義父と嫁のガレナー(11)「ううん 今はあなた専用のおっぱいだもん」

「やっぱりあなたの言うとおりにするわ」


ノーブラの習慣をやめようと思ったのは
義父との関係が進んで後ろめたい気持ちがあるからだ


「別にいいのに」
「ううん 今はあなた専用のおっぱいだもん」
「あっ ブラつける前に」
「ウフフッ どうぞ」


朝から夫に吸われて気分がいい



「おはようございます お義父さん」
「おっ おぅ」


義父はブラをつけてることにすぐに気づいたようだが
何も言わず食事がはじまった


「じゃあ 行ってくるよ」
「はい お弁当」


いつものように義父より先に夫が家を出た


「あの習慣やめたんだな どうしてだ」
「お義父さんにはもうそれ以上のことを・・・」
「ハッハッハ そういうことか 部屋に行こう」


仏壇が置いてある部屋に入った


「ここで脱がしてやる」
「そんな・・・」


義母の写真の前で脱がされるなんて・・・


「あいつも天国で若い男といろいろやってるさ
もしイヤなら生き返ってくるだろうし」
「でも・・・」


シャツとブラジャーをゆっくりと脱がされた
義父はうしろからおっぱいを揉んでくる


「これを習慣にしよう いいだろ 恵美さん」
「は、はい あっ イヤです お義父さん」


抵抗しないと興奮しないと言われたのでそう言った


「ハッハッハ もっと抵抗してくれないと困るぞ」
「すいません」


「じゃあ そろそろ行くかな」


30分ほどしかないのでこれくらいが限界だが
これから毎日楽しめそうだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(12)「ぽっちゃりでしょ」

「文也くんと会いましたよ」
「そうみたいね 何だか喜んでたけど何か言ったの?」
「はい 誰か紹介してあげよっかって」
「ハハハッ その手があったのね」


今日は私の方から電話してみた
出来れば文代さんとは義母とのような関係を築きたい


「タイプも聞きましたよ」
「ぽっちゃりでしょ」
「知ってたんですか」
「これでも母親だからね 買い物一緒に行った時とかに
見てる女はだいたいふっくらしてるから」
「勉強になるなぁ」
「そんなの知っても何の役にも立たないわよ」
「ウフフッ」
「それに部屋に置いてある写真集もそういう女多いし」
「写真集ってことはグラビアとかですか」
「うん 多分そうじゃない 借り物かもしれないけど」
「部屋は掃除させてくれるんですね」
「当然よ 引きこもりとかするなら追い出すわよ」
「怖いなぁ」
「昔みたいにスケベな本はないし恥ずかしくないでしょ
オナニーだって動画を見てしてるだろうし」
「あぁ そっか そうですね」


ピーピーピー


「あっ ごめんね 洗濯終わったみたいだわ」
「家事の邪魔してすみません」
「ううん これからも頻繁に連絡取り合いましょ
恵美さんさえよければお互いの家で会うのもいいし」
「本当ですか」
「ただ今週はいろいろ予定が入ってるから無理なのよね」
「私が合わせます」
「ウフフッ 嫁が出来たみたいだわ 何だか」


短い時間だったけど成果が出てよかった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(13)「それならパン工場の裏に出来た韓国料理店に行こうか」

「ただいま」
「あっ おかえりなさい」


掃除をしたあと長い昼寝をしてしまっていた


「ハハハッ 寝てたみたいだね」
「ごめんなさい すぐ食事の準備しないと」
「あれっ 父さん 帰ってきてないな」
「本当ですね 野口さんに電話してみます」


義父のことは野口さんに聞くのが一番手っ取り早いと
義母から教えてもらっている


「もしもし」
「あぁ 恵美さん」


やっぱりシラフの時は私を恵美さんと呼ぶ


「お義父さんは一緒ですか」
「いやっ まだ仕事してるんじゃないか」


ガラガラッ


「ただいまー」


「あっ 帰ってきました すいません 野口さん」
「いやっ いつでも電話してきていいよ」

「野口か」


義父に電話を奪われた


「うちの嫁を口説いてるんじゃねーぞ ガッハッハ」


そう言って切ってしまった


「お義父さん・・・」

「父さん 残業してたの」
「残業ったって1時間くらいだろ サービスだ サービス
しばらく休んでたしな」
「あの・・・ちょっと寝ちゃってたので
今から食事の準備するんです」
「ハハハッ 疲れてるのか 恵美さん」
「そんなことはないんですけど」
「3人でどっか食べに行くか いいだろ 直之」
「うん」
「じゃあ シャワー浴びてくるから
ふたりでどこに行くか決めておいてくれ」
「父さんは何でもいいの」
「ハンバーガーとかピザはなしだぞ」
「わかってるって ハハハッ」


義父が浴室に入ると同時くらいに
夫はシャツとブラジャーをめくっておっぱいを吸ってきた


「あんっ」
「今日は寝かせてくれそうにないね」
「ウフフッ 明日も仕事でしょ でもちょっとは・・・」
「頑張るから」


週末なら朝まで抱いてもらいたいくらいだが
夫の体調が心配なのでほどほどにしよう


「じゃあ 肉がいいな」
「それならパン工場の裏に出来た韓国料理店に行こうか」
「ハヌル家でしたっけ 私も気になってたんです」

「はぁ はぁ 恵美 キレイだよ」


チュパッ チュパッ


「あぁ~ん あんっ あんっ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(14)「もっとしっかり握ってくれ」

「サムギョプサルセット3人前とマッコリと・・・
あとは恵美さん何にする」
「じゃあ ウーロン茶と海鮮チヂミお願いします」
「はい ご注文を繰り返します・・・」


運転があるので私は飲めないのだ


「乾杯!!」


「母さんも一緒ならよかったのに」
「そうだな 開店した時に行きたいって言ってたし」
「そうなんですか」
「あぁ あいつニンニク好きだから」
「今日はたまたま入れたけど人気だからね この店」
「韓流スターがオーナーなんだろ 俺は興味ないけど」
「文代さんがそういうの詳しいんでしたっけ」
「あぁ 確かそうだ 三郎がぼやいてたから
韓国語も習いに行ってるはずだぞ」
「恵美は3人でよく買い物行ってたのに知らないのかい」
「私とお義母さんが興味ないの知ってたから
そういう話はしなかったのかも」


義母に一度聞いたような気がするだけだったが
思った以上にハマってるようだ
今週の用事というのも韓流系なのかもしれない


ジュージュージュー


「おぅ うまそうだな じゃんじゃん食え」
「はい」
「直之は特に精力つけないと」
「父さん 誰かに聞かれたら・・・」
「ハッハッハ」


肉を追加しながら食べすすめた


「ちょっとトイレ」


夫が席を立つとすかさず義父が足を伸ばして
ふとももの内側をさすってきた


「あっ お義父さん」
「テカテカのくちびるがイヤらしいじゃないか 恵美さん」
「あの・・・どうすればいいですか」
「なぁ 寝る前にしゃぶりに来てくれないか」
「でも・・・」
「じゃあ 今しゃぶってくれ」


コロンッ


義父ははしをテーブルの下に落とした
掘りごたつ式だが入るには無理がある


「入れないですよ」
「見えるだろ」
「は、はい」
「じゃあ・・・あっ こぼしちまった」


他の人に見えないようにおしぼりを持って
義父のそばに近づいてすぐにギンギンのモノを握った


「直之さん すぐ戻ってきますよ」
「もっとしっかり握ってくれ」
「は、はい」


嫌がらないといけないはずが興奮して忘れてしまっている
夫よりも太くてかたい義父のちんちん・・・


「こんなに濡らして・・・」
「濡れてるのは恵美さんだろ ハッハッハ」

「大丈夫ですか」
「あっ ティッシュか何かありますか」
「持ってきますね」


店員が近付いてきたタイミングで義父はちんちんをしまった
そして夫も戻ってきた


「こぼしちまった」
「何やってるんだよ 父さん」
「おまえもこぼしてるぞ」
「えっ!?」


よく見ると夫の股間あたりも濡れている


「これは手を洗った時の水だって 何言ってるんだよ」
「ごまかすなって なぁ 恵美さん」
「ハハッ」

「じゃあ そろそろ帰るか」
「そうだね」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(15)「なぁ 恵美さんも連れション どうだ」

「女のとこ連れてってくれ」
「全く 父さんは・・・」


夫は助手席で義父は後部座席で寝そべっている


「あぁ 今日はいい酒だったなぁ」
「料理も美味しかったですね」
「また3人で行こう」


車を発進させるとすぐに義父の方から
ゴソゴソという音が聞こえた

ルームミラーを見ると義父が股間が盛り上がっている


「お義父さん・・・」
「・・・」


夫はいつもより多めに飲んだのか眠ってしまった
ただ店から家までは10分ほどで到着する


「恵美さん 女のいるところへ連れてってくれ」
「ウフフッ どこですか」
「バカにしてるのか」
「そんなことないですよ 連れていきます」
「冗談だ 冗談」


そんなことを言ってる間に駐車場にたどり着いた


「直之さん 着きましたよ」
「あっ あぁ もうちょっとだけ・・・」


まだ寝たりないようだ このあとのことがあるので
少しは休んでもらおう


「小便してくる」


ガチャッ


「あっ 駐車場の中はダメですよ」
「いいじゃねーか」


義父の腕を取って駐車場の奥の廃材置き場に連れて行った


ジョロジョロジョロジョロッ


「おぉ~」
「たくさん出てますね」


暗いので義父のちんちんははっきりとは見えない


「なぁ 恵美さんも連れション どうだ」
「しませんよ ウフフッ」
「直之は寝てるのか」
「はい」
「じゃあ ここでちょっと遊ぶか」
「えっ あっ ダメですって お義父さん」
「おぉ いいぞ いいぞ」


服の上からおっぱいを握りはじめた


「あんっ 痛い・・・」
「ここならどうだ」


今度は乳首を摘まんできた


「あっ あんっ」
「ゴム持ってるのか」
「・・・はい」


義父がゴムを装着してスカートをめくったタイミングで
他の車が駐車場に入ってきた


「何だよ 毎回毎回タイミング悪いな」
「そうですね とりあえず車に戻りましょ」
「仕方ないな 酔ったフリでもするか」
「酔ってますって お義父さん」


酔ったフリをした酔っ払いの義父の腕を取って
車まで戻ったがまだ夫は眠っていた


「起きてください 家に帰りますよ」
「あっ あぁ わかった ちょっと飲み過ぎたみたいだね」
「このあと大丈夫ですか」
「えっ あっ そっか」
「もう」


約束だけは覚えてくれたようでホッとした



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
915位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
38位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析