熟女姉妹遊戯(1)「一緒に住むならお姉ちゃんとも仲良くしてね」

「一緒に住むならお姉ちゃんとも仲良くしてね」
「もちろん もちろん」


飯田茂樹 33才 170cm 60kg 実家近くでひとり暮らし

仕事はチラシポスティング
給料は平均12万円 貯金はないが借金もない


「飯田くんと出会ってから毎日が本当楽しいわ」
「俺も 俺も」


片山澄江 66才 150cm 65kg バツイチ
姉 瑞江 68才 155cm 55kg 未亡人

【さくらハイム】101号室 2LDK


澄江さんとはポスティングしてる時に出会った

毎月不動産会社のチラシを入れていて
最初は挨拶だけの関係だったがいろいろと話すようになった


『若くないですって もう33才ですよ』
『えっ!?20代だと思ってたわ』

『そうだ 名前聞いていいですか』
『澄江よ』
『あっ 名字を聞いたんですけど』
『ハハッ そっかそっか まぁ いいじゃない』

『澄江さんは・・・う~ん 57才!正解でしょ
もし下だったら謝罪します』
『ウフフッ うれしいこと言ってくれるわね 66才よ』
『ウソでしょ』


その時はお世辞じゃなく本気で当てにいっていた
さすがに母親世代は女として見れなかったからだ


「この部屋でエッチするのも今日が最後かな」
「あぁ 澄江さんはすぐ外でしようとするから困っちゃうなぁ」
「そういう意味じゃないでしょ 今度からうちでするからよ」
「お姉さんの見てる前でもしますか」
「ウフフッ それも興奮しそう でもかわいそうかな」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟女姉妹遊戯(2)「で 決断した理由は金じゃなく姉ちゃんの垂れパイかよ」

「これからはタダ酒が飲めそうだ」
「たまにだぞ」


加藤俊也 33才 175cm 65kg 独身 実家暮らし

高校時代からの友達 一緒にオナニーもする仲で
片山姉妹の家に住むように提案してくれた張本人だ


『そのババアの家に住んじゃえばいいじゃん』
『ババア言うな ハハハッ』


その言葉を聞くまで全く考えてもみなかった
そもそも澄江さんはオナホール代わりのセフレだったのだ


「で 決断した理由は金じゃなく姉ちゃんの垂れパイかよ」
「まだ見てないから予測だけど」
「当然いつかは3Pになるよな 体力持つのか」
「おまえと違って早漏じゃないから」
「恩人に向かって何て口の利き方だよ!!」
「おごりますから怒らないでくださいよ 加藤氏」
「許す!」
「ハッハッハ」


澄江さんとはいろいろ話しているが瑞江さんとは
まだ一言も話したことはない ただ姿だけ見たことはある


『あっ 今帰ってきたのが私のお姉ちゃんよ』
『そうなんだ』


会釈して通り過ぎたので一瞬のことだったが
胸が澄江さんよりも大きく見えた それも垂れパイ系だ



「ポスティング復帰しようかな 俺も」


加藤も何度かポスティングしてたことがある
あとは家のクリーニング店の仕事の手伝いをしたり
時々牛丼屋でバイトしたりだ


「新しいバイト若かったんだろ」
「あぁ でも彼氏にベッタリだよ 店にまで来るし」
「最悪だな」
「カムバックマリアン!!」


加藤は牛丼屋のバイト仲間マリアンがセフレだったが
家族の事情で国に戻ってしまい音信不通になってるのだ

マリアンは40才 息子が2人いる既婚者

俺も一度だけフェラをしてもらったことがある
元風俗嬢なので上手かったが苦手な顔だった


「狙えそうな女がいないってことか 
そもそも話まで出来る女はババア一択だぞ」
「結局おまえもババアって言ってるじゃねぇか」
「ハハハッ たまにはピチピチな巨乳ギャルも抱きたいな」
「仕事しろ 仕事」
「おまえにだけは言われたくない」
「確かに」


風俗に世話にならなくてもセフレをゲット出来てるので
なかなか本気で仕事をする気にはなれない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟女姉妹遊戯(3)「若いのにこんなおばさんと暮らすなんてモノ好きね」

「どうも 澄江さんとお付き合いさせてもらってる
飯田茂樹です」
「はじめまして 私は片山瑞江よ」
「堅苦しいわね もう 名刺交換でもするつもり ウフフッ」


マンションには毎月来ているが部屋に入るのははじめてだ
2LDKだが思ったよりも狭く感じる


「そこが私の部屋よ」


リビングの横の部屋は戸が開いていて丸見えになっている


「話は聞いてもらってるも思いますが
出来ればここに・・・」
「若いのにこんなおばさんと暮らすなんてモノ好きね」
「お姉ちゃんの方がおばさんでしょ」
「黙ってて」
「は~い じゃあ お姉ちゃんの部屋に行ってるね
ふたりには仲良くなってもらわないといけないし」
「えっ 澄江 何言ってるの ここにいなさいって」


澄江さんは玄関入って左の瑞江さんの部屋に入っていった


「迷惑ですか」
「ううん 違うのよ 何ていうのか・・・」
「あっ 疑われてるんですね これ どうぞ」


実家の住所と両親の写真を瑞江さんに見せた


「似てるのね お母様に」
「残念ながら」
「そんなこと言っちゃダメでしょ」
「すいません ただ本人にも言ってますけど」
「ウフフッ 仲いいのね」
「電話しましょうか」
「そこまでしなくていいわよ 信用したから」
「はぁ よかったぁ」

「澄江のこと本気なのね」
「はい ただ結婚とかは考えてないんですけど・・・」
「当たり前よ 好きで付き合ってるならそれでいいの」
「面白いですよね 澄江さん」
「私と違って社交的だからね」
「あっ もしかして俺以外の恋人っていますか」
「・・・いないわよ」
「ちょっと間がありましたね 今」
「勘ぐらないで 澄江に怒られちゃうから」
「了解です! でも同居は認めてくれますか」
「元々認めてるわよ 飯田さんのことは毎日聞かされてるしね」

「飯田さんって何だか・・・茂樹って呼んでくださいよ」
「さすがにそれは・・・」
「澄江さんには飯田くんって呼ばれてますし
呼び方違う方がいいかなって」
「それは そうだけど・・・」
「瑞江さん お願いします!」
「ウフフッ 男性に瑞江さんって呼ばれるの久しぶりだわ」
「男扱いしてもらえるんですね」
「からかわないで」
「名前呼んでください」
「・・・茂樹」
「あぁ たまんないな」


ガタンッ


澄江さんがリビングに戻ってきた


「仲良くしてるみたいね 私 友達のところ行ってくるわ」
「ちょっと 澄江」
「澄江さん 俺 茂樹って呼んでもらえることになったよ」
「ウフフッ よかったわね もっと仲良くなって」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
LINK



リンク
カウンター
アクセスランキング

QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
483位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
30位
サブジャンルランキングを見る>>