中年姉弟の性風景(1)「結婚はもうコリゴリよ 絶対にないわ」

「やっと終わったね」

「あっ うん」
「あんまり話の合わないお父さんだったけど
いざいなくなると寂しいね」
「・・・そうだね」

「ねぇ しばらく一緒に暮らさない?」


飯田康夫 44才 165cm 70kg 独身 ハゲ

姉 美奈 49才 153cm 60kg バツイチ


私と姉は実家を出てバラバラに暮らしていたので
連絡を取り合うこともほとんどなくなっていた

母は病気で亡くなり今回父は心筋梗塞で突然亡くなった
父は長生きしそうだったので意外だった


「一緒に?」
「何ていうかな ちょっと怖くなることあるんだよね
お父さんみたいに突然倒れた時に誰もいなかったりさ」
「あっ あぁ」


その件は姉よりも私の方が深刻な問題だ


「彼女いるの?」
「えっ だからいないって 前に会った時に言ったじゃない」
「ウフフッ 康夫もおじさんになっちゃったね」
「今さら言われても・・・10年以上前からおじさんだから」
「あっ ハハッ そうね」


おじさんの定義はハゲてきたかどうかで
30才を過ぎた頃から一気にハゲが進んで
今では見るも無残な感じになっている

カツラも考えたが同窓会にでも顔を出さない限り
会う人も同じだしお金の無駄だと思って保留している


「姉ちゃんは再婚とか考えてないの?」
「結婚はもうコリゴリよ 絶対にないわ」
「でも俺と違って相手はすぐ出来るだろうし」
「そうね もし同棲とかすることになったら引っ越し代とか
すべて私が払うから心配しないで 逆もだけど」
「それは全く可能性もないだろうけど・・・
っていうか新しく部屋を借りるってこと?」
「だって康夫の部屋ってワンルームなんでしょ」
「う、うん」
「お互い気を遣うじゃない 家族っていっても
ずっと別々に暮らしてたからひとりの場所も必要だし」
「まぁ」

「私は今の仕事は辞めて引っ越し先の近くで仕事を探すわ
ふたり暮らしだったらそんなにお金もかからないだろうし」
「それはそうだけど・・・」
「何?」
「いやっ いろいろ考えてるから計画してたのかなって」
「ウフフッ 実はそうなの 老後のことを考える年じゃない
来年50才になっちゃうからね 半世紀よ 本当はお父さんも入れて
3人で暮らすのも悪くないかなって思ってたの」
「そうなんだ」
「経済的にも楽になるしさ」


姉の提案は全く予想していなかったが
私にとっても本当にありがたい話だ

仕事をしてごはんを食べてオナニーして寝る
休日はたまに友達と遊んだり水槽の掃除をしたりするが
ただただ年を取っていってるだけの毎日なのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(2)「この中だったらどの女に似てる?スタイルとか」

「うらやましいな」
「別に そんな・・・」


小島幸助 44才 170cm 50kg 独身 会社の同期

友達は何人かいるが最近は小島としか会ってない
私と同じように女性に縁がなく話が合うのだ
ただハゲてないので見た目では負けてしまう


「このマユコたちは持っていくんだろ」
「当たり前だろ」


飼っているメダカは3種類で計12匹
その中の一匹だけにマユコという名前を付けている
マユコは学生時代に片想いしてた子の名前だ


「いくつ上って言ってたっけ」
「5つ だからもうすぐ50だな」
「熟女か」
「やめろって そういう言い方するの」
「いいだろ 別に」


小島はクローゼットから熟女系の本を取り出した
うちには若い女から熟女までいろんなスケベ本がある
女だったら何でもありなので気分次第で楽しんでいる


「この中だったらどの女に似てる?スタイルとか」
「はぁ・・・会った時に自分で確かめろよ
そんなじっくり見てないからわからないし
まぁ おばさん体型ではあるけど」
「ぽっちゃりか こういう感じか」
「さすがにそこまでデカくないって」
「何が?」
「何って・・・もういいだろ どうせ紹介するんだし」
「ハハハッ 楽しみだなぁ」


姉を性の対象として見てたのはほんの一時期のことで
今は会ってもそういう目で見てないので曖昧なのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(3)『ここだったら下着も自由に干せるわ』

「ここちょうどいいんじゃない 広さも家賃も」
「もうちょっと探した方が・・・」
「何が気にくわないのよ 康夫」
「となりの建物が近くて日当たりが悪そうじゃない」
「あっ 本当だね」


部屋探しは今回で2日目だが何だか楽しい
営業スタッフと話をしてる姉を見ながら
一緒に住みはじめた時の妄想を広げていく


『ここだったら下着も自由に干せるわ』
『そうだ 洗濯は別々だよね』
『何を言ってるのよ 家族なのに 水道代の無駄よ
あんたの分もやってあげるから心配しないで』
『うれしいな』

『はいはい じゃあ 脱いで脱いで』
『あっ 姉ちゃん・・・』


姉が言いそうなことを予想しながら妄想していくが
どうしてもエロい展開になってしまう
小島のせいでもあるがあれ以来姉を性の対象として
見てしまうようになってしまったのだ


「何 ぼ~っとしてるのよ 次のとこ行くわよ」
「あっ あぁ」


車に乗り込んで次の物件に向かっていく


「次に紹介するところは本当オススメですよ
先に言っておくと駅から少し離れてるのと
築年数が20年ほど経ってるのでデザインが古くて・・・」
「駅まで徒歩でどれくらいですか」
「15分はかかりますね バスもないので
雨だと通勤が大変かなって」
「あぁ・・・」
「何ならすぐに車を買えばいいわ 私が送り迎えしてあげるし」
「それいいですね 駐車場は近くに安いところありますので」


【ロイヤルハイツ上郷】

確かに外観はひと昔前のデザインだが安っぽくはない


「401号室の角部屋になります」
「角部屋いいね 康夫」
「うん」

「日常清掃はちゃんとしてるので廊下もキレイでしょ」
「本当 本当」


ガチャッ


「うわぁ 広いね ここ」
「2LDKになるので今まで紹介した物件よりも広いですよ」


基本的に部屋が2つあればいいと伝えてあるので
2Kもしくは築年数の経過した2DKを紹介してもらっていた


「ここは康夫の部屋ね」
「あっ うん」


玄関入ってすぐ左の6帖間 クローゼットも広めで悪くない


「リビングも明るくていいね ソファも置けるし」
「となりに建物ないから眺めもいい」
「うんうん 高速道路の先は確か堤防でしたよね」
「はい 散歩するにはいいですよ」

「ねぇ ここに決めちゃおうよ 康夫」
「う、うん」

「建物だけのことを言えばここがオススメです
ただうちだけが紹介してるわけじゃないのでお早めに・・・」
「今まで紹介した方は結局別のところに決めたんですよね」
「は、はい 部屋は気に入ってもらえたんですが
駅から遠いことと少し坂があるので帰りが大変とか・・・」
「そっか さっき上ってたね 康夫次第かな」
「俺は・・・ここでいいよ」
「住んでから文句言わないでよ」
「わかってるって ハハハッ」


家賃は共益費込みで68000円 
駐車場は月7000円 ベランダから見える場所にある


「じゃあ いろいろ引っ越しの準備しないとね
多分私が先に暮らすことになると思うけど」
「うん 俺もなるべく早めに引っ越せるようにするよ」

「車はどうする」
「姉ちゃんが選んでくれていいよ」
「そっか 軽の安いのでいいよね 中古で探してみるよ」
「そうだ お金はどうすればいいかな 先にいくらか渡しておこうか」
「いいよ あとで 康夫のこと信用してるから」
「信用って何言ってるんだよ」
「ウフフッ そうね 家族なのに」


生活費から何からすべて半分づつ出すことになってるが
私の方が貯金があると思うので多めに渡すつもりだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
LINK



リンク
カウンター
アクセスランキング

QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
483位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
30位
サブジャンルランキングを見る>>