熟年兄妹散歩道(1)「はぁ・・・とうとう 俺も50才かぁ」

「はぁ・・・とうとう 俺も50才かぁ」

「ウフフッ お兄ちゃん ついに独身を貫いちゃったね」
「母さんの見合い話を断ってなければなぁ」
「またその話?」


桑田順平 50才 170cm 80kg 

高岡包装(株)主任 入社15年目

学生時代からずっとこの体型なのでモテたことがない
ちょうど見合い話があった時は片想いしていたので断った

結局その女性が結婚したことが原因で前の会社を辞めた

母は5年前に他界 今は父と妹の3人暮らし
家は10年前に購入した中古のマンション 間取りは3DK

ローンはまだ残ってるが父の年金と
出戻った妹が生活費を入れてくれてるのでゆとりがある


父 一平 74才 160cm 50kg

趣味 麻雀 競輪 囲碁

家にいるのが嫌いな性格なので毎日どこかに出かけていく
母が亡くなってからは酒とたばこもやめて健康そのものだ


妹 美佐 46才 155cm 65kg

近所のスーパーとコンビニで働いている
両方シフトが自由なので週6日働いてることもあれば
1週間休むこともある 理由はほとんどゲームだ

昔は私の方がゲーム好きだったが今は妹に負けている

そんな妹が出戻ってきたのは半年前

40才目前に年下の男と結婚したが姑だけじゃなく
小姑に嫌気がさして離婚した
マザコンだと最初からわかった上で結婚したが
本当に味方してくれなかったようだ


昔からではないが私と妹は最近よく近所の散歩に出かける
元々は母を車椅子で外に連れ出していたのがはじまりだった

コースはマンション出てすぐの商店街を通って
その先の駅の横の踏切りを渡り堤防まで行って戻ってくる

時間帯もだいたい決まっていて朝と夕方
太陽が昇ってくる瞬間と夕日が沈む瞬間を狙って出発する



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟年兄妹散歩道(2)「誰も見てないって 私たちなんか」

「誕生日プレゼントだけど何か欲しいモノある?」
「欲しいモノ?全然めでたくないけど
せっかくだからもらっておくか 予算はいくらだ」
「う~ん 5万円までならOKだよ 商店街でこのあと買おうよ」
「待て待て そんなに高いモノもらったら
おまえの誕生日に10万円以上のモノをあげないといけないだろ」
「ウフフッ 私の50才の誕生日はまだまだ先じゃない」
「あぁ 今回は特別ってことか」


ただ5万円くらいの欲しいモノなら自分でも買える
そうこう考えているとたまたま妹の胸に目が留まった

結婚して10kg以上太ったがそのせいか
小さめだったおっぱいが以前より膨らんだ気がする


「なぁ」
「うん?」
「モノじゃなくてもいいか」
「どういうこと?」


胸の方にわざとらしいくらいの視線を送った


「お兄ちゃん?」
「かわいそうだって思うだろ」
「私たち兄妹だよ」


私の意図があうんの呼吸で伝わったようだ


「どれくらい膨らんだんだ」
「ちょっとぉ」


普段家族ではこういう話を避けている


「昔は一緒にオフロに入ってただろ」
「それは・・・家族全員でじゃない」
「まぁ そうだけど」


2人きりでオフロに入ったことは一度もない


「私がどんな体だったか覚えてるの?」
「いやっ さすがにあんまり覚えてないけど
とにかくヤセてたよな あと毛が生えるのが早かった」
「もう 恥ずかしいなぁ」
「あの時はうれしそうに見せて自慢してただろ」
「ウフフッ 無邪気だったよね 私」
「あぁ」


「BからFだよ」
「えっ!?そんなに大きくなったのか」
「うん」
「太るだけで大きくなるならみんなやるだろ」
「だよね 友達には教えたよ 実践してる子もいるけど
全部おなかについちゃうって」
「普通はそうだろ」
「私もおなかについてないわけじゃないけど・・・
お兄ちゃん 触ってみて」
「いやっ さすがにここでは・・・」


堤防には学生と犬の散歩がほとんどだが
ひっきりなしに人が通る


「いいからいいから 誰も見てないって 私たちなんか」


確かに中年の2人に関心がある人はいないだろう
地元なので兄妹と知ってる人は知ってるし
知らない人は中年夫婦と思うだけだ

私は妹の言うとおりにおなかを触った


「ちゃんと触らないとわからないでしょ」
「あっ あぁ」


自分から言い出したとはいえ
こんな展開になるとは夢にも思わなかった

おなかのぜいにくをつまむように触ってみた

あぁ 久しぶりの女の体の感触だ


「結構あるな」
「でしょ」


おなかを触ったことで余計におっぱいが気になってきた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟年兄妹散歩道(3)「妹のハダカをオカズにしようなんて・・・スケベ!!!」

「5万円のプレゼントよりも私のハダカが見たいんだぁ」
「そりゃあ・・・」
「妹のハダカをオカズにしようなんて・・・スケベ!!!」
「じゃあ おまえはスケベじゃないのか」
「ううん ドスケベだよ 知ってるくせに」
「知らないって まぁ 結婚してたからそうだろうけど」
「お兄ちゃんとこういう話をすることがあるなんて
夢にも思ってなかったなぁ」
「俺も」
「もしかしてずっと考えてたんじゃないの?」
「いやいやっ 今までおまえを女として見たことはないって
ただ下着を使わせてもらったことはあるけど」
「ヘンタイ!!!でも私もあるからオアイコだね」
「えっ!?」
「はじめて嗅いだ精子のニオイはお兄ちゃんのだったもん」


想像以上のカミングアウトだ


「過去形ってことは最近は使ってないの?」
「あぁ 洗濯モノを取り込む時に触ることはあるけど
そういう意味で触ったりすることはないな」
「ふ~ん がっかりだな」
「じゃあ 今日からまた使わせてもらうか」
「ねぇ 舐めたり巻きつけたりするつもり?」
「あぁ おまえがいいならはいてシコるのもいいな」
「シコるってもう~」


完全にギンギンになってきた


「ふぅ・・・話だけでもう・・・」
「お兄ちゃん おなか触ってもいい?」
「あぁ」


妹はおなかから手をすぐに股間の方に下ろしてきた


「ダメだって あっ・・・」
「お兄ちゃん かったぁ~い」
「今はやめてくれ こんなところで出したら・・・」
「もしかして今も包茎?」
「えっ あぁ 仮性包茎ってやつだ 悪いか」
「ふ~ん 小さいままなんだぁ」
「覚えてるのか」
「だって父ちゃんと全然違う形だったもん
キンタマ袋は大きかったけど」

「なぁ 出したいんだけどトイレ行かないか」
「あのトイレ?」
「あぁ」


商店街の脇を入ったところにある公園に
大と小がひとつづつしかないトイレがある

昔2人で一緒に小便をしたことがあるが
その公園には普段人がほとんどいない

駅前広場にも商店街のスーパーにもトイレがあるので
わざわざここを使う人はいないのだ
公園も堤防が近いのでここで遊ぶのは小さい子くらいだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
LINK



リンク
カウンター
アクセスランキング

QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
468位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
34位
サブジャンルランキングを見る>>