純粋な義妹(1)「最後に聞くが本当に俺たちとここで一緒に住むのか」

「最後に聞くが本当に俺たちとここで一緒に住むのか」
「・・・うん」
「覚悟は出来てるのか」
「えっ!?」


奥田哲也 28才 175cm 60kg 介護士 

父 哲夫 55才 165cm 65kg 送迎運転手
妹 千夏 20才 148cm 45kg 専門学生


うちは3人家族 千夏は継母の連れ子なので血の繋がりはない
継母が病気で亡くなりうちで引き取ることになったが
別々に暮らしていたので千夏と俺は葬儀の時が初対面だった


「部屋もプライバシーもないんだぞ うちは」
「・・・」
「出て行くなら縁は切らせてもらうけどな ガッハッハ」
「ううん ここで住む」


【グリーンハイツ】403号室 

玄関入ってすぐ台所 左右にトイレと浴室と4帖半2部屋
洗濯は月2回コインランドリーで済ませる

普通なら男所帯でわざわざ暮らす必要はない
たまたま千夏にとって条件がよかったから決心したのだろう

そう仕向けたのが父だということがわかるのはまだ先のことだ


「そろそろ午後の送迎の時間だろ」
「おぉ そうだな おまえもさっさと寝ろや 夜勤だろ」
「はぁ・・・それより早くまともな仕事見つけてこいよ
月10万じゃ酒代にしかならないだろ」
「おまえなぁ 親に向かってそれも千夏の前で・・・ふざけんなよ」
「何だよ そんなこと言ってもいいのかよ 出て行くぞ」
「おぉ 上等だ 出て行けや」


”俺が千夏を独り占めしていいのか”


父は千夏にバレないように俺の耳元でささやいた
頭の中にすぐエロい光景が浮かんでくる


「千夏 気にするな 俺たちはいつもこんな感じだからな なっ?」
「あっ うんうん そうだ そうだぞ」
「・・・」
「じゃあ 帰りに何か買ってくるから」


父は送迎の仕事に出かけた 
朝夕2時間ほどの仕事で空き時間は家で寝ている



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

純粋な義妹(2)「20才って聞いてるけど酒は飲んだことあるのか」

「呼び方は千夏でいいか」

「う、うん じゃあ 私はお兄ちゃんって呼んでいい?」
「おぅ そうだな 父ちゃんのことは何て呼んでるんだ」
「今まではおじさんって」
「ハッハッハ おじさんか そのままでいいんじゃないか」
「でも・・・」


背が低いだけじゃなく童顔で声も可愛い


「20才って聞いてるけど酒は飲んだことあるのか」
「1回だけ」
「そうか じゃあ 一緒に飲めるな」
「ううん ビールひと口で気持ち悪くなっちゃって」
「慣れだって酒なんて 俺も最初は苦くてダメだったけど
今じゃジュースなんて飲んでられねぇからな」
「そうなんだ」


見上げられるとドキドキしてくる 懐かしい感情だ
この千夏を父はどうするつもりだろう


「じゃあ 寝るわ」

「おやすみ お兄ちゃん」
「お兄ちゃんか いいね 学校は来週から行くんだろ」
「うん」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

純粋な義妹(3)「ガッハッハ 千夏にはうちのルールを教え込まないとな」

「起きろー」


いつも通り父がチンコを踏んでると思ったが
踏んでいるのは千夏だった


「えっ・・・」
「ガッハッハ 千夏にはうちのルールを教え込まないとな」
「ごめんね お兄ちゃん 痛かった?」
「いやっ・・・」
「気持ちよかったとか言うなよ 童貞野郎!」
「うるせー!!」


夜ごはんは弁当だ


「おまえどれにする」
「そうだな のりからでいいや」


クチャクチャクチャッツ


「もうおなかいっぱい」
「見た目通りだな 千夏は ガッハッハ」
「仕方ない 俺が食ってやるよ」
「お兄ちゃん ありがとう」
「残飯担当がいてよかったな」
「うん」


「ごちそうさん じゃあ 行ってくるわ」
「おぅ 行け行け」
「行ってらっしゃい お兄ちゃん」


千夏に見送ってもらうのは悪くない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

純粋な義妹(4)「詳しく教えてくれ 俺が千夏の味方になってやる」

「哲也 今夜楽しみにしてろよ」


朝の送迎に来た父と顔を合わせた時にそう言われた


「ただいま」


返事がないと思ったら千夏は部屋の奥で眠っていた 
今まで父と何をしてたのだろうか 格好はパジャマのままだ

夜勤疲れと眠気で千夏の寝顔を見ながら深い眠りについた



「お兄ちゃん お兄ちゃん」
「うっ うん?」


千夏に起こされたのは夕方で父は午後の送迎に出てる時間だった


「あぁ~ よく寝たなぁ 何だ 千夏」
「・・・・」


グスッ グスンッ


俺の声を聞いて安心したように泣き出した


「おっ おいっ 何を泣いてるんだ」
「・・・」
「父ちゃんに何かされたのか」


それくらいしか理由が思い浮かばない


「う、うぅ お兄ちゃんも知ってたんだ」
「えっ 何をだ 知らない知らない」
「おじさんに・・・あぁ~ん」


ひどいことをされたんだろう 父ならやりかねない
前の仕事もセクハラで解雇されたのだ


「詳しく教えてくれ 俺が千夏の味方になってやる」
「本当?」
「あぁ 何なら父ちゃん置いて2人で家出するか」
「ウフフッ」
「おぉ やっと笑ってくれたか」
「そんなことしたらおじさんが困っちゃいそう」
「ホームレス確定だろうな」


「あのね・・・」


千夏は父との一部始終を聞かせてくれた

性事情を詳しく聞かれたりパジャマ越しに触られたりと
思ったよりはソフトだったが他人には聞かせられない


「処女って本当か」
「・・・うん」
「俺と一緒ってことだな まぁ 年が違うけど ハハハッ」

「お兄ちゃん どうしよう」
「酒飲むともっとひどくなるから嫌なら出て行けばいいって
少しなら金貸すし」
「ううん ひとりは怖いよ」
「学校の友達の部屋に居候とかさせてもらえないのか」
「そういう友達いないもん」
「そうか」

「もしお兄ちゃんがいなかったら出て行ってたと思う」


頼られてるのが何ともうれしい


「シャワー浴びてきていいか 寝起きだから頭回らないんだ」
「うん じゃあ 扉の外で待ってるね」
「えっ!?」


千夏の本音が全くつかめないまま父の帰宅時間になった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

純粋な義妹(5)「おまえら全裸になれ 全裸に」

「よっしゃあ 飲むか 千夏の歓迎会だ」


すでに酔っ払った状態で帰ってきたので危ないと思ったが
案の定暴走をはじめた


「おまえら全裸になれ 全裸に」
「父ちゃん・・・」
「何だ 哲也 一緒にシコシコしてる仲だろ」


それを言われると返す言葉もない


「千夏にしっかり家のルールを教え込まないといけないだろ 
脱げや 脱げ脱げ」


千夏は困った顔をしているが逃げだす様子はない


「父ちゃん ちょっと待っててくれ」
「何だ どこに行くんだ」
「すぐ戻ってくるから」


俺は千夏の手を取って外に出た


「お兄ちゃん・・・」
「何をされるか わかるよな」
「・・・うん」
「まだ間に合うぞ 今から出て行けばいい」
「ありがとう・・・」


沈黙が少し続いた 父が出てくるか心配になってくる


「シコシコって・・・」


まさか千夏からその言葉が出てくるなんて想像もしてなかった


「ハハハッ 何を言い出すかと思えば」
「どんな風にするのかなって ウフフッ」
「見たいってことか」
「・・・ちょっと」
「じゃあ 戻るか」
「・・・うん」


無理やりじゃなければ俺も千夏を好きに出来る



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

純粋な義妹(6)「何だ ラブホでも行ってきたんじゃないのか」

「父ちゃん 待たせたな」
「何だ ラブホでも行ってきたんじゃないのか」


”はぁ はぁ あぁ~ん あんっ あんっ”


父は待ってる間酒を飲みながらAVでオナニーしてたようだ
もちろん全裸でチンコを握っている


「千夏 脱げ」
「うん お兄ちゃん」


玄関先で俺と同時に全裸になった
ワレメを見ると毛が全く生えてない


「おぉ 千夏 剃ってるのか」
「・・・うん」
「おまえ負けてるぞ」
「うるさいって」
「まぁいい こっち来いや」


父は千夏を押し倒し足を持って大きく広げはじめた


「恥ずかしい・・・」
「おいっ 父ちゃん 乱暴にするなよ」
「そんなことより舐めろって バカか おまえは」


言うとおりにワレメに顔を埋めて舐めまくった


「あぁ~ん お兄ちゃん ダメッ」
「処女ってウソだろ 千夏」
「ウソじゃないよ おじさん」
「まだおじさんって呼ぶのか それなら・・・」


千夏の口をこじ開けてチンコをねじ込んでいった


「はぁ はぁ 千夏 千夏」
「酒も飲めや」
「うっ うぅ」
「おまえも」
「あっ あぁ」


俺はあっという間に酔いが回り眠りについてしまった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


純粋な義妹(7)「チンコ大好きって言ってみろ」

「チンコ大好きって言ってみろ」
「・・・」
「早く言え」
「チンコ大好き」
「ガッハッハ」


目覚めると父と千夏はそんなやりとりをしていた


「父ちゃん 何やってるんだよ」
「やっと起きたのか 酒弱すぎるぞ おまえ」
「そんなことより・・・」
「俺はもう寝るぞ あとはふたりで楽しめや」

「はぁ はぁ」


千夏は真っ赤な顔で俺の方を見つめている


「先に寝ちゃって悪かったな」
「ううん お兄ちゃん 寝言で私の名前呼んでくれたし」
「えっ!?」


恥ずかしすぎる・・・


「何て言ってた?」
「好きとか何とか」
「はぁ・・・起こしてくれよ」
「おじさんが録音しておけって」
「したのか まさか」
「内緒」


千夏が今の状況を嫌がってないのは明らかなので
俺も早速楽しむことにした


「そういうこと言うのか じゃあ・・・」


千夏の顔に半立ちのチンコを押しつけていった


「お兄ちゃん・・・」
「勝手に舐めるなよ」
「えっ・・・」
「あぁ 鼻の中に出そうかな」
「やめて・・・ウフフッ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1345位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析