エッチなリハビリ入院生活【1日目】【2日目】

【1日目】


「痛い!痛い!痛い!痛い!!!!」


佐藤慎平 43才 独身

東京の大学に進学してからずっとひとり暮らし

10年勤めた会社を辞めて失業手当をもらいながら
次の仕事を探してる時に交通事故に遭ってしまった


「痛い!!足が…足が・・・」


右足の膝を骨折 救急車で運ばれた


「手術は来週火曜日になります
それまでは痛み止めで様子をみましょう」


入院生活は突然はじまった




【2日目】

「慎ちゃん 災難だったわね でも足だけでよかったわ
頭を打ったりしてたら・・・」


早瀬里美 58才 バツイチ


親戚で唯一東京に住んでいる叔母が来てくれた

東京に住んでいると行っても普段会うことはない
前回顔を合わせたのも地元での葬儀だったし
ふたりきりで話すのはほとんどはじめてのことだ


「はぁ・・・痛い痛い・・・」
「だんだん腫れてきてるわね」
「こんな形で叔母さんと会うことになるなんて」
「お義兄さんたちはお店やってるしね」


両親は地元でペットショップを営んでいる


「部屋にいろいろ取りに行ってもらいたいんだけど
あと冷蔵庫の中のモノとゴミを捨ててもらったりとか」
「そうね しばらく入院することになるだろうし」
「これ 部屋のカギ 住所は・・・」


そうだ 事故に遭うなんて思ってもいなかったので
部屋の中を片付けてない 

あっ・・・

パソコンがログインしたままなのはいいとして
オナホールをベッドの上に置いたままにしている


「どうしたの?」
「やっぱり友達に頼もうかなって」
「遠慮しなくていいわよ 車で来たんだから」


理由は言いにくい どうしたらいいだろう


「慎ちゃん もしかして何か見られたくないものでも
部屋に置いてあるの?」
「いやっ ちゃんと覚えてなくて・・・」


年齢的にオナホールを知らない可能性もあるし
箱をじっくり見ない限りわからないか


「何があっても誰にも言わないわよ 心配しないで」
「ハハッ じゃあ お願い」


よく考えたらすぐに来てくれそうな友達はいない
同じ会社だった人とはまだ会いたくないし
地元の友達も交通費がかかるので呼びにくいのだ



「この度は私の不注意でこんなことになってしまい・・・」


叔母が出て行ったと思ったら今度は
加害者が保険会社の人と一緒にやってきた


「では 私の方はまた手術が終わってからあらためて」
「本当に本当にすみませんでした」


痛み止めが効いてきて体勢次第で少し楽になるが
動けばとんでもない痛みが襲ってくる


「あの・・トイレに行きたいんですけど・・・」


小はベッドで容器にするが大はそうはいかない


「ここでする方が楽ですよ」
「いえっ トイレに行きます!」
「じゃあ 車いす用意しますね」

「あっ あっ はぁ はぁ ぎゃ~~~~~」


車いすに乗り移る時が一番の地獄だ

ただベッドの上で大をすることを考えれば
ガマンするしかない


「あっ あっ はぁ はぁ ぎゃっ ぎゃ~~~~~」


看護士もトイレの中まで入ってくる
便座に移る時にまた同じように叫んでしまった


「オムツ外しますね」
「はぁ はぁ お願いします」


昨日から体拭きなど何度かオムツを外す時に
しぼんだちんちんを見られたりしているが
痛みでそれどころではなかった


「終わったらこのボタン押してください」


大を済ませて看護士を呼んだ
もちろん帰りも同じような地獄を味わった




「今日からリハビリはじめますね」


理学療法士 江川真由
見るからに健康そうな若い女性だ


「えっ まだ手術してないのに・・・」
「右足は触りませんので大丈夫ですよ ウフフッ」
「はぁ・・・」
「松葉杖の生活になるので左足だけでも動かしておかないと
筋肉ってすぐに衰えちゃうんですよね」


まさか入院生活2日目からリハビリが
はじまるとは思ってもいなかった


「じゃあ 明日からは午前と午後の2回来ますね」


初日はリハビリというより現状把握ですぐに終わった



「手術のあとは個室に移れますので」


頼んだわけじゃないが加害者の配慮で
6人部屋から個室に移れることになった

それはありがたいが痛いのは今だ 
特にトイレに行く時に車いすに乗ろうとすると・・・

あぁ 思い出したくもない

トイレの回数を減らすために食事を減らすことにした
水分だけでおなかを満たすしかない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

エッチなリハビリ入院生活【3日目】

【3日目】

「どうですか 痛みはあいかわらずですか」
「慣れましたけど動くとやっぱり・・・」


痛みで頭がいっぱいになっていたが
徐々に他のことも考えられるようになってきた


「じゃあ 左足のリハビリはじめていきますね」
「はい」
「おもりつけますねー」


足首におもりをつけられた


「はい 上げて下げてを20回3セットお願いします」
「3セットですか」
「ウフフッ こっちは元気な足でしょ」


だんだん言葉がくだけてきた感じがする


「はぁ はぁ この振動だけで右足が痛いんですけど・・・」
「ガマンしてください」
「は、はい あっ・・・」


江川さんはSっ気があるようだ


「はぁ 終わりました」
「じゃあ 少しほぐしていきますね」
「お願いします」


何だかこんな若い女の人に触られるのは久しぶりだ
入院して1回も出してないこともあって悶々としてしまう


「じゃあ また午後に来ますね」
「は、はい」


何とか半立ちくらいで抑えられた


ジョロジョロジョロジョロ


ベッドを上げてオムツを前だけ外して
容器にちんちんを突っ込んでの小便タイム

慣れるとそんなに悪くない


ガラッ


「あっ あとで来ますね」


看護士はカーテンを閉めて行ってくれたので
ティッシュで先っぽを拭いてオムツをつけ直した


ガラッ


「慎ちゃん あれっ これからするの?」
「いやっ 終わったとこ」
「じゃあ ズボン上げてあげるわね」
「ありがと ふう・・・」

「オムツの中にしちゃえばいいのに ウフフッ
これね いろいろ持ってきたわよ」


叔母は持ってきたリュックのチャックを開けた


「慎ちゃん これでしょ」
「ちょっと叔母さん!!!」
「声大きいわよ」


まさかのオナホールだ 持ってくるなんて・・・


「こういうの使ってるのね」
「持ってこなくても・・・」
「必要だと思って ウフフッ」


個室に移ってからだとまだいいが今は大部屋なので
変な話はあまり出来ない 丸聞こえなのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

エッチなリハビリ入院生活【4日目】

「佐藤さん 明日やっと手術ですね」
「はい やっとです」


看護士 水戸弥生

看護士は入れ替わりがあるので担当はいないが
トイレの車いす介助は前回も水戸さんだった

多分人妻で同年代に見える


「じゃあ 移りましょうか」
「はい あっ 痛いっ おっ あぁ~~~」


叫びながら車いすに移動した
水戸さんの肩を借りている


「オムツ下ろしますね」
「はい」


トイレの時は痛みで恥ずかしさも何も感じない
リハビリの時みたいに悶々とする余裕もないのだ


「じゃあ 終わったら鳴らしてくださいね」
「はぁ はい」


宙に浮かしている右足はパンパンに腫れている


ジャージャージャー


流したあと水戸さんを呼んだ


「佐藤さん リハビリのあと入浴しないといけないんです」
「あぁ はい 朝の回診で聞きました」
「やっぱり男性の看護士の方がいいですか」
「そうですね いなかったらいいですけど」
「ウフフッ 今日は2人いるので大丈夫ですよ」


昼食のあと江川さんがやってきた


「この部屋でリハビリするのも最後ですね
明日はないですし」
「あっ そうですね」
「治ってきたら部屋だけじゃなくリハビリ室も使います」
「リハビリ室って・・・」
「となりの棟です リハビリテーション専門なので」


この病院の存在は近所にあるので知っていたが
入るのは今回がはじめてなので何も知らない


「明日手術なので軽めにしておきます」
「ありがとうございます」


ありがとうございますのあとに
女王様と言ってしまいそうになった


ここの理学療法士のユニフォームは上下白色
ただ看護士とはデザインが違う


「年中半袖なんですか」
「はい 結構力使うので汗かいちゃうんですよ」
「そうなんですか」


汗という言葉に反応してしまう
痛みがマシになると悶々としてくるのだ


「担当って決まってるんですね」
「あっ 佐藤さんの担当は私なんですけど
水曜日は別の人が来ます 私が休みなので」
「シフト制なんですか」
「ハハッ そんな感じです」


6人部屋なのであたりさわりのない会話しか出来ない


「じゃあ また木曜日に」
「痛み取れてるといいんだけどなぁ」
「どうでしょ ウフフッ」


トイレ以上の地獄の入浴から不安な夜へと・・・



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

エッチなリハビリ入院生活【5日目】【6日目】

【5日目・手術日】

手術は全身麻酔だったので一瞬だった


そして念願の個室に移されたが
朦朧としていて感動もない


夜は眠れないほどで痛み止めのオンパレードで
ただただ耐えるだけで時間は過ぎていった



【6日目】

目覚めると誰もいない個室で
痛みが引いてきて徐々に実感がわいてきた

これで消灯後も音を気にせず自由に楽しめそうだ



「じゃあ これ外していきましょう」
「うわっ にゅるっと気持ち悪い感じ」
「そうみたいですね」


看護士はよく感想を聞いてるのだろう

尿道についていた管を外してもらって
やっと解放感に包まれた

ただ足には血を抜くドレインもついてるし
点滴の針はつけられたままだ



「今日リハビリを担当する相模です
痛みはどうですか」
「かなりマシになりました」

相模さんは若い男の理学療法士


「いろいろと大変だったでしょ」
「いやぁ 痛みがある時はトイレとか・・・
もう思い出したくないくらいで」
「ハハハッ ベッドでする人もいますよ」
「小便は楽ですけどね やっぱり大は・・・」
「今行きたいなら手伝いますけど」
「本当ですか」


入浴もそうだったが男だと気を使わなくてもいい


「じゃあ・・・」
「あと水入れてきてもらっていいですか」
「はい」


車いすに乗り移る時の痛みが10分の1くらいになっている
それにトイレが部屋にあるのですぐに出来る

大ではなくたまってたモノを
トイレットペーパーに発射した


「はぁ あっ あぁ~」


相模さんのリハビリは江川さんに比べてやさしめだった


「明日からまた江川さんが来ますので」
「人によってやり方がずいぶん違うんですね」
「そうなんです 江川さんは あっ 先輩なんですけど
結構スパルタかもしれないです」
「先輩なんだ」
「はい 大学が同じで となりのリハビリ棟にも
同じ大学の人結構いるんですよ」
「体育大ってこと?」
「いえっ 神丘医療大学です」
「そっかそっか 専門の大学があるんだ
そうだ 理学療法士って女性の方が多いの?」
「今は多分同じくらいじゃないですか
ここの病院は女性の方が圧倒的に多いですけど」
「ふ~ん そうなんだ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

エッチなリハビリ入院生活【7日目】

【7日目】

「おはようございまーす 佐藤さん!」
「ハハッ」


江川さんは笑顔で部屋に入ってきた


「もう痛みなくなってるんじゃないですか」
「おかげさまで」


昨日からさらに痛みにレベルが下がった気がする


「じゃあ 今日からは右足のリハビリも
はじめていきますね」
「はい」
「今日から左足のおもりも重くなりまーす」


楽しそうに足におもりを巻いていった


「まず上げ下げ20回3セットお願いします」


上げ下げをはじめると同時に右足の指を揉みはじめた


「痛くないですか」
「全然」
「やっぱりむくんでますね~」
「ハハッ」


「終わりました」
「じゃあ 次は・・・こうやって曲げるので
伸ばしてください」


左足を手に持って胸元で抱えている


「あっ・・・」


おっぱいに触れた気がする
ただ江川さんは何も気にしてないようだ


「はい 1回 はい 2回・・・」
「うわっ 結構きついですね」
「何言ってるんですか こっちは元気な足ですよ」
「事故とか関係なくあまり使ってなかったので」
「ウフフッ」
「でも江川さんも大変そうですね」
「そうなんです すぐに筋肉ついちゃうんですよ 
見てください これ」


腕の筋肉を見せてくれた
筋肉よりもワキとおっぱいに目がいく


「担当はお年寄りの人が多いんですか」
「今はそうですね 佐藤さん以外は高齢の方で
あまり無理なリハビリは出来ないんですよ」
「私もあまり・・・」
「全然若いじゃないですか 佐藤さんって童顔ですよね」
「チビなだけですって」


私の身長は162㎝ 江川さんも同じくらいだ


「43才って知ってますよね」
「ウフフッ もちろん知ってますよ」
「江川さんは・・・そういうの聞くのダメですか」
「一応まだ20代です」
「後半ってことですね 相模さんは後輩って」
「3年後輩です」
「そんなに下なんだ 1年後輩かなって思ってました」
「じゃあ そうしておいてください ウフフッ」


個室だと他の患者を気にしなくていいので話しやすい




「ちゃんとごはん食べてる?」


昼食の時間に叔母がやってきた


「ハンバーガーとか食べたいかも」
「若いわね もう痛みとかないの」
「あるけど手術前が地獄だったから全然余裕 ハハッ」


叔母といえばオナホールだ


「個室に移れてよかったわね」
「うん 普通は保険対象外だから入れないみたいで」
「相手がいい人でよかったじゃない」


オナホールの話題をはじめてくれないので
こっちから言うことにした


「叔母さん アレってどこに入れたの?」
「アレ? あぁ ここよ」


着替えの入ってる紙袋に無造作に入れていったようだ
叔母はオナホールを箱から取り出した


「これって何回も使えるの?」
「そりゃあ 洗えば・・・」
「ふ~ん じっくり見てみないと これは新品ね」
「うん あっ 看護士さん来たら隠してよ」
「わかってるって」


叔母は珍しそうにオナホールを触っている
そして穴に指を入れた


「こんなにキツいのね」
「そこにあるローション入れて使うんだけど」
「あぁ そっか これね」
「叔母さん 部屋にローションの予備があるから
持ってきてもらいたいんだけど」
「あらあら 慎ちゃん 遠慮しなくなったわね」
「あっ だって・・・」


何でも言って大丈夫な気がしてきてたが
今まで大した交流がないことを忘れていた


「ウフフッ 冗談よ お義兄さんにはお世話になったし
お姉ちゃんにも昔は迷惑かけてたから」
「そうなんだ」
「不良少女だったのよ 私」


かなり意外な感じだ  どちらかといえば
怒ると人格が変わる母の方が不良少女に近い気がする


「だから男の生理にも詳しいってこと?」
「まぁ 見せ合いっこは昔からやってたかな
私のおっぱいを見せたらシコシコって」
「わぁ うらやましいな」
「慎ちゃんもしてみる?」


叔母はおっぱいを突き出してきた


「触ってもいい?」
「看護士さん入ってくるんでしょ」
「そうだ もうすぐ食器を取りに来るんだった」


少しして食器を片付けにきたので
それを待ってから続きがはじまった


「慎ちゃん もうビンビンになってるじゃない」
「ハハッ」
「彼女がいないと大変ね」
「2時くらいにはリハビリの人も来るし
何だかんだ昼間もひとりになれないんだよね」
「じゃあ トイレでするしかないわね」
「う、うん」
「これでするところも見てみたいし」
「じゃあ 車イスで行くからお願い」


乗り移る時に叔母のおっぱいを軽く触ってみた


「慎ちゃんに触られちゃったわ ウフフッ」


おっぱいは小さめだが柔らかい
トイレに入って便座に座らずにオムツを外していった


「あらっ 思ってたより立派ね」
「ハハッ ありがと」
「はい これ ローションの量はテキトウだけど」


オナホールを受け取って 
すぐにちんちんをねじ込んでいく


「はぁ はぁ あっ あぁ~~~~~」

「えっ!?もう出しちゃったの」
「ガマン出来なくて・・・」
「してなかったのね」
「ううん 昨日出したんだけど・・・・」
「じゃあ 洗ってあげるわ」


オナホールを洗っている叔母のおしりを触ってみた


「ハハハッ 慎ちゃんにこんなことされるなんてね」
「母さんに言うのはナシだよ」
「私が怒られるわよ お姉ちゃん怒ると怖いんだから」
「それは知ってる ハハハッ」


ガラガラッ


「佐藤さ~ん」


看護士がやってきたのでトイレからすぐに出た


「あっ はい」
「血圧計りましょう」


トイレにいる叔母をチラッとみたが
別に気にしてないようだ


「1日に何度もあるんですね」
「手術したばかりですからね 徐々に減ってきますよ」
「そうなんだ」

「はい 正常ですね」

「ありがとうございます」
「佐藤さんのお母様ですか」
「叔母です!!」
「そうなんですね すいません」


そう言うと看護士は出て行った


「お姉ちゃんより6つも下なのに・・・
老けてみられるなんてひどいわ」
「俺の年を知らないのかも
はじめて見る看護士さんだったし」
「それはないでしょ あぁ 今度会ったら睨んじゃいそう」


女性に年を聞いてはいけないというのは
叔母の言葉で実感した


「これは家で乾かしてきてあげるわ ここじゃ無理でしょ」
「さすがにね 次はいつ来れるの?」
「明日は用事あるから明後日以降かな」
「仕事?」
「まぁ いろいろと忙しいのよ」

「叔母さん・・・」


叔母の手を握った


「何よ 慎ちゃん 甘えちゃって」


ずっといてほしい気持ちになってきた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

エッチなリハビリ入院生活【8日目】

【8日目】


「大変だったわね」


店の定休日に両親が見舞いに来てくれた


「そうだ Wi-Fiをレンタルすれば
退屈しないんじゃないか」
「あぁ そっか」
「保険で払ってもらえるからタダだしね」


制限があるのでネットは控えめに使っていた
Wi-Fiが繋がれば動画も見放題になりそうだ


「お菓子はいろいろと買ってきたけど
何か欲しいモノあれば言って 今から買ってくるから」
「叔母さんに頼めるから大丈夫だよ」
「おまえ あんまり迷惑かけるなよ」
「いいじゃない 里美も慎平と話が出来て
楽しいって言ってたし」
「でもなぁ」


母にどこまで話をしてるのか気になる


「退院したらうちに帰ってくるんだろ
これじゃ ひとりで生活できないだろうし」
「うん」
「今の部屋は解約しないといけないわね」
「そっか」
「引っ越し費用は全部保険で払ってもらえるから
急ぐ必要もないけどな」


退院後のことはまだ考えていなかった


「帰りの新幹線はもう予約してるの」
「あぁ 20時だから夕食の時間まではいる」
「そっか」
「どんな風にリハビリしてるのか見ておきたいしね」


午前中から両親がいたので江川さんとのリハビリの時間は
つまらなく過ぎていった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1345位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析