義母ほぐし(1)「みんなで弱点を言い合いましょうよ」

「みんなで弱点を言い合いましょうよ」

「何なの それ」
「じゃあ 伸ちゃんから言ってみて」
「あっ うん」
「あんた まだ伸ちゃんって呼んでるの 全く」
「あっ そうだった もう癖になっちゃってて
あなたとか伸吾さんって呼ばないとね」
「うちではいいけど外では本当にやめなさいよ
特に店に来るときは気をつけてね」
「はいはい」


佐々木伸吾 24才 惣菜店【わかくさ】店員

新婚 婿養子 妻とは元々家庭教師と生徒の関係


妻 美佐 32才 塾講師

父親を急病で亡くし跡継ぎ候補を
探していたところで僕が選ばれた
 
初体験の相手で性教育してくれた恩人

今でも妻には元生徒だった年下のセフレが何人かいる
僕は了承してるどころかアリバイ作りにも協力している


義母 優子 60才 惣菜店【わかくさ】オーナー

父子家庭で育った僕にとっては
義理とはいえはじめての母親という存在

一緒に働いているが嬉しくて仕方ない


「僕は・・・頭が悪いことかな」
「それって私の教え方が悪かったことになるじゃない」
「その通りでしょ 塾講師になったのだって・・・」
「それ以上は言わないで」


家庭教師としての評価が悪いので依頼がなくなり
塾講師をせざるを得なくなったのだ

働かなくても暮らしていけるが専業主婦になるつもりはなく
50才になるまで絶対に惣菜店では働かないと宣言している


「私は昔からカラダがかたいのよ 美佐は似なくてよかったわ」
「そうだったんだ」
「あんた 母親には全く興味ないのね」
「だってお小遣いくれるの お父さんだったんだもん」
「ハハハッ」

「それで美佐は何なのよ」
「う~ん 男にモテ過ぎるところかな お母さんと違って」
「ケンカ売ってるの?」
「じゃあ モテたことあるの? ねぇ ねぇ」
「・・・」
「私のこと妊娠しなかったらお父さんとだって・・・」
「それは言いすぎだよ」
「あっ 今 お母さんの味方したわね~」
「ウフフッ モテちゃったわ 伸吾くん ありがとね」
「いやっ ハハッ」


妻と義母の小競り合いはいつものことで
僕がどう仲裁するのかを2人で楽しんでる感じだ

あまり義母の味方ばかりしていると
相手してくれなくなるので加減はしている


「そんなことより明日のキャンプの準備は終わってるの?」
「もちろんよ 伸ちゃんに全部やってもらったもん ね~」
「うん」


妻は塾が主催するキャンプに行くことになっている
勉強もするが遊びを半分取り入れたイベントなのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母ほぐし(2)「うるさいのがやっと出かけたわね」

「じゃあ 伸吾さん お母さん 行ってきま~す!!」


妻は二泊三日のキャンプに出かけた

珍しく店に顔を出したのは童貞狩りの期待で
テンションが上がってるのだろう


「うるさいのがやっと出かけたわね」
「ハハッ でも伸吾さんって呼んでくれてよかったです」
「あらっ そういえば呼んでたわね」


「おつかれさま~ 銀行の前で美佐ちゃんに
会ったんだけど何だかご機嫌だったわね」
「毎年恒例のキャンプよ」
「もう そういう時期なのね あぁ また年を取っちゃうわ」


津田和子 66才 惣菜店【わかくさ】店員 料理名人

亡くなった義父と津田さんが店の味を守っていた

義母と僕はまだ津田さんに料理を学んでる立場で
毎日味の最終チェックをしてもらっている


「もうだし巻きは大丈夫みたいね 覚えが早いわ」
「ありがとうございます」

「ひじきの煮付けはどうかしら?」
「これは・・・」


店に出始めて義母は2年目で僕は半年ほどだが
すでにひと通り作れるようにはなっている

ただ【わかくさ】の味になってないと
常連客を納得させられないのだ


「ごはんも炊けたしお弁当を作って
あとは豚汁の準備ね」
「はい」


営業時間は11時から19時 日祝休み

一番忙しいのは午前中の準備で
開店してからは昼食の時間帯以外結構余裕がある


「いらっしゃいませー」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母ほぐし(3)「アイスの実がいつもより美味しいです」

「美佐もいないし外食でもしましょうか」
「いいですね」
「今日はどこにする この間は私が決めたから
伸吾くんが決めていいわよ」


先月妻が大学生のセフレの家に泊まりに行った時は
うなぎを食べに行った


「カレー食べたいんですけどいいですか」
「もちろんよ どこにする」
「駅の向こうに新しい店が出来たみたいで
友達が美味しいって」
「そうなのね 知らなかったわ 
じゃあ 小野カレーのライバル店になるわね」
「はい そうみたいです」


小野カレーは昔から地元で有名な店で
チェーン店が近くに出来たことがあるが
逆に撤退させたくらい人気なのだ


店の戸締りをしてから義母と歩いてカレー店に向かった


【ショックカレー】

激辛・鬼盛りと大きく書かれた看板がかなり目立っている
8時前だが店内はほぼ満席だ


「テーブル席がちょうど空いてよかったわ」
「そうですね」
「それにしても若い人ばっかりね」
「食べっぷりではお義母さんも負けないでしょ」
「ウフフッ もちろんよ」


義母が大食いなのは結婚してから知った
見た目でもある程度わかるが予想を超えていたのだ


「僕はチキンカツカレー400 辛さは・・・Dで」
「はい」

「私はそうね この鬼盛りスペシャルもらうわ」
「辛さはどうしましょう」
「Bでいいわ  中辛くらいでしょ」
「ノーマルで辛めなのでAにした方がいいと思います」
「そう じゃあ Aにするわ」


辛いのは僕の方が得意だ


「一瞬びっくりしてましたね」
「店員さんよりもカウンターの男の子がこっちを見てたわ」
「ハハハッ 鬼盛りって1000ですもんね
さらにカツから何から見た目がすごいですし」


しばらくするとカレーが運ばれてきた
メニューの写真に負けないくらいの迫力だ


「これは小野カレーに勝てるかもね」
「テレビの取材殺到しそうだなぁ」
「あとは味ね じゃあ 早速・・・美味しい!!」
「じゃあ 僕も・・・辛い!! うわっ 美味しい!!」


わかくさでも月に数回カレーを出すことがあるが
万人受けする野菜多めの家庭の味なので正直物足りない

ただ豚汁もそうだが汁物が売れ残ることはないので
常連客にとっては食べ慣れた味で好評なのだ


「はぁ はぁ」
「お義母さん 汗がすごいですね」
「はぁ はぁ 伸吾くんも珍しく汗かいてるじゃない」
「ふぅ これはヤミツキになるなぁ」

「トンカツもこの肉厚よ 脂身が最高だわ」

「お先です はぁ 早くアイス食べたい」
「ちょっと待っててね アイスはコンビニで買うでしょ」
「そうしましょう」


倍以上の量だが少しして義母も食べ終わって店を出て
コンビニでアイスを買った


「アイスの実がいつもより美味しいです」
「ウフフッ 私にもちょうだい」
「どうぞどうぞ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母ほぐし(4)「先生・・・美佐先生・・・」

「ふぅ 汗だくだわ シャワー浴びないと」
「僕も今日はお義母さんのあとすぐに入ります」


いつもは寝る前に入ることが多い
妻との夜の生活に備えてだ


「あっ・・・」


カレーに何か入ってたのか朝立ちのように
急にウズウズしてきた

シャワーの音を聞きながらズボンを脱いで
パンツの中に手を入れてちんちんを握った


「はぁ はぁ」


今日はオフロでオナニーすることになりそうだ
ネタはお決まりの妻との初体験の思い出かな

あの日は本当に興奮した 服の上から触ったりはしていたが
ハダカは見るのもはじめてのことだったのだ


「先生・・・美佐先生・・・」


結婚したあと妻が伸ちゃんと呼ぶように
僕も先生と呼ぶことがある その方が興奮するのだ


ガチャッ


「じゃあ 伸吾くん 入って」
「はい」


洗面のところでお互い下着姿の状態ですれ違った

義母の下着姿は何度か見かけたことがあるが
今日はおしりの食い込みまではっきりと見てしまった

ボッキしてることもバレてしまったかもしれない

ただ暗黙の了解でそういう話は避けている

僕と義母は基本的に店のことも含めて
食べ物の話しかしないのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母ほぐし(5)「パジャマ脱いでください」

「そういえば・・・昨日体がかたいって言ってましたね」


浴室の中でオナニーをガマンしながら
必死で考えたセリフを言ってみた


「そうなのよ」
「どれくらいかたいんですか」
「ちょっと見ててね」


義母はパジャマ姿で足を伸ばして床に座った
そして体を前に倒していく


「イタタタッ 久しぶりだけどこれが限界なの」
「本当ですか」


おなかのぜい肉が邪魔してることをのぞいても
本当に体がかたそうだ


「ちょっと押させてもらってもいいですか」
「痛いって言ったらすぐにやめてね」
「わかってます」


パジャマ越しだが義母のカラダに触れた


「じゃあ・・・」


ゆっくりと背中を押していく


「あっ ふぅ・・・ストップ!ストップ!!」
「ハハハッ」


僕は完全にMだと思っていたが義母をいじめるのは結構楽しい


「うしろもダメなんですか」
「ダメよ」
「ちょっとうつぶせになってもらってもいいですか」
「伸吾くん・・・これで最後にしてね
せっかくシャワー浴びたのにまた汗かきそうだから」
「はい」


うつぶせになった義母の手を取りゆっくりと引っ張った


「あっ もうダメッ 痛いから もう」
「ハハハッ 離します」

「ふぅ 熱くなっちゃったわ」
「カレーが効いてるんじゃないですか
僕のことなんか気にせず脱いじゃってくださいよ
どうせさっき見ちゃってますし」


結婚してはじめて一線を越えた言葉を放った


「迷惑でしょ こんなおばさんが下着姿で
ウロウロしてたら」
「そんなわけないじゃないですか ただ嬉しいだけですよ」
「お世辞が上手いんだから」
「じゃあ これ見てくださいよ」


膨らんだ股間を義母に見せつけた


「伸吾くん・・・」


しばらく沈黙が続いた


「お義母さん じゃあ 僕が体を柔らかくしますよ」
「伸吾くんが?」
「また座ってください」


義母は足を伸ばしたまま座った


「腕から・・・」
「ちょっと・・・」


腕を伸ばしながら股間を押しつけていった


「お義母さん すいません 挟んでもらってもいいですか」


ワキにちんちんを差し込むと義母は挟みつけてくれた


「はぁ はぁ」
「伸吾くん 美佐とご無沙汰なのね 私なんかで・・・」


「あっ あぁ~」
「ちょっと待って ちょっと・・・」
「ティッシュください」

「あっ あぁ~~~~~~~~」


たっぷりとティッシュの中に発射した


「はぁ すいません お義母さん」
「若いんだから仕方ないわよ でもずいぶん出たわね」
「こんな話してるのが信じられないです」
「ウフフッ そうね」

「パジャマ脱いでください」


義母は言うがままに脱いでくれた


「男の人に見せられる体じゃないんだけど・・・」
「・・・キレイです」


女性経験が妻ひとりだけなので受け売りの言葉だ


「いただきます!」
「もう あんっ あぁ~」


一心不乱に舐めまくった
妻と違う女のカラダに酔いしれながら・・・



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母ほぐし(6)「もっとほぐしたいなぁ」

「おはようございます」
「うふふっ おはよ シャワー浴びましょ」
「はい」


盛り上がったが結局いつもの時間に寝てしまった
ただ違うのは起きた場所が義母の布団の中ということだ


「あっ 先にトイレ行くから先に入ってて」
「はい」


シャーシャーシャー


ひと通り洗って湯船の淵に座って待っていると
義母がハダカで入ってきた


「少しは恥ずかしがった方がいいかしら」
「いつも通りの方が気が楽ですよ」
「そうよね 店でもずっと一緒だし」
「ここでもストレッチしましょう」
「もういいわよ 痛いから」
「ダメですって じゃあ 座ってください」


足を伸ばして床に座った義母の背中を押していく


「あっ イタタタッ」
「やっぱりおなかですね ハダカだとわかりやすい」
「伸吾くん もういいでしょ」
「もっとほぐしたいなぁ」
「あっ ハハッ もう あんっ あぁ~ん」


押すのをやめておっぱいを揉みはじめると義母は喜んでくれた


「お義父さんとは一緒にオフロ入ってたんですか」
「若い時は何度か入ったことあるけど
時間が合わないからほとんど別々だったわね」
「もったいないなぁ」
「ウフフッ」


ボッキしたちんちんを見せると嬉しそうに咥えてくれる


「あっ あぁ お義母さん はぁ はぁ」
「若いと朝から元気よね」
「じゃあ 出ましょっか 時間ですし」
「そうね」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母ほぐし(7)「お義母さん いろんなところ鍛えていきましょう」

「津田さんってカラダ柔らかいですか」
「どうしたの 急に」
「お義母さんがかたいんで年代的なものかなって」
「失礼ね 私はこうよ」


津田さんは前にかがむと簡単に手が地面についた


「すごいですね」
「昔からだけどね うしろも平気よ」
「えっ!?」


店の奥の狭い休憩室でブリッジしてくれた


「あっ 体操とかやってたんですか」
「ウフフッ そうなのよ 少しの間だけなんだけど」

「ちょっと何を・・・うわぁ 津田さんすごいわね」


義母が休憩室に顔を出した


「これは僕も負けます」
「ふぅ 最近やってなかったけど出来たわ」
「まず私はヤセないとダメかな」
「基本的にカラダは柔らかい方がいいだろうけど
年を取ると大事なのは腰とひざだからね」
「勉強になるわ」

「じゃあ お義母さん いろんなところ鍛えていきましょう」


そう言って休憩室を出て少しだけ会話を立ち聞きした


「本当にいいお婿さんもらったわね 優子さん」
「そうなのよ 私の自慢だから」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
915位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
38位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK
リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析