義母と義姉(1)「シコリ王子が選り好みとか笑わせんなって」

「いいよな おまえ 血の繋がりない女が家にいるんだろ」
「ババアとデブがいても・・・」
「シコリ王子が選り好みとか笑わせんなって」
「ちょっとその呼び方やめてくださいよ 本当に」


三宅ハルキ 25才 ムーブ引っ越しセンター勤務 2年目

半年前に父が再婚 義母と義姉との4人暮らし
家は2DKのマンション 僕は義姉と同室になった


向井オサム 28才 ムーブ引っ越しセンター勤務 7年目

入社当時から一緒に回っている先輩で次期主任候補
基本的に社員は僕と先輩であとは派遣やバイトで調整する


「今日は俺たちだけだからいいだろ」
「いやいやっ そのうちうっかり呼びそうじゃないですか」
「女のバイトいる時は気をつけてるから」
「一応僕も教える立場なんで男のバイトがいる時もダメですって」
「ハハハッ 確かにな」


先輩には彼女がいるが別の女にも手を出したりしている
最近は人妻にハマってるのでそのうちトラブルになりそうだ


「今日行く独身女の現場にアレがあるか賭けないか」
「あっても避難させてますって 20代でしょ 今日は」


この間2人で行った現場でバイブとローターを見つけた
その依頼者は46才の未亡人でわざと置いていた可能性がある


「そういえばおまえのとこにもあるだろ 探せば」
「部屋に入るのがそもそも無理ですから」
「そっか 確かに現行犯だと気まずいよな」
「そうですよ 一応義理でも家族なんで」


先輩には面白がられそうなので義姉と同室なことは内緒にしている


「ここだな よっしゃー! 今日も運ぶか」
「はい! 1階だしササっと終わらせちゃいましょう」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母と義姉(2)「ハルキくんさぁ もしかして私の下着触った?」

「ただいま」

「おかえりなさい ハルキさん」
「ハハッ」


ハルキさんと呼ばれることになかなか慣れない


「今日は何時に食べる?」
「あっ そっか 父ちゃん 遅番の日だ
いつでもいいですよ 一緒に食べます」
「そう うれしいわ」


義母 カズミ 56才 専業主婦

市が主催する熟年交流パーティーで父と出会った
ずっと食堂で働いていたので料理が上手い

父よりも6才年上だがもっと老けてみえる


ガチャッ


「ただいま」

「ハルキくんさぁ もしかして私の下着触った?」
「えっ!?」


義姉 カホ 33才 独身 スタミナカレー勤務

身長は僕より10cm以上小さいが体重は10kg以上重い


「興味あるのはわかるけど・・・」
「いやいやっ 僕じゃないですって」


義姉は被害妄想が強い勘違い女でタチが悪い
一緒の部屋にいても義姉の方を見ないように心掛けている


「お母さ~ん」

「何」
「もしかして私の下着触った?」
「うん 触ったけど それがどうかしたの」
「ちょっとぉ 勝手に触らないでって言ってるのに」
「いつものブラが見当たらないから紛れてるかもって
ちょっと探しただけじゃない」
「ブラだって お母さん ハハハッ」
「あっ ハルキさん ごめんね」
「いやっ 別にいいですけど」
「それでそのブラは見つかったの?」
「うん ハルオさんのとこにあったわ」
「ウフフッ どうしてそこにあったのかなぁ」
「ちょっと カホ!!」

「あっ じゃあ シャワー浴びてきます」
「逃げちゃった ハハハッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母と義姉(3)先輩にシコリ王子と呼ばれても仕方ない

「はぁ はぁ」


シャーシャーシャーシャー


見た目はどうあれ義母と義姉との同居を
楽しみにしてた部分もあった

オナニーは自由に出来なくなるが洗濯カゴを漁れば
すぐにブラジャーやパンティに触れそうだからだ


「あっ あぁ」


ただ義母がずっと家にいるのでほとんどチャンスはない
義姉も少しのことで大げさに騒ぎ立てるので無茶は出来ない


シャーシャーシャーシャー


シャワーを出しっぱなしにしながら
仕事終わりのオナニーを楽しむ

先輩にシコリ王子と呼ばれても仕方ないくらいにシコっている
1日平均3回 依頼者が不在の現場では昼休みにトイレでしたりする


「あっ あぁ~ あぁ~~~~~~~」


浴室の鏡を義姉の顔に見立てて思いっきりぶちまけた


「ふぅ・・・」


ザーメンまみれの義姉を想像すると興奮する



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母と義姉(4)「生姜焼きですか 美味しそうだなぁ」

「生姜焼きですか 美味しそうだなぁ」

「あらっ もう出てきたのね すぐに用意するわ」
「いやいやっ 別に急いでないですよ」
「ウフフッ ハルキさんよりカホが待ちきれないみたいだから」
「ハハッ」


食事に関してはなるべく一緒に食べることにしてるが
義姉のシフトが夜の場合や父が遅番の場合は全員揃わない
僕もほとんどないが夜の現場に行く時は外で食べてくる


「いただきま~す あぁ やっぱりこれよ これ」


義姉が機嫌がいいのは食べている時で
空腹になるとイライラしてみんなに当たり散らす
父も対象外ではない


「そうだ もう聞いてるかもしれないけど
今年中に新しい部屋に引っ越そうと思ってるの 3LDKとか」
「いいですね」
「さすがにハルキさんもカホとずっと一緒は気まずいもんね
今日みたいなこともあるし」
「はいはい ごめんごめん 私が悪かったで~す」
「気持ちがこもってないわよ カホ」
「いいじゃん もう許してくれてるよね ハ・ル・キ・くん」
「もっ もちろん」


義姉が美人だったら今のセリフで興奮できるが
現実は甘くない デブな上に家ではすっぴんなのだ


「そうそう 明日ハルオさんがベッドの補修するって言ってたわ
誰か詳しい人連れてくるって」


二段ベッドを使っているが少しの寝返りで
ギシギシと音がするので気になっていた

ちなみに上が僕で下が義姉でもそうなるので
もし義姉が上だともっと音が大きくなるのは間違いない


「それくらいハルキくんでも出来るんじゃないの」
「いやっ そんな技術は・・・」
「運ぶの専門ってこと?」
「あと包んだり・・・」
「そっか そうだよね」


何だかバカにされた気がする


「お母さん おかわり」
「はいはい ハルキさんは?」
「いやっ これで十分です」


少食なわけではないが元々義姉の合わせて大盛りなので
1杯で十分なのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母と義姉(5)『そういえばおまえのとこにもあるだろ 探せば』 

「あぁ~ん あんっ あんっ あぁ~」
「はぁ はぁ はぁ はぁ」


珍しく深夜にトイレに行くと寝室から声が漏れ聞こえてきた
今までも何度か聞いてるが生々しい


ジョロジョロジョロジョロ ジャー


「おぅ ハルキだったか」


トイレを出ると父が立っていた


「う、うん」
「聞こえたか」
「お盛んだね」
「ハッハッハ カホちゃんに聞かれたら何を言われるか・・・」
「大丈夫 大丈夫 寝たら朝まで起きないから」


義姉は寝つきがいい いびきも大きめだが父で慣れているので
別に何とも思わない


「じゃあ もう一戦頑張ってくるかな」
「頑張って」


うらやましい気もするが義母でシコったことは一度もない

再婚前は父と一緒にオナニーすることもあったが
いつも巨乳の若い子がオカズだった
それなのに年上の女性と再婚するなんて・・・


ガー スー ガー スー ピー


布団の中で義姉のいびきを聞きながら
ちんちんを握ってみた いつもは暴発しそうなので
トイレの中で握るようにしている


「あぁ~ん あんっ あんっ」


静かな部屋に義母のあえぎ声が小さく聞こえてくる
そういえば義姉はいつオナニーしてるのだろう
部屋でしてないなら僕と同じように浴室かトイレか


『そういえばおまえのとこにもあるだろ 探せば』


大人のオモチャが家の中にあるとすれば・・・

あっ もしかしたら下着を入れてあるベッドの下の
引き出しの奥にあるのかも・・・

明日ベッドの補修を手伝う口実で探してみようかな



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母と義姉(6)パンティゾーンには何もなかった

「ベッドの補修 僕も手伝うよ」
「そうか まぁ 自分が使ってるベッドだから気になるよな」


昼から友達の家に行く予定だったが夜に変更した


「ハルキさんもいるなら私はいなくていいわね」
「あぁ 部屋で休んでればいい」
「ウフフッ わかったわ」


義姉はもう仕事に出ているので好都合だ



「よし じゃあ はじめるか お願いするぞ 金田」
「任せてください」


DIYが得意という父の職場の金田さんが家にやってきた
年は知らないが見た目は40才前後という感じだ


「下の引き出しふたつはリビングに持っていっておくよ」
「そうだな あっ それって・・・」


父も義姉の下着が入ってる引き出しということに気が付いた


「動かさないように気をつけるって 毛布もかぶせておくし」
「そうしてくれ 機嫌が悪いととばっちりを食らうからな」
「ハハハッ そうだね」


義母が寝ていることを確認してから
リビングに置いた引き出しの中身をチェックすることにした


「ハルキ すまん 飲み物持ってきてくれ」
「うん 父ちゃんはお茶だよね 金田さんは?」
「あぁ こいつは炭酸炭酸 なっ?」
「はい もしあればでいいですけど・・・」
「いやいやっ なかったら買ってこさせるって 頼むぞ」
「うん」


補修の手伝いをしながらなのでなかなか進まないが時間は結構ある

パンティとブラジャーの形を崩さないように探っていく
思った以上に枚数が多い
全く男の気配は感じないが過去にいろいろあったんだろうか


「おぅ 音がしなくなってきた なっ ハルキ」
「うん すごいな 金田さん」
「いやいやっ」
「もうそっち系で独立しろって」
「三宅さんが一緒にやってくれるなら・・・」
「おいおいっ 俺をコキ使うつもりか」
「ハハハッ」


パンティゾーンには何もなかったが
ブラジャーゾーンは怪しい・・・ あっ!!!


真ん中あたりに手を入れるとそれらしいモノが手に触れた
よく見てみるとそれはまさにローターだった


ミッション完了!!!


先輩に言うかどうか迷うところだが大収穫だ
義姉が隠れてローターでオナニーか これはエロ過ぎる



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母と義姉(7)「少しくらいなら手伝ってあげるし」

「はぁ はぁ あっ あぁ~~~~~~~~」


トイレで義姉のオナニーを想像しながら
便器の中に思いっきりぶちまけた


シュッ シュッ 


消臭剤は忘れずに撒いておく


ガチャッ


「ハルキさん・・・」


トイレを開けるとまさかの義母が立っていた
声の大きさには気をつけていたが聞かれてしまったかもしれない


「あっ どうぞ」
「そ、そうね」


気になるので廊下で待つことにした
父たちが部屋で仕事のことを話しているのが小さく聞こえる


ジャー ゴポゴポッ


ガチャッ


「ハルキさん!?」

「えっと あの・・・もしかして・・・」
「ウフフッ 聞こえちゃったわ でも気にしなくていいわよ
お互い様だからね」
「すいません トイレなんかでしちゃって」
「ううん 娘と部屋が一緒だから仕方ないわよ」


「えっ!?」


いきなり義母は股間を触ってきた


「少しくらいなら手伝ってあげるし」
「・・・わっ」


驚いたと同時にさっき出したばかりのモノがビンビンになった
老けてるとかどうとか触られたら関係ないようだ


「やっぱり 若いわ それに大きい」
「いやっ そんなことないです あっ・・・」


父と比べれば大きいがごくごく平均的なサイズだ


「私のこといつでも触っていいのよ
おばさんには興味ないだろうけど」


好きに触っていい女のカラダ・・・手が勝手に伸びる


ムニュッ


おっぱいに手を当てると柔らかさに気が遠くなった
ブラジャーのガードがなくノーブラなのだ


「あっ やわらかい・・・ つけてないんですね」
「ウフフッ 今まで寝てたからね ハルキさんがいるから
ブラはつけるようにしてるけど カホもね」
「揉んでも・・・」
「もちろん でもお父さんには内緒よ 嫉妬しちゃうから」
「は、はい わかってます」
「仲いいから言っちゃいそうだなぁ」
「僕からは言いませんよ」
「あんっ もう少し下よ 私の乳首は」


話ながらも今がチャンスと手は動きまくっていた
もう本能としか言いようがない


「はぁ はぁ」
「カホに触るのは困っちゃうけど見るくらいならいいからね」
「いやっ 何を言われるか・・・」
「ううん あの子って本当は見せたがりなのよ 昔からだけど
下着のことだってわざとだからね」
「そうなんですか」
「だって普通は先に私に聞いてからハルキさんを問い詰めるでしょ」
「あっ あぁ そっか」
「どっちが先に結婚するかわからないけど4人で暮らしてる間は
それぞれ楽しみましょうね」


バサッ


「わっ わっ」


義母が僕のズボンとパンツを一気に下したのだ


「いい形だわぁ」
「ダメですって」
「ごめんなさいね~」


父たちがいなければさらに楽しめそうだったが
その日はそれだけで終わった

もちろん手が離れてすぐにトイレに駆け込み
はじめて義母でぶちまけたのは言うまでもない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1345位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析