義父と嫁のガレナー(1)『恵美さんもヒマなら一緒に行くかい』

『あぁ 激しかったわぁ』

『お義母さん 直之さんに聞かれちゃいますよ』
『ウフフッ こういう話が出来る恵美さんが
うちに嫁いできてくれて本当に嬉しいわ』
『で どんなプレイだったんですか』
『私がオフロに入ってたらウォッカを頭からかけられて
何が何だかわからないうちに・・・』


和泉 恵美 30才 専業主婦  160cm 50kg  
夫  直之 35才 地方公務員 175cm 55kg
義父 政男 60才 鉄工所勤務 155cm 65kg


家は築30年以上の2階建ての長屋  家賃   5万円
駐車場は向かいに2か所借りている 駐車場代 2万円


『直之はちょっとマザコンなところあるから
物足りないかもしれないけど恵美さんが鍛えてあげてね』
『じゃあ お義父さんみたいになってもらいます』
『ウフフッ うちの人は好き者過ぎるけどね』
『うらやましいなぁ』


私たちの結婚1周年を迎える前に
仲が良かった義母が急死した

子供を作って二世帯住宅を建てることを目標に
貯金をしていたのでしばらくは3人で途方に暮れた


『はぁ・・・・』
『父さん これ』
『何だ』
『気分転換に飲みに行ったりさ このままじゃ・・・』
『迷惑だよな 別居してくれていいぞ』
『何言ってるんだよ』
『俺より先に死ぬなって何度も言い聞かせてたのに・・・』


義父はショックでしばらくうつ状態になり
以前の覇気を失った

ただ49日を過ぎた頃に徐々に元の義父に戻ってきた


『来週から仕事に行くことにした』
『本当かい 父さん』
『クビになったら働く場所なくなるからな』
『別に働かなくても俺たちが・・・』
『やめてくれって まだ俺は元気なんだぞ ほれっ』
『あっ・・・』
『・・・』


義父は私たちに股間の膨らみを見せてきた


『前にもらった金で泊まりで遊んでくるから』
『どこにいるのかは教えておいてくれよ』
『わかってるって 一緒に行く野口に連絡させるから』
『野口さんと一緒なら安心安心』
『そうですね』
『恵美さんもヒマなら一緒に行くかい』
『何言ってるんだよ 父さん』
『ワッハッハ 冗談冗談』



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(2)「あなた 今日はお義父さんも帰ってこないですし」

「あなた 今日はお義父さんも帰ってこないですし」
「あっ あぁ そうだね 久しぶりに・・・」


夫も義父ほどではないが気落ちしていたので
夜の生活は全くなくなっていた

私から誘ったのは待ちきれなかったからだ


「恵美・・・」
「あんっ 恥ずかしい・・・」


パンティの中に手を入れる前から
すぐにでも挿入できるくらい濡れている


「こんなんじゃ死んだ母さんに怒られちゃうな」
「怒られちゃうって?」
「夫としての役目をちゃんと果たさないと
離婚されちゃうわよって言われてたんだ」
「ウフフッ おっぱい吸う?」
「いやっ 先に君のここをキレイに舐めるよ」
「嬉しいな」

「あっ あんっ あぁ~~ん あんっ あんっ」


朝までフルコースで楽しんだ


「直之さん 愛してるわ」
「俺もだよ 今まで以上に恵美を幸せにするから」
「嬉しい!」


チュッ チュッ


義母が注意しておいてくれたおかげで
夫とのセックスレスの時期が短くて済んだのかもしれない

私は手を合わせてそっと感謝した



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(3)「パンツを見ながらコーラを飲むか」

「お義父さん おかえりなさい」
「おぅ 恵美さん 今日は白だな ハッハッハ」
「あっ もう ウフフッ」


ベランダに洗濯物を干しているときに
義父が帰ってきた 場所的に女遊びをしてきたに違いない

わざとではないが短めのスカート姿だったので
下から丸見えだったようだ

干し終わって1階に行くと義父は仏壇の前にいた


「おまえ以外の女を正々堂々と抱いてきたぞ
文句あるならいつでも生き返っていいからな」


義母に話しかけてる最中のようだ


「あぁ 疲れたな 恵美さん コーラあるかい」
「はい 持ってきます」
「コップに入れなくていいからな」


ガラガラッ


コーラを居間に持っていくと義父は大の字になっていた


「どうぞ」
「恵美さん ちゃんと見せてくれ」
「えっ!?」


多分パンティのことだろう 私はスカートを少しめくった


「これくらいでいいですか」
「何してるんだ 恵美さん コーラのラベルを
見せてくれって言ったんだが」
「あっ・・・」
「ハッハッハ 俺も男だ 誘われたら・・・」
「あっ お義父さん!!」


義父は起き上がりスカートの中に頭を突っ込んできた


「若くてイヤらしいニオイだ これはたまらん」
「やめてください!」


口では抵抗してみたがそのままの体勢だ


「パンツを見ながらコーラを飲むか」
「やっ 義父さん もう あんっ これ」


ペットボトルのコーラを手渡した


「見る前に・・・」
「あぁ~ん」


ペットボトルの先をワレメにグリグリと押し付けてくる


「直之のちんちんはこれくらいの太さだろ」
「はぁ~ あんっ やめて・・ください」


パンティを脱がしてほしいという思いと
夫を裏切れない思いが交差していく


「すまん すまん やりすぎたな」


ゴクゴクゴクッ


「うまい!!これを理由に別居を考えてくれていいぞ
もう俺ひとりでも暮らしていけるから」
「・・・」
「恵美さんも飲むか」
「・・・はい」


ゴクゴクゴクッ


「間接キスってやつか ハッハッハ」
「ウフフッ」


元気がないよりこの方が何倍もいい



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(4)「お義母さんの分まで女の役目を果たします ウフフッ」

「父さんの作業服姿を見るとホッとするよ」


今日から義父は仕事に行くことになった
鉄工所は自転車で10分くらいの場所にあるので
家から作業服を着て行くのだ


「恵美さんもそう思うかい」
「はい 似合ってます」

「じゃあ 先に出るよ」
「これ お弁当」
「ありがとう」


夫は義父よりも始業時間は遅いが
だいたい30分くらい早く家を出る
車通勤なので渋滞に巻き込まれる可能性があるからだ


「みなさん待ってるんじゃないですか」
「俺か まぁ 人気者だからな」


義父は同じ仕事を高校卒業してからずっとしているが
鉄工所自体はこれが3社目で今は職長という立場だ

仕事場を変えた理由は給料と場所だと夫から聞いている


「お弁当 忘れずに持って行ってくださいね」
「当たり前だろ 息子の嫁の手作りって自慢しないと」


私が作った弁当を持っていってもらうのははじめてのことだ
今までは義母が夫と義父の弁当を作っていた


「今日は飲みに行きますよね」
「多分そうなるな だから夜ごはんはいらないぞ
すぐに着替えて出て行くから」
「わかりました」

「恵美さん」
「はい」
「もしかしてノーブラか」
「は、はい 今までも・・・」


朝ごはんの時は義母も私もノーブラというのが
暗黙の了解だった


「あいつが死んでもうちの習慣を守ってくれるなんて
本当に感謝しかないな」
「お義母さんの分まで女の役目を果たします ウフフッ」
「あと15分か ちょっとつまんでもいいか」
「えっ あっ・・・」


義父は乳首をつまんできた


「アッハッハ かたくなってきたな」
「あっ やっ やめてください お義父さん!」
「直之には内緒だぞ」
「あぁ~ん」


乳房をこねくり回したあとに強めに揉んできた


「恵美さんもスケベでよかったよ」
「スケベだなんて・・・」
「ただこれは言っておくぞ 俺はガマン出来ない男だから
本当にイヤだったら早めに別居を考えてくれ」
「別居なんて・・・しないです」
「そうかそうか じゃあ 時々楽しませてもらうぞ」
「お義父さん・・・」


義母がいないとこんな風になるのか
予想してたよりも展開が早いので頭が追いついていかない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(5)「恵美さんのところはまだあるの?」

「ごめんね 恵美さん 車出してもらって」
「久しぶりに買い物に誘ってもらって嬉しいです」


野口文代 48才 義父の友人の奥さん

大型スーパーに行く時は義母と3人で買い物に出かけていた

2人きりで話す機会はほとんどなかったので
関係が不透明だったが買い物に誘われてホッとした


「どう 家は落ち着いた?」
「はい」
「本当に急だったわよね 50代で亡くなるなんて・・・
私なんてあと2年しかないのよ」
「よくしてもらってたので寂しいです」
「嫁姑って仲悪いこと多いけど例外だもんね」
「はい」

「そうだ 旦那さんは旅行から帰ってどう?」
「元気です 今日から仕事にも復帰して・・・」
「女遊びしてきたみたいね」
「えっ あっ・・・」
「気を遣わなくてもいいわよ うちの主人は正直だから
だいたい聞いてるし 直之くんと一緒一緒」
「ハハハッ」


野口さんのところはかかあ天下で
年下の文代さんの方が主導権を握っている


「そうだ うちの子のことなんだけど・・・」


文代さんには2人子供がいて娘さんは
結婚して家を出ているが息子さんは浪人生で家にいる

最近オナニーの回数が増えているようだ


「勉強の邪魔になってるのは間違いないわ」
「仕方ないですよ」
「男の生理は私だって理解してるつもりよ
でも・・・恵美さんも男の子が出来たら苦労するわよ」
「じゃあ 女の子を産もうかな」
「そろそろじゃないの」
「まだ直之さんと2人で楽しみたいっていうか
お義母さんがいる前提で計画してたのでどうしようかなって」
「そうよね 二世帯住宅を建てるって言ってたもんね」


30分ほど車を走らせるといつもの大型スーパーにたどり着いた


「ねぇ 食品売り場に行く前に薬局の方行きましょ」
「薬局ですか そうですね」


近所の薬局とは品揃えが違いすぎる


「恵美さんのところはまだあるの?」
「あっ はい」
「そうよね あんなことがあったら」


コンドーム売り場だ 週に2回ペースでしていたら
そろそろなくなる頃だが今は全然残っている


「でも買っておきます」
「新婚だからゴムなしで楽しめばいいと思うけど」
「たまになしでしたりしてますよ」
「あらっ やっぱりそうよね 別に計画になくても
妊娠すれば産むんでしょ」
「ウフフッ もちろんですよ」

「これ売れてるみたいね」
「薄くて破れにくいって・・・色が珍しいですね」
「色っていうか柄じゃないの」
「ハハハッ」

「そろそろ私は卒業しちゃうから必要なくなるけどね」
「生理なんて面倒じゃないですか」
「なくなったらなくなったで寂しいって
うちの母が言ってたから・・・どうなんだろうね」


いつもの3箱と新商品2箱をカートに入れた

あとはトイレットペーパーと生理用品など
日用品を入れていく


「じゃあ あとはメインのお酒コーナー行きましょ」
「はい!」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(6)「おいおいっ 積極的だな 恵美さん」

「ただいま~」
「おかえりなさい お義父さん」

「おぉ 今日は買い物に行ってきたのか」
「はい 文代さんに誘ってもらったので2人で行ってきました」
「そうか そうか」
「今さっき帰ってきたところなので・・・」


コンドームや生理用品を先にしまっていたら帰ってきた
まだ玄関先にトイレットペーパーや酒を置いてあるのだ


「シャワー浴びてすぐ出るから」
「はい」
「とりあえずスタミナ亭に行くことになった」
「そうなんですね」
「2次会の行先決まったらまだ野口に電話させるから」
「わかりました」


朝いたずらされたので構えていたが
作業服を脱ぎ捨ててすぐに浴室に入っていった


私は買い物の片付けの続きをしながら義父を待った



「あぁ~ 気持ちよかった やっぱり仕事のあとの
シャワーは最高だ」


パンツ1枚で居間にやってきた


「ビール飲まれますか」
「あぁ 軽く飲んでいくか」


プシュッ!


「どうぞ」
「ありがとありがと 気が利くな 恵美さん」
「ウフフッ」


ゴクゴクゴクッ


「はぁ~ 残りは飲んでくれるか」
「はい」
「また間接キスだな ハッハッハ」


ゴクゴクゴクッ


「あぁ あとで飲めばよかったな
恵美さんの唾を楽しめたのに」
「お義父さんったら もう」
「おっ よだれだ 舐めさせてくれ」
「えっ あっ・・・」


ベロベロッ


スッと近づいてきたのでよけるのは無理だった
その時偶然私の手が義父の股間に触れてしまった


「おいおいっ 積極的だな 恵美さん」
「ちっ 違いますって」
「冗談冗談 そんなことより早く出かけないと
今日は俺が主役なんだから」
「スタミナ亭まで送りましょうか」
「いやっ 野口たちと歩いて行くことになってるから
帰りタクシーが捕まらない時は迎えに来てくれ」
「はい」


何もなければ続きがありそうだったが
義父は着替えてすぐに出て行った



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁のガレナー(7)「ノーブラやめたらお義父さん寂しがるかも」

「ただいま」
「おかえりなさい 今日は早かったわね」
「うん いつもより混んでなかったから
先にシャワー浴びてくるよ」


残業があまりない仕事なので定時に終わるが
渋滞状況によって30分以上遅くなることがある


「あぁ~ 気持ちよかった」
「ウフフッ お義父さんと同じこと言ってる」
「ハハハッ」


今日は義父がいないので2人での夕食だ


「そうだ 朝言い忘れてたんだけど
あの習慣はもうやめてもいいんじゃないかなって」
「習慣って・・・あっ もしかしてノーブラのこと?」
「あぁ」
「でも義母さんはずっとそうしてたんでしょ」
「まぁ そうなんだけど・・・父さんは絶対見るし
複雑な気持ちなんだよ」
「別に直接見せるわけじゃないんだから・・・
娘が生まれたらやめるけどね」
「息子には見せるってことかい」
「もしかしてもう嫉妬してるの?」
「いやっ そうじゃないけど・・・」
「ウフフッ うれしいな おっぱい吸う?」
「あっ うん」


夫は食事前に私のおっぱいに吸い付いてきた


「あんっ 激しいな 今日の直之さん」
「はぁ はぁ」

「ノーブラやめたらお義父さん寂しがるかも」
「そっか つまんないこと言ってごめん はぁ はぁ
また天国の母さんに怒られちゃうな」
「じゃあ 今まで通りでいいの?」
「う、うん」


夫はおっぱいの谷間に顔を埋めてきた


「そろそろ食べましょ おなかすいてきちゃった」
「あっ ごめんごめん」
「これで終わりじゃないでしょ」
「もちろん」
「コンドーム使いきれないほど買ってきたからね」
「ハハハッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1068位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
45位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析