義父と嫁の必然的事案(1)「おっぱいだろ 正直に言ってみろ」

「食事の前に大事な話があるんだけど・・・」
「何だ 俺にも関係があるのか」
「うん」


伊藤博史 157㎝ 60kg 62才 

仕事はマンション巡回清掃員

2年前に年上の女房を病気で亡くし
今年の春から次男の家で暮らしている


「青森の営業所に所長として赴任することになった」
「えっ!?本当なの?」
「おいおい 礼美にもまだ言ってないのか」
「今日決まった話だから」


次男 貴博 170cm 60kg 30才 

リカーショップ【ロザリオ】社員


嫁  礼美 150cm 70kg 34才 Hカップ 

結婚したのは女房が亡くなる前だがまだ子供はいない
 
出会ったきっかけはロザリオの試飲イベントで
次男のひとめぼれだった


『頼みがあるんだけど・・・』


俺と女房が橋渡しをして何とかふたりをくっつけた


『おっぱいだろ 正直に言ってみろ』
『う、うん』


今よりは痩せていたが典型的なデブ女で顔もブサイクだった

女房が化粧の仕方を教えて何とか見れるようになったが
ここ最近また太ってきたので元に戻っている


『揉んだのか ついに』
『うん 揉みながらプロポーズした』
『ハッハッハ』


女には滅法奥手な次男を心配していたが
礼美のおっぱいのおかげで男になれた



「栄転じゃないか よかったな 貴博」
「いやっ でも 臨時なんだ 青森の所長が急に辞めたらしくて」
「臨時って何だ お試し期間があるのか」
「うん 青森の営業所にいる社員と競うみたいで・・・」
「はぁ?おまえのとこの社長は遊びが過ぎるな」
「結果が出るのに早くても2か月はかかるから
その間は単身赴任でいいかと思って・・・」
「それでも一緒に行けばいいだろ」
「仕事に集中したいから・・・ごめん 礼美」


次男の決意に俺も礼美も従わざるを得ない雰囲気だった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の必然的事案(2)「おまえはシコれば満足出来るだろうが礼美は違うだろ」

「おまえは仕事に集中すればガマンできるだろうが
礼美は無理じゃないか アル中になるぞ」
「それは父さんが見張っててくれれば・・・」


礼美が片付けで台所に行ったので
次男とヒソヒソ話をすることになった


「酒は見張れるがあっちは大丈夫なのか」
「あっちって・・・あっ それは・・・」
「おまえはシコれば満足出来るだろうが礼美は違うだろ」
「ちゃんと考えてあるって」
「まさかだが浮気を認めるのか」
「そんなわけないでしょ いろいろ買ってきたんだ」


カバンの中をのぞくと大人のオモチャがいくつか見えた


「ハッハッハ 抜かりないってことか」
「そうだ 気を使ってよ 父さん」
「今と変わらないだろ 毎日あんあんっ聞かされてるんだから
おまえのはぁはぁがなくなるだけでな」


このマンションは家の外には音は漏れないが
廊下に出れば部屋音は聞こえる作りになっている
別々の部屋の中にいればそうでもないが
トイレに行く時に聞こえるのだ


「あっ お邪魔ですね 先にオフロ入ってきます」


礼美が急に入ってきたのでびっくりした


「いやっ」
「ごめん もうちょっと話したいからそうして」
「はい」


礼美が気を利かせてくれたので普通に話せるようになった


「まだ何か話あるのか フロで一発やってこいよ」
「ほらっ 父さん 週末って朝帰りしてるじゃない」
「あっ あぁ まぁな」


仕事柄金曜土曜以外は朝まで飲むことはない 
6時半起きなので体力が持たないのだ


「女でもいるの?」
「ハッハッハ まさか貴博にそんなこと聞かれるとはな
現役は現役だが女はいないぞ」
「母さんが死んでもう2年だし全然いてもいいんだけど
朝帰りするなら家で飲んでほしいなって」
「礼美も一緒に飲めってことか」
「うん その方が安心だし」
「俺は嬉しいが連れも大概手癖悪いからな」
「倉田さんと三浦さん以外の人とも飲んでるの?」
「あぁ どんどん店で繋がってきてな いろんな奴と飲んでる
同世代ってだけで話が盛り上がるからな」


次男の家に越してきてから近所で飲み屋巡りをして
知り合ったのが倉田と三浦だった 
ふたりはボロアパートで一緒に暮らしている


倉田五郎 62才 塗装工 バツイチ 養育費支払いあり
三浦健作 55才 内装職人 元々は風俗とギャンブル中毒


「多少は目をつぶるよ」

「うん?まさかだがおまえ青森で女を捕まえるつもりか」
「えっ!?そんなわけ・・・」
「正直になれって 別の女を抱きたくなったんだろ」
「・・・」
「万が一にも聞かれるとまずいか」


耳元で話すように手を招いた


”チャンスがあればだけど・・・”


「ハッハッハ 礼美に謝罪の先払いしてこい」
「うん じゃあ 行ってくる」


次男は面白みのない男だったので少し安心した
亡くなった女房もきっと天国で笑ってるはずだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の必然的事案(3)「じゃあ 今日は俺とサシで飲むか」

「行っちまったな 礼美 寂しいか」
「・・・はい」


仕事があったので次男の見送りは出来なかったが
到着の電話がさっきかかってきた


「おかわり 頼む」
「はい」


昼過ぎに仕事から戻って電話の前までは疲れて寝ていた

夕方に起きることもあれば約束がない時は
夜中まで寝てることもある


「まだ飲んでないのか 今日は」
「飲みすぎちゃいそうなのでお義父さんの食事が
終わるまではガマンしようかなって」
「何だ そうなのか 悪かったな これからは気にせずに
飲み始めてくれていいぞ」
「いいんですか?」
「あぁ 当たり前だろ ただ外で飲む場合は
どこの店にいるかと誰と飲んでるか教えておいてくれ」
「はい わかりました」


礼美の監視を任されているので一応そう言った


「じゃあ 今日は俺とサシで飲むか」
「付き合ってもらえるんですか」


今まで礼美と2人きりで飲んだことはない
ただ酒好きなことは初対面の時から知ってることだ


ブルルルッ


三浦から電話がかかってきた


「さくらにいるんですけどちょっと顔出してくださいよ」
「今からか そうだな ちょっと待ってくれ」

「礼美 飲みに誘われたんだが一緒に行くか」
「もう化粧落としちゃったので・・・」
「そうか わかった」

「すまん 今日は無理だ 嫁と飲むんだ」
「倉田さんもいないんですよ そっち行ってもいいですか」
「いやっ いつか招待するから」
「わっかりました そうだ 明日は来ますよね」
「おぉ 絶対行く行く」
「じゃあ また~」

「すみません お義父さん 私のために・・・」
「俺が誘ったのに出て行くのはおかしいだろ ハッハッハ」

「どうされますか」
「同じでいいぞ」
「ソーダ割りですよ」
「おぉ」


「乾杯!!!」


俺と礼美のはじめての飲み会が幕を上げた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の必然的事案(4)「私のおっぱいに興味ないですか?」

「なぁ 女房には話したかもしれんが
過去の話を聞かせてくれ」
「昔の話ですか 貴博さんには内緒ですよ」
「男か」
「お義母さんから少しも聞いてないんですね」
「あぁ」


いつか聞かせてくれるとは言ってたが
その前に死んでしまったので何も聞いていない


「秘密を守ってくれるなんて・・・あぁ 会いたいな」
「そう言ってくれるとうれしいな」
「3人で飲みましょうよ」
「そうだな」


グラスを持って仏壇の前で座り込んだ


「お義母さんは飲めないですもんね」
「あぁ あいつは饅頭があればニコニコだから」


仏壇にはいつも饅頭が供えてある
定期的に新しい饅頭を供え直すのが俺の供養だ


チーンッ


「足崩してもいいですか」
「ハッハッハ 寝転んでもいいぞ あいつは心が広いんだ」
「私だけだと・・・」
「そうだな 壁に背中をつけて座るか」
「はい」


「じゃあ 聞かせてくれ」
「あっ 貴博さんだけじゃなく誰にも言わないでくださいね」
「言わないって 俺のまわりは口が軽い奴ばっかりだから」
「そうなんですね ウフフッ」



礼美の話は思っていたより過激だった
早熟だとこういう目に遭うという典型なのかもしれない



「それで男性不振になって酒に走ったってことか」
「そうかもしれないです」
「でも結婚したよな 貴博と」
「30才を超えてからなんとなく悟ったんです 
男の人って元々そういうもんなんだって」


おっぱい揉みプロポーズのタイミングが良かったってことか


「それにしても酒の力は偉大だな」
「はい 貴博さんと出会えたのもお酒のおかげですし
あっ こっちもかな」


礼美は自分の手でおっぱいを掴んで少し揉んだ


「酔ったのか 珍しいな 俺よりも強いのに」
「勝負したことないじゃないですか」
「いやぁ 昔ならともかく今は勝てないさ」


「脱ぎましょうか」
「えっ!?」


礼美に脱ぎ癖はないはずだ

今まで家に帰った時に酔った姿を何度か見てるが
ちゃんとパジャマなど何かしら着ていた


「お義父さんともっと仲良くなりたいですし」
「何を言ってるんだ」
「私のおっぱいに興味ないですか?」
「いやっ 興味あるとかないとかの話じゃないって」
「今まで好きでもない男に散々揉まれたりしてきたのに
大好きなお義父さんに見せてないのはおかしいかなって」
「相当酔ってるな お開きにするか」
「お義母さんが見てるからですか」
「おいおいっ」


礼美は上下を脱いでしまい下着姿になった


「トイレ行ってきますね お義父さんも来ます?」
「あっ あぁ そうだな」


さすがに仏壇の前では気まずい



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の必然的事案(5)「これは揉まれても仕方ないな」

「お義父さんとふたり暮らしになるって
決まった日から妄想してたんです」
「・・・」
「私だけですか」
「すまない 俺は貴博の父親だからな さすがに・・・」


そう言いながら便器の前に立つ礼美のパンティーを
ゆっくりと脱がしていった


「触ってください もう・・・」


ムチムチのワレメ・・・毛は薄く生えてるだけだ 
今までこんなボリュームのモリマンは見たことない


「礼美・・・」


足を広げたので指をねじ込んでいった
わかりやすく濡れている


「あんっ」
「貴博が夢中になるわけだ」
「すいません 先に出しちゃいますね」
「ハハハッ そうか そうか」


ジョロジョロジョロジョロッ


愛液と小便が混ざったイヤらしいニオイが立ち込める
若い時は妻のこのニオイだけでギンギンになっていた


「ブラも外してもらえますか」
「あぁ もちろんだ」


トイレで礼美を全裸にすることがあるなんて想像もしてなかった
それも今日はまだ2人きりになって初めての日なのだ


ボヨンッ


音が聞こえてくるくらいに大きいおっぱい
少し横広がりで乳輪は大きめだがしっかり乳首は立っている

妻は年を取っても張りがあったので全く違う形だ


シャーシャーシャーシャー


ウォシュレットで礼美のワレメを洗浄していく


「あんっ」
「これは揉まれても仕方ないな」
「私が悪いんですか」
「あぁ そういうことだ」


強めに礼美のおっぱいを揉んでみた


「柔らかいな 何だ これは」


ついに俺のアソコもギンギンに・・・


「俺も出しておくから代わってくれ」
「はい」


ただこのまま小便するのは無理そうだ


「ウフフッ お義父さん オフロで出してください」
「あぁ そうだな」
「たくましいおちんちんですね」
「俺の方がデカいだろ」
「・・・はい じゃあ 先に戻って飲んでますね」
「おぉ」


オフロまでついてくると思ったがリビングに戻っていった


ジャージョボジョボジョボ ジャー


勢いよく浴室のタイルに小便をぶちまけた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の必然的事案(6)「お義父さん スッキリしましたか」

「お義父さん スッキリしましたか」

「あぁ おかげさまでな あれっ パジャマ着たのか」
「はい いつでも寝れるように着ちゃいました」
「そうか もうこんな時間だもんな」
「朝早かったので今日はもう・・・」

「俺も明日仕事あるからな」
「飲みに行こうとしてたじゃないですか」
「ハッハッハ そうだったな」

「これからしばらくは私の相手もしてくださいね」
「おぉ 任せておけ」

「じゃあ おやすみなさい」


拍子抜けとはまさにこのことだ
盛り上げるだけ盛り上げておいて・・・

いやいやっ そもそも礼美と何かする方がおかしなことだな


部屋に入ってさっきの礼美のハダカを思い浮かべながら
シゴいてみることにした


「はぁ はぁ はぁ はぁ」


さすがに射精まではしそうにないが気分はいい



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の必然的事案(7)「ハハハッ 貧乏も悪いことばかりじゃないですね」

「引っ越しあったから今日はダンボール多いでしょ」
「そうですね この自転車はいつ処分するんですか」
「うちの人はあと何台かたまってからでいいって言ってるわ」


担当してる建物のひとつ【マーブルマンション】

最上階にオーナー夫婦が住んでいるのだが
清掃中に奥様の方が時々話しかけてくる

毎週金曜日はここに来ている


「おはようございます」
「あらっ もう出かけるの?」
「はい」
「資源ゴミとかダンボールはない?」
「あっ ペットボトルがたまってるかも」
「持ってきて」


初めてみる住人と奥様が話をしている 
最近引っ越してきたのだろう


「女性でよかったですね」
「そうなのよ ちゃんと分別もしてくれるし」


男の入居者は分別しなかったり
浴室をカビだらけにするので嫌だと前に言っていた


「これ お願いします」
「・・・」


黙ってペットボトルの入ったゴミ袋を受け取った
会社から女性の住人にはには会釈以上のことは
しないように言われてるからだ


「じゃあ 岡田さん 行ってらっしゃい」
「はい 行ってきます」


住人に声掛けするマンションは今時珍しい
さらに郵便ポストにすべて名前が書かれてある


「はぁ 若いっていいわね そう思わない?」
「思いますよ もちろん」
「そういえば私の年を言ってなかったわね」
「あれっ 同い年くらいって言ってませんでしたか」
「ううん 実は3つ上なのよ 62才でしょ 伊藤さん」
「はい」
「主人が同い年よ」
「そうなんですか うちも年上女房だったんですよ」
「だったって離婚なさったの?」
「いやっ 死別です」
「あらぁ 悪いこと聞いちゃったわね ごめんなさい」
「もう2年前のことですから」


マンションのオーナーには履歴書の詳細な部分までは
知らされてないらしい


「ひとりじゃ寂しいでしょ」
「次男夫婦と同居してるので」
「そうなのね うちは娘ばっかりだから
ひとりになったらホームにでも入るしか・・・」
「お元気でしょ 旦那さん 私と同い年だし」
「全然よ 伊藤さんみたいにキビキビ動けないもの」
「ハハハッ 貧乏も悪いことばかりじゃないですね」
「うちもそんなに余裕があるわけじゃないわよ」
「またまた~」
「ウフフッ」


奥様が明らかに女の部分を出してきている

礼美とのことがなければすぐに狙ってもよさそうだが
一旦保留しておこう


「じゃあ これで」

「おつかれさま また来週よろしくお願いしますね」
「はい」


昼過ぎまで仕事をして家に戻った



「ただいま」

「おつかれさまです お義父さん」
「ハハッ」
「今日は出て行かれるんですよね 何時に起こせばいいですか」
「そうだな だいたいでいいが7時過ぎに起こしてもらえるか
あと倉田か三浦の電話は代わりに取っておいてくれ」
「ウフフッ わかりました おやすみなさい」


週末の飲み会の前は体力温存のためにも
しっかり寝てから行くようにしている

女をホテルに連れ込める展開になった時に
先に寝てしまっては男として恥ずかしい
セックスで疲れさせて寝入っている女のハダカを見ながら
優越感に浸りたいのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義父と嫁の必然的事案(8)「俺の許可なしに嫁と話をするなんていい度胸してるじゃないか」

「ウフフッ ハハハッ」


目を覚ますと礼美の笑い声が聞こえてきた
見ると俺の携帯を持っている


「おぉ 礼美 誰だ」
「お義父さん 起きられたんですね 三浦さんです」
「そうか 代われ」
「はい」


礼美から携帯を受け取った


「俺の許可なしに嫁と話をするなんていい度胸してるじゃないか」
「ちょっと 伊藤さん もう少し寝ててくださいよ」
「ハッハッハ 今は・・・もう6時半か 倉田も来てるのか」
「はい 倉田さんの友達も来てます 初参加の若い男で」
「何だって まさか30代か」
「44才ですね 代わりましょうか」
「あっ いやっ すぐに向かうから」
「はいはい 待ってますね~」


「すいません お義父さん 起こせばよかったですか」
「別のとこで話してくれれば起きなかったかもな」
「あぁ そうですね」
「残念がってたぞ 三浦 どんな話してたんだ」
「大した話はしてないですよ お酒のことばっかりで」
「あぁ そういう話か どっちにしろ礼美より飲める男は
この世に存在しないって」
「そんなことないですよ」
「俺たちの世代ではってことだ」


礼美が酔いつぶれた姿を見たことないのは
俺だけじゃなく女房や次男もだ

そこで次男の言葉を思い出した

”礼美と家で一緒に飲んでほしい”

先週から今日の飲み会は場所も決まっていたので
予定変更出来なかったが今後は家飲みに変更しよう


「礼美が良ければ明日はうちで飲むがどうだ」
「本当ですか」
「酔っ払い相手するのが面倒なら別に断ってくれてもかまわないが」
「そんなわけないじゃないですか」
「ハッハッハ 確かに大酒飲みが酔っ払い嫌いっておかしいな」
「そうですよ」

「じゃあ 誰が来るかはわからないが
明日は夕方くらいからこの家で飲み会を開くか」
「別にお義父さんとふたりきりでもいいですよ」
「いやいやっ 相手しきれないって ハッハッハ」


気づくのが遅くなったがすでに礼美は飲んでるようだ
かすかに酒の匂いが部屋に漂っている


「もう飲み始めてたのか」
「はい 三浦さんから電話がかかってくる前に」
「そうなのか」
「お義父さんを送り出してから友達に飲みに行くことに
なってたんですけど子供の体調が悪くなったから
パスって連絡があって・・・」
「やけ酒か 付き合ってやれなくて悪いな」
「明日はよろしくお願いします」
「そうだな」


次男が買ってきた大人のオモチャを
使ってる礼美の姿が頭に浮かんでくる

このあときっと・・・


「どうしたんですか お義父さん」
「いやっ シャワー浴びてさっさと行かないとな」


若い時なら礼美の相手をしてからでも
飲みに行く体力があったが今はそこまで自信がない
射精した後少しの間頭がぼ~っとして力が出なくなるのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1345位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
55位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析