逆転姉弟(1)「下着も途中で着替えたのにビショビショよ はい」

「ごめん 姉ちゃん また辞めちゃった」
「はぁ・・・本当情けないんだから」


相沢翔太 19才 165cm 50kg 無職

両親を事故で亡くし伯母の家で暮らしていたが
僕が高校を卒業したタイミングで姉と一緒に家を出た


姉 和歌 23才 158cm 60kg 土木業

生まれつき男勝りな性格で乱暴だが
僕にとっては母親みたいな存在で頼りにしている


「オフロ沸かしておいたよ」
「主夫にでもなるつもり?」
「それもいいかな ハハッ」
「笑えないわよ 全く」


家は1DKのアパート 家賃4万円

姉の月給は手取り25万円 普通に暮らせば余裕がある
ただ伯母に半分持っていかれるので実質12万円ほどしかない
家を出る時に1000万円もの借金を背負わされたのだ


『出て行くのは自由だけど今までかかったお金は
ちゃんと返してよね うちも大変なんだから』
『えっ!?』


急な話だったが散々伯母に迷惑をかけていたので
受け入れるしかなかった 
姉は伯母のひとり息子に怪我をさせたりもしてたのだ

借金はすでに600万円返済しあと400万円残っている


「でも今日は暑かったわ はい これ」


作業服を受け取り少しニオイを嗅いでみた


「汗くさいなぁ 今年は早くない? まだ5月だよ」
「下着も途中で着替えたのにビショビショよ はい」


姉はスポーツブラと白いパンティしか持っていない
おしゃれには全くの無頓着なのだ


「下の毛 ちょっと伸びてきたから剃ろうかな」
「そこに置いてあるカミソリ使っていいよ もう替え時だから」
「オッケー!でもカミソリの前にハサミでちょっと切らないと」
「じゃあ これ」


ハサミを姉に手渡した
 
ちなみに下品な会話はあるがハダカを見せ合うことはない
盗み見ようと思えば簡単だがお互い意識して見ないようにしてるのだ


「ぬるくしておいたから10分以上は入ってよ」
「わかってるってば」


バタンッ


姉がオフロに入ってる間に洗濯するのが日課だ
今日も台所のシンクで手洗いをしていく


ジャブジャブジャブジャブ


パンティーの股の部分にはシミがよく残っている
きっといい加減に拭いてるのだろう



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

逆転姉弟(2)「そうだ 今日も現場でチンコ見せられちゃったよ」

「あぁ 気持ちよかった ごはん食べよ ごはん」
「せっかく沸かしたのにもうちょっと入ってきてよ」
「おなかがグーグー鳴っちゃって ハハハッ」


洗濯モノはあとで干すことにして先に夕食を出すことにした
惣菜を買ってあるのでごはんをよそうだけだ


「はいはい 大盛り一丁!!」
「今日も食べるぞぉ」


今日の惣菜はハンバーグ 割引で250円 3枚入り
何も言わずとも姉が2枚食べる 僕は少食なので1枚で十分だ


「おかわりよろしく~」


平均大盛り2杯だが調子のいい時は3杯食べることもある


「そうだ 今日も現場でチンコ見せられちゃったよ」
「トイレ遠かったの?」


トイレが遠いと男の作業員は立ちションで済ませると聞いている


「違う違う 私がいるからよ 男ってバカだよね
仕事中にムラムラするなんて」
「じゃあ ボッキしてたんだ」
「ボッキしてないチンコ見せる男はいないって
何だかんだ包茎野郎が多いんだから」
「包茎野郎って・・・そういえば美由紀先輩と最近会ってないの?」
「婚活で忙しいみたい」
「えぇ~~~~~」


金沢美由紀 25才 僕の初恋 姉曰く世界一の毒舌美女

ずっと美由紀先輩と姉はつるんでいたので時々会うことがあった 
喋ってないとモデル顔負けの美人だが姉より口が悪い


『あのチンカス野郎は懲りてねーみたいだな』


僕はあいさつくらいしかしたことがない
いつもただただ見とれていた
今もだが美由紀先輩をオナニーのオカズにしている


「好きなら早く立候補しなさいって」
「仕事もしてないのに・・・」
「私が保証人だから大丈夫よ 借金返し終わる頃には
給料も上がってるだろうし」
「姉ちゃん・・・」


美由紀先輩を好きなことはすぐに姉にバレた
寝言で何度も名前を呼んでいたからだ


「あぁ やっぱりスースーするわ」


姉はスウェットに手を入れながらそう言った
直にワレメを触ってるのかもしれない


「毛を剃ってたってことは10分も入ってないじゃん」
「ハハハッ バレた? じゃあ 今からまた入ってくるよ
本当におなかすいてたから出てきただけだもん」
「いやっ 別にいいけど・・・」
「ううん 翔太がそんなに言うなら従わないとね
ごちそうさま じゃあ 行ってきます!!」


洗濯モノを干したあと夕食の片づけをはじめた
浴室からは鼻歌が聞こえてくる


”女の武器を使って戦う 時代の波に揉まれて~”


今日は機嫌がいいみたいだ


”はぁ~ん あっ あんっ あぁ~ あぁ~~~~~”


鼻歌のあと急に喘ぎ声が聞こえてきた
いつもは布団の中でオナニーすることが多いので珍しい

家でする時だけかもしれないが姉はすぐにイってしまう



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

逆転姉弟(3)「ブラジャーってこのスポブラしかないのか」

「お邪魔しま~す!」


北川健吾 19才 175cm 65kg 浪人生

中学時代から仲良くしている友達のひとり
他の友達は大学や仕事で忙しいので遊んでくれない


「予想してたよりボロいでしょ」
「いやっ まぁな おっ 早速パンティー見っけ クンクンッ」
「ちょっと ちょっと」


北川を家に入れるのははじめてだ
伯母の家にいた頃は近所だったが1度も家に入れてない


「ブラジャーってこのスポブラしかないのか」
「うん 探してもいいよ」
「まぁ でもこれはこれでエロいよな」
「何でもありってことじゃない」
「ありだろ 童貞ってこと忘れたのかよ」
「忘れるわけないって あとは僕たちだけだし」


他の友達はもう経験済みでいろいろ話を聞かせてもらっている
エロ動画と話のセットでオナニーすることもある


「男はいるんだろ」
「う~ん いないみたいだけど」
「いやいやっ まわり男ばっかりなんだぞ
いないわけないだろ」
「そうなんだけど先に僕の彼女を見つけたいみたい」
「最高の姉ちゃんだな」
「うん」


そう言いながら北川はパンティーをチンコに巻きはじめた


「そうだ おみやげがあるんだ」
「おみやげ?」
「ほらよ」


カバンから出てきたのはエロ雑誌だ


「どうしたの これ」
「叔父さんがくれたんだ もうすぐ結婚するから必要ないってさ」
「うわぁ・・・」
「おっぱい星人にはたまらないだろ」
「うんうん」


引っ越してきてからエロ動画はもちろんエロ雑誌も見てなかった


「デカチン早く出せって」
「う、うん」


背も低いし顔もブサイクだし頭も悪いが
チンコの大きさだけはクラスで一番だった


「あいかわらず宝の持ち腐れだな」
「ハハッ」
「あぁ 交換してもらいたいぜ」


ペラペラッ


「わぁ このおっぱい・・・」
「挟んでもらいたいな はぁ はぁ」
「う、うん」
「ぶちまけてぇ」


シコシコシコッ


「これもいいな」
「あぁ 若いのにちょっと垂れてて乳輪もデカいし」
「はぁ はぁ」


ペラペラッ


「ふたりで暮らしてたらさすがにハダカは見ることあるだろ」
「ないってば 前にも話したじゃない」
「服の上からでも形はわかるだろ」
「形は・・・まぁ」


ノーブラでいることもあるので多少はわかる
ただ気づかれないように見たりするだけなのでほんの一瞬だけだ


「正直ネタにすることあるんだろ」
「ないよ ないない」
「腹を割って話しようぜ 俺の秘密だって教えただろ」


おとなしい親戚のおばさんのオフロを何度ものぞいてることだ
ふたりきりになることがないので進展がないらしい


「そうだ これ 嬉しいんだけど置き場所に困るよ どうしよう」
「男らしく部屋の真ん中に置いておけって」
「他人事だと思って もう どうせ笑われるだけだけど」
「男前だよなぁ 俺の最初の相手になってもらおうかな」
「本気で言ってるの?」
「ダメなのかよ」
「ううん その逆だよ チャレンジしてみて」
「いやっ 百戦錬磨の女とやって自信失くしたくない」
「そこまでじゃないって 多分」


「はぁ はぁ あっ あぁ~ あぁ~~~~~~」


北川は姉のパンティーにぶちまけた


「ちゃんと洗ってから帰ってよ」
「なぁ カピカピのままはいてもらおうぜ」
「別にいいけど さすがにそれは北川くんのだって言うからね」
「おいっ 冗談だろ」
「ハハハッ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

逆転姉弟(4)「化粧上手いからねぇ スッピンなら私とイーブンだよ」

「ただいま」


夜は北川と近所のマックに食べに行ったあと解散した


「おかえり ナゲットとポテト買ってきてくれた」
「うん これ あぁ~ トイレ トイレ」


ジョロジョロジョロジョロ


「やっぱりマスタードおいしいわ」


姉はスウェットに着替えてくつろいでいた


ペラペラッ


「えっ!?」


一応クローゼットの奥に隠したがもう見つかっていた
姉はエロ雑誌のページをめくっている


「よかったじゃない 北川くんのおみやげでしょ」
「う、うん」
「壁にお気に入りの写真貼ってもいいよ」
「貼らないって 何言ってるんだよ」
「ウフフッ」


伯母がいきなり訪ねてきたら気まずくなる


「いい形してるわぁ」
「姉ちゃん もういいでしょ」
「翔太って女のカラダで一番どこが好き?」


その瞬間チラッと姉の胸元を見てしまっった


「ふぅ~ん おっぱい星人なんだ 伯父さんと一緒だね」
「伯父さん?」
「夜中家に帰った時にリビングでエロビデオ見てるのを見かけてさ
全部巨乳のばっかりだったよ 伯母さんかわいそうだなって」


伯母のおっぱいを見たことはないが
服の上からでも小さいとわかる


「毛深いね この女 それでどこなの?」
「えっ!?」
「おっぱいで合ってた?」
「・・・うん」
「ウフフッ 知ってたけどね」
「もう」
「美由紀先輩はおっぱい小さいよ 知ってた?」
「えっ・・・」


見た感じDカップはありそうなのに・・・


「パッド入れてるのよ 私はハダカの付き合いだから」
「そっ、そうなんだ」
「ガッカリしてるみたいだけどおっぱいで相手を決めるのは
やめた方がいいわよ」
「別に・・・顔もキレイだし」
「化粧上手いからねぇ スッピンなら私とイーブンだよ」
「まさか・・・」
「ウフフッ 夢を壊しちゃったかな」
「・・・」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

逆転姉弟(5)「翔太ってガマン強いよね 生のおっぱいが目の前にあるのにさ」

「おっぱい触りたい?」
「えっ・・・」


「翔太ってガマン強いよね 生のおっぱいが目の前にあるのにさ」
「だって姉弟だし・・・」
「セックスするわけじゃないんだから」
「姉ちゃん 酔ってるの?」
「酔ってないわよ 一緒に暮らしはじめた頃からさ
いつ言ってくれるのか待ってたのよ 私から言うのも変だしさ」
「・・・」
「最近チンコチンコ言ってるでしょ 意味もなく」
「う、うん」


確かにチンコの話をよくするようになっていた


「もっと仲良く暮らそうよ 布団だってひとつでいいし
オフロだって一緒に入ればもっと楽しいんだから」
「う、うん」
「お互い相手が見つかったら同居終わっちゃうんだよ
期間限定なんだからガマンするのバカバカしいじゃない」
「・・・うん」
「もっと早く言えばよかったんだけど
このエロ雑誌見てたらそろそろいいかなって」
「・・・」


「ポテトキスではじめよっか」
「・・・うん」


姉を女として見てないとしてもここまで言われると意識してしまう


ペチャッ チュッ


「翔太 くちびるの油 ちゃんと舐めてね」
「うん はぁ はぁ」


チュッ チュッ ブチュ~


手を掴まれてそのまま胸の方へ導かれた


「わぁ・・・」


Tシャツからでもわかる柔らかい感触


「続きはオフロでしよっか 隅々まで見せっこしようよ」
「姉ちゃん・・・」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

逆転姉弟(6)「顔でもチンコでも何でも挟めるわよ ほれほれっ」

「私から脱いであげるわ」


姉は躊躇なく脱ぎはじめた


「じゃあ ブラ取るよ しっかり見て」
「う、うん」


大きいおっぱいが目の前に現れた
予想したよりも形がいい


「顔でもチンコでも何でも挟めるわよ ほれほれっ」


おっぱいを乱暴に寄せたりしてるので
色気はあまりないがインパクトがすごい

一気にチンコが本気を出し始めた


「パンツは僕が先に・・・」


ボッキしたチンコをはじめて姉に見せた


「えっ!?」


「ハハッ」
「ちょっとぉ 翔太のチンコってこんなデカかったの?」
「あっ うん 一応」
「チラッと見たことあったけどこんなに大きくなるなんて・・・」
「ちょっと恥ずかしいな 自分から脱いだけど」
「童貞・・・でしょ」
「うん」
「アハハハッ そっか そっか でも襲われそうだから
今日はおっぱいまでにしよっかな」
「あっ うん でも・・・」
「やっぱり見たい?」
「見たいっていうか触らせてほしい」
「マンコ?」
「あっ ううん おっぱい」
「おっぱいね うん いつでも触ったり揉んだりしていいよ」
「本当に!?」」
「さっき言ったでしょ セックスだけしなければいいって」
「う、うん」


姉がパンティ1枚の姿で近づいてきてくれた


「うしろから・・・」
「そっ そうね」
「当たっても・・・」
「えっ うん 当てるのは全然いいわよ でも襲っちゃダメよ」
「姉ちゃんの方が強いのに何言ってるの?
そもそもそんなことするわけないし」
「そ、そうよね ごめんね 変なこと言っちゃって」


おしりにチンコを当てておっぱいをゆっくり揉んでいった


「あぁ~ 柔らかいよ 姉ちゃん」
「ウフフッ あっ あんっ 本当に大きいわね」


姉はパンティーの中に手を入れて楽しみはじめた


「さっきの話 本当だよね はぁ はぁ」
「何々 あんっ はぁ~ん あっ 触ったり揉んだりってこと?」
「う、うん」
「あぁ もう私がガマン出来ないわ ごめんね 翔太」


振り返ったと思うとすぐにしゃがんでチンコの先を舐めてきた


「わっ!!!!」
「はぁ はぁ 口の中に出してもいいし 顔にかけてもいいからね」
「えっ あっ もう ダメだって」


口にチンコ半分も入らないタイミングで暴発してしまった


「わぁ~ あっ あぁ~~~~~~」


少しだけくちびるに飛んだがあとは口の中に・・・


ゴックンッ


「ふぅ・・・翔太の精子飲んじゃった」
「姉ちゃん・・・」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

逆転姉弟(7)「明日も仕事なのに触っちゃってごめん」

「じゃあ 今日から一緒に寝ようね」
「うん」


布団に入ってすぐに姉のおっぱいに手を伸ばした
明日になればダメだと言われるかもしれないからだ


「ウフフッ」


何だか姉が別人に見える 言葉遣いも優しくなったし
男っぽさが完全に消えたような・・・


「明日も仕事なのに触っちゃってごめん」
「ううん いいって そうだ マンコも近いうちに見せてあげるわ」
「別にいいよ」
「本当に興味ないんだね でも見てもらいたいの
今日はちょっと無理だけど」
「それより姉ちゃん さっきから変だよ 喋り方」
「あっ そっか おかしいよね いやっ おかしい
明日には戻ると思うわ」
「うん そうして 調子狂っちゃうよ」
「アハハッ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

逆転姉弟(8)「おいっ 相沢 何をチンタラしてるんだ 生理か」

「おいっ 相沢 何をチンタラしてるんだ 生理か」
「えっ すいません アハハッ」


弟のデカチンを見てから私は正気を失ってしまっている


「すいませんって何だ 逆に怖いじゃないか
おいっ 誰か 相沢を病院に連れていけ」
「大丈夫です 大丈夫です」


初体験の時でさえ入らなかった女のスイッチが入ったようだ


「先輩 ちょっと相談があって・・・夜空いてますか」
「何だ何だ 深刻そうだな」
「・・・はい」
「おまえ 和歌だよな」
「はい」
「はいじゃねーだろ ハッハッハ」
「・・・すいません」
「謝るとか・・・本当に重症だな 男探しに忙しいけど仕方ない
とことん相談に乗ってやるよ」
「お願いします!」


昼休みに美由紀先輩と約束を取りつけた
自分ひとりではどうすればいいかわからないからだ


「おいっ 相沢 連れション行こうぜ」
「あっ さっき行きました」
「付き合い悪いな じゃあ ここでしてやるか」


ジョロジョロジョロジョロッ


「おいおいっ 見てから行けよ おいっ」


いつもはからかい半分で見てあげてるが今日は見る気がしない
頭の中が弟のデカチンでいっぱいなのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

逆転姉弟(9)「男らしく見せちまえば手伝ってくれたかもしれないのに」

「北川くん ありがとね」
「何だ ニヤニヤして 気持ち悪いぞ」


姉のおっぱいを自由に触れるようになったきっかけは
明らかにエロ雑誌のおかげだ

ただ何もかも話すのは早い気がする


「この本で何回も・・・」
「夜は姉ちゃんがいるだろ 何回もって寝てる時にか」
「まぁ そんなとこ」
「男らしく見せちまえば手伝ってくれたかもしれないのに」
「普通に姉弟だもん」
「わかってるって でも女は女だろ パーツ的に」
「北川くんが興味あるなら隠し撮りくらいしてあげるよ」
「えっ マジか!あぁ 俺も叔父さんに感謝しないとな」


お金がないのでお礼がそれくらいしか思い浮かばなかった


「作戦は考えて」
「おっ おぅ ちょっと家からビデオカメラ持ってくるわ
っていうか 来る前に言ってくれよ」
「ごめん」


オナニーをしながら待つことにした
昨日の出来事とエロ雑誌でいくらでも楽しめそうだ

今日も姉が帰ってきたら脱がして揉んで・・・
そんなことを考えている時に姉からメールが届いた


”美由紀先輩と飲みに行くから帰り遅くなる ごめんね”


最後の”ごめんね”は完全におかしい 
本当に別人になったとしか思えない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1345位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析