熟母と中年息子(1)「何か持ってきたのかい 珍しいね」

「急に雨が降ってきたと思ったら
クニオのせいだったのかい」
「ひどいな 母ちゃん」


ピチャッ ピチャピチャッ


上田国男 41才 166cm 70kg 

物流センター勤務 独身

高校を卒業したあと地元で就職したが2年で退職
地元に居づらくなったので実家を出て
ひとり暮らしをはじめた


「何か持ってきたのかい 珍しいね」
「大したモノじゃないけど・・・」


ピチャッ ピチャ ピチャッ


母 勝子 64才 148cm 60kg

父は5年前に他界 実家の長屋でひとり暮らし
正月に弟夫婦が同居を提案したが断ったらしい

40年近くここで暮らしてるので離れたくないのだろう


ピチャッ ピチャ ピチャッ


「オサムは最近来てるの?」
「そんなことより雨に濡れちゃうでしょ 入って入って」
「はいはい」


母は2階のベランダで洗濯モノを取り込んでいる
屋根はあるが雨に濡れる場所もあるからだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(2)「くだらないこと言うから雨が強くなってきたじゃないか」

「父ちゃん 久しぶり」


チーンッ


ドンドンドンドンドンッ ガラッ


母が階段を下りて仏間にやってきた
元々は食卓として使ってた場所だ


「偉いじゃないの クニオ お饅頭だったのね」
「あぁ 母ちゃん これ好きだろ」
「あんこが入ってれば何でも好きだよ ハッハッハ」


振り返ると母はパンティーとブラジャーを抱えている


「洗濯モノを持ってくるかな ここに」
「下着はここの押入れに入れるようにしたからね」


押入れを開けると三段のカラーボックスが顔を出した


「あれっ 買ったんだ これ」
「前にあんたが来た時にはもうあったよ」
「ふ~ん」


3回忌の時なので3年くらい前のことだ

母とは電話で話をしたりはするが
知り合いに会いたくないので
ここには地元に戻ってこないようにしている


「何でもない日に来るなんて・・・何かあったのかい」
「いやっ 大したことじゃないんだけど・・・」
「お供え物も来た理由も大したことないって何だい もう」
「ハハハッ 確かにね」

「それで?」
「テレビである映画を観てさ・・・親孝行しておこうかなって」


【陽だまりの歌】という懐かしの映画で
出所後に迷惑をかけた母親に隠れて親孝行する感動作品だ


ジャー ジャー ジャー ジャー


「くだらないこと言うから雨が強くなってきたじゃないか」
「ハハハッ 本当だ」
「あっ トイレ行ってくるね これ 入れておいて」
「ちょっと ちょっと」


ガラッ ドンドンッ ガチャッ バタンッ


色気のない白と肌色のパンティーとブラジャーが
目の前に広がっている

羞恥心がなくなってるとはいえ
息子に下着をたたませるなんて・・・困った母だ


とりあえずたたんでいくことにした


うん?


一番上はブラジャーとシミーズ 真ん中はパンティー
じゃあ 一番下には何が入ってるのだろう


好奇心に勝てず引き出してみた


えっ!?


見てすぐに元に戻した まさかのモノが目に入ってきたからだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(3)「クニオ 今日はうなぎでも取ろうか」

「クニオ 今日はうなぎでも取ろうか」
「あっ うん そうだね」
「ちゃんとたたんでしまってくれたんだね ありがと」


昔から母はよくノーブラだったので見慣れてるが
さっき見えたモノの衝撃でシャツ越しの乳首に
視線が集中してしまう


「明日帰っちゃうんだろ」
「・・・」

「クニオ」
「あっ 何?」
「疲れてるのかい 明日には帰っちゃうんだろって」
「あっ あぁ 決めてない」
「そうなのかい」
「月曜日の朝に家についてればいいから」
「じゃあ 明日も泊まっていってよ
滅多に来ないんだから」
「う、うん じゃあ そうする」


記憶を辿れば母のおっぱいの形はかすかに浮かんでくる
今よりは垂れてなかったと思うが横広がりで乳輪が大きかった


「6時くらいに持ってきてもらおうか」
「あぁ」
「疲れてるみたいだからそれまで私の部屋で
寝てればいいよ 布団敷いたままだから」
「あっ じゃあ そうする」


母の部屋に向かう前にトイレに入ってズボンを下ろし
すでに半立ちになっているチンコをシゴしていく


「はぁ はぁ」


さっき見えたモノは普段の母からは想像もつかない
エロ動画でよく見るローターやディルドだったのだ


仏壇の前でアレを使って・・・


「あっ あぁ~ あぁ~~~~」


声を押し殺しながら便器の中にザーメンをぶちまけた
さっき駅のトイレで出したばかりなのに・・・


母がスケベだとしても別に驚かないが
大人のオモチャを持ってることにはびっくりだ

ネットで買い物なんて出来るわけないので
誰かにもらったか いやっ 店まで買いに行ったのだろうか

とりあえずスッキリしたので頭は冴えているが
母の布団に入ることにした


「ふぅ・・・」


懐かしくも嗅ぎ慣れた母のニオイ・・・



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(4)「クニオ うなぎを食べたあと一緒にオフロ入ろうか」

「クニオ クニオ」


眠れないかもしれないと思ったがいつの間にか熟睡していた


「あっ 母ちゃん」
「うなぎ もうすぐ来るから起きて」
「う、うん」


まくらの近くに立っているので
スカートの中が見えそうだ

あれっ さっきはジーンズをはいていたのに


「うなぎを食べる前から元気になってるみたいだね」
「えっ あっ!!!」


スカートの中を覗くことに必死で
ボッキしてることに気が付くのが遅れた


「ハッハッハ 隠さなくていいよ 親子なんだから」
「何言ってるんだよ」
「この調子だったらまだまだ結婚出来るチャンスあるね」
「もう」

「クニオ うなぎを食べたあと一緒にオフロ入ろうか」
「はぁ???」


大人のオモチャといい何が何だかわからない
今までこんなことを言う母じゃなかったのだ


「親孝行しに来たんでしょ さっき言ってたじゃないの」
「いやっ でも・・・」
「オサムたちには言わないって」
「そうじゃなくて・・・」
「全く もう 優柔不断なところはいつまでも変わらないねぇ
そうだ 仏間で食べようね お父さんが寂しがるから」
「あっ うん」


そう言って母は部屋を出て行った



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(5)「クニオ おちんちんはおとなしくなったかい」

「クニオ おちんちんはおとなしくなったかい」
「母ちゃん!!」


仏壇の方を向いて横に並んで食べることになった


「いただきます」
「いただきます」


精力がつきそうなテカテカに脂ぎったうなぎを
次々と口に運んでいく


「おいしいねぇ」
「う、うん これ 並?」
「上だよ 2500円」
「そうなんだ お金はあとで渡すよ」
「別にいいよ 困ってないから」
「そんなわけにはいかないって」
「そうかい そうかい じゃあ もらっておくよ」


うなぎを食べ進めていくうちに
さっきの母の言葉が頭にチラついてきた


”うなぎを食べたあと一緒にオフロ入ろうか”


横にはいつもの豊満な母がいる


「何だい 食べてる途中で私の方を見たりして」
「えっ あっ いやっ また太ったんじゃない?」


とりあえず話をはぐらかすことにした


「バカ言わないで 3㎏も痩せたのよ 太ったのはあんたでしょ」
「ハハッ バレたか」


この調子ならオモチャのことも聞けそうな気はするが
雰囲気的に変な感じになる可能性もある


「一緒にオフロ入るなんて何十年ぶりかね」
「本当に入るつもりなんだ」
「実はね オサムとは正月に一緒に入ったんだよ」

「えぇ~~~」

「滝川さんにずいぶん飲まされて潰れちゃってね
カズミさんはフミヤくん連れて先に帰ったのよ」


滝川さんというのは父の友人で
小さい頃は毎年お年玉をもらっていた

カズミさんは弟の嫁 フミヤは甥っ子だ


「それで朝起きたらオサムがシャワー浴びててね
私も酔いが醒めてなかったこともあるんだけど
面白半分で入っていったのよ」
「はぁ・・・何をやってるんだよ 俺ならともかくさ」


結婚してる弟と私では立場が違う


「ウフフッ でもオサムは驚くっていうより
最初っから喜んでたよ」
「そうなんだ」
「すぐにおっぱいに吸いついてきたり
マジマジと自分が出てきた穴を見てたわ」
「・・・」


話が過激すぎる このあと同じことが出来るなんて・・・
うなぎの効果も相まってビンビンになってきた


「全身洗ってちょうだいね」
「あっ うん もちろん」


オモチャの話はオフロに入ってから聞こうかな



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(6)「昔みたいに私が脱がせてあげようか」

「本当にクニオとオサムのお母さんになれてよかったわ」


浴室の前で母はしみじみとそう言いながら脱ぎはじめた
純粋な心と性欲の整理が追いつかない


「昔みたいに私が脱がせてあげようか」
「あっ じゃあ うん」


垂れたおっぱいが動くたびに揺れる 大きな乳輪と
そして大きなおなかに隠れて黒い茂みが目に映った


「はぁ はぁ」


パンツを脱がされる時には整理がつき復活してきた


「ウフフッ オサムとおちんちんの形がそっくりだね」
「そっ そうかな 父ちゃんにそっくりだと思うけど」


フォルムは似てるが弟の方が太くて大きいのだ


「お父さんのこと話すと元気なくなりそうだから
気を使ったのにこの子はもう」
「あっ そういうことか えっ!?」


母はいきなり抱きついてきた 
柔らかいおっぱいの感触がたまらない


「お母さん 幸せだわぁ」
「母ちゃん・・・」


少しの間抱き合ったあと手を繋いで浴室の中に入った



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(7)「別に見たくないなら無理に見なくていいんだよ」

「オサムには言わなかったんだけど
お母さん もう生理あがってるからね」
「あっ う、うん」
「おちんちんを入れたくなったら入れて
中に出していいからね」


急展開過ぎて頭がついていかない
まだおっぱいの感触を楽しんでるというのに


「母ちゃん 俺・・・」


おっぱいを揉みながら話を続けた


「クニオ 女を抱いたことはあるんだろ」
「う、うん 昔 風俗で・・・」
「私に似て太ってしまう体質だから・・・ごめんね」
「違う違う 性格だって ほらっ 優柔不断だし」
「優しいもんね あぁ 裕美ちゃんが事故に遭わなければ」


最初の仕事を辞める前に近所に住む3才年上の
裕美と見合いすることになっていた 
母が私の許嫁として交流してくれていたのだ

ただ会う前に交通事故で足を骨折しリハビリをはじめ 
担当の理学療法士と付き合い始めてしまったのだ


「おっぱいは小さかったけど気に入ってたもんね」
「あっ うん 好みの顔だったから」


美人というより可愛い感じで性格も良さそうだった


「あんっ そんなに優しく触らなくてもいいわよ」
「でも・・・」
「ううん 強く揉んでくれた方が親孝行になるから」
「そうなんだ じゃあ・・・」
「あっ 違う違う こう持って乳房を全体に・・・」


母に性教育を受けることになるなんて
来る前は全く想像もしてないことだった


ジャッパ~ン!!!


ふたりで湯船に入ると水が大量にあふれた


「ハハッ 半分以上なくなったかも」
「足していけばいいじゃない」

「母ちゃん 下も触っていいかな」
「やっと触ってくれるのかい 遅いわよ もう」
「ごめん」


湯の中の母のマンコに手を伸ばした
濡れた黒い茂みの奥の方へと・・・


「あぁ~ 気持ちいいわ クニオ ありがとね
おちんちん握っても大丈夫かい」
「あっ ダメダメッ すぐに出ちゃうから」
「そうかい 何かしてほしいことがあるなら
何でも言いなさいね」
「うん あっ そうだ 今触ってるとこ俺も見てみる」
「別に見たくないなら無理に見なくていいんだよ」
「ううん 見たいって」


おっぱいに比べればそこまで興味があるわけではない 
マンコといっても母のマンコなのだ


「どうすればいいんだい」
「じゃあ・・・立って 顔の前に・・・」


ジャパンッ


「楽しいねぇ 毛深いから見にくいだろうけど
しっかり見てちょうだいね」
「あぁ」


使い込んだマンコ ビラビラもだらしない感じだ


「そこから出てきたんだよ」
「ハハッ 変な感じだな もういいや 浸かって」
「あぁ そうかい」

「おっぱい揉みながら話したいから
反対向いてほしいんだけど」
「ウフフッ」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


熟母と中年息子(8)「母ちゃんってスケベだったんだね」

「母ちゃんってスケベだったんだね」
「当たり前だろ スケベじゃなきゃ
あんたたちが生まれてこないじゃないか」
「まぁ そうなんだけど」


あの話を聞いてみることにした


「さっき 実は見ちゃったんだよね」
「見ちゃったって パンツかい」
「いやっ それも見たんだけど押し入れの中の・・・」
「あぁ 一番下開けたんだね」
「うん」
「あれね カズミさんにもらったんだよ」
「えっ!?」


誰かにとは思ったが弟の嫁だったとは・・・


「使い方も教わってね」
「じゃあ オサムも知ってるの?」
「知らないはずだよ 別に知られてもかまわないけど」

「ひとりでしてるんだ 想像つかないよ」
「ウフフッ 楽しいわよ 今までしてこなかったから」
「そうなんだ」

「はぁ はぁ」
「あんっ もっと強く揉んでおくれ もっと・・・」

「母ちゃん 母ちゃん」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


熟母と中年息子(9)「クニオ そろそろ洗っておくれ」

「クニオ そろそろ洗っておくれ」

「うん わかった でもその前に・・・」
「とうとう入れるのかい」
「うん 壁に手をついておしりをこっちに・・・」
「しっかりと中に出すんだよ」


何も気を遣わずセックスが出来るなんて
一生ないことだと思っていた


「はぁ はぁ 入れる前に出ちゃうかも」
「ウフフッ 少しはガマンしておくれ」


ヌプッ ヌプッ 


今まで入れた穴で一番締まりは悪いが温かい


「はぁ はぁ」
「クニオと繋がっちゃったね はぁ はぁ」


パンッ パンッ パァ~ンッ パンパンッ


「あっ あんっ いいわ もっと 激しくして」


パンッ パンッ パンパンッ


「気持ちいいよ 母ちゃん・・・あっ あぁ」
「ふぅ~ はぁ はぁ」


パンッ パンッ パンッ パンッ


「あっ あぁ~~~~~~」


たまってるわけではないので量はあまり出なかった


ジャッパァ~ン


母は先に湯船から出てイスに座った


「はぁ さすがに少し疲れたね」
「俺も・・・」

「フフフッ」
「ハハッ」


そのあと母のカラダをササっと洗って浴室を出た
もっと楽しもうと思っていたがお互い疲れてしまった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

熟母と中年息子(10)「ちゃんと親孝行してる感じがするなぁ」

「髪を乾かしてあげるよ」
「いいのかい」


ブウォ~ ブウォ~


慣れないがドライヤーで母の髪を乾かしていく
こんなことするのは生まれてはじめてのことだ


「ちゃんと親孝行してる感じがするなぁ」
「ウフフッ オフロでしたことは特別なことだもんね」
「うん 父ちゃんが生きてたら絶対にしてないし」
「まぁ そうだね 嫉妬しちゃうもんね」


母が何だか愛おしい


「俺・・・ここで母ちゃんと一緒に暮らそうかな」
「無理しなくていいわよ 時々顔を出してくれればいいから」
「でも・・・」
「元気なうちはひとりの方が気が楽だしね」
「何だかフラれちゃった気分だよ」
「ウフフッ うれしいんだけどね まだあんた41才でしょ
いくらでも相手が見つかる年なんだから
母親に時間を使ってる場合じゃないってことよ」


母の言うとおりだが相手は見つかりそうな気配はない


「今日となりで寝ていいかな」
「ウフフッ 私の体をいじり足りないのかい」
「う、うん」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧(既刊100冊以上)へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

Amazonの電子書籍はスマホやパソコンでも
kindleアプリを無料DLしていただくことで読むことができます

今後も新刊を出していきますので是非ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1045位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析