熟女清掃員@奥田節子(1)「おっ 掃除のおばちゃん 新しい人じゃん」

「タバコの吸い殻はこの缶の中に・・・」
「おっ 掃除のおばちゃん 新しい人じゃん」


奥田節子 58才 150cm 64kg 結婚生活35年 

ナガオ美装(株)パート歴6年 作業場所・池島団地 
1日4時間 週5回 時給900円


「おばちゃんも吸う?」
「仕事中だからダメよ」
「ハッハッハ 前のおばちゃんと違ってノリいいね」


家族は夫と娘2人 娘たちは結婚して家を出ている
専業主婦だったが次女を嫁がせたあと働き始めた


「じゃあ お願いね」
「はいは~い」


引継ぎの時に前任からタチの悪い若い男たちがいると
聞いていたが思ってたほどではなさそうだ


「ケツでけーな」
「はぁ?おまえババアでもいけんのかよ」
「ゴムつけんの面倒じゃね」
「早速女の尻に敷かれてんのかよ 情けねぇな」
「うるせぇし」


すぐに私のことを話しはじめたので
建物の角を曲がったところで立ち止まって
ヒソヒソ話に耳を傾けた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 



熟女清掃員@奥田節子(2)「タバコ投げつけてきませんでした?」

「おつかれさまです」

「どうだった 奥田さん 今日はいたかい?」
「はい 早速会いました」


直行直帰の清掃会社が多いがうちの会社は
近くのマンションや団地がメインなので
ちゃんと毎回出社する


「それで それで」


会社の更衣室は上が空いてるので話は普通に出来る


バサッ


作業服は会社でまとめて洗ってくれる
サイズごとなので自分専用というわけではない


「普通に缶は受け取ってくれたんですけど
ちゃんと捨てるかどうかは明日行ってみないと」
「もし缶に捨ててたら表彰もんだよ」
「本当ですか じゃあ 金一封くださいね」
「ハッハッハ そんな権限 私にはないって」


尾崎浩司 54才 ナガオ美装(株)課長


社長や部長は基本営業に出てるので
会社にいる社員は尾崎課長ひとりのことが多い


「おつかれさまです」

「あっ 奥田さんに迷惑かけてる方が帰ってきたよ」
「もう やめてくださいよぉ」


篠原美恵 55才 パート歴2年


ガチャッ


「どうでした どうでした」
「会ったわよ」
「タバコ投げつけてきませんでした」
「ウフフッ 今日は大丈夫だったわ」


篠原さんは池島団地が最初の作業先で
そのタバコの若い男たちは半年前から現れるようになった


『私、もう辞めようかなって』
『じゃあ 代わってあげるわよ』
『本当ですか!?』


退屈なマンション清掃に飽き飽きしてたので
久しぶりに刺激が欲しくなったのだ


「おつかれさまです」
「おつかれさん」


パートは現在30人前後在籍している

終わる時間は建物ごとに違うが
この時間に帰ってくるパートも何人かいる


「奥田さん 今日もおごります!」
「じゃあ 1杯だけおごってもらおうかな」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


熟女清掃員@奥田節子(3)「ギンギンのモノが目の前にあって私でシゴいてたんです」

「いらっしゃいませ~ あっ 美恵さん
今日もありがとうございます!!!」」


会社から歩いて10分ほどの場所にある
飲み処【春菊】は篠原さんの行きつけの店


「奥行くね 生ひとつと奥田さんは何にします」
「じゃあ 梅酒ロックで」
「カッコいい!」
「はいはい」


前に相談に乗った場所もここなので
来るのは今日で2回目だ


「乾杯!!」


店の奥のテーブル席は店の人に話を
聞かれにくいので悪くない


「聞いてた以上に若いしハンサムね」
「片方でしょ」
「ウフフッ もちろんよ」


その若い男たちは団地に住んでるわけではなく
隣接する公園から入ってタバコを吸いに来る
近所に住んでるのは間違いないが詳しいことはわからない


「まぁ カッコいいとか関係ないですって最悪の男だし」
「男って何?ゴミ扱いしてたくせに」
「あのあとちょっと妄想したりして・・・」
「うん?」
「エスカレートしていったら乱暴されてたかもって」
「ウフフッ きっと息子さんより年下よ」


息子さんは27才で独身 旦那さんは同い年で浮気癖がある


「あぁ もう そういうのはなしですよ 奥田さ~ん」
「じゃあ 戻る?」
「無理です 無理無理」
「篠原さんの代わりに乱暴されちゃうかもなぁ」
「ハハハッ」
「何 笑ってるのよ!」


会社のパート仲間と飲みに行くのは忘年会くらいだったので
理由があったとはいえ篠原さんに誘われた時はうれしかった


「そうだ あのゴミ捨て場の裏だけど・・・」


仕事の話もしながら飲み進めていったがどんどん酔ってくる
1杯だけと言ってここに来たがもう3杯目だ


「今週はしました?」
「今日かなぁ ウフフッ」
「してないんですね 奥田さん」
「篠原さんもでしょ」
「それが今日の朝起きたら・・・びっくりしちゃって」
「詳しく教えて」


前回久々の飲みだったのでいろいろとエロ話をし合った
旦那さんの浮気もことも聞いたし私の夜の生活のことも話した


「ギンギンのモノが目の前にあって私でシゴいてたんです」
「うわぁ 脱がされてたの?」
「はだけてたんですけどパンツはまだはいてました
夢なら夢でもいいやってすぐに咥えて・・・」
「合体までしたんだ」
「はい しっかりと」
「おめでと!」


若い時はこっちから求めればいつでも相手してくれていたが
夫も60才を過ぎ目に見えて性欲が衰えてきた


「それだけじゃなくて旦那を送り出して
息子の部屋に入ったら朝立ちしてて・・・」
「まさか息子さんとも?」
「自慢しただけですって するわけないでしょ もう」


夫の朝立ちなんて10年以上見ていない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟女清掃員@奥田節子(4)「そうだ 節子 久しぶりに全部剃ってくれないか」

「ただいま~」

「何だ おまえ 飲んできたのか」
「あなたの好きなコロッケ買ってきたら許して」
「おっ いいね」


夫は定年を迎えたが同じ会社の施設警備員として
週に2回休憩込みで12時間勤務の仕事をしている

年金もあって2人暮らしなので生活にはゆとりがあるが
動けるうちはお互い働いておこうということになった


「ビール飲む?」
「いやっ 今日は9時からドラマがあるから」
「ドラマってサスペンス?」
「剣豪与一の新作だ おまえも見るだろ」
「う~ん 途中で寝ちゃいそう」
「そうか じゃあ 録画しておいてやる」


本当は時代劇に興味はないが話を合わせている

そもそもサスペンスの方が夜の生活に持ち込みやすい
犯人が女性を襲うシーンで夫は興奮して触りはじめて
エンディングを聞きながらキスで突入が昔からの流れだ


「どうしたんだ」
「うん?」
「相当飲んできたみたいだな 目がうつろだぞ」
「そんなことないですよ 私 オフロ入ってきますね」
「おぉ さっき俺が入ったばっかりだから湯加減は
ちょうどいいと思うが湯船の中で寝るなよ」
「寝てたら起こしに来てください」
「ハハハッ わかった わかった」


剣豪与一の新作が見れるのが相当嬉しいのか機嫌がいい
まだ9時まで1時間以上あるので仕掛けてみようかな


「ここで脱いじゃおっかな」
「あぁ 好きにしろ しっかし このコロッケうまいよなぁ」
「ちゃんと見ててくださいよ」


ゆっくりと夫の目の前で脱いでいく


「明るいところで見るのは久しぶりだな」
「どうですか?」
「そりゃあ 最高だ このおなか・・・」
「あんっ」
「ハハハッ」

「痩せた方がいいならいつでも言ってくださいね」
「バカ言うな このおしりがなくなったら・・・」


夫がパンティーに手をのばしてきた


「脱がしてくれるんですか」
「そうだ 節子 久しぶりに全部剃ってくれないか」


陰毛の長さは夫の言うとおりにしている

全部剃ったのは一度だけでその時は一時的に
洋モノのエロ動画にハマっていた


「珍しいですね 何かありました?」
「いやっ 今 急にあの時のおまえの姿が浮かんだんだ」
「ウフフッ うれしい ちゃんと剃ってきますね」
「でも今日は相手してやれないぞ」
「わかってますよ 私もあなたがドラマ見てる間に
寝ちゃいそうですし」


仕掛けてよかった 明日の夜はきっと相手してくれるはずだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


熟女清掃員@奥田節子(5)「実はお母さんが・・・生理用品を買ってきてって」

「では 池島団地 奥田 行ってきます」
「はいはい 奥田さん 今日もよろしくね~」


会社を出る時に作業場所と名前を言って
出て行く決まりになっている



「清掃入ります」


管理室への開始と終了の報告も義務付けられている
ここはインターフォン越しでいいので気は楽だ
作業場所によっては面倒な管理人もいると聞いている

清掃は昼の1時から5時までで
まずはゴミ置き場そのあと階段、駐車場
最後に団地周辺を巡回清掃していく


「これ ここに置いていっていいですか」
「いいですよ」


資源ゴミはいつでも出せるようになっているので
住人が時々清掃中に来ると聞いていたが昨日は誰も来なかった


「大変ですね」


清掃しながらだったので見ていなかったが
そう声をかけられて振り向いた


「あらっ 学生さん お母さんの手伝いなんて偉いわね」
「・・・違うんですけど」
「えっ あっ ごめんなさい」
「こう見えて25才です 母の看病に来てて・・・」
「アハハッ おばさん 目が悪くなっちゃてるみたいね」


それで帰ったと思ったがそのままそこで私を見ている


ジャージャージャージャー


「水かかっちゃうから・・・」
「あっ すいません」
「何か用でも・・・ある?」
「いいですか 話を聞いてもらっても」
「仕事しながらでいいならどうぞ でも他の住人さんが・・・」
「はい 気を付けます」


そうは言ってもゆっくり話を聞ける状況ではない


「実はお母さんが・・・生理用品を買ってきてって」
「あぁ そういうことか 気まずいよね」
「そんなこと頼まれるなんて思ってなくて・・・」
「ここの掃除終ったらあそこのドラッグストアで
ササっとおばさんが買ってきてあげるわ」
「本当ですか」
「ウフフッ お安い御用よ」


児玉健人 25才 コンビニバイト ひとり暮らし


若い男に頼られるのはうれしい
タバコの男たちと同年代に見えるが大違いだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟女清掃員@奥田節子(6)「おばさん ついでにこれも・・・」

「おばさん ついでにこれも・・・」


児玉くんは真面目な青年かと思ったがただの見間違いだった

生理用品を買うついでにコンドームも買ってほしいと
急に言い出したのだ


「もう・・・じゃあ これのお金は?」
「お願いします!!」
「はぁ・・・仕方ないわね」


別にコンドームを買ってあげることもかまわないが
となりに児玉くんがいるのが少々気まずい

年齢的なこともそうだが私が作業服なので
まわりには母と息子にしか見えてないはずだからだ


「1980円です」

「じゃあ これでお願いします」
「はい では 20円のおつりになります」


店を出て児玉くんに手渡した


「ありがとうございました!!」
「はいはい お母さんの看病頑張ってね」
「頑張ります!」


若い男に甘えられるのもたまには悪くない
もし息子がいたら可愛がっていたに違いないだろうし



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟女清掃員@奥田節子(7)「おいっ おまえがケツとか言うから怒っちゃったじゃねぇか」

「おばちゃん はい これ~」


今日もいると思ったら昨日の缶を渡してきた


「あらっ 入れてくれたのね」
「当たり前じゃないっすか なぁ」
「もっちのろんすよ」


何だか酔っているようだ テンションが昨日より高い


「じゃあ これからもよろしくね これ」
「ちゃんとあるんだよなぁ」


ビール缶を見せてきた やっぱり飲んでいたのか


「そうなのね じゃあ よろしく」
「おばちゃん おばちゃん ちょっとだけお喋りしましょうよ」
「仕事中だから無理よ」
「じゃあ じゃあ 終わったら俺たちと飲みに行きましょ」
「それも無理ね 食事の用意とかあるから」

「えぇ~~~」
「えぇ~~~」

「ちょっと大きな声出さないで」


ここの住人に通報されたら大変だ 
2人が団地の住人じゃないので面倒なことになる


「了解っす そうだ 断られたからここに捨てちゃおうぜ」
「あったりのまえだ」


タバコの吸い殻を目の前に投げ捨てた


「ちょっと・・・」
「早く掃除しろよ おばちゃん」
「そうだ そうだ」
「はいはい」

「おいっ マンコじゃなくケツをこっちに向けろって」
「ヘッヘッヘ」


さすがに警察に通報した方がいいレベルなので
無言で吸い殻を拾って立ち去ることにした


「・・・」

「おいっ おまえがケツとか言うから怒っちゃったじゃねぇか」
「そっか おばちゃん ごめんなさい!!」


いきなり土下座しはじめた


「やめて やめて 本当に」

「はぁ・・・無視されるかと思って焦っちゃった」
「おばちゃんは優しいから大丈夫あるよ」

「はぁ・・・じゃあ 行くわね」

「おばちゃ~ん また明日遊ぼうね」
「明日は休みよ」

「えぇ~~~」
「えぇ~~~」

「やめてやめて」


シラフで酔っ払い2人の相手はさすがに疲れる
作業場所を代わってあげたことを少し後悔してきた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟女清掃員@奥田節子(8)「奥田さん すごいじゃない よっ!カリスマ清掃員!」

「吸い殻は缶に捨ててくれてたんですけど・・・」
「奥田さん すごいじゃない よっ!カリスマ清掃員!」
「いえっ そのあとがひどくて・・・」


あの通報レベルの言葉だけはソフトなモノに言い換えて
酔ってたことなどを着替えながら課長に報告した


「そうかぁ 不法侵入ってほどじゃないけど
その吸い殻のせいで何かあってからじゃ手遅れになるから
警察に注意してもらうのもいいかもしれないな」
「それはいいですけど私が通報したって思われるのは困りますよ」
「篠原さんも同じこと言ってたよ」
「顔を覚えられちゃったので・・・」
「じゃあ しばらく様子見る?」
「はい そうしてください」


その男たちが来るようになって半年くらいは
篠原さんが清掃に行っていたが
ボヤなどを起こされたことは一度もない

ただ暴言と吸い殻を投げつけられていただけだ


バタンッ ガチャッ


「あっ 社長 おつかれさまです 今日はどうされたん・・・」
「おいっ やってくれたな 尾崎」
「えっ・・・」


社長がいきなり事務所にやってきたと思うと
事務所の課長に恫喝しはじめた 

鍵を閉めた音もしたので何が何だかわからない


「バレないとでも思ったのか」
「・・・」
「奥さんに逃げられておかしくなったみたいだな」
「どうして・・・」
「それよりもどうするつもりだ 警察に行くか」


社長は私が更衣室にいることに気づいてないようだ


「あの・・・」

「えっ!!奥田さん・・・いたの?」
「は、はい 社長」
「話・・・聞こえてたよね」
「・・・はい」
「そうか 奥田さんにも関係あることだから先に教えるけど
こいつが更衣室をずっと撮影してたみたいなんだ」
「えっ!?」


更衣室といっても下着を脱ぐことはないし
パートはほとんど中年女性なのに・・・


「びっくりしただろ 詳しいことはまたちゃんと話すから
しばらく内緒にしておいてもらえないかな」
「は、はい」
「じゃあ 悪いけど今日は・・・」
「あっ はい では 社長 おつかれさまです」
「おつかれさん ハハッ」


課長と会うのは今日が最後かもしれない

パートをはじめた時から担当してくれてたので
思い返してみたが全くそういう気配を感じたことはなかった
奥さんに逃げられた話も今日はじめて知ったのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟女清掃員@奥田節子(9)「あぁ これはすごいぞ 今も頭の中が悶々としてるしな」

「ただいま」
「・・・」


家に入ると夫はテレビの前で横になっていた
あれっ このニオイは・・・

夫のそばに転がっている丸まったティッシュを手に取って
少し開くとドロっとした白い男汁が目に飛び込んできた


「ウフフッ」


ビデオを再生してみると大きなおしりが映し出された


”はぁ はぁ あんっ あんっ”


すぐに音量をオフにした

これは何年か前にダンボールに詰めこんだ
アダルトビデオで私も見たことがあるモノだ


「うっ うん?」


夫はゆっくり目を覚ました


「あなた ずっと寝てたの?」
「おっ おかえり いつの間にか寝てたみたいだな」
「こんなの見ちゃって もう」
「ハハッ」
「ひとりでするなんて何十年ぶりじゃない」
「あぁ 実は昨日こういうのもらってな」
「何々」


夫は精力剤をもらってきたようだ


「隠してたのね」
「あぁ おまえとする前に黙って飲もうと思ってたんだが
試しに半分だけ飲んでみたんだ そしたらもう・・・」
「そんなに効くのね」
「あぁ これはすごいぞ 今も頭の中が悶々としてるしな」
「じゃあ すぐにはじめましょうか」
「いやっ 食べてからでもいいぞ おなかすいてるだろ」
「でも・・・」
「それで食べたあとに一緒にオフロに入ろう
ちゃんと剃れてるか点検しないといけないからな」
「もう あなた・・・あっ」


ブチュ~ チュパッ チュパッ


こんなに濃厚なキスをされたのは・・・
それくらいの勢いで吸い付いてきた


「はぁ はぁ」
「愛してるわ あなた」
「節子 すまない しゃぶってくれないか
頭ではわかってるんだが止められないんだ」
「ウフフッ わかりました」


ジュポッ ジュポッ


「おっ おぉ たまらないな あっ はぁ はぁ」
「うぐっ うっ うっ」


若い時くらいにギンギンなモノで喉の奥を突いてくる


「節子 節子」


名前を呼ばれるとどんどん興奮してくる


「おっ あぁ 出る おっ あぁ~~~~~~」


量は出したばかりなので少ないが口の中はベタついた
それを飲み込んでさらに残りの男汁を吸っていく


「はぁ はぁ ありがとな 節子」
「あなた 2回も出しちゃって このあと大丈夫ですか」

「とりあえずスナミナのつくモノを食べよう
ウナギでも取るか」
「ウフフッ そうですね」


その日はオフロで1回さらに布団に入ったあとも続いた

もらった精力剤がいくらするのか知らないが
パートの時間を増やしてでも購入したい



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟女清掃員@奥田節子(10)「聞こえてたっしょ 揉んでるところ撮らないと」

「おばちゃん!!!」
「えっ・・・」


夫を送り出したあとのんびり買い物に出かけたが
精肉店の前であの2人のハンサムで口の悪い方に声をかけられた


「おばちゃんだよね いやっ 間違いない」
「・・・こんにちは」
「あいさつしてもらえるなんて・・・土下座してよかったぁ」
「ちょっと・・・」


土下座させたみたいに聞こえてしまう


「あいつ呼ぼっかな」


精肉店の前で電話をかけだしたので
とりあえず逃げることにした


「じゃあ 行くわね」
「待ってよ おばちゃん 今日休みっしょ」


すぐに手を掴まれた


「あっ 今何してる はぁ?うぜぇな おまえ はいはい
こっちも女いるから ウソじゃねぇし じゃあ 出してやるよ」


携帯を渡されたので仕方なく受け取ると
30才・彼女・デート中と身振り手振りで伝えてきた


「もしもし テキトウなこと言ってんなって いないくせによ」
「あっ えっと・・・」
「ウソッ・・・あっ 通行人っしょ タモツの代わりに謝るよ」
「・・・彼女です」
「いやいやっ 声が老けてるし 40才くらいっしょ」


声だけでも40才と言われるのは嬉しい
あとタモツという名前を知ることが出来た


「・・・はい」


そう言うとタモツくんに携帯を奪われた


「もういいだろ ナンパしたばっかなんだ はぁ うるせぇ
40でもムッチムチだぞ おまえの女と違ってな Gはありそうだ
じゃあ あとで写真送ってやるよ ちゃんと揉んでるところをな」


逃げると大声を出しそうなので他人のフリをしながら
そばで電話が終わるのを待った


「おばちゃん!」
「は、はい」
「30って設定だろ 恥かいたじゃないか」
「ご、ごめんなさい」


謝る理由がよくわからないが大事にはしたくない


「聞こえてたっしょ 揉んでるところ撮らないと」
「無理よ それは」
「ふ~ん じゃあ ここで叫ぼっかな」
「やめて」


どう対処していいかわからなくなってきた
夫も仕事に行ったばっかりだし・・・困ったな


「どこで撮ろっか 人がいないとこじゃないと」
「だから・・・」


ちょうど警官がこっちに向かってきた
助けを求めるなら今しかない

報復が怖い・・・平和に暮らしたい・・・

そんなことを頭に巡らせてるうちに通り過ぎてしまった


「あそこでいっか やるわけじゃないし」


指さしたのはオープンしたばかりのネットカフェ
もちろん入ったことはない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1345位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析