義父と嫁の白昼情事(1)「それにしても満子ってイヤらしい名前だな ハッハッハ」

「それにしても満子ってイヤらしい名前だな ハッハッハ」


下田満子 33才 158cm 65kg 専業主婦

母の知り合いに紹介された相手と先月見合い結婚

短大時代には半年ほど男がいたことはあるが
その後は一夜の関係が数人だけ

ちなみに名前はコンプレックスだったが
面と向かってからかわれたことは今までなかった


夫 輝彦 38才 150cm 50kg システムエンジニア

背が低くておとなしい性格 私がはじめての女


「あっ お義父さん おはようございます」


夫の実家で暮らすことになってびっくりしたのは
義父と夫が見た目だけじゃなく性格まで真逆だったことだ

ちなみに夫の髪はフサフサだが義父は禿げあがっている 
店に立つときはハチマキをしているらしい


義父 輝雄 63才 160cm 60kg ラーメン屋台店主
義母 和美 60才 148cm 45kg 精肉店勤務


「仲良くしようじゃないか」
「は、はい・・・キャッ!!!」


洗濯機の前でいきなりおしりを掴まれた

昼間義父とふたりきりになることが多い
義母は火曜休みなのでそれ以外の平日はほとんどだ

義父が仕事に行くのは家族全員で夕食を食べたあとで
営業時間は気分次第だが終電の時間が終われば大体帰ってくる


「スケベなケツだな ヘッヘッヘ」


夫とは新婚旅行中に何度もセックスしたが全く満足出来なかった
まるで保健の先生になって性教育でもしてるような・・・

さらに背が低いだけじゃなくアソコも小さいのだ
結婚前に体の相性を確かめておけば・・・

そんな後悔をしながら洗濯していたところで
義父におしりを掴まれた 

こんなことをされたのははじめてのことだ

今までもギラギラした目で見られてる感じはしていたが
まさか本当に触ってくるなんて思いもしなかった


「なぁ 今度俺のラーメンを食べに来てくれ うまいぞ」
「は、はい わかりました」


大した抵抗もしなかった私も私だが
まるで悪気なく接する義父に潔ささえ感じた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(2)「昼間っから何を言わせたいのよ ヘンタイ!」

「それでどうなの 輝彦さんは大丈夫だろうけど」


母 寿子 54才 150cm 60kg クリーニング店勤務

夫を紹介してくれた人は店の常連の橋本さんで
母とはプライベートで一緒に旅行に行くほど仲がいい


「うん 結構暮らしやすいよ お義母さんは仕事してて
昼間は家にいないし お義父さんは寝てたりいなかったりで」
「お義父さんの方はちょっと気難しそうだったけど」
「見た目だけだって」


買い物に行く途中などに母に時々電話する
まだ新婚なので家では電話しないように心がけている


「そっか よかったわ じゃあ 早く招待してね
橋本さんと一緒に行くから」
「うん」


そのあと友達に電話するのもいつものことだ
子育てで忙しくしてるので毎回は相手してくれない



「何か面白いことでもあったの 絵文字が爆発してたけど」


上野美佐 33才 162cm 50kg 専業主婦


何でも話し合える親友で男関係のことも
すべて情報共有している


「私の名前言ってみて」
「何々今さら ミツコでしょ 満月の満に子供の子で
満月に生まれたからって言ってたじゃない」
「ウフフッ それはそうなんだけど読み方を変えればさ」
「昼間っから何を言わせたいのよ ヘンタイ!」
「いいから 早く」
「もう マンコでしょ だから何なのって
男に性転換でもしたの 全然面白くないんだけど」
「それがさ お義父さんに・・・」


義父との一部始終を美佐に聞かせた


「ウソ!!!!!」
「本当なんだって」
「まだ新婚だしありえないんだけど」
「でしょ」
「いくらそう思っててもしばらくは
息子のためにガマンするでしょ」
「うんうん だから大した反応出来なかったもん」
「えっ!?掴まれたのに」
「あいさつ程度だったしね」
「それにスケベなケツって昭和過ぎるし」
「マンコもでしょ」
「うんうん ミツコのマンコは昭和だね」
「ちょっとぉ」
「ハハハッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(3)「風呂場で一発 布団で一発 寝起きで一発だ」

「ただいま 戻りました えっ・・・」


”はぁ~ん あぁ~ん はぁ はぁ”


玄関入ってすぐに大きめの喘ぎ声が聞こえてきた


ガラッ


「おぉ 早かったな」


義父は食卓にしているこたつの上に座ってオナニー中で
大画面のテレビにはもちろんAVが映っている


”ぺちゃっ ぬちゃっ あんっ あんっ”


「お義父さん ちょっと・・・」
「一緒に観るか」
「そこは・・・」
「あぁ あとで拭けばいいだろ 何か文句あるのか」
「いえっ」
「ハッハッハ 元気な男はセンズリしないとな」


ズルムケの黒い義父のチンコがイヤでも目に入る


「じゃあ 夕食の準備しますね」
「何だ ちょっとくらい付き合ってくれよ」
「でも・・・」


見ていたい気もあるが対応に困ってしまう


「昔は真上に向いてたんだがな 輝彦はどうだ」
「えっ あっ 向いてます」
「ハッハッハ そうか あいつは女を知らなかったから
物足りないだろ」
「そんなことは・・・」
「俺とはちょっと距離があってな 教えてやれなかったんだ」


夫の新たな一面を知った気がする
親の言いなりでもなかったということか


「じゃあ ちょっとだけ」
「おぉ 話がわかるじゃないか」


義父のとなりに座ることにした


”あぁ~ん パンパン あんっ はぁ~ん”


「はぁ はぁ 名前のとおりスケベなんだな 満子さんは」
「スケベじゃない女なんていないですよ」
「いやいやっ うちの奴はそうでもないんだ」
「そうなんですか」
「あぁ さすがに20代の時は毎日相手してくれたけどな」
「毎日!?」
「風呂場で一発 布団で一発 寝起きで一発だ」
「そんなに・・・」
「マンコに突っ込むために働いてるんだぞ 男は」
「ウフフッ じゃあ 昨日まではどうされてたんですか」
「よくぞ聞いてくれた これを見てくれ」


チンコを出したまま部屋に行って戻ってきた
手にしてるのはオナホールだ


「あっ・・・」
「昔はこんなのなかったからな 今は便利でいい」


絶倫の男がいると聞いたことはあるが
義父はまさにその男のようだ


「しばらくガマンしようと思ってたんだが
さっきケツを触っても怒ってなかったろ」
「・・・はい」
「大丈夫だろと思ってな」


一応気を使ってくれてたようだ


「お義父さんの家なんですから自由にしてください」
「そうか 嬉しいこと言ってくれるじゃないか
じゃあ 満子のマンコを見せてくれって言ってもいいのか」
「・・・」
「さすがにダメか ハッハッハ」


夫と話すよりも義父と話す方がよっぽど楽しい


「ずっとギンギンなんですね」
「そりゃあ 発射するまではカッチカチだろ 触るか」
「・・・はい」


手を伸ばして義父のチンコを触ってみた


「どうだ 昔の男にはもっと大きい奴がいたか」
「・・・」
「いなかったみたいだな ハッハッハ」


これだけのかたさと太さと大きさを兼ね備えた
チンコを握ったのははじめてのことだ

触ったついでにしごいてみた


「おっ おぉ これはいいな はぁ はぁ」
「お義父さん・・・」
「びしょびしょのマンコ見せてくれ」
「・・・はい」


AVの音声の中ではじめて義父と交わった


「あぁ~ん お義父さん ダメっ 気持ちいい」
「おぉ もっとだ もっと おっ あぁ~~~~」


おしりに義父のザーメンがぶちまけられた


「お義父さん・・・」
「すまん すまん まだまだ修行が足りないな 俺も」

「夕食の準備しますね」
「あぁ ここは片付けておくから」


そのあとシャワーを浴びて食事の準備をはじめた



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(4)「ねぇ 結婚してからひとりでしたことある?」

「満子 愛してるよ」


夫にはずっと満子さんと呼ばれていたが
呼び捨てにしてもらうように教育した


「あなたのおちんちん 大好き」


夫が義父に似てるところは毎日でも出来るところだ
60代になってもこのままなら悪くない

ただサイズが・・・


「はぁ はぁ 最高だよ」


家には義母がいるが夫はあまり気にしていない


「あぁ~ん あなた あなた あんっ」

「あっ あぁ 満子 あぁ~~~~~~~」


家族揃って夜ごはんを食べたあとは
夫とふたりでオフロの時間と決まっている

義母は寝る前に入って最後掃除もしてくれるのだ



「仕事どうだった」
「いつも通りだよ 君は?」


ピチャッ ジュルル


「私は・・・あんっ そうだ お義父さんがラーメン食べに来いって」
「そっか まだ食べに行ってないか はぁ はぁ」
「いつ連れてってくれるの? あっ あんっ」
「明日の夜にでも行こうか 給料日前の木曜日だから
いつもより空いてるだろうし」
「うんうん 楽しみ あぁ~ん そこ気持ちいい」


マンコを舐めてもらいながら日々の報告
夫には悪いが本当のことは言えない
義父と熱い関係になってしまったなんて・・・


「ねぇ 結婚してからひとりでしたことある?」
「えっ!?」
「本当のこと言ってくれないとすねちゃうからね」
「あっ 実は数回・・・」
「会社で?」
「う、うん ムラムラしちゃって」
「ネタは私でしょうね」
「・・・」
「ふ~ん でも正直に話してくれたから許してあげる」


逆に私のことだけ考えてると思うと荷が重い


「じゃあ そのネタ教えて」
「う、うん 妄想なんだけど君に妹がいて
2人で僕を取り合って・・・」
「その妹の方としちゃったんだ」
「うん 君はイスに縛られててそれを見てやめてやめてって」
「ウフフッ もし本当に妹がいたらアウトだけど 顔は?」
「鈴木理恵」
「誰?」
「AV女優なんだけど」
「ふ~ん」
「ごめん イヤなら二度と妄想しないよ」


あれっ 義父が見てたAVってもしかして夫のモノかな


「全然いいけどこれからもちゃんと教えてね」
「もちろんだよ」
「そのAVはどこにあるの?」
「結婚前に部屋の片づけを手伝ってくれた友達にあげたよ」
「ウフフッ そうなんだ じゃあ 行けば見れるんだね」
「あっ うん」


鈴木理恵かどうか 明日確かめてみよう
夫と義父は仲よくなかったので違う可能性もある



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(5)「うわぁ 展開早すぎ 何なの一体 官能小説?」

「連日 何よ テンション高すぎだし」
「美佐 聞いて聞いて あのあとさ・・・」


また義父との一部始終を美佐に聞かせた


「うわぁ 展開早すぎ 何なの一体 官能小説?」
「私もわかんないよ」
「満子の家行ったら私も餌食になりそう」
「来てよ 来て」
「ジジィ趣味ないから」
「そっか そうだった 美佐は顔オンリーだもんね」
「声もね」


美佐は行為というより顔と声で興奮するタイプなので
サイズなどは全く気にしない 包茎でも問題ないらしい


「輝彦さんだけならいいんだけどお義母さんもいるから
もし見つかったらって思うと・・・」
「逆に興奮するってか 満子さぁ 完全に楽しんでるよね」
「だって本当に理想的な形と硬さなんだもん」
「じゃあ そのお義父さんと再婚しなさいって ハハハッ」


「また近々話聞いてね」
「しばらくはいいわよ もうおなかいっぱいだから」
「あぁ~ん 美佐ぁ」


いつもは先に母に電話するが今日は逆になった
もちろん母に本当のことは話せない


「どうしたの 声が明るいけど 機嫌いいみたいね」
「わかる?お義父さんが掃除手伝ってくれてさ」
「本当に!?」


こたつを拭いてもらったことを大げさに伝えてみた


「輝彦さんも本当に優しくて・・・
お母さん 私を産んでくれてありがとね」
「結婚式でそんな風なこと言われたばっかりなのに」
「ウフフッ そうだった そうだった」

「今から出かけるからまた今度電話して」
「うんうん お母さん 愛してるよ」
「久しぶりに愛してるなんて言われたわ
じゃあ 新婚生活楽しんでね」
「はぁ~い」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(6)「控えめな女にしか興奮しないんですか」

「お義父さん 正直に言ってください
オナホールと私のマンコ どっちが気持ちいいですか」
「満子のマンコに決まってるだろ」
「ウフフッ じゃあ これからは・・・」


義父の前でパンティーを脱いでマンコを見せつけた


「ハッハッハ うちの息子はいい嫁をもらったな」
「あんっ そこ」


中指と人差し指でマンコを責めてくる


「お義父さんの息子ってどっちですか こっちのムスコかな」


ズボンの中に手を入れてボッキする前のチンコを握った


「おいおい 満子さん 今日はずいぶんと積極的だな」
「控えめな女にしか興奮しないんですか」
「そんなことない」
「じゃあ 今日は口でも・・・」


義父のチンコを咥えるとすぐにギンギンになった


「おっ おぉ あっ あぁ」
「う、うぐっ はぁ はぁ」


「満子さん おっ・・・」
「呼び捨てでいいですよ」
「いやいやっ 結婚する前にうちの奴に言われたんだ
義理の父親にさん付けされると優しくしたくなるって」
「お義母さんは呼び捨てされてたんですか」
「いやっ ちゃん付けだ 和美ちゃん 和美ちゃんってな
ほらっ 背が小さいから完全に娘扱いされてたんだ」
「あぁ そういうことですか 私はどっちでもいいですけどね」
「じゃあ とりあえず家族の前では満子さんと呼ぶことにするか」
「間違えそうですね」
「ハッハッハ 確かにな」


「あぁ~ん お義父さん 早く入れて」
「わかってる しっかりぶち込んでやるからな おらっ おらっ」
「あんっ うわっ すごい あぁ~ん あんっ あんっ」


「こたつに手をついてケツを突き出してくれ」
「はい」


パァ~ン パンパンッ


「あぁ~ん 気持ちいい あぁ~~~~~~」


今日は私が先にイってしまった


「おっ イッたな 締まる締まる」
「お義父さん・・・もう・・・」
「じゃあ 口でしてくれ」
「は、はい」


「出すぞ 満子」
「うっ うぐっ・・・」


チンコを咥えたままうなづいた


「おっ これはいいや あっ あぁ~~~~~~~」


義父の男汁が口の中にぶちまけられた
ただ毎日してるからか量は少なめでドロっとしていない


ゴクッ


「ハハハッ 飲んでくれるなんて いい女だな」
「女じゃないですよ 嫁です 嫁」
「そうだ 息子の嫁だったな」


「今晩は輝彦さんと店にラーメン食べに行くので
夜ごはんは軽めに済ますつもりです」
「食べれるだろ 満子は」
「太ると感度悪くなるって聞いたので」
「今さらか」
「お義父さん! ひどいじゃないですかぁ」
「ハッハッハ 満子の怒るポイントはわかりにくいな」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(7)「疲れてるなら私ひとりで店に行くよ」

「このあと満子と父さんの店に行く予定なんだけど
母さんも一緒に行く?」


4人揃っての夕食がはじまった


「いいわよ 私は」
「たまには顔出せよ おまえ」
「仕事で肉にまみれてるから脂っぽい場所に行きたくないだけよ」
「あぁ そういうことだったのか」

「満子さん 私もね 今の仕事する前は時々行ってのよ」
「そうなんですね お義父さん 理由知らなかったんですか」
「あぁ 嫌われたかと思ってな」
「何を言ってるんですか あんたは」
「ハッハッハ」


和やかなまま夕食は終わった


「ごちそうさま 店に行くまでちょっと寝ててもいいかな」
「疲れてるなら私ひとりで店に行くよ」
「そうだぞ 俺と一緒に帰ってくれば安全だしな」
「でも・・・母さんよりもずっと店に行けてないし」
「そもそもラーメン好きでもないもんね 輝彦は」
「そうなんですか」
「満子さん 聞いてないの?」
「・・・はい」

「こいつはそばが好きなんだ でも屋台そばじゃ仕事にならんだろ」
「私も今はラーメンなんか見たくないけど大好きだったのよ」
「じゃあ 誰に似たんだ 輝彦は」
「お義兄さんでしょ 蕎麦打ちもはじめたって言ってたし」
「そうだった 兄貴だ 兄貴 お盆休みにでも行って来いよ
結婚式の時にも誘われてただろ」
「うん 伯父さんのところは今度泊まりで行くつもりだよ」


夫とそのあとふたりで話し合った結果
今夜はひとりで行くことになった


「帰りは父さんがいるから安全って言ってたけど
危ないから最初から車で行けばいいよ」
「そっか そうだね 駐車場代かかるけど」
「11時以降は安かったと思う 3時間200円くらいだったかな」
「そうなんだ」


免許は持ってるが車を持ってなかったので
そういう事情にはあまり詳しくないのだ
ただ年に数回は運転してたのでペーパードライバーではない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(8)「おいっ 高田ちゃん あんまり見るなって 帰っちまうだろ」

「いらっしゃい どうぞ!」

「お義父さん 私です」
「おぉ 満子さんか 待ってたぞ 座れ 座れ」


店は屋台の方に5人くらい座れるようになっていて
外に4人掛けのテーブルが3つ置いてある

今は屋台の方にひとりとテーブルがひとつ埋まってる状況だ


「親父さん 満子さんってもしかして・・・」
「息子の嫁だ」
「おぉ~ ついに現れましたか うわさのお嫁さん」
「大げさに言うなって」


常連さんだろうか マジマジと私を見てくる


「おいっ 高田ちゃん あんまり見るなって 帰っちまうだろ」
「お義父さん お客さんにそんなこと・・・」
「いいんだって こいつは」
「ハハハッ 満子さん いいんですよ 私は
前に会社をクビになった時にはツケで飲ませてもらったりして・・・」


高田直之 40才 医療品メーカー営業 バツイチ


「何が満子さんだ 全く」
「いいじゃないですか ねっ 満子さん」
「は、はい 何とでも呼んでください」


薄着で来てしまったのですぐにトイレに行きたくなってきた


「お義父さん トイレって駅ですか」
「いやっ あそこの交番の横に公衆便所がある 男の方は汚いけど
女の方は使う奴少ないからキレイなはずだ 行ってこい」
「僕がエスコートします」
「ウフフッ いいんですか」
「まぁ そうだな 酔っ払いに絡まれるかもしれないから
一緒に行ってこい あっ こいつが何かしたら報告しろよ
アツアツのラーメンスープを頭からぶっかけてやるからな」
「怖いこと言わないでくださいって 親父さん」
「ハッハッハ」


高田さんとトイレに連れて行ってもらうことになった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(9)「普通ですよ おっぱい動画見てシコシコっと」

「ミツコって何ていうか 古風な名前ですね」
「そうなんですよ」
「どんな字ですか」
「あっ 満月の満です」
「マン・・・そうですか ハッハッハ」
「何か言いたそうですけど ウフフッ」


義父を恐れているのかすぐにマンコとは言われなかった


「じゃあ 僕もついでに行きますけどここで待ってますね」
「はい」


早めにササっとトイレを済ませて外に出ると
高田さんはもう待ってくれていた


「スッキリしましたか」
「はい」
「僕もです」
「でも早かったですね」
「そうなんです 早いから離婚・・・」
「えっ!?」
「冗談です ダメですか こういうの」
「いえっ・・・嫌いじゃないです」


義父と同じ系列の人間のようだ


「あぁ よかった さすがにね 独身女性には言わないですよ」
「セクハラで訴えられますもんね」
「そうなんです 最近本当に厳しくなって
今もスレスレで言い訳出来るように言ったんですよ」
「大変ですね 男の人って」
「そうなんです」
「私は大丈夫ですから」

「もう少しゆっくり歩いて帰りませんか」
「はい でもさすがに5分以内で着いちゃいますね 見えてますし」
「遠回りしましょう」
「ウフフッ わかりました」


階段を下りて駅の反対側から店に帰ることになった


「帰りが遅いとちょっと恥ずかしいかも」
「そこは僕に任せてください 満子さんはすぐ出てきたって
ちゃんと親父さんには言いますから」
「よろしくお願いします」
「そうだな あっ 薬屋で酔い覚ましでも買いますか
言い訳の材料になるでしょ 連れ回すなって怒られそうだけど」
「ウフフッ」


薬屋に入ると高田さんはコンドームコーナーに向かった


「どれ使ってるんですか 新婚だから使ってないとか」
「いえっ 使ってます これです」
「薄いなぁ 旦那さんがうらやましい」
「高田さんは?」
「今は必要ないですけど現役の時はこれでしたね」
「ウフフッ」


「850円になります」


酔い覚ましのドリンクを2本買って店を出た


「若い時みたいに自分でシコシコしてるんですけど
何だか物足りないんですよね~」
「シコシコって・・・」
「離婚されないようにもっと頑張ってればなぁ」


思った以上に高田さんは酔っているようだ
少しだけサービスしてあげよう


「どんな風にしてるんですか」
「えっ あっ 普通ですよ おっぱい動画見てシコシコっと」
「おっぱいが好きなんですね」
「はい」


高田さんの視線が胸の方に集中している


「早いんですよね」
「あっ えっ はい」
「じゃあ あそこで・・・」


地下に下りる階段を見つけたのでそこを指さした


「えっと・・・あそこ大丈夫そうですよ」
「満子さん でも えっと 親父さんには内緒ですよね」
「当たり前じゃないですか 言いませんって」


階段下のビールケースが置いてある暗がりで
私はシャツのめくっておっぱいを出した


「どうぞ」
「あぁ ちゃんと見えないのが残念だけど・・・」
「片手で揉みながらシコシコしてくださいね」
「満子さんは女神だ 生きててよかったぁ」


義父に抱かれた時に私もそう思った



「はぁ はぁ あっ あぁ~~~~~~~~」


高田さんはビールケースめがけて男汁をぶちまけた


「ウフフッ たくさん出ましたね」
「は、はい もう思い残すことはないです」
「そんなこと言わないでくださいよ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の白昼情事(10)「私もお義父さんのラーメン食べてからムラムラしちゃって・・・」

「遅いじゃないか どこまで行ってたんだ」
「すいません これを買いに・・・」
「高田ちゃん そういうのはひとりで買いに行けよな」

「お義父さん そんなことよりもラーメンお願いします 
おなかすいちゃいました」
「そうか そうか 全部乗せでいいか」
「はい」

「ありがとね 満子さん」
「女神でしょ」
「ハハハッ」
「何だ 何だ 何をコソコソ話してるんだ」
「目ざといなぁ 親父さんは」
「うるせぇ」

「そういえば今日は車で来たんです」
「おっ そうだったのか よし 出来たぞ ラーメン」
「いただきまーす! うわぁ 美味しい!!!」

「じゃあ そろそろ帰ります」
「おぅ またな 高田ちゃん」

「満子さん また店に来ることあったら連絡ちょうだいよ」
「ウフフッ わかりました」
「また 何をコソコソ・・・」
「帰りま~す」


私がラーメンを食べ終わり他の客もいなくなったところで
義父は店の片付けをはじめた


「まだ終電の時間じゃ・・・私はここで待ってますけど」
「いやっ ガマン出来ないんだ もう」
「お義父さん・・・」


細かいことを聞く必要はない



「はぁ はぁ あんっ あんっ」


屋台を片付けたあと車の中ではじまった


「私もお義父さんのラーメン食べてからムラムラしちゃって・・・」
「この乳首がたまんないんだ」


チュパッ チュパッ


「あぁ~ん 痛いです」
「ハッハッハ ちょっと強すぎたか」


「おぉ~ あっ あぁ あぁ~~~~~~~」


谷間に男汁が・・・


「お義父さん 私はまだ・・・」
「はぁ はぁ わかってる 俺もまだまだ・・・」


「あぁ~ん あんっ あんっ あぁ~~~~~~」


「じゃあ 帰るか」
「はい」


ブルルルルッ


「あっ 鈴木理恵って知ってますか」
「鈴木・・・あぁ 輝彦の好きなエロ女優だろ」
「もしかしてお義父さんがいつも見てるのって・・・」
「俺は内容で見てるからな 気にしたことないが
そのエロ女優が出てるようなのは興味ないな」
「そうなんですね」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1431位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
58位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析