祖母と孫の約束(1)「おばあちゃんが好きなんだよ!!」

「えっ!?大ちゃん 本当にいいのかい 私なんかで」
「何でもって約束しただろ 忘れちゃったの?」
「忘れるもんかい でもはじめての相手だろ
もっと若い女の方がいいと思うからさ」
「おばあちゃんが好きなんだよ!!」


間垣京子 未亡人 4年前に夫は他界した

私には3人の子供がいる 息子1人と娘が2人
今ではみんな独立して家を出てしまっている

孫は7人いるが今でもお正月以外で
顔を見せに家に来てくれる子は男の子だけになった

大輔(大ちゃん) 長男の息子 浪人生
直哉(直ちゃん) 次女の息子 求職中


「仕方ないね お父さんたちには内緒だよ」
「うんうん」
「今日ここに泊まることは言ってきたのかい」
「ううん」
「私から電話してあげようか
こっちの方が勉強がはかどるからって」
「自分で言うよ」
「そうかい」


大輔は昔から私になついていて本当に可愛かった
他の孫たちは親のそばを離れない感じだったり
夫と遊んでいたが大輔だけは台所に居座っていたのだ


『大ちゃん ここは危ないからみんなと遊んでおいで』
『イヤだ!おばあちゃんがいい』
『ウフフッ 嬉しいこと言ってくれるわね』


そしてもう10年以上前になるが大輔と直哉を
オフロに入れてあげる機会が訪れた
セッティングしてくれたのは長男の嫁だ


『お義母さん 大輔がどうしても一緒に入りたいって
だから直哉くんと3人で入ってもらえませんか』
『私は全然かまわないけど・・・』
『いたずらっ子なので何かしてくるかも』
『もうそういう年頃なのかい』
『そんな時は厳しく叱ってくださいね ハハハッ』


約束したのはその時だった


『ハッハッハ やめておくれ 何でも言うこと聞くから』
『本当だね おばあちゃん 聞いたのよね 直ちゃん』
『あぁ 何でもだって アハハッ やり~』
『ただひとつだけだからね』


くすぐられてガマン出来ず約束したが
お菓子かおもちゃを買えば済むと軽く考えていた


『本当に買ってくれるの?』
『あぁ 約束だからね』


直哉の方はゲームソフトを買ってすぐに約束を果たしたが
問題は大輔の方だった


『大ちゃんは何がいいんだい』
『今はいい いつか約束守ってもらうからね』
『はいはい』


そしてもう約束のことは忘れてるのかと思っていたのに
今日急に約束のことを言われたのだ


「おばあちゃん セックスさせてよ
大人になったのにまだ童貞だから恥ずかしくて」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

祖母と孫の約束(2)「最後にセックスした相手はおじいちゃん?」

「最後にセックスした相手はおじいちゃん?」
「あぁ もちろんそうだよ」


入退院を繰り返してた時は当然それどころではなかったので
最後にまともにセックスしたのは10年近く前のことだ

ただそれ以降も手でしてあげたりしゃぶってあげたりと
下の世話もあるので毎日のように夫のちんちんとは
顔を合わせていた ただボッキするのはまれだった


「思い出してるんでしょ」
「あぁ でもずいぶん前のことだからね」
「そうだ 僕たちが泊まりに来てた時もセックスしてた?」
「あんたたちが来てる時は一度もしたことないよ
いろいろ準備も大変だろ 疲れちゃってたからね」
「そうなんだ」

「じゃあ ズボン脱がすよ」
「うん よろしく おばあちゃん」


セックスの前にオフロに入ることにした
あれ以来なので大輔と一緒に入るのは2度目だ


「あらあら もう元気になってるわね」
「これでも来る前に出してきたんだよ」
「そうなのかい」
「成長したでしょ」
「ハハハッ 立派になってよかったわ」
「でも直ちゃんよりは全然小さいんだよなぁ」
「なんだい 見せ合ってるのかい」
「この間 はじめて一緒にオナニーしたんだよね」
「あいかわらず仲いいわね」
「仕事辞めて暇になったから相手してくれてるだけだって」
「それなら一緒に遊びに来ればよかったのに」
「セックスは2人でしたいもん もしかしておばあちゃん
3人でしたかったの?」
「何を言ってるんだい 大ちゃんは」
「ハッハッハ」


すぐに3人でセックスしてるシーンが頭に浮かんだ

【同窓会乱交】というDVDにそういうシーンがあったので
生々しく想像出来たのだ

そのDVDは未亡人友達の夫の遺品で置き忘れていった


「あぁ このおっぱいだ」
「前より垂れちゃったでしょ」
「あの時と同じだと思うけど・・・」
「あっ ちょっと 大ちゃん!」


乳首をつねりはじめたのでびっくりした


「元々は垂れてなかったんでしょ」
「もちろんよ あっ あんっ」
「うわっ 感じるんだね 気持ちいいの?」
「痛いのよ もう少し優しくして」


躊躇なくパンティも脱いでいった
変な感じだが恥ずかしさはない


「毛がボーボーだね」
「何もしてないからね 誰にも見せることないし」
「彼氏とか作らないの?」
「誰も相手してくれないわよ 男は若い女が好きなんだから」
「僕はおばあちゃんが好きだよ」
「それは体以外の話でしょ」
「ううん 体もだよ」
「ウフフッ 大ちゃんは褒め上手だね」


順序なんて関係ない 大輔はワレメに手を伸ばしてきた


「そこは洗ってからでいいだろ」
「あっ うん わかった」


シャーシャーシャー


2人で素早くシャワーだけで洗い合った


「おばあちゃんのマンコの中に射精してもいいんだよね」
「ウフフッ もちろんだよ 妊娠なんてしないから」
「今日はずっと入れっぱなしにしたいなぁ」
「男の人は射精すると休憩があるだろ」
「そうだけど・・・今日はずっと大丈夫な気がする」


新婚時代に目覚めるとちんちんが入ったままの時があった
パンティをはく間もないくらいに繋がっていたのだ


「ねぇ 約束はひとつだけって言われたけど
今日だけじゃなくまたセックスしに来てもいいでしょ」
「あぁ いいよ」


こんなに祖母孝行な孫がこの世にいるんだろうか
長男が結婚して家を出ると言われた時はショックだったが
大輔のおかげで結果オーライな状況になった


「じゃあ 部屋に行こうか」


寝室には仏壇が置いてある


「おじいちゃんに見られながらセックスするなんて」
「大ちゃんなら許してくれるよ」
「おばあちゃん もう 僕・・・」
「そうかい そうかい はい どうぞ」


大きく足を開くとすぐに抱きついてきて
大輔はちんちんが突き刺さった


「あっ あぁ 入ってるわ」
「おばあちゃん・・・」
「ちゃんと腰を振って」
「う、うん こう?」
「ううん もっとこういう感じで」

「わっ あっ あぁ~~~~~~」


大輔の若い精子が私の中にぶちまけられた


「あらあら キレイにしてあげるから 抜いて」
「うん お願い」


あぁ ずっとしゃぶっていたい


「ウフフッ これでいいわ まだするの?」
「ううん やっぱりすぐは無理みたい」
「ここに来る前に出してきたからよ」
「だって おばあちゃんのハダカ見ただけで
イッちゃいそうだったもん」
「でもずっと計画してたんでしょ」
「う、うん もし大人になってもまだ童貞だったら
おばあちゃんに頼もうって」
「童貞じゃなかったら相手してもらえなかったかもね」
「そんなことないって」


緊張の糸が切れたのか大輔はそのあと眠りについた
私も久しぶりのセックスに疲れて眠ってしまった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

祖母と孫の約束(3)「ウフフッ そんなに嬉しいのかい」

「あっ おばあちゃん 起きた?」


朝方4時頃に目を覚ますともう大輔は目覚めていた


「おトイレに行ってくるわね」
「一緒に行く」
「そう」


大輔はトイレの中まで入ってきた


「見てていいでしょ」
「いいわよ」


私の姿を見ながらちんちんをしごきはじめた


「私がしごいてあげようか」
「ううん」


ジャージャージャー


流した後大輔は便器に座った


「おばあちゃん おちんちん咥えて」
「こんな狭いところじゃなくて布団に戻ってしましょ」
「ここだからいいんだって」
「そうかい わかったよ」


言うとおりにした


「あぁ もう大人の男なんだよね 僕も」
「ウフフッ そんなに嬉しいのかい」
「そりゃあ そうだよ あっ おばあちゃんの
初体験の話も聞かせてよ」
「いいよ いくらでも ただここだと腰が痛くなりそうだから」
「そっか ごめん もう いいよ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

祖母と孫の約束(4)「おばあちゃんは若い時スケベだった?」

「おばあちゃんは若い時スケベだった?」
「う~ん 普通くらいだったかね
お姉ちゃんたちは本当にスケベだったけど」
「そうなんだ 会ったことあるかな お葬式の時とか」
「ないと思うわ 遠くに住んでるからね
もうひとりは早くに亡くなってるし」


姉のことを思い出すのは久しぶりだ
最近でも夫のことはよく頭に浮かぶが
姉や両親のことはほとんど思い出すことはない


「お姉ちゃんたちがスケベだったのは
叔父さんのせいなんだけどね」
「叔父さん?」
「よく3人まとめてオフロに入れてもらってたんだけど
いつもボッキしてたのよ」
「うわっ ヘンタイだったんだ」
「生理現象ってこともあるだろうけどさ
見慣れないおちんちんにお姉ちゃんたちは興味津々で」
「おばあちゃんは?」
「私はお父さんの見てたから別にだったかな
もちろんボッキしてなかったけど大きかったから」
「そうなんだ あぁ 僕はこんなに・・・」
「十分よ あとは腰の動きがもっと激しければ・・・」
「そっか 練習しないとね」


大輔は私の穴にゆっくりと入れてきた


「ごめんね もう締まりないでしょ」
「あっ えっ このマンコしか経験ないからわかんないよ」
「若い女性だったらもっと吸い付くように締まるから」
「そうなんだ 楽しみだなぁ」

「あっ あっ 大ちゃん そう もっと もっと」
「あぁ~ はぁ はぁ あっ あぁ~」


「今度はうしろから入れてみて」
「う、うん」


パァ~ン パンパンッ パンッ パンッ


「上手よ そう その調子 あっ あぁ~ん」


やりやすいのか夫並みの腰使いになってきた


「はぁ はぁ 気持ちいいよ おばあちゃん」
「ガマンするのよ あっ まだよ まだ」

「う、うん あっ わっ あぁ~~~~」


あと30分は楽しみたかったが大輔は発射してしまった


「いっそのこと ここに住もうかな」
「ダメよ 勉強出来なくなるでしょ」
「そうだよね」
「将来のためにも頑張って 応援してあげるから」
「うん わかった!」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

祖母と孫の約束(5)「ウフフッ 直子のために一肌脱ごうかしら」

「あらあら 直ちゃん どうしたの?」
「家出 しばらくここにいていいでしょ」


ある日買い物から帰ると玄関前に直哉が座りこんでいた
大きめのリュックサックを持ってきている


「お父さんたちに内緒で来たの?」
「内緒だけどバレバレだって ここしかないから」
「連絡だけはさせて」
「いいって もう子供じゃないし」
「そんなわけにはいかないの」
「勝手にして 入るよ」


すぐに次女の直子の携帯に連絡を入れた


「直ちゃん 来てるわよ」
「はぁ やっぱり お母さんのところか」
「ケンカでもしたの?」
「そう 仕事探ししてないことがうちの人にバレて・・・
私は知ってたんだけどね」
「そうなの?」
「面接が苦手なのよ あの子 筆記だと上位なのに
それで傷ついてるみたいでさ」
「ちょっとかわいそうね」
「引きこもりにするつもりはないわよ
でも急かすほどじゃないでしょ 就活1年目なんだし」

「やりたい仕事でもあればいいんだけどね」
「お母さんが見つけてあげてよ」
「ウフフッ 直子のために一肌脱ごうかしら」
「本当に!?」
「まずコネでもいいか 本人に聞いてみないとね」
「しばらくよろしくね 有希もそろそろ難しい年頃だから
ケンカしてるところあまり見せたくないし」
「そうね 有希ちゃんも遊びに来てくれるといいけど」
「お金に困ったら甘えに行くわよ 昔の私みたいに」
「ウフフッ そうね」


電話のあと居間にお菓子とジュースを持っていった


「長電話しすぎだよ ほとんど聞こえてるし」
「これ食べて お饅頭好きでしょ」
「やったー 栗饅頭だ」


大輔と違って直哉は昔から単純で扱いやすかった
体型もぽっちゃりしていて食べさせておけば
幸せそうにしているのだ

そんな直哉が傷ついてるなんて・・・


「聞こえたかもしれないけどおばあちゃんの友達に
何かいい仕事ないか聞いてみようか」
「う、うん あぁ でも仕事したくないなぁ」
「そんなこと言ってると結婚出来ないわよ」
「結婚はしたい!したい!」
「ウフフッ」


もしかしたら直哉も大輔と同じく童貞かな


「その前に彼女作らないとね どんな子がいいの?」
「彼女探してくれるの?仕事探してくれるより嬉しいんだけど」
「直ちゃん 仕事が先でしょ」
「そうだよね あぁ この栗饅頭より考えが甘かった・・・」
「ウフフッ」

「ここ勝手に使っていいよね」
「しばらくいるなら奥の部屋を使えばいいのに」
「あんまりひとりになりたくないから」


居間に荷物を広げはじめた


「これも持ってきたからインターネットも繋がるよん」
「何なのそれ」
「Wi-Fi おばあちゃんは知らないだろうけど」
「ふ~ん でもインターネットは知ってるわよ
いろいろ調べる時に使うんでしょ」
「そうだ ここにいる間にいろいろ教えるよ」
「本当に?」
「だって仕事も彼女も探してもらうんだから
おばあちゃん孝行しないと」
「探せるかどうかまだわからないわよ」


ひとりよりも誰かいる方がにぎやかで楽しい
ただ直哉がいると大輔とは遊べなくなるかもしれない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

祖母と孫の約束(6)「孫とふたりで暮らすなんて宝くじに当たったみたいね」

「孫がふたりも家に訪ねてくるなんて
宝くじに当たったみたいね」
「ウフフッ そうなのよ」


相沢芳江 専業主婦 夫は警備会社重役

早速その日の夜から仲のいい友達に会うことにした

あとは夫関係の友達から同窓生から近所の人まで
順番に話を聞いていき一番優秀なコネから
直哉に紹介していくつもりだ


「あぁ うちも旦那と孫が入れ替わらないかな ハハハッ」


別に夫婦仲が悪くなくても孫は別格なのだ
ちなみに芳江とはママさんバレーで知り合った


「どう 浮気癖は治ったの?」
「テレビで熟年離婚の特集を見てからは優しいのよ
外では何してるかわからないけど」
「もしかして夜も・・・」
「ウフフッ 参っちゃうわよ 毎晩毎晩」


お互い夜の生活の話を赤裸々に話す仲だ
なので旦那さんに会うと結構気まずくなる


「元気ね」
「ダンスなんだけどね それもハダカで」
「何なの それ」
「毎晩セックスはさすがに無理よ」
「ダンスって」
「習ってるのよ 私も近々入会するかも」
「そうなのね」
「一緒に習いましょうよ」
「直ちゃんが出て行ったらね」
「そっか 孫がいるんだったわね
こんなところで飲んでてもいいの?」
「ちょっと今日は聞きたいことがあって・・・」


仕事探ししてることを伝えた


「うちは年中募集してるから大丈夫だけど
時間帯が特殊だからね」
「給料はどんな感じ?」
「平均以上よ 続くかどうかが問題なだけで
あと試用期間もあるから一度やってみるのもいいかも」
「そうなのね」
「まだ若いし いきなり警備はオススメ出来ないかな
向き不向きもあるし」
「ふ~ん」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

祖母と孫の約束(7)「あっ これはグラビアだからね」

「直ちゃん いろいろ買ってきてあげたわよ」

「ありがと ばあちゃん スーパーってまだ開いてるんだね」
「11時まで開いてるわよ カップうどんはこれでいいのよね」
「うん 饅頭もたくさんある あっ 冷凍チャーハンまで」
「お母さんに好きな食べ物を聞いてあるから」
「ずっとここで住みたいな」
「私はいいけどお父さんたちが寂しがるわよ」
「そうかなぁ」


パソコンの画面を見ると水着の女性の映像が流れている


「可愛い女性ね」
「でしょ」
「そうだ つい最近大ちゃんが遊びに来たわよ」
「あぁ もう来たんだ こないだ会った時に行くって言ってた」


はじめて一緒にオナニーした日だろう


「ずっと仲いいわね」
「昔ほどじゃないよ ほらっ 大ちゃんゲーム嫌いだし」
「そうだったわね でもマンガは読むんでしょ」
「マンガは大ちゃんの方が読んでるかも」


画面の女性はおっぱいを揺らしてこっちを見ている


「あっ これはグラビアだからね」
「グラビア?」
「えっと・・・ハダカにはならないっていうか」
「ウフフッ どっちでもいいわよ 好きなの見ればいいわ」
「ばあちゃんは理解あるなぁ」
「直ちゃんの家には年頃の有希ちゃんがいるからね」
「そうなんだよ いつもヘッドフォンして見てるんだ」
「ここでは気にしなくていいわ」
「本当?」
「大人になったわね 昔は好き放題してたのに」
「ハハハッ 確かに ばあちゃんをくすぐって
ゲーム買ってもらったり」
「覚えてるのね」
「そりゃあ ゲームをタダでゲット出来たんだから
次に会った時も狙ってたけどチャンスがなくて」
「何度も買ってあげたらお母さんにバレるわよ」

「そうだ 大ちゃんには結局何を買ったの?」


筆おろししてあげたなんて言えない


「何だったかしら 忘れちゃったわ」
「ふ~ん」


直哉の視線が私の体を方に向きはじめた まさか・・・


「よく考えたらオフロ場の中でくすぐるってひどいよね」
「そうよ それもふたりがかりで」
「最後はばあちゃんオフロ場の床にうつぶせになって」
「よく覚えてるわね」
「うん カンチョウしようとした瞬間にギブしたから」
「そうなの?はぁ・・・危なかったわね」
「そこまでしてたらさすがに怒ってた?」
「ううん 何されてもあなたたちを怒ることはなかったわ」

「今は?」

「もう大人でしょ 直ちゃん」
「だよね」


何だかガッカリしてるようだ

そしておっぱいの次はおしりが画面いっぱいに映りはじめた
私だったら毛がはみ出してひどいことになる



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

祖母と孫の約束(8)「えっと・・・マニアックなんだけどワレメのはじまり」

「直ちゃんはおっぱいとおしり どっちが好き?」
「えっ!?」
「どうしたの?」
「いやっ だって ばあちゃんにそんなこと聞かれるなんて」
「じゃあ やめようか」
「ううん どんどん聞いて どっちかといえばおっぱいかな
もっと好きなところあるんだけど」
「珍しいわね 男の子はだいたいどっちかが好きなのに
じゃあ 直ちゃんはどこが一番好きなの?」
「どうしようかな 大ちゃんにもまだ教えてないんだけど」


オナニーまでした仲なのに教えてないなんて・・・


「もしかしてはじめて他の人に言うってこと?」
「うん」
「じゃあ 聞かない方がいいかもしれないわね」
「でも誰かには言っておきたいんだよね
ばあちゃん 秘密にしてくれる?」
「もちろんそれは大丈夫だけど」


何を言い出すのだろう 全く見当がつかない


「えっと・・・マニアックなんだけどワレメのはじまり」
「ワレメって・・・あっ あぁ」


マンコでもなくおしりの穴でも口でもなく
ワレメのはじまりって確かに聞いたことがない


「あと毛が生えてない方がいい」


いわゆるそれって・・・


「直ちゃん まさか・・・」
「何?」
「大人の女性が好きなのよね」
「もちろんだって あっ あぁ 勘違いしないで
ほらっ 外国だと剃ってる人多いでしょ」
「そうなのね でもこの映像は外国の女性じゃないわね」
「うん でも生えてなさそうっていうか」
「ふ~ん」


男の生理に詳しいと言っても経験豊富なわけじゃないので
とりあえず納得しておこう


「ばあちゃんはボーボーだった気がする」
「ウフフッ 濃い薄いはあるけど
だいたい大人の女の人はそうじゃない」
「秘密聞いてもらったから調子に乗って聞いちゃうけど
ばあちゃんのワレメってどんな感じ?」
「普通よ どういうことを言ってるのかわからないけど」
「ほらっ 立った時にワレメがしっかり見えてる人と
ほとんど見えない人がいるじゃない」
「あっ あぁ」
「おしりみたいにパンティに食い込むと・・・はぁ はぁ」


毛が生えてしまうとわからない部分だ


「見せてあげようか」
「えっ!?いいの?」


大輔としたことを考えれば何てことない


「もしかして毛は剃った方がいい?」
「う、うん」
「じゃあ 今から剃ってきてあげるわ」
「ばあちゃん パンティははいてきて」
「ウフフッ わかったわ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

祖母と孫の約束(9)「もっと若い時なら・・・」

「もっと若い時なら・・・」


四角い鏡とハサミや夫の使ってたカミソリを
オフロ場に持ち込んだ

まさかに今日生まれてはじめて
アソコの毛を剃ることになるとは・・・


チョッキン チョッキン


まずハサミで大まかに切っていった
間違って切ると大変なので慎重になる


ジャージャージャー


一気に若返った気がする
生え始めた時はかゆくてムズムズしていた


泡立てた石鹸を塗り込みカミソリでゆっくり剃っていく


ジョリッ ジョリッ


ワレメの上部だけ剃るなら簡単だが
見える部分にはない方がいいだろう


使い込まれた老女のマンコ・・・
大輔のおかげで少しは再生されただろうか


ガタッ!


もしかしたら直哉が様子の見にきたのかもしれない


「はぁ・・・ふぅ・・・」


ジョリッ ジョリッ


バタバタバタッ


声をかけずに立ち去ったようだ


それにしてもキレイに剃るのは難しい
見せたあとに直哉に剃ってもらうしかない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

祖母と孫の約束(10)「スカートはこれくらいしかなくてね あとは喪服とか」

「直ちゃん お待たせ」


服を着替えて居間に戻った
一応参観日に着るようなスーツを着てみた


「ばあちゃん・・・」
「スカートはこれくらいしかなくてね あとは喪服とか」
「ハハハッ」

「ワレメのはじまりはキレイになったと思うけど
剃り残しはあるけどいいわよね」
「うんうん」

「じゃあ 好きに見て」


直哉はすぐに近づいてきた


「ばあちゃん 立ってるのつらくない?」
「5分くらいなら大丈夫よ」


気遣ってくれるのがうれしい 直哉も成長してるようだ


「じゃあ・・・」


左手でスカートをめくって右手でパンティに手をかけた
まずは脱がさず持ち上げて食い込ませていく


「はぁ はぁ」
「・・・」


直哉は思いっきり顔を近づけてきた


「ワレメ深いね」
「普通よ 多分 そういうのが好きなの?」
「うん ばあちゃん シコってもいい?」
「ウフフッ スカートは脱がせてね」
「上も脱がしちゃおっと」


下着姿で直哉の前に立っている 
なんて非常識な祖母だろう


「ばあちゃん 見て」


大輔と違って立派なおちんちんだ
太さも夫どころじゃない


「ワレメのはじまりに出したいんだけど いいかな」
「いいわよ」
「ばあちゃん最高!」


「はぁ はぁ あぁ~ たまんない」
「・・・」


「ばあちゃん ここで仰向けになって」
「はいはい」


舐めてほしいくらいだが直哉はおちんちんを
ワレメにこすりつけてきた


「はぁ はぁ ヤバい ばあちゃん あぁ~~」
「ふぅ はぁはぁ 直ちゃん 可愛いわね」

「じゃあ そろそろ・・・」


パンティをゆっくりと脱がされた


「わぁ・・・」
「恥ずかしいわね さすがに」
「ふぅ・・・ワレてる もっと足を閉じて」


足を広げては夫に言われてたが
閉じてと言われるのははじめてかもしれない


「はぁ はぁ あっ あぁ あぁ~~~~~~」


直接くっつけてきたと思ったら
一瞬で発射してしまった 少しおなかの方にも飛んでいる


「あらあら」
「ありがとう ばあちゃん」
「それにしても大きなおちんちんね ちゃんと見せて」
「う、うん」
「舐めてもいい?」
「えっ!?」


舐めるというよりもしゃぶりついた


「ばあちゃん あっ 気持ちいいから ダメだって」
「ウフフッ 直ちゃんのいやらしいお汁を・・・」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1370位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
52位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析