博愛淑女のテコキッス(1)「ツトム 私たちは家族だからセックスは出来ないのよ」

『ツトム 私たちは家族だからセックスは出来ないのよ』
『えぇ~ いいじゃん いいじゃん』
『ちょっと ダメよ 見るだけ あっ ダメだって』
『あっ あぁ~~~~』

『ウフフッ いっぱい出ちゃったね』


宮原ナツミ 44才 シングルマザー コンビニ店員

父は5年前に亡くなり現在は母と息子との3人暮らし

家は2DK 古い団地なのでかなり狭い
6帖の部屋を私と母で3帖の部屋を息子が使っている


母 アキコ 65才 介護ヘルパー

父が亡くなってしばらくはふさぎ込んでいたが
仕事をはじめてから明るくなった


息子 ツトム 20才 無職

反抗期の時は全く会話もなく寂しい思いをしたが
性に関心を持ちはじめてからまとわりつくようになった

趣味はゲーム 友達はひとりだけいる


飯塚ナオト 20才 専門学生

小さい頃に参加したゲーム大会で知り合ったのだが
それ以来休みの度にうちに遊びに来てくれている


『おばさん ごめんなさい!!!』
『ウフフッ いいのよ おしりくらいいつでも触って』
『本当!うれしい!!』


ナオトくんがもしいなかったらと思うとゾッとする
人付き合いが苦手なツトムの唯一の救いなのだ


『ふたりで女の子の話とかしないの?』
『しない』
『そっか でもナオトくんは興味あるよね』
『もちろん!』


ツトムが性に関心を持ち始めたのは最近のことで
かなりそういう部分は遅れている

もしかしたらゲイ気質なのかとずっと心配していたが
取り越し苦労に終わってよかった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

博愛淑女のテコキッス(2)「練習なんだからキスもちゃんとしないとダメでしょ」

「ツトム 私にはいいけどお母さんには変なことしないで」
「しないって」
「こんなことしてるのも内緒だからね」
「うん あっ そこ 気持ちいい あっ」
「まだ出しちゃダメよ えっ・・・」

「あぁ~~~~」


ツトムの実父も早漏だったので
似てしまったようだ 


チュッ チュッ


「練習なんだからキスもちゃんとしないとダメでしょ」
「母ちゃんとキスしても別に楽しくないし」
「正直過ぎるでしょ もう」


セックスはさせないが手コキをしてあげている
そのお返しでキスしてもらっているのだ

母と息子でするようなことではないのはわかっているが
唯一の交流手段なので仕方ない


「ナオトくんは今度いつ来るって」
「明後日 泊まっていくって」
「そうだ 今日はちゃんとオフロ入ってよ」
「う、うん」
「今からだったらお母さんも帰ってこないし
少し時間あるから洗ってあげよっか」
「本当に!?」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

博愛淑女のテコキッス(3)「母ちゃんのおっぱい見てたらまたボッキしてきたよ」

「母ちゃんのおっぱい見てたらまたボッキしてきたよ」
「じゃあ 見ながらシコシコすればいいわ」
「おっぱいに出してもいい?」
「まぁ それくらいはいいわ」
「揉むのは・・・やっぱりダメだよね」
「ダメダメッ 前に話したでしょ いろいろしちゃったら
関係がおかしくなるって」


乳房周辺が性感帯なので私がガマン出来なくなる


「はぁ はぁ おっぱい おっぱい」
「彼女の前でそういうことは言わないでよ」
「はぁ はぁ う、うん」
「彼女欲しい?」
「あっ うん」
「仕事するか勉強するか早く決めないとね」
「・・・」


ツトムのちんちんがしぼんできた


「あっ ごめんごめん 急いで決める必要はないのよ
私とお母さんが働いてるから生活は困ってないし
でも彼女を作りたいなら今のままじゃ・・・」
「・・・わかってるよ」


ジャージャージャー


ツトムのカラダを洗っていく

少しおなかにたるみがあるが
鍛えれば立派なカラダになりそうな感じがする
ガリガリの実父に似なくて本当によかった


「おちんちん触るよ」
「・・・うん」


元気づけるためにおっぱいで挟んであげることにした
もちろんはじめてのことだ


「えっ あっ あぁ~」
「気持ちいい?」
「う、うん 母ちゃん やっ やわらかい わっ あぁ」


乳首がこすれて私も少し興奮してきた


「ツトムはおっぱい大きい彼女を作らないとね」
「う、うん はぁ はぁ あっ あぁ~~~~~」


ツトムのザーメンが肩とあごに飛び散ってきた


「今日は特別だからね」
「えぇ~ これからもおっぱいでしてよ 母ちゃん」
「もう そういう時だけ甘えるんだから」


チュッ


「わかってきたじゃないの その調子よ」
「ハハッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

博愛淑女のテコキッス(4)「女だと認識してもらうために脱いじゃおっかな」

「ねぇ ちょっとあそこ行ってみない?」
「マジですか」


多田カズノリ 32才 独身 コンビニ店員

大手IT企業出身 就活しながらの繋ぎバイト
2週間前から同じシフトになるようになった

今日はたまたま終わる時間も同じだったので
飲みに誘ってみたらOKしてくれた


「私なんかに興味ないってわかってるけどさ
さっき彼女いませんって言ってたから」


2時間ほど飲んでいたので私も多田くんもほろ酔い状態
思いきってラブホテルに誘ってみた

家を出る時のツトムとの行為で興奮して発情したのだ

そもそもセックスは3年以上ご無沙汰
前回の相手は前の職場の妻子持ちの店長
その時は泥酔状態だったのでほとんど覚えていない


「興味は・・・正直そういう目で見たことなかったです
すいません 宮原さん」
「ううん 普通よ アイドル好きってことは
若い女が好きってことだしね」
「はぁ・・・困っちゃったなぁ」
「ごめんね でも一応私も女だから楽しめると思うわよ」
「いやぁ そうかもしれないですけど・・・」
「間違っても付き合ってとか言わないから それは約束するわ
そうだなぁ 息子に誓って これでどう?」


全身を舐めるように見ながら考えてくれている
ダメだったら家に帰ってひとりで慰めるしかない


「もうちょっと飲んでからでいいですか」
「うんうん 強いの飲んじゃいましょ」


小瓶のウイスキーを買ってラブホテルに入った


「乾杯!」

「女だと認識してもらうために脱いじゃおっかな」


上着からキャミソールそしてブラジャーを脱いでいった
多田くんはしっかり見てくれている


「これで女って思ってくれたかな」
「うわぁ 思ったより大きくてびっくりです」
「小さいって思ってたんだ」
「いやっ 思ってたっていうかそういう目で見たのは
ついさっきからですけど」
「ハハハッ そっか そうだよね」

「はぁ はぁ」
「もっとそばに寄ってもいい?」
「は、はい」

「好きにしていいのよ」
「はぁ はぁ」

「多田くんのおちんちん 早く見せて」


その言葉で多田くんの男の本能が目覚めたのか
私を押し倒しておっぱいに吸い付いてきた


「はぁ はぁ 宮原さん 宮原さん」


そして服をすべて脱ぎ散らかしお互いハダカに・・・



「・・・」
「えっ!? 多田くん! 多田くん!」


急に眠気がきたのか多田くんは眠ってしまった
ちんちんの先からドロンとしたザーメンがこぼれている


「はぁ・・・」


はじめて飲みに行ったので多田くんの限界を
知らなかったのは仕方ないがまさか不発で終わるなんて・・・


「あっ あんっ」


ただ家でオナニーするよりも興奮できる
AVをモニターに映し出しながらオナニーを楽しんだ

ダランとしぼんだ多田くんのちんちんを少し舐めてみる


「あんっ あんっ」


大人のオモチャを使おうかどうか迷ったが
指でガマンすることにした


前回の妻子持ちの店長とのことはあまり覚えてないが
さらにその前の同窓会でのセックスは鮮明に覚えている

卒業20年記念同窓会で生まれてはじめての3Pだった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

博愛淑女のテコキッス(5)「ねぇ 私のことオカズにしたことないの?」

「ねぇ 私のことオカズにしたことないの?」


2次会は独身と既婚でテーブルを分けることになった

独身テーブルの方は15人で男女共にバツイチが多い
ただ未婚の男も4人いる 学生時代モテない組だった男子だ


「・・・ない」
「いい度胸してるじゃないの 森野」
「ごっ ごめん」


森野マサキ サイト制作 ひとり暮らし

ツトムに雰囲気が似ているチビでメガネの男だ
背が低いこともあって童顔で20代にしか見えない


「あんたは?」
「僕!?」
「そうよ あれっ ごめん すぐ名前出てこない 教えて 森野」
「杉田」
「ありがと ねぇ 杉田 どうなのよ」
「・・・ある」
「本当に!?」
「う、うん」
「やったね 森野よりも杉田の方が好き!!」


杉田フトシ 和菓子屋 実家暮らし

太ってる印象しかなく名前も忘れてしまってたくらい
全く興味がなかった 今までの同窓会でも会話した記憶がない


「で、で、どんな風に」
「あっ クラスの女子でいろいろ妄想してって」
「何だ 女子全員ってこと?」
「う、うん」
「あんた ウソでもさぁ 何人か選んでって言わないとダメよ」
「あっ はぁ」
「『はぁ』じゃないわよ だからモテないのよ!」
「・・・ごめん」


途中の記憶は途切れ途切れだがたまたま両となりになった
森野と杉田と3次会を開くことにした


「そうだ 森野ってひとり暮らしだよね 部屋行こうよ」
「いやっ それは・・・」
「何々 見られたくないものでもあるの?」
「・・・」
「大丈夫 大丈夫 私は息子もいる母親だから ハッハッハ」


「杉田 さっきから胸とかおしり見過ぎだよ」
「ごっ ごめん」
「森野は今も全然私に興味ないみたいね」
「あっ ある あるよ」
「焦りすぎだから じゃあ もっとジロジロ見てよ」


森野のマンションに向かう道中どんどん盛り上げていった


「今さらだけどあんたたちって仲いいの?」
「えっ あっ 昔は・・・」
「そうなんだ 今日を機会にまた友達になりなよ」
「あっ うん」
「杉田もわかった」
「はぁ はぁ うん」


杉田はうしろを歩いて私のカラダを見て楽しんでるのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

博愛淑女のテコキッス(6)「そうだ エロ本も1冊買ってきてよ 3人で見よ」

「ここだけどあんまり大きな声とか出さないでね」
「わかってるって」


ガチャッ


森野のマンションは思ってたより広くてキレイだった
1LDKだがうちの倍くらいはある


「うわぁ リビング広~い」
「あっ ありがと」

「とりあえず乾杯しよ」
「うん」


コンビニで買ってきたチューハイとつまみを並べた


「グラビアポスターとか貼ってないじゃない」
「う、うん まぁ」

「あんたの部屋には貼ってあるよね」
「ううん 今は貼ってない」
「昔は貼ってたの?」
「うん」
「さすが杉田 期待を裏切らないわね」
「ハハッ」


「乾杯!!」


そのあと2人をからかいながら飲み進めた
襲われる危険性は皆無 

これ以上進展する気配もないので酔いに任せて仕掛けていった


「私を呼び捨てにしてみて」
「ナ、ナツミ これでいいかな」
「ウフフッ じゃあ スカート脱いであげる」
「わっ」
「はぁ はぁ」
「杉田 息荒すぎ」

「もうチューハイないから買ってくるよ」
「杉田が買いに行って ダイエットにもなるでしょ」
「あっ うん」
「そうだ エロ本も1冊買ってきてよ 3人で見よ」
「エロ本って・・・買うの恥ずかしいんだけど」
「じゃあ もうタクシー呼んで帰っちゃおっかな」
「えっ!? 買ってくる 買ってくるよぉ」
「ウフフッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

博愛淑女のテコキッス(7)「森野にだけ先に見せてあげる 上と下 どっちにする?」

「今までこの部屋に来た女って家族以外はいないの?」
「仕事関係で何人かいるけど」
「ふ~ん ここで打ち合わせしたりするんだぁ」


そう言いながら森野のとなりに座った
杉田は生理的に受け付けないが森野なら許せる


「あっ えっと・・・」
「森野にだけ先に見せてあげる 上と下 どっちにする?」
「えっ!?」


チュッ


戸惑う森野が可愛くなってキスしてみた


「早く答えて 帰ってきちゃうでしょ」
「・・・じゃあ 下で」
「そうなんだ ふ~ん エロいね ちょっと待ってて
ウォシュレットでキレイにしてくるから」
「う、うん」


シャーシャーシャー


森野は上と答えるとばかり思っていた
どちらかといえば乳首を責められたいのに・・・


「森野もパンイチになってよ」
「う、うん」
「少しくらいは染みが出来てるかなっと」
「えっ えっ」
「サービス サービス」


ズボンを脱がしてトランクスをチェックした
しっかりとシミが出来ている


「ニオイ嗅いでいい?」
「・・・うん」


ザーメンのニオイがかすかにする


「触るよ」


トランクスの中に手を入れて森野のちんちんを握った


「えっ あっ あぁ はぁ はぁ」
「すぐ発射しないなんてすごいね 偉い 偉い」
「あっ 実はさっき・・・」
「ウソでしょ ひとりでしちゃったの
だからトイレが消臭剤のニオイ強めだったのね」
「実は杉田も・・・」
「何々 いつの間にそんな会話してたのよ」
「さっき宮原さんがトイレに行った時に」
「私のおかげで友情復活したってことね」
「う、うん ありがと はぁ はぁ うっ」
「さすがにこれ以上強く握ったら危ない?」
「はぁ はぁ うん」
「そっか せっかくキレイにしてきたから見てもらわないとね
自分で脱いだ方がいい?それとも脱がしたい?」
「・・・脱がしたい」


緊張した手つきでパンティを下ろされた


「はじめてじゃないでしょ」
「あっ うん 一応 でも・・・」
「何?」
「慣れてないから」

「まぁ そんなこといっか 見てよ ちゃんと」
「う、うん」


トランクスの中に手を入れてシゴきながら
私のワレメを見つめている


「立ったままでいいの?」
「あっ 四つん這いになってもらいたいんだけど」
「ウフフッ やる気になってきたわね もうエロいんだから」


四つん這いになると息がかかるくらいまで
顔を近づけてきた


「はぁ はぁ」


ピンポ~ンッ


そのタイミングで杉田が帰ってきた
オートロックなのでいきなり玄関が開かないのは都合がいい


「ただいま」
「あっ あぁ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

博愛淑女のテコキッス(8)「杉田も早くパンイチになって」

「とうとう日が変わっちゃったね」
「う、うん」


「乾杯!!!」


同窓会は夜7時からだったので5時間以上飲み続けている
強い酒を飲んでないので何とか耐えている感じだ


「杉田も早くパンイチになって」
「う、うん」


私も下着とキャミソール姿になって
杉田が買ってきたエロ本をペラペラとめくった


「あぁ こういう体位は大変そうだなぁ
ふたりの好きな体位はどれ 私はこれかな 騎乗位ってやつ」
「はぁ はぁ」
「僕は・・・これ」
「バックね ウフフッ」


四つん這いにさせられたので予想通りだ


「僕はこれ はぁ はぁ」
「ちょっとぉ これって体位じゃないでしょ」
「でも・・・」


女性が顔にまたがってる写真を指さしたのだ


「そうだ ふたり そこで寝てみて」
「う、うん」


男2人を好きなようにからかうのは楽しい


「こういうのどうかなぁ」
「わっ あっ 宮原さん!!!」


森野の股間をグリグリと足で踏んでいった


「杉田 こういうの何て言うんだっけ」
「足コキです!」
「じゃあ 杉田もしてほしい?」
「は、はい」
「う~ん でも先にシャワー浴びてきてほしいな」
「浴びてきます!!!」
「森野も一緒にね」
「う、うん」


2人で仲良く浴室に行ったかと思うと10分ほどで戻ってきた


「早いわね じゃあ 私も」
「バスタオルは・・・」
「いいわよ 同じので これにしよっかな どっちの?」
「あっ 僕の・・・」
「ふぅ よかった 仲良くオナニーしながら待っててね」
「う、うん」


森野の濡れたバスタオルを使うことにした


シャーシャー ジャブジャブ ジャーーー



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

博愛淑女のテコキッス(9)「おいっ 杉田 ちゃんとティッシュに出せって」

「はぁ はぁ 宮原さん 宮原さん」


浴室を出てからは一気に突入していった


「はい はい ちゃんとかたくなってるかな」
「わっ あっ あぁ~」
「おいっ 杉田 ちゃんとティッシュに出せって」
「ハハハッ」

「チンコチェック チンコチェック 大きさは同じくらいね」


「あっ あぁ~ あぁ~~~~~~~」


杉田を手コキで発射させたあとに森野とベッドに向かった


「はいはい 後ろからどうぞ ゴムはつけてね」
「う、うん」
「ちゃんと家にコンドームがあるなんて」


コンドームがなければセックスまでするつもりはなかった
指でも舌でもイクことは出来るからだ


「はぁ はぁ いいわ あんっ 森野」

「あっ あぁ~ あぁ~~~~~~~~」


そのあと杉田と森野はソファで寝てしまったので
私ひとりでベッドに入って眠りについた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

博愛淑女のテコキッス(10)「はいはい 森野 興味ないだろうけど乳首舐めて」

「宮原さん おはよう」
「えっ ちょっと 杉田!!!」


目覚めると杉田のちんちんが頬に当てられていた


「森野 あっ あんたまで もう あんっ くすぐったいって」


森野はワレメに顔を埋めている


「ちょっと待って待って」
「宮原さん 森野とだけセックスするなんてひどいじゃない」
「わかったから トイレだけ行かせて」
「は~い」


シラフになって積極的になるとは本当に予想外だった
それも寝込みを襲ってくるなんて・・・


「顔に乗ってよ 宮原さん」
「はいはい 森野 興味ないだろうけど乳首舐めて」
「う、うん」

「はぁ~ん あっ あぁ~ん 気持ちいいわ」

「はぁ はぁ 宮原さんのマンコ あっ あぁ」


パンパンッ パ~ンッ パンパンッ


交互に責められて何が何だかわからないまま時間が過ぎていった


「ふたりのおかげで楽しい同窓会になったわ」
「僕らの方こそ・・・」

「そうだなぁ 次は10年後でいいよね」

「えっ!? そんなぁ」
「ハハハッ」


そのあと2人とはまだ会っていない 
連絡先を交換してないのでこのままだと再会は次回の同窓会だろう



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1345位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析