いもうとクローゼット(1)「うん エロエロしてる ウフフッ」

「あぁ~ん 酔っ払っちゃった」


早乙女エイト 166cm 60kg 童貞 短小包茎

うちは父子家庭 1DKのマンションで3人暮らし

父 ゴロウ 175cm 80kg ダンプ運転手 デカチン
妹 ナナコ 148cm 40kg 童顔 八重歯 専門学生 

両親が離婚した原因となった浮気相手の娘がナナコで
何故か一緒に暮らすことになった

僕と妹は一応異母兄妹ということだ


「おいっ 父ちゃんが帰ってくるまでに
クローゼットに入れよ また怒鳴られるぞ」
「わかってるってば でもシャワーだけ浴びよっかな
お兄ちゃん 脱がせて~」
「えっ!?」


妹がこんなことを頼むなんて信じられない
一緒に住み始めた時から上下関係がはっきりしてるからだ

もちろん一番上は父でその次は僕
妹はクローゼットが部屋という居候以下の身分だ


「はぁ・・・やっぱり出て行くしかないのかな」
「出て行くって・・・父ちゃんには言ったのか」
「言うわけないでしょ そんなこと言ったら殴られちゃうよ」
「そこまではしないって」
「お兄ちゃんはブタゴリラの仲間だもんね」
「おっ おいっ!!!」


父をブタゴリラと呼ぶなんて・・・
見た目はその通りだが妹が言うのはありえない


「何?本当のことでしょ」
「急にどうしたんだよ 出て行く先でも見つかったのか」
「ウフフッ 冗談だってば 学費出してもらってるんだもん
結婚するまでは2人のパンツも洗うし汚れたティッシュも
片付けるよ あぁ~ 酔っ払うって楽しいな」
「そうか そうか」


お酒は20才の誕生日の日に少し飲んだと聞いたが
こんな風に酔って家に帰ってくるのははじめてのことだ


シャーシャーー ジャブジャブ


「はぁ はぁ あぁ~ん あんっ あんっ ハハッ」


台所にいると浴室の中の音が聞こえてくる

時々耳をすませているがいつもは歌っているだけで
こんなあえぎ声を聞くのははじめてのことだ


「あんっ あんっ もっとぉ あぁ~ん」


父がいる時はもちろん静かに入っている


ブルルルッ


ただ5分ほどすると父からメールが入った


”駅についた 何か欲しいモノあるか”
”モナカアイス”
”ナナコは帰ってきてるのか”
”うん”


駅からだと買い物をしたとしても20分くらいで帰ってくる
とりあえず妹に伝えることにした


ドンドンッ


「何 お兄ちゃん」
「父ちゃんからメールが来たぞ」
「えぇ~ せっかく楽しんでるのに」
「何か楽しいことでもしてるのか」
「うん エロエロしてる ウフフッ」
「エロエロって・・・」


妹の酔っ払った姿はかなり新鮮な感じだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

いもうとクローゼット(2)「こんなに近くで見るのははじめてかもね」

「あぁ 気持ちよかった そうだ もうエロエロしたの?」
「えっ あっ いやっ・・・」
「じゃあ 特別にちょっとだけ見せてあげるね」
「えっ!?」


タンクトップのすき間から谷間を見せてくれた
Bカップの小さなおっぱいだがネタとしては十分だ


「ウフフッ 見ながらエロエロしてもいいよ」
「ナナコ・・・」
「父ちゃんには内緒だからね」
「あっ あぁ」
「早くおちんちん出してエロエロして」


少し恥ずかしいがすでにビンビンになってるので
遠慮なくオナニーさせてもらうことにした

ただ父が帰ってくるまで10分もない


「はぁ はぁ」
「こんなに近くで見るのははじめてかもね」
「そっ そうだな」


オナニーしてる時に妹がトイレに行くことがあるので
ちんちんを見られたことは何度かある

ただ基本的に目をそらしてるので
ここまでじっくり見られたのははじめてのことだ


「ティッシュで受け止めてあげるね」
「あっ あぁ」
「どう?すぐに出そう」
「はぁ はぁ あっ もう・・・あっ あぁ~~~~」


ドピュッ ドピュ ピュッ


刺激が強すぎたこともあって短い時間にも関わらず
大量のザーメンがティッシュに発射された


「お兄ちゃんって お行儀がいいね こんなに出たのに
全然飛び散ってないし」
「はぁ はぁ たまたまだって」

「じゃあ 私は寝ちゃうね」
「あっ あぁ」


妹は父が帰ってくる前にクローゼットに入っていった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

いもうとクローゼット(3)「おまえもとりあえずは妥協して女を抱きまくった方がいいぞ」

「ただいま」

「おかえり 父ちゃん ナナコは酒飲んできたみたいで
シャワー浴びてすぐに寝ちゃったよ」
「そんなことどうでもいい ほらっ モナカだ」
「ありがとう」
「俺は久々にこれにした」
「あずきバーって・・・やめた方がいいんじゃない」
「食べ方を気をつければいいだけだろ」


父の好きなアイスはあずきバーだが
去年の夏に歯が欠けたことあったので制限しているのだ


「やっぱりモナカ美味しいな あっ それナナコの分でしょ」
「あぁ 冷凍庫に入れておけ」


妹の分まで買ってくる時は機嫌がいい時で
買ってこないことの方が多い

父が妹を引き取ったが理由は愛してるからではない
妹の実父である若い男と逃げた母の代わりに
憎しみの標的として家に置いているのだ

直接暴力をふるうことはないが暴言は日常茶飯事で
家事もすべてやらせている


「今日はオフロはどうするの?」
「そうだな 背中流してくれるか」
「うん もちろん」


父とオフロに入る機会が昔より増えた気がする
先に入っていても背中を流してと言われれば断らない


ガチャッ


ジャージャージャー


湯船にお湯を張ってる間に父のカラダを洗っていく


「もしかしてシャワー浴びたばっかりか」
「これはナナコだって」
「そうか しっかし あいつも酒を飲むようになるとはな
男にでもおごってもらってるのか」
「バイトしてないんだから多分そうじゃないかな」
「まぁ どうなろうがかまわないが
結婚前に妊娠だけはするなって言っておいてくれ」
「父ちゃんが言った方が効き目あると思うけど・・・」
「まさか おまえ 妹になめられてるんじゃないだろうな」
「そんなわけないって ハハッ」


さっきは多少バカにされてた気はするがいつもは違う


「で 今日は何の話が聞きたい?」


父とオフロに入るのが楽しいのはエロ話が聞けるからだ
たださっき出したばかりなのでそこまで盛り上がらない


「母ちゃんの話を聞かせてよ」
「何だ もうあっちは済ませたあとか」
「うん ナナコが帰る前にちょっと・・・」


もちろんナナコとのことは秘密だ


「そうだな もう ほとんど話したと思うけどな
あっ 母ちゃんの前の男の話でもしてやろうか」
「えっ 父ちゃんって元カレのこと知ってるの?」
「あぁ お互い付き合う直前まで相手がいたからな
愚痴の言い合いが発展しておまえが出来たんだ ハッハッハ」


友達期間が長かったとは聞いていたがこういうことだったのか


「俺と全然違うタイプでな 年下のメガネ男だ」
「そういえばその時の父ちゃんの相手って・・・」
「ほらっ 前に話した垂れパイの熟女だ」
「えっ 付き合ってたんだ」
「う~ん そうだな 向こうは遊びだったかもしれんが
俺は他に女もいなかったしな」
「いろいろあるんだね」
「おまえもとりあえずは妥協して女を抱きまくった方がいいぞ」
「う、うん」

「それでな そいつが神経質で・・・」


母の歴史をこんな風に知れるのは嬉しい
離れ離れになってからは一度も会ってないのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

いもうとクローゼット(4)「仕事の前にエロエロしても大丈夫?」

「お兄ちゃん おはよ」

「あっ おぉ 何時だ」
「まだ9時だよ 今日は遅番だよね パン食べる?」
「あぁ」


朝になれば今までの妹に戻ってると思ったが
ちょっと違う感じがする


「そうだ 昨日は男におごってもらったのか」
「どうして?」
「お金持ってないだろ」
「男ではないけど先輩におごってもらったの」
「卒業した人か」
「うん その人の会社に入りたいなって」
「推薦で入れるのか」
「ううん 競争率5倍だって」
「それは難しいだろ」
「だから先に対策とか聞いておいたの」
「ズルじゃないか コネで入るつもりか」
「情報戦って言ってよ」


やっぱり馴れ馴れしい


「ナナコ おまえ・・・俺のことバカにしてるのか」
「急に何?」
「口の利き方が今までと全然違うだろ」
「ふ~ん 父ちゃんみたいに偉そうにしたいんだぁ」
「いやっ こんな風に話してたら父ちゃんの前でも
変な感じになるから・・・」
「これでもダメ?」


妹はパジャマのズボンを下げてパンティを見せてきた


「おっ おいっ」
「ウフフッ」


今まで妹のことを女だと思わないようにしていた
昨日は特別だと・・・


「はぁ はぁ」
「仕事の前にエロエロしても大丈夫?」
「やっぱりバカにしてるな おまえ」
「してないよ でも 学校行くから着替えなきゃ」


いつもはクローゼットの中で着替えるが
今日は目の前で着替えてくれた 下着までだが十分過ぎる


「はぁ はぁ」
「昨日みたいにおちんちん出してエロエロしていいよ」
「そっ そうか」


着替え姿を見ながらオナニーを続けたが
発射する前に妹は家を出て行った


「じゃあね~」




にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

いもうとクローゼット(5)「じゃあ おまえがクローゼットで過ごしてみろよ」

「早乙女 これナナコちゃんに渡してみろよ」
「おまえなぁ」


和泉サトシ スーパーのバイト仲間 同い年

彼女はいないが童貞ではない
パートのおばさん2人と不倫を楽しんでいる


「もしかしたらすでに持ってるかもしれないけどな ハハハッ」
「持ってないって これ音出るんだろ」
「少しはな」
「クローゼットの中で使えば音が漏れるって」


そう言いながらもピンクのローターを受け取った
エロ動画ではよく見かけるが実物ははじめてだ


「しっかし ひどいよな ナナコちゃんの扱い」
「本人は気にしてないっていうか今では楽しんでるみたいだけどな」
「じゃあ おまえがクローゼットで過ごしてみろよ」
「いやっ 俺は・・・」
「まさか閉所恐怖症じゃないだろうな」
「そうかもしれない」
「最低の兄貴」
「うるさい!!!」


ローターのスイッチをオンにしてみた


ブルブルブルブルッ


「それで乳首あたりを責めに責めたあとに
焦らしまくれば女はだいたいよがりだすんだ」
「本当なのか」
「で よがりだしたらゴムをつけて一気に突っ込む
そこでの『やめて』は男を興奮させるためだから気にするな」
「胸の方でいいのか 動画見てると・・・」
「クリか そっちはダメだ 女が満足しちまうから
さらに言うと早乙女のチンコだと ほらっ・・・」


この間トイレでちんちんを見られたばかりだ


「丁寧なアドバイスどうも チッ!」

「まさか俺より小さいなんて思わなかったけどな
親父さんはいかにもデカチンっぽいのに」
「そのいかにもは正解だって」
「やっぱりか 遺伝しなかったんだな」
「はぁ・・・」


どうして遺伝しなかったのか父にも聞いたことがある

家系的には基本デカチンだけど
親戚に何人かは僕と同じような人がいるらしい


「レジ代わります」
「よろしくね 早乙女くん」
「はい」


スーパーでは品出しからレジまで何でもこなす

一番お気に入りの仕事は惣菜のパック詰め
すでに慣れているということもあるが
お客さんの視線にさらされることないので気が楽なのだ


「いらっしゃいませ ドライアイスは必要ですか」


レジも混んでいるとあっという間に時間が過ぎるので悪くない
夏は若い女の薄着が楽しめるという特典もある



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

いもうとクローゼット(6)「食べ終わったら襲われちゃいそう」

”今日は女のとこ泊まるからよろしくな”
”えっ!?彼女いないって言ってたのに”
”出来立てホヤホヤってことだ ガッハッハ”


珍しく父のメッセージに絵文字が入ってるので
若い女でも出来たのだろう 機嫌がよかったのもうなずける


ガチャッ


「おかえり お兄ちゃん 今日は父ちゃんの大好物の
餃子にしたよ 喜んでくれるかな」
「ストップ!ストップ!今日父ちゃん泊まりだって」
「えぇ~~~~」


包み終わってる餃子は冷蔵庫に一旦片付けた
僕と妹はそんなに好きではないのだ


「久しぶりだね ふたりで夜ごはん」
「あぁ 2年ぶりくらいか」
「覚えてないよ」
「そうだな」


彼女がいたことは以前もあったが夜は一緒に食べてたので覚えてない


「はい にんにくラーメン出来たよ」
「おいおいっ」
「だって余っちゃったんだもん 私も食べるから」


何もない時は部屋に転がってる即席ラーメンがうちの定番だ


「じゃあ・・・」
「そうだ クローゼットの中で食べようよ」
「狭いだろ それにニオイが消えなくなるぞ」
「にんにくのニオイ好きだもん 平気平気
ちょっと待ってね 布団とか出すから」


クローゼットといっても2帖くらいはあるので
ふたりでも何とか大丈夫な広さだ


「服も出すならリビングで食べればよかっただろ」
「いいじゃん いいじゃん 楽しいでしょ」
「ちょっと麺のびたんじゃないか」
「はいはい 食べて食べて」


「はふっ はふっ あぁ 美味しいね」
「そうだな パンチが効いてて・・・店のラーメンみたいだ」
「食べ終わったら襲われちゃいそう」
「何言ってるんだよ」

「今日はここで一緒に寝てくれる?」


妹が何を考えてるのかわからないが断る理由はない


「・・・まぁ いいけど」
「お兄ちゃん 大好き!!!」


テカテカのくちびるが顔に迫ってくる


「おっ おいっ ちょっと待てって」
「ウフフッ そうだね 先に片付けないと」
「手伝おうか」
「うん!」


エロい期待をしながら台所に向かった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

いもうとクローゼット(7)「さっき言った経験人数は大ウソだよ 処女じゃないけど」

「お兄ちゃん もうギンギンになった?」
「あぁ」
「おしりに押しつけてていいよ」


洗い物をしている妹のおしりにちんちんを押しつけた


「女の子 紹介してほしい?」
「えっ あっ いやっ まぁ・・・」
「ふ~ん どんな女の子がいいか 聞いておこうかな」
「デブ以外で頼む」
「ぽっちゃり系は苦手なんだ ブタゴリラの味方なのに」
「父ちゃんは関係ないだろ そもそも」
「ウフフッ」


何だか馴れ馴れしい今の方が話しやすくなった気がする
前は何だかんだ気を遣っていたのだ


「ナナコ 俺のこと軽蔑してるだろ」
「どうして?」
「そりゃあ・・・父ちゃんの味方だし」
「当たり前じゃない 本当の親なんだから」
「おまえもだろ」
「私は・・・うん そうだね」


確かに父とは血は繋がってないので微妙な関係だ


「こんな風に気軽に話せるようになるなんて思わなかったな」
「私もだよ この家にいる間は無理かなって
でも別にガマンしてたわけじゃないよ 今は快適だし
ほらっ クローゼットの中秘密基地みたいだったでしょ」
「確かに ニンニクくさくなったけど」

「お兄ちゃん おちんちんやわらかくなってきてるよ」
「おっ おいっ」


股間をさすられただけで発射しそうになる


「ウフフッ でも学校の友達のアドバイスのおかげなんだよね」
「話したのか それはマズいだろ」


大人になってるとはいえ家庭内差別が知られると大問題だ


「広めるような子じゃないって」
「そうか」
「その子にね 男の操縦法を教わったの」
「操縦法?」
「男も女もみんなエロエロ好きだからさ その子はね・・・」


その友達のことを詳しく話してくれた


飯島カズハ 専門学生 ぽっちゃり系

男だらけの家で育ったので男の生理には昔から詳しかったらしい
ただ家族の男たちとはエロエロな関係ではないようだ


「カズハを紹介しようと思ったんだけど興味ないよね」
「えっ いやっ・・・」


経験人数を50人以上と聞いてしまうと
ぽっちゃりだけどすぐヤレそうで・・・


「あっ やっぱり お兄ちゃんもただの男だね」
「何だよ それ」
「さっき言った経験人数は大ウソだよ 処女じゃないけど」
「何だって」
「わっ!ギンギンになった お兄ちゃんのおちんちん
ウソついたバツでパンティ脱がしていいよ」
「本当か」
「ウフフッ もう洗い終わったし ちょっとおしりを・・・」


台所に手をついておしりを突き出してくれた


「見てもいいよな」
「見るだけはダメ! わかってるでしょ」
「いやっ・・・」


童貞には荷が重い展開だ 
どうしよう・・・ あっ ローターがあった


「兄妹でこういうことするのってエロいよね エロエロ~」
「エロエロっておまえ・・・」

「クローゼットに戻ろ」
「あぁ でももしかしたら父ちゃん帰ってくるかも・・・」
「見つかっても怒られるのは私でしょ」
「まぁ・・・そうだけど」


何をしてても怒られるのは妹で間違いない




※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1318位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析