熟母と中年息子(11)「ウフフッ 本当に困った子だね」

「はぁ はぁ 母ちゃん 母ちゃん」


チュパッ チュパチュパッ


股間を触り合いながら濃厚なキスをし合った


「クニオは可愛いままだね」
「おっさんだろ もう」
「そんなことないよ 私にとってはね」


こんな母との時間が終わってしまうのは耐えられない


「やっぱりここで一緒に・・・」
「困った子だね さっきは言わなかったけど
お母さんね 男の人いるのよ だから・・・」
「えっ!?だってひとりでって」
「ひとりですることもあるってだけで
相手がいることもあるわよ」
「・・・そうなんだ」
「ごめんね」


チュッ チュパッ


「どんな人?」
「会いたいの?」
「ううん 変な男に騙されてないかなって」
「ハハハッ 財産でもあれば心配だろうけど貧乏だからね」
「いやっ でも・・・」
「オサムたちは賛成してくれたのよ」
「会わせたの?」
「ううん 紹介まではしなかったけど遠くから見てくれて
いい雰囲気だねって」
「ふ~ん」


その男に嫉妬している自分がいる
小さい頃は弟に嫉妬していた


「母ちゃん しゃぶって」
「まだ出るのかい 元気だね」


ジュルジュルッ


「はぁ はぁ」


モミモミッ


何でも言うことを聞いてくれる母を独り占めしたい


「母ちゃん!」
「何だい」
「やっぱりここに越してくるよ」
「ウフフッ 本当に困った子だね」
「いいだろ」
「ふぅ・・・」


あきれた顔をしてる母の口に再びチンコを突っ込んだ


ジュルジュルッ


母の唾液に包まれて気が遠くなっていく


「あっ あぁ~ あぁ~~~~~~~」


ドピュドピュッ


ゴックンッ


「クニオの精子飲んでると若返りそうだわ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(12)「俺・・・母ちゃんのおっぱい揉んだぞ 正月」

「俺 母ちゃんと一緒に住むことにしたから」


自分の部屋に帰ったあと弟に電話をかけた


「えっ!?急にどうしたの?兄貴 地元を嫌がってたのに
それにまだ母ちゃん元気だろ」
「どうせいつかは一緒に住むつもりだったし
まぁ 結婚相手も見つからないしな ハッハッハ」
「あきらめるには早いだろ」
「あきらめたわけじゃないって 母ちゃんがそばにいた方が
見つかりやすいかなって」
「あぁ それはそうだな 兄貴 優柔不断だし」
「母ちゃんと同じこと言いやがって」
「ハハハッ 母ちゃんとさぁ 兄貴のこと話すと
だいたいこの話になるから」

「そうだ 母ちゃんの相手 どんな男だったんだ」
「あっ もう聞いたんだ 同級生だってさ 
優しそうな男だったよ 兄貴と同じで無害っていうか」
「おいおいっ」
「まぁ やることはやってるだろうけど そうだ 邪魔するなよ」
「するわけないだろ 母ちゃんが楽しんでるのに」
「でも何だか変な感じだよなぁ 母ちゃんなのに普通の女みたいで」
「ハハハッ 確かにな」


すでに私にとっては完全に女に見えているが
弟にとってはまだ母は母なのだろう


「そうだ 兄貴」
「何だ」
「俺・・・母ちゃんのおっぱい揉んだぞ 正月」
「本当か!?」


一応知らないフリをすることにした
おっぱいどころか穴も見たくせに・・・


「懐かしいっていうか 兄貴も揉んでみろよ」
「あぁ そうだな」
「酔ってる時なら揉んでも何も言わないと思うし」
「女に困ってるって言いたいのか おまえ」
「ハッハッハ バレたか」
「ふざけやがって~」


弟とこんなに砕けた話をするのは何十年ぶりという感じだ


「これからは一緒に飲む機会も作ろうぜ 兄弟2人でさ」
「母ちゃんも入れて3人だろ」
「それもいいか あっ 2人で片乳づつ揉むとか」
「おいおいっ カズミさんに相手されてないのか
変なことばっかり言いやがって」
「ピンポ~ン このごろセックスレスになっちゃって」
「冗談のつもりだったのに マジか」
「あぁ 兄貴と同じようにひとりでしたりしてるんだぜ」
「うわぁ・・・大変だな」
「まだ1カ月くらいだから耐えられるけどずっとなら離婚するかも」
「おいっ 聞かれないのか そこ」
「フロ入ってるから大丈夫だって シャワーの音聞こえてるし」
「そっか まぁ 引っ越し終わったら連絡するよ
まだ日程は決まってないから」

「仕事も変えるってことだよな」
「あぁ 同じ仕事を地元で探してみようかなって」
「給料は安くなりそうだけどあることはあるか
もしなかったらコンビニで働けばいいもんな 兄貴は」
「あぁ バイトしてたのは随分前のことだから
システムが変わって役に立たないかもだけど」


半年ほどだがコンビニでバイトしたことがあるのだ
週に6日入ってたので結構頑張ってた

今の仕事の方が給料がいいので辞めたが
もし同じ給料なら慣れてるコンビニを続けてたはずだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


熟母と中年息子(13)「オサムはマセてたから自分でしてたけどね」


-2か月後-

「母ちゃん 今日からまたよろしく」
「親子なのに何をあらたまってるんだい ハハハッ」


引っ越しするまでの間は延々と母と息子のAVを見てきた


チ~ンッ


「父ちゃんもよろしく」
「ちゃんとあいさつするなんて偉いじゃないか」
「偉くないって 母ちゃんにスケベなことするのに」


母のおっぱいに手を伸ばした


「早速触ってくれるのかい」
「でもさ 本当にいいの?」
「何がだい」
「いやっ 何ていうか こんな風に揉んだり触ったりさ」


モミモミッ モミモミッ


「あんっ ウフフッ もうおばあちゃんだからね 
男に触ってもらうだけでうれしいのよ」
「男って・・・」
「おちんちんついてるじゃないか 精子も出るし」
「精子って・・・」
「そういえばクニオはよく夢精してたね 昔」
「あっ・・・」


夢精した後はパンツをゆすいで洗濯機に入れていた
バレているのはわかっていたが直接言われるのははじめてだ


「オサムはマセてたから自分でしてたけどね」
「そんなことまで知ってたんだ」
「母親だったら息子のことはだいたい知ってるわよ
洗濯もゴミ捨てもしたことないでしょ あんたたち」
「ハハッ そりゃあ・・・」

「もうおちんちん窮屈だろ 脱いで 脱いで」
「う、うん 母ちゃんも」
「あぁ わかったよ ここでするかい」
「いやっ さすがに・・・2階でしたいかな」


仏間だと父の写真を見てしまうので集中できない



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(14)「母ちゃんに若返ってほしくて」

「そうだ まだ続いてるの 例の男と」
「あぁ 早めに紹介しないとね 名前は佐久間さんよ」
「ふ~ん」


話をしながら脱いでいった


「あんたが引っ越してくること話したら
一緒に喜んでくれてね 本当いい人なのよ」
「そっか」


チュッ チュパッ


佐久間さんとは穴兄弟になったので
弟よりも繋がりがあるような気もする


「クニオ 見て」
「あっ」
「ちょっとだけキレイにしたのよ」


自然に生い茂ってた陰毛が整えられている


「母ちゃん 早速だけどもう・・・」
「ウフフッ 本当に元気ね クニオのおちんちんは」


パクッ ジュルジュルッ


母がチンコを咥えこんでいく


「あぁ~ はぁ はぁ あっ あぁ~~~~」


ドピュッ ドピュピュピュッ


昨日から溜めていた精子を母の口の中に全部ぶちまけた


ゴックンッ


躊躇なく母は飲み込んでくれる


「ふぅ 随分多かったね 今日は」
「母ちゃんに若返ってほしくて」
「そうかい 本当親孝行な息子だよ クニオは」
「一緒にシャワーしようよ」
「そうだね」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(15)「そういう趣味はないわ 逆ならいいけど」

「母ちゃん 小便かけていいかな」
「ウフフッ どこにだい 面白い子だね」


完全にAVの影響だ 賢者タイムを早く終わらせるために
いろいろ興奮する行為を研究してきた


「あっ やっぱり親孝行したいから先にかけて」
「変なこと言うわね でもちょうど出そうだわ」
「飲んであげようか 母ちゃんの小便なら・・・」
「そういう趣味はないわ 逆ならいいけど」
「えっ」
「あんたたちに何度か顔にかけられたことあるけど
覚えてないでしょ」
「全然」

「じゃ 出すわね」


ジョロジョロジョロッ シャ~~~


「これが母ちゃんの小便かぁ」


ビシャビシャ


手で小便を触ってみた


「介護してもらってる気分だわ」
「ハハハッ じゃあ キレイにしないと」


ジャバジャバッ


シャワーで母の股間を洗っていく


「クニオ ありがとね 気持ちいいわ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(16)「これからもいつでも泊まりに来てくださいね」

「はじめまして」
「あっ どうも」


次の日佐久間さんが家にやってきた
噂通り優しそうな見た目の男だ


「不思議な感じだわ クニオと佐久間さんが会ってるなんて」


母の用意したおかずが並べられている
それをつまみながら飲むことになった


「早速ですけど母ちゃんのことよろしくお願いします」

「ちょっと クニオ それは最後に言わないと」
「ハハッ そっか」

「勝子さんのことちゃんと大切にするので
心配しないでください」

「ちょっと佐久間さん それは結婚する時の言葉でしょ」
「ハハハッ そうだね クニオくんにつられちゃったな」

「ハッハッハ」


最初はぎこちなかったが飲み進めていくうちに
打ち解けてきた


「僕もね クニオくんに合う女性を探してるんだよ」
「そうなんですか うれしいです でも・・・」
「条件はあるよね それも今日聞いておこうかなって」
「そうじゃなくてまだ仕事が決まってないので」
「そっか そっか」

「結婚してもここに住もうかなって お邪魔ですか」
「何言ってるの 僕なんかよりクニオくんの方が
勝子さんにとって何倍も大切だって」
「ちょっと佐久間さん・・・」


話せば話すほどいい人だ


「これからもいつでも泊まりに来てくださいね」
「いやっ さすがにそれは・・・」
「私たちはここで会うことはほとんどないんだって
クニオには言ってないけど」
「そうなんだ 佐久間さんの家で会ってるってこと?」
「まぁ そうね ホテルもたまに行くけど」
「勝子さん・・・」
「あっ 酔ってきちゃったわ ちょっとトイレ行ってくるね」


佐久間さんは男の役目も果たしてるようだ


「あんまり母親のそういう話聞きたくないよね」
「あっ はい まぁ」

「僕も年には勝てなくてね 週に1回元気になればいい方だよ」
「そうなんですか」
「クニオくんはどうだい」
「まだ全然大丈夫です」
「ハッハッハ そうだろうね 僕だってクニオくんの年の頃は
毎日だって元気になってたもんだよ」

「戻ってこないな ちょっと見てきます」
「寝ちゃってるかもね」


トントンッ トントンッ


「母ちゃん 母ちゃん」
「あっ 寝ちゃってたわ クニオ」
「早いけどお開きにしようか」
「そうだね あぁ 年は取りたくないわ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(17)「萎えるっしょ 母親の下着姿とか」

「母ちゃん 行ってきます」
「初出勤頑張っておいで」


引っ越して2週間ほどで新しい職場は決まった
自転車で10分もかからない場所なので通勤が楽だ


「今日からお世話になります 上田国男です
よろしくお願いします」


以前勤めていた物流センターより倉庫が狭いので
慣れるまでは大変かもしれない


「経験者でしょ 期待してるよ」
「はい」


工藤直也 38才 (株)セキド物流 主任

上司が年下になったがそれは仕方ない


「面接した人に聞いたんだけど母親と2人で暮らしてるって」
「はい」
「俺も同じなんだよね 大変じゃない」
「そんなことは・・・」
「もしかして部屋がいくつもあるとか?」
「長屋ですけど2階建てなので」
「あぁ いいね うちは2部屋あるけどアパートだから
プライバシーも何もなくてさ」
「ハハハッ」
「目の前で着替え出すし 勘弁してくれって」
「うちも何も言わないと目の前で着替えるかも」
「萎えるっしょ 母親の下着姿とか」
「ハハハッ」


萎えるどころか興奮するが話を合わせておこう


「仲良くなりたいな 上田さんと」
「是非是非」
「友達はみんな結婚してて遊んでくれなくて」
「ハハッ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(18)「兄貴 前に言ってたこと実行しようぜ」

「兄貴 前に言ってたこと実行しようぜ」
「前に言ってた・・・あっ おっぱいか」
「あぁ」


弟がひとりで家に遊びに来た


「母ちゃん 今日は俺兄貴の部屋に泊まっていくから」
「はいはい 好きにすればいいよ」
「ガンガン飲むぞぉ」

「乾杯!」


最初は昔の事や私に新しい仕事のことを
話していたが徐々にスケベな方向に変わってくる


「兄貴 ふたりで母ちゃんをとなりに座ろうぜ」
「ウフフッ うれしいわ」


「母ちゃん おっぱい吸わせてよ」
「何だい 甘えちゃって もう」
「兄貴も早く早く」
「あっ あぁ」


モミモミッ モミモミッ


「あんっ くすぐったいね もう」
「いいでしょ 母ちゃん」
「好きにすればいいよ あんたたちのおっぱいなんだから」
「やったぁ 脱いで 脱いで」
「はいはい」


モミモミッ チュパッ チュパッ


「あぁ~ん 楽しいわ お母さん」


上半身ハダカの母親にいたずらしながら飲み進めていった


「トイレ トイレ」


弟がトイレに立った瞬間にチンコを出し
母の口に突っ込んだ


「はぁ はぁ あっ あぁ~~~~~」


ドピュッ


ゴックンッ


「ウフフッ ガマンしてたのね」
「うん」

「はいはい 戻ってきたよぉ おっぱい! おっぱい!」
「オサム クニオ たくさん吸っておくれ」


チュパ チュパッ


「あぁ 眠くなってきたわ あとは2人で飲んでね」
「あぁ~い おやすみ~」


母が先に酔いつぶれて眠ってしまった


「兄貴 兄貴 エロ動画見てシコろうぜ」
「そうだな ハハッ」


弟と一緒にオナニーするのも悪くない


「これやばいな 母親の2穴を兄弟でって」
「俺らも大して変わらないことしてただろ」
「いやっ おっぱいだけなら可愛いもんだろ
母ちゃんに彼氏いないならこういうのもやっていいかもな」
「変なこと言うなって オサム」
「兄貴 チンコびんびんじゃ説得力ないぞ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(19/最終話)「父ちゃんの方を向いておしり突き出して」

-次の日-

「じゃあ また来るよ」

「今度はみんなで来て」
「何だよ 俺ひとりで来ちゃダメなのかよ」
「そんなことないけどね」
「あぁあ 俺もここで住もうかなぁ 居心いいし
母ちゃんのおっぱいも吸えるし」
「何を言ってるんだい もう」


弟は家に帰っていった


「騒がしかったけど楽しかったわ」
「親孝行な息子たちだから」
「自分で言わないで でも本当その通りだわ」


チュッ


「母ちゃん 今日は佐久間さんと会うの?」
「ううん 約束はしてないけど」
「じゃあ・・・」


チュパッ チュパッ


「やっぱりさ 父ちゃんにも見てもらおうかなって」
「そうかい 私はどっちでもいいよ」


仏間に母を連れて行きすべて脱がせた


「父ちゃんの方を向いておしり突き出して」
「はいはい こうかい」


ヌプッ ズボズボッ


「あんっ あぁ クニオ あぁ~」
「はぁ はぁ」


パンパンッ パンパ~ンパンッ


「あぁ~ん お母さん イッちゃうよ」
「はぁ はぁ あっ あぁ~」

「クニオ クニオ」
「あっ あぁ~~~~~~~~」


ドピュッ


これからも母とずっとスケベなことを楽しんでいこう


ペロペロッ


「母ちゃんって本当精子好きだね」
「あぁ 大好きだよ」



-おわりー



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1145位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析