外も見える」
「棒か」
「玉」
「ハッハッハ じゃあ 行くか」
「うん!」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

酒乱父娘(4)「どうせ出ていく前の日にもしてるんだろ」

「あぁ 気持ちいいな」


河川敷の散歩は本当に久しぶりだ

自転車で橋を渡る時に通ることはあるが
ひとりで散歩することはない


「さすがにそのジャージはブカブカだな」
「今日父ちゃんが仕事に行ってる間にいろいろ買いに行くよ」
「車とか出してくれる友達はいるのか」
「荷物持ちの男は店で調達するよ 気の弱そうなのを」
「百合はモテない男たちの希望だな」

「そうだ 父ちゃんは付き合ってる女の人いないの?」
「おまえ わかってて聞いてるだろ」
「ウフフッ」


特定の彼女は離婚してから一度も出来たことはない


「最近いつセックスした?」
「それは・・・おまえが先に教えてくれよ」
「えぇ~~~~ 恥ずかしいなぁ」
「どうせ出ていく前の日にもしてるんだろ」
「正解!!はいはい 父ちゃんは?」
「俺は・・・先週の木曜日だな」
「相手は?」
「おまえも知ってる人だ」
「父ちゃんの知り合いで女の人?紹介してもらったことないよ」
「人妻だ」
「わっ 不倫してるの? でも誰だろ いたかな そんな人」
「社長の奥さん」
「えっ!えぇ~~~~~」


驚くのも無理はない 
以前なら関係を持つなんてありえなかった

ちなみに百合と奥さんが会ったのは
大がかりな現場があった時に臨時バイトに来てもらった時だ


「足を悪くしててな 家族だけじゃ介助が大変だから
時々社員の俺たちも手伝ってるんだ 仕事の一環だけど」
「何かあったの?」
「交通事故だ もうかなりよくなってきてるけど
ひとりでオフロに入るのはまだ大変みたいでな」
「そうなんだ それでどうして父ちゃんセックスしてるのよ」
「誘われたからに決まってるだろ」
「そりゃあ そっか 父ちゃんっていい人だもんね」

「犬でも飼うか」
「面倒だって」


朝は犬の散歩してる人が多いのでイヤでも目に入る


「そうだ また忙しい現場とかあったら手伝うよ」
「キャバクラで働くんだろ」
「だって社長の奥さんと久しぶりに会ってみたいし」
「それなら介助に行く時に一緒にどうだ」
「あぁ そうだね 2人で奥さんをヒーヒー言わしちゃうとか」
「おまえは全く・・じゃあ 松屋行くか」
「うん」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1096位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析