父の介助と姉の性奉仕(1)「もしかしてそれって痴呆とかそういう・・・」

「ねぇ たまには父ちゃんの家に顔出してよ」
「何かあったのか」
「最近元気なくてさ それに・・・」


篠塚カズマ 45才 倉庫バイト 独身


姉が定期的に父の様子を見に行ってるが
急に元気がなくなりおかしなことを言い出したようだ


「もしかしてそれって痴呆とかそういう・・・」
「病気が原因かもしれないけどね はぁ」


姉 カズミ 50才 専業主婦

夫と娘と団地暮らし 娘は社会人1年目
趣味はドラマ鑑賞と近所のスーパーの特売巡り

 
「どうせ行かないだろ 病院なんて」
「それがさ 行くって言いだして」
「えっ!?」


父 カズオ 77才 無職 

母が6年前に他界し父は元々住んでいた家を離れて
姉と同じ大島団地の別の棟で暮らすことになった

頑固な性格で人付き合いは苦手
競馬が趣味なのでその関係の友達は何人かいる

俺もそうだが病院が大嫌いで滅多なことでは行かない


「ヤバいでしょ」
「あぁ それは確かに・・・」
「あとフラフラしてるから見ててヒヤヒヤしちゃって」
「そんなに?」
「うん まだトイレはひとりで行ってるけど
オフロとか怖いなって」
「う~ん じゃあ わかった 病院行く日まで
泊まりで見張ってやるよ」
「本当に!?」


父とは母の命日以外では年に1回会うか会わないかで
いがみ合ってるわけではないが少し距離がある

どちらかといえば昔から俺が母派で姉が父派だったのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

父の介助と姉の性奉仕(2)「じゃあ 姉ちゃんが・・・それはもっと気まずいか」

「おぉ カズマか 来てくれてありがとな」


父の第一声でおかしいとわかった
息子の俺が家に来ただけで感謝するなんて考えられない


「あっ あぁ 体調悪いみたいだな 父ちゃん」
「ハハッ なぁ 今日は泊まっていくのか」
「あぁ そのつもりだけど」
「一緒に寝るか」
「えっ!?」


話せば話すほど違和感があるので
姉の心配が取り越し苦労ではないことがわかった


「ちょっと来て」


姉に呼ばれたので台所に方に向かった


「どう?」
「いやっ おかしい 完全に」
「でしょ」
「一緒に寝るかだって・・・」
「ウフフッ 寝てあげてよ 寂しいみたいだから」
「気まずいって さすがに」
「親孝行だと思ってさ」
「じゃあ 姉ちゃんが・・・それはもっと気まずいか」

「おーい カズマ」

「これ持って行って 水分取れてないから」
「あっ あぁ」
「夜ごはんはこれ温めて出してくれればいいから」
「うまそう」

「じゃあ 父ちゃん 私 帰るね また明日来るから」
「おぉ カズミ ありがとな」


俺は姉と目を合わせた 
感謝の言葉に違和感を感じてるのは俺だけじゃない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

父の介助と姉の性奉仕(3)「カズミに頼んでおいたんだ あれ入れてくれ」

「めしの前にフロ入ろうかな」
「大丈夫かよ フラフラしてるけど」
「なぁ カズマ 一緒に入ろうや」
「いやっ 狭いし 無理だって でも背中くらいは・・・」
「おぉ そうか そうか」

「お湯は・・・あっ 入ってる」
「カズミに頼んでおいたんだ あれ入れてくれ」
「うん? あぁ これか」


入浴剤を湯船に沈めるとお湯はみるみるうちに黄色くなった


「湯船なんて何年も浸かってないな
父ちゃんは毎回浸かってるのか」
「湯船に浸からないと入った気しないだろ」
「まぁ そうだけど・・・面倒だし」


父は風呂場の前で脱ぎはじめたが体がやせ細っている


「やせたな 父ちゃん」
「ハハッ そうか」


父のチンコを見るのはいつぶりだろう
仮性包茎で短小の俺とは違ってズル剥けの大人チンコだ

昔はどうして似なかったのかと心の中で何度も思った

数少ない過去のセックスの時も見られたくないので
電気を消したりするくらいに気にしている

父のチンコは年を取ってしなびてはいるがそれでもデカい


「おぉ 気持ちいいな」


風呂場の扉を開けたままにしてハダカの父と会話を続けた


「競馬はやってるんだろ」
「今年はあんまり行ってないんだ」
「えっ そうなんだ」


父はスマホを使えないので競馬場や場外馬券売り場まで
行かないと馬券は買えない 

昨年末に会った時に同じことを聞いたが
あいかわらず毎週欠かさず行っていると言っていた


「明日は俺がいるから家で馬券買えるぞ」
「そうなのか ありがたいな」


感謝の言葉を聞くたびに違和感が押し寄せてくる



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


父の介助と姉の性奉仕(4)「カズミにはこんな姿見せられないな」

「どうせそこにいるなら入って来いや」
「2人で入るには狭いって」


別に父にハダカを見られることに抵抗はない
家族で温泉に行った時にもしっかりとチンコは見られている


「じゃあ 背中流してもらおうか ハッハッハ」


湯船の中で立ち上がった時に少しふらついたので
風呂場の中に入って手を貸すことにした


「どこ持てばいい?」
「いやっ ひとりで出れるって 心配するな」
「本当かよ 危なそうだぞ」
「よいしょっと」


フラフラしながらもなんとか湯船から出てきたので
そこに置いてある高めのイスに座らせた 
多分姉が用意したものだろう 前に見た時はなかった


「じゃあ 洗っていくか」
「あぁ 頼む」

「前も洗うよ」
「ありがとな カズマ」

「シワッシワだな」
「ハッハッハ おっ ちょっと先に小便していいか」
「あっ あぁ」


ジョロジョロジョロジョロッ


「カズミにはこんな姿見せられないな」
「そりゃ そうだ」
「母さんがいればいいんだけどな」
「一緒に入ってなかっただろ」
「何言ってるんだ 一緒に入ってたこともあるぞ」
「はるか昔の話されても・・・」
「そんなことはない まぁ おまえたちがいない時だけどな」


父と母だけで風呂場にいる姿はあまり想像できない


「前の家もフロが狭かったよな」
「ハッハッハ だから銭湯に時々連れて行ってただろ」
「楽しみだったなぁ 月に1回あるかないかだったけど」
「あの時は金がないっていうより仕事が忙しかったからな」


ジャージャージャージャー


父のチンコや玉袋そしておしりの穴までしっかり洗っていった


「女はいるのか」
「えっ あっ いないって モテないの知ってるだろ」
「じゃあ ひとりでセンズリこいてんのか」
「えっ!?あっ まぁ・・・」


こんなことを聞かれるのははじめてのことだ
そういう話をあまりしない家族だったし
そもそも俺は親から性教育を受けていない


「母さんみたいに結婚しろとは言わないが悪くないぞ」
「相手がいればいつでもするって」
「センズリも気持ちいいけどな ハッハッハ」


だんだん話がおかしな方向に進んだのはこのあたりからだった


「カズミは昔からケツはデカかったが
おっぱいもデカくなってきてるよな」
「はぁ?」


ピッタリしたTシャツとジーンズ姿だったので
俺も見た時に少しはそう思ったがあくまでも一瞬だ

風呂場を出て着替えながらも父の話は続いた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

父の介助と姉の性奉仕(5)「なぁ カズミのおっぱい見たくないか」

「早く帰ったのはオサムくんとやるためだぞ きっと」
「父ちゃん どうしたんだよ」

「母さんも好きだったんだ 俺のコレがな」
「そんな話聞きたくないって」

「なぁ カズミのおっぱい見たくないか」
「だから・・・」

「おいっ スケベなビデオ借りてこい」
「何言ってるんだよ」
「おまえも好きなの借りてくればいいから」
「いやっ そもそも会員証がないだろ」
「そこにある」


会員証はテレビ台の上に置いてあった
話の流れはおかしいが頭はしっかりしてるようだ


「父ちゃん まさか いつも借りてるのか」
「いやっ まだ2回借りただけだ 競馬仲間にスケベな奴がいてな
うちに泊まりに来た時に酔っ払って行ってその時に作ったんだ」
「ドラマも映画も全く見ないもんな 父ちゃんは」
「あぁ 興味ない 興味ない 何が面白いんだ あんなもん 
カズミはドラマばっかり見てるよな」
「そうだった そうだった」


子育てがひと段落して時間が出来たことで
ドラマばかり見るようになったと言っていた


「じゃあ 借りてきてやるよ どんなのがいいんだ」
「時代が古いのがいいな」
「あぁ そういうのあるな 興味ないけど」


父の家でエロビデオを見ることがあるなんて
想像したこともなかった


「DVDプレーヤーあったっけ」
「バカにするな」
「さっきスケベなビデオって言ったから聞いたんだろ」
「ハッハッハ そうか そうか」


ビデオだと何本も借りると目立ってしまう
その国道沿いのビデオ屋はチェーン店だがはじめて入る店だ


姉の作った炒め物を食べたあとビデオ屋に向かった




「父ちゃん 寝たのか」
「・・・」


ビデオ屋から帰ると父はテレビをつけっ放しにして
熟睡していたのでひとりでシコってその日は眠りについた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

父の介助と姉の性奉仕(6)「カズマ 小遣いやる これで女を抱いてこい」

”あぁ~ん あんっ あんっ”


目を覚ますといきなり喘ぎ声が聞こえてきた
父のところに行くと俺が借りたエロDVDが再生されている


「父ちゃん 姉ちゃんが来るって」
「おぉ カズマ 起きたのか いやぁ 昨日は寝ちゃったな」
「借りて来いとか言っておいて・・・」
「ハッハッハ じゃあ カズミに今日は来なくていいって電話しろ」
「はぁ・・・」


メッセージを送ると逆に心配だと言い出して
1時間後に来ることになった


「9時に来るって」
「あいかわらずおまえはカズミに逆らえないんだな」
「そういうことじゃないって それに今日も泊まっていくから
夜には見れるし」


元々明日の朝に家に帰るつもりだった
父が病院に行くのが明日の午前中だからその前までだ


「本当か このまま一緒に住んでくれるんだな」
「そんなこと言ってないだろ」
「ここから通うのは大変じゃないか」
「父ちゃん・・・」


話がズレてきている 姉が心配するもの無理はない


「カズマ 小遣いやる これで女を抱いてこい」


2万円を財布から取り出して渡そうとしてきた


「いやいやっ そこまで困ってないって」
「足らないのか じゃあ これでいいか」


1万円をさらに追加してきた 
耳が悪いというわけでもなさそうだ


「じゃあ・・・」


話が終わりそうにないので一旦受け取ることにした
姉にあとで渡せば問題ないだろう


ガチャッ


「朝ごはんまだでしょ」
「ちょっと 姉ちゃん 早すぎるって」
「おぉ カズミ おはようさん」


1時間後と言ってたのに15分ほどして姉が来たので
あわててDVDを停止した

何とかごまかせたのは父の部屋に入る前に
台所に向かってくれたからだ


「あわててるみたいだけど何?父ちゃんの体温計ってて」
「あっ あぁ」


父がおかしなことを言い出さないか心配になりながら
3人で朝ごはんを食べた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

父の介助と姉の性奉仕(7)「珍しいわね じゃあ 一緒に入ったの?」

「昨日はカズマが背中を流してくれてな」
「珍しいわね じゃあ 一緒に入ったの?」
「いやっ さすがに狭いから無理だって 見張ってたけど」

「ありがとな カズマ」
「何度も言わなくていいって」
「ウフフッ」


父は言葉じゃなく視線がおかしな方を向きはじめた
まさしく姉のおっぱいのところだ

今日もしっかりカラダの線がわかるような
Tシャツを着てきているので目のやり場に困る


「ありがとな カズミ」
「そうそう 私もちゃんと言ってもらわないとね」


昨日は感謝の言葉に戸惑っていたが
姉も慣れてきたようだ 俺はすでに10回以上言われている


「ごちそうさん すまんがちょっと寝るぞ」
「どうしたの?」
「いやぁ カラダに力が入らなくなってな」
「あれっ 熱はなかったの カズマ」
「ないない 36.8だったから」
「そっか じゃあ 疲れてるだけかもね 
昨日オフロにも入ったし」


朝食のあと父はいびきをかいて寝はじめたので
姉と台所に行って小声で話すことになった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

父の介助と姉の性奉仕(8)「さっき 父ちゃんが私の胸見てたの気づいた?」

「ありがとね カズマ」
「姉ちゃんまで何だよ たった2日泊まりに来ただけで」
「だって 急なお願いだったからさ」
「いやっ 心配は心配だろ」

「会ってみてどう?」
「それは・・・結構ヤバいな だいたいはしっかりしてるけど
俺がここに引っ越してくるとか勘違いしだしたり」
「そうなの?やっぱり寂しいんだね」
「ひとりで暮らすの向いてるって自分で言ってたのに」
「それは元気だったからよ 私にも近くに住んでても
月に1回来てくれれば十分だって言ってたし」

「そうだ ルミちゃんもたまには顔出してるの」
「ううん 全然よ ちゃっかりお年玉はもらってるけど」


姉のひとり娘の名前はルミ 俺がお年玉を渡す唯一の姪
社会人にはなったが今後もお年玉だけの繋がりは持っていたい
おじさんと呼ばれるだけで何だか嬉しくなるからだ

ルミは姉と違ってスリムな体型で今時の子そのものだ
彼氏はいないようだが結婚は早いかもしれない


「そうだ お湯もったいないし オフロ入ってくれば」
「追い焚き機能ついてるの?」
「バカにしないで キレイになっただけじゃないんだから」


大島団地全戸の風呂場は塗り直されてただけじゃなく
給湯器も取り換えられたらしい


「あとはエレベーターだけかな」
「姉ちゃんたちってずっとここに住むつもり?」
「うん もうここでいいかなって 安いし
あの人の仕事場も近いし」
「大金持ちになりそう」
「もしなってもいい車には乗らないけどね」
「目立つもんな ここじゃ」
「そうなのよ ウフフッ」


団地の駐車場に置いてある車は軽自動車と昔のセダンが多い


「着替えは持ってきてるの?」
「まぁ 一応」


パンツとTシャツをリュックから取り出して風呂場に行った 
台所と風呂場は隣り合っているので話は出来る


「カズマ」
「何?」
「さっき 父ちゃんが私の胸見てたの気づいた?」
「あっ えっ いやっ・・・」


もちろん気づいていたが言葉を濁した


「母ちゃんが生きてるとかもし思ったりしたら
大変だなって 全然形は違うけど」
「何を言って・・・」
「うちの人はそれが心配だって言ってたんだけど
本当にそうなりそうだなってさっき思ったの」
「まさか・・・それに明日病院行くんだろ」

「カズマ」
「何?」
「父ちゃんが元気になるまでここで一緒に住んでくれないかな」
「えっ!?ちょっと!!」


驚いたのは提案のことだけじゃなく
パンツを脱いでる最中に姉が顔を出したからだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

父の介助と姉の性奉仕(9)「カズマのおちんちん見るなんて何十年ぶりかな」

「ハハハッ ごめん 見えちゃった」
「姉ちゃん!!」
「聞こえるって 父ちゃんに」
「はぁ・・・」
「カズマのおちんちん見るなんて何十年ぶりかな
もう少しよく見せて」
「父ちゃんだけじゃないな おかしいのは」
「ウフフッ 中に入って 入って」


昨日の父の場所に俺がいて俺の場所に姉がいる 
そんな状況になってしまった 風呂場の扉は開いたままだ


「何が面白いんだか」
「早くその手どけて」


恥ずかしがってる方が不自然なので見せることにした
もちろん大人になってからははじめてのことだ


「はぁ・・・」
「ウフフッ あっ ちょっと大きくなってきたね」
「もういいだろ 姉ちゃん 俺たち姉弟だぞ」
「わかってるって でももしカズマがここで住んでくれるなら
ちょっとは手伝ってあげよっかなって」
「はぁ?」


まさかの展開だ 頭の中が悶々として自然とボッキしてくる


「こういう感じで・・・」
「ちょっと! あっ あぁ 待って・・・」


情けないが姉がチンコに触れた瞬間に発射してしまった


「アハハッ 若いんだから まだ20代って感じだね」
「あっ あぁ もう ちょっと・・・」


触り続けてほしい気持ちもあるがおかしくなりそうだ


「そこ座って」
「あっ うん」
「おちんちんだけ洗ってあげるね」
「いやっ・・・」


ジャージャージャージャー


「父ちゃんが起きてきたら・・・」
「黙ってここに来ることないって」
「まぁ そうだけど・・・」


ジャージャージャージャー


「あっ ちょっと出そうなんだけど」
「もう出ちゃうの?」
「いやっ 違うって」
「あぁ 白いのじゃなく透明のね 出して出して」


父と同じように風呂場で小便してしまった


ジョロジョロジョロジョロジョロッ


「さすがに恥ずかしいな」
「仕方ないな じゃあ 私もしてあげよっか
ちょうど出そうだし おあいこでしょ」
「えっ!?」


姉は短パンとパンティーを下ろして小便をしはじめた


ジャージャー ジョロジョロジョロッ


「私の方が勢いすごいね」
「ヘンタイ姉弟って言われるぞ こんなこと・・・」
「ねぇ お願い ずっとって言わないからさ」


そうだ 姉は父のために体を張ってるのだ
そのことをすっかり忘れていた


「わかった わかった じゃあ 考えてみるって」
「本当に?」
「あぁ」


姉は立ち上がってパンティーをはきなおし
短パンを上げはじめた もっと見てたいのに・・・


「そうだ 仕事辞めてもいいよ 生活費はうちが出すから」
「いやっ さすがにそれは・・・」
「ううん 夜だけじゃなく昼にいてほしいこともあるし
カズマひとり増えても数万円くらいでしょ」
「まぁ」


仕事をしなくていいのはうれしい
確かに光熱費も家賃もなくなれば食費がかかるくらいだ

ただ姉とのこのスケベなやりとりをする前は
引っ越してくる気は全くなかった


「さっきも言ったけどこの家にいる間は
ココのお世話してあげるからね」


チンコを触ることに何のためらいもないようだ


「・・・あっ あぁ」
「でも父ちゃんには見つからないようにしないと」
「それはそう わっ あっ はぁ はぁ」
「ウフフッ」


ついつい目線が下がっていってしまう


「おっぱい?別に少しくらい触ってもいいよ」
「えっ!?いいの?」
「ハハハッ もう50才のおばさんだよ 何を遠慮してるの
ルミが出来ちゃった結婚でもしたらすぐおばあちゃんなのに」
「そりゃ そうだけど・・・」


勇気を出してゆっくり姉の胸に手を近づけていく


「カズマ~ どこだ~」


タイミング悪く父の声が響き渡った


「ウフフッ 父ちゃん 起きちゃったね」
「はぁ・・・」


つい大きなため息をついてしまった


「カズマは今オフロ入ってるわ 何か用なの?」


そう言いながら姉は父のところに行ってしまった
遠くにふたりの会話が聞こえてくる


「おぉ そうなのか」
「急にふたり仲良くなっちゃって・・・」

「競馬新聞はどこだ」
「何言ってるの?最近は買ってないでしょ」
「そうだったか ハッハッハ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

父の介助と姉の性奉仕(10)『何だ 偉そうに 早く脱げ このゴミ女が』

「父ちゃん 本当に病院行ってくれるんだよね
レンタカーキャンセル出来ないよ」
「わかった わかった」

「じゃあ 明日朝7時半には来るから」
「おぉ よろしくな」


昼ご飯を食べたあと姉は帰っていった



「カズミのおっぱい柔らかそうだな」
「だから・・・」


待ち構えたように男同士の会話がはじまった


「だからって何だ おっぱい揉みたくないのか」


そんなわけない ただ否定しておこう


「姉ちゃんのは別ってことだよ 何言ってるんだよ」
「そんなこといいから早くスケベなビデオつけてくれ」
「そういえば朝は普通の見てたよな」
「よくわからんが早くしてくれ」
「あっ あぁ」


父のために借りてきたDVDを再生することにした


・・・・・・・・・・


【昭和性春ドラマ・エロ本好きな女たち】


男が使い古したエロ本を拾って家に持ち帰る女

ナオコ 28才 OL 実家暮らし

本に染み付いた精液の香りで興奮しはじめる


『はぁ はぁ 男のニオイがたまらない』

『ナオコ お父さん 早く帰ってくるみたいだから
湯船洗っておいて』
『はぁ~い』


左手の人差し指と中指をワレメに這わせながら
湯船を洗っていくナオコ


『おかえりなさい』
『おぅ』


無口な父と忙しそうな母との静かな夕食


『今日は背中流しましょうか』
『おぅ』


両親は行為をはじめナオコはエロ本にのめり込んでいく


『あぁ~ん はぁ はぁ』

『あっ あぁ お父さん ちょっと待ってください』
『・・・』


・・・・・・・・・・


「なんだ これは」
「こういうのがいいんじゃないのか」
「こんなチンタラしたもん見てられるか」
「まだ他にもあるって」


・・・・・・・・・・


【昭和性春ドラマ・四畳半の覗き穴】


取り壊しの決まったアパートを改造し 
気に入った女を安く住まわせ覗きまくる大家の男


『家賃2万円って本当ですか』


40代 巨乳 事務員


『期間が決まってることは知ってるだろ』
『はい 聞いてます』
『そうか もう空いてるからいつでも引っ越しておいで
家賃は来月からでいいから』
『ありがとうございます!!』


大家の妻は酒とパチンコに夢中


『204号室にひとり入ってくるからな』
『どうせ女でしょ』
『文句あるのか 金ばっかり使いやがって』
『うるさいわね』
『また負けたのか おまえ』


しゃぶってもらうことはあるが
夫婦の営みは何年もご無沙汰



『はぁ~ん あんっ あんっ』


きゅうりを使って自慰に励む101号室の女


『やめてください お義父様』
『もうおまえの義理の父じゃないぞ
俺の大切な息子を裏切りやがって』
『だから言う通りにすぐ別れたじゃないですか』
『何だ 偉そうに 早く脱げ このゴミ女が』


元義父に弱みを握られ好き勝手されている206号室の女


・・・・・・・・・・


「おぉ これいいじゃないか」
「そうなんだ よかった」


父は内容というよりも女の種類で興奮するようだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1345位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析