中年姉弟の性風景(1)「結婚はもうコリゴリよ 絶対にないわ」

「やっと終わったね」

「あっ うん」
「あんまり話の合わないお父さんだったけど
いざいなくなると寂しいね」
「・・・そうだね」

「ねぇ しばらく一緒に暮らさない?」


飯田康夫 44才 165cm 70kg 独身 ハゲ

姉 美奈 49才 153cm 60kg バツイチ


私と姉は実家を出てバラバラに暮らしていたので
連絡を取り合うこともほとんどなくなっていた

母は病気で亡くなり今回父は心筋梗塞で突然亡くなった
父は長生きしそうだったので意外だった


「一緒に?」
「何ていうかな ちょっと怖くなることあるんだよね
お父さんみたいに突然倒れた時に誰もいなかったりさ」
「あっ あぁ」


その件は姉よりも私の方が深刻な問題だ


「彼女いるの?」
「えっ だからいないって 前に会った時に言ったじゃない」
「ウフフッ 康夫もおじさんになっちゃったね」
「今さら言われても・・・10年以上前からおじさんだから」
「あっ ハハッ そうね」


おじさんの定義はハゲてきたかどうかで
30才を過ぎた頃から一気にハゲが進んで
今では見るも無残な感じになっている

カツラも考えたが同窓会にでも顔を出さない限り
会う人も同じだしお金の無駄だと思って保留している


「姉ちゃんは再婚とか考えてないの?」
「結婚はもうコリゴリよ 絶対にないわ」
「でも俺と違って相手はすぐ出来るだろうし」
「そうね もし同棲とかすることになったら引っ越し代とか
すべて私が払うから心配しないで 逆もだけど」
「それは全く可能性もないだろうけど・・・
っていうか新しく部屋を借りるってこと?」
「だって康夫の部屋ってワンルームなんでしょ」
「う、うん」
「お互い気を遣うじゃない 家族っていっても
ずっと別々に暮らしてたからひとりの場所も必要だし」
「まぁ」

「私は今の仕事は辞めて引っ越し先の近くで仕事を探すわ
ふたり暮らしだったらそんなにお金もかからないだろうし」
「それはそうだけど・・・」
「何?」
「いやっ いろいろ考えてるから計画してたのかなって」
「ウフフッ 実はそうなの 老後のことを考える年じゃない
来年50才になっちゃうからね 半世紀よ 本当はお父さんも入れて
3人で暮らすのも悪くないかなって思ってたの」
「そうなんだ」
「経済的にも楽になるしさ」


姉の提案は全く予想していなかったが
私にとっても本当にありがたい話だ

仕事をしてごはんを食べてオナニーして寝る
休日はたまに友達と遊んだり水槽の掃除をしたりするが
ただただ年を取っていってるだけの毎日なのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(2)「この中だったらどの女に似てる?スタイルとか」

「うらやましいな」
「別に そんな・・・」


小島幸助 44才 170cm 50kg 独身 会社の同期

友達は何人かいるが最近は小島としか会ってない
私と同じように女性に縁がなく話が合うのだ
ただハゲてないので見た目では負けてしまう


「このマユコたちは持っていくんだろ」
「当たり前だろ」


飼っているメダカは3種類で計12匹
その中の一匹だけにマユコという名前を付けている
マユコは学生時代に片想いしてた子の名前だ


「いくつ上って言ってたっけ」
「5つ だからもうすぐ50だな」
「熟女か」
「やめろって そういう言い方するの」
「いいだろ 別に」


小島はクローゼットから熟女系の本を取り出した
うちには若い女から熟女までいろんなスケベ本がある
女だったら何でもありなので気分次第で楽しんでいる


「この中だったらどの女に似てる?スタイルとか」
「はぁ・・・会った時に自分で確かめろよ
そんなじっくり見てないからわからないし
まぁ おばさん体型ではあるけど」
「ぽっちゃりか こういう感じか」
「さすがにそこまでデカくないって」
「何が?」
「何って・・・もういいだろ どうせ紹介するんだし」
「ハハハッ 楽しみだなぁ」


姉を性の対象として見てたのはほんの一時期のことで
今は会ってもそういう目で見てないので曖昧なのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(3)『ここだったら下着も自由に干せるわ』

「ここちょうどいいんじゃない 広さも家賃も」
「もうちょっと探した方が・・・」
「何が気にくわないのよ 康夫」
「となりの建物が近くて日当たりが悪そうじゃない」
「あっ 本当だね」


部屋探しは今回で2日目だが何だか楽しい
営業スタッフと話をしてる姉を見ながら
一緒に住みはじめた時の妄想を広げていく


『ここだったら下着も自由に干せるわ』
『そうだ 洗濯は別々だよね』
『何を言ってるのよ 家族なのに 水道代の無駄よ
あんたの分もやってあげるから心配しないで』
『うれしいな』

『はいはい じゃあ 脱いで脱いで』
『あっ 姉ちゃん・・・』


姉が言いそうなことを予想しながら妄想していくが
どうしてもエロい展開になってしまう
小島のせいでもあるがあれ以来姉を性の対象として
見てしまうようになってしまったのだ


「何 ぼ~っとしてるのよ 次のとこ行くわよ」
「あっ あぁ」


車に乗り込んで次の物件に向かっていく


「次に紹介するところは本当オススメですよ
先に言っておくと駅から少し離れてるのと
築年数が20年ほど経ってるのでデザインが古くて・・・」
「駅まで徒歩でどれくらいですか」
「15分はかかりますね バスもないので
雨だと通勤が大変かなって」
「あぁ・・・」
「何ならすぐに車を買えばいいわ 私が送り迎えしてあげるし」
「それいいですね 駐車場は近くに安いところありますので」


【ロイヤルハイツ上郷】

確かに外観はひと昔前のデザインだが安っぽくはない


「401号室の角部屋になります」
「角部屋いいね 康夫」
「うん」

「日常清掃はちゃんとしてるので廊下もキレイでしょ」
「本当 本当」


ガチャッ


「うわぁ 広いね ここ」
「2LDKになるので今まで紹介した物件よりも広いですよ」


基本的に部屋が2つあればいいと伝えてあるので
2Kもしくは築年数の経過した2DKを紹介してもらっていた


「ここは康夫の部屋ね」
「あっ うん」


玄関入ってすぐ左の6帖間 クローゼットも広めで悪くない


「リビングも明るくていいね ソファも置けるし」
「となりに建物ないから眺めもいい」
「うんうん 高速道路の先は確か堤防でしたよね」
「はい 散歩するにはいいですよ」

「ねぇ ここに決めちゃおうよ 康夫」
「う、うん」

「建物だけのことを言えばここがオススメです
ただうちだけが紹介してるわけじゃないのでお早めに・・・」
「今まで紹介した方は結局別のところに決めたんですよね」
「は、はい 部屋は気に入ってもらえたんですが
駅から遠いことと少し坂があるので帰りが大変とか・・・」
「そっか さっき上ってたね 康夫次第かな」
「俺は・・・ここでいいよ」
「住んでから文句言わないでよ」
「わかってるって ハハハッ」


家賃は共益費込みで68000円 
駐車場は月7000円 ベランダから見える場所にある


「じゃあ いろいろ引っ越しの準備しないとね
多分私が先に暮らすことになると思うけど」
「うん 俺もなるべく早めに引っ越せるようにするよ」

「車はどうする」
「姉ちゃんが選んでくれていいよ」
「そっか 軽の安いのでいいよね 中古で探してみるよ」
「そうだ お金はどうすればいいかな 先にいくらか渡しておこうか」
「いいよ あとで 康夫のこと信用してるから」
「信用って何言ってるんだよ」
「ウフフッ そうね 家族なのに」


生活費から何からすべて半分づつ出すことになってるが
私の方が貯金があると思うので多めに渡すつもりだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(4)「いつの間にか裸族に転身してるかもしれないぞ」

「あと1カ月で引っ越しだな」

「あぁ ちょっと遠くなるけどこれからも遊びに来てくれよ」
「行く行く 何なら一緒に住みたいくらいなのに」
「それは・・・ちょっとな」
「何だよ ノリが悪いな 冗談なのに」
「ハハハッ」


小島は会社近くのアパートで暮らしている
前はここによく泊まりで遊びに来ていたが
今はメダカの世話があるので私の部屋で会うことが多い


「お姉さんにメダカの世話してもらえれば
うちでもまた遊べるようになるな」
「まぁ そうだけど・・・ここは居心地が良すぎるからなぁ」


泊まることはなくなったが今でも会社帰りに
寄ったりすることはある


「久しぶりにシャワー一緒に浴びないか」
「あぁ そうするか」


一緒にオナニーする仲なのでハダカを見せ合うのは
日常茶飯事で恥ずかしくもない


シャーシャーシャーシャー


「何だかんだ お姉さんと一緒に入るようになるんじゃないのか」
「まさか あるわけないだろ」
「いつの間にか裸族に転身してるかもしれないぞ」
「それは・・・わかんないけどな」


ジャブジャブ シャーシャー


「おぉ~ 裸エプロンとか最高じゃないか」
「実の姉だぞ 俺にとっては」
「反応してるじゃないか」


想像で半立ちになってしまっていた


「えっ あっ 違うって これは・・・」
「そうだ 何て呼ばれてるんだ」
「康夫 普通そうだろ」
「じゃあ そうだな ”康夫 お姉ちゃんのおっぱい触って”とか
迫ってくるかもな」
「ないない AVの見過ぎだって」
「仕方ないだろ 俺には弟しかしないんだから」


小島の弟はとっくに結婚していて子供も2人いる
何度か会ったことがあるが全然顔が似てなくて
ガッチリした体をしていた


「オカズには困ることなさそうだな 下着も見放題だろ
いやっ 下着姿でウロウロはするよな」
「それも住んでみなきゃわかんないって」
「期待はしてるんだろ」
「・・・してないって」
「飯田はパンイチだろ もうすぐ夏だし」
「それはそうなる 実家に住んでた時もそうだったし」
「トランクスはいた方がいいぞ ハミチン見せれるし」
「えっ あっ あぁ」


確かにそこまで考えていなかった


ジャブジャブ シャーシャー


「お先にシコらせてもらおうかな」
「どうぞ どうぞ」


フルボッキしてるので言い訳は出来ない
姉とのエロい展開を期待してるのはバレバレだ


「はぁ はぁ」
「エロ雑誌は持っていくんだよな」
「まぁな 捨てるにはもったいないし はぁ はぁ
ここに置いてくれるならいいけど」
「つまんないこと言うなよ エロ雑誌見つかるとか
最高の展開だろ」
「おっさんだぞ 俺は」
「いやいやっ 弟は弟だろ いつまでたっても
まぁ 母親に見つかるっていうのが鉄板ネタだけど」
「ハハハッ そうだな」


シコシコッ シコシコッ


「あっ あぁ~ あぁ~~~~~~~」


ドピュッ


「結構出たねぇ」
「はぁ はぁ ここで出したの何年ぶりって感じだよ」
「そっか 確かに」


ジャブジャブ シャーシャー


「名前聞いてなかったな」
「美奈 美しいに奈良の奈」

「そっか じゃあ・・・美奈さんのおっぱい見せてください」
「はいはい ハハッ」

「美奈さんのマンコにこのチンコを突っ込んでいいですか」
「どうぞ どうぞ」
「ハッハッハ」

「美奈さん 美奈さん 美奈 あっ あぁ~~~~~~」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(5)「何してたの?」

「康夫 予定通りに進んでる?」


週に1回ペースで姉から電話がかかってくる


「あっ うん 姉ちゃんも車の登録とか終わったの」
「とっくに終わったわよ 今日も近所ドライブしてきたし」
「いいね」


すでに姉は引っ越しを終えて新しい部屋で暮らしている


「何してたの?」


今はオナニーの真っ最中で全裸でチンコをしごいていた
巨乳にチンコをこすりつけてる映像が目の前で流れていて
音量はミュート済みだ


シコシコッ シコシコッ


「えっ あっ これからオフロ入ろうかなって」
「ふ~ん 片付けも終わっちゃったから暇なのよね
仕事も康夫が来てから探そうと思ってるしさ」
「先に探しておけばいいのに」
「そうなんだけどさ 送り迎えあるから時間がまだ読めないし」
「あっ 本当に送り迎えしてくれるんだ」
「だから車買ったんでしょ 何を言ってるの」
「ハハハッ」


シコシコッ シコシコッ


チンコをしごきながらの電話は楽しい


「そうだ 小島が姉ちゃんに会いたいってさ 
顔似てるかとかそういうの気になってるみたいで」


本当に気にしてるのはおっぱいの大きさだ


「小島さんって引っ越し手伝ってくれるって言ってた人よね」
「そうそう 会社の同期で独身仲間」
「昔の写真なら持ってるでしょ 一緒に写ってるのとか」
「いやっ 持ってないって」
「そうなんだ」
「全部実家に置いてきたから」
「冷たいんだから」
「いやいやっ そういうことじゃなくて 実家に帰れば
いつでも見れるかなって 今はそこにあるんでしょ」
「もちろんよ そうだ 今度昔の写真でも見ながらお酒を飲もうよ」
「いいね それ」


シコシコッ シコシコッ


映像はバックからチンコをねじ込むシーンが流れている
おっぱいもだが姉のおしりも想像してしまう


「じゃあ あとは当日出発した時にでも連絡してきて」
「うん わかった」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(6)「これいいじゃないか ハミチンに」

「トランクスって人気ないんだな」
「俺たちみたいなのが買わないからだろ」
「確かに 確かに ファッションに興味がなくて
見せる場面もない男にまで見放されてるもんな」
「自分で言うかな ハハハッ」


私も小島も昔はトランクスをはいていたが
今はボクサータイプのパンツを愛用している
ネットでまとめて買ったりユニクロで買ったりだ


「これいいじゃないか ハミチンに」
「声デカいって そこいるんだから」
「マジか 先に教えてくれよ」


となりの列でしゃがんで品出ししてる女性店員がいる


「あっ 向こう行った」
「キモイとか裏で言われてるぞ きっと」
「まぁ 仕方ないだろ ハミチンとか言ってるんだから」
「間違いない」

「これとか薄いし最高だろ」
「それだとずっとハミキンだぞ」
「男らしくていいじゃないか」
「さりげなくじゃないとなぁ」
「何だかんだ見せる気満々じゃないか 飯田」
「はぁ・・・小島に洗脳されてしまった」
「ハッハッハ」


とりあえずトランクスを3枚買って店を出た


「よし 引っ越し前に久々に試写室行くか」
「試写室! ハハハッ いいね いいね」


会社の飲み会の帰りはいつもAV試写室に行っていたが
そこが閉店してしまったので行く機会がなくなっていた

ネットカフェでもAVが見れるようになったのは最近のことだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(7)「男2人でペアシートって変に思われてそうだな」

「男2人でペアシートって変に思われてそうだな」
「ハハッ 健全なネットカフェだぞ ここは」


カップルシートのエリアは分かれているとはいえ
壁が薄いのでヘッドフォンをしてないとまわりの声が聞こえる


「あんまりいないな この感じ」
「そうだな 時間帯がよかったみたいだ」


すべての状況がわかるわけではないが
両隣りは空室で間違いない


「よし 俺見たいのあるから先に選んでいいか」
「おぉ 何でもいいぞ」


【姉貴の寝顔】


「これだろ 飯田の見たいのは」
「何とでも言え」


そのAVは酔って寝てる姉にイタズラを仕掛けていく作品だ
今度一緒に飲もうと言われてるので妄想がヒートアップする


「あっ あぁ・・・」


ドピュッ


いつもよりも声を抑えたつもりだが
店員がもし同じ階のいたら聞かれたかもしれない


「先にイクなんて珍しいな ヘッヘッヘ」
「変な笑い方するなって」
「なぁ お姉さんはこれくらいボーボーなのか」
「知らない 知らない」

「明後日会った時に顔を見ただけでギンギンになりそうだ」
「好みかどうかわからないだろ 49才だぞ 俺の姉ちゃん」

「次 選んでいいぞ」
「じゃあ いつもの女優でいいか」
「いとしのマユコか」


マユコ似のAV女優の作品は定番で
ショートカットでサバサバした感じもそっくりなのだ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(8)「何なの ふたりでコソコソ話しちゃって」

「はじめまして 小島です」
「ウフフッ 小島さんって康夫が言ってた通りだわ」
「えっ」


姉に聞かれた時に小島の特徴は話しておいた
ヒョロヒョロで賢そうな顔だ


「じゃあ 私も荷物運び手伝うわ」
「2人で出来るけど・・・」
「運動したいのよ 早く 行って 行って」
「う、うん」

「あっ お姉さん」
「その呼び方はちょっと・・・そうだな 美奈さんにして」
「わかりました 美奈さん」
「イントネーションは間違えないでね ”みなさん”と」
「ハハハッ そうですね あっ 俺も名前で呼んでください」
「わかったわ 名前教えて」
「幸助です」
「幸助さん・・・でいい?」
「いやっ もうおっさんですけど幸助くんでお願いします」
「ウフフッ 幸助くんね」
「まぁ 別に呼び捨てでもいいですけど」
「ううん さすがに馴れ馴れしいからくん付けにするわ」
「了解です!」


私の姉とはいえ初対面の女性とこんなにスラスラと
話をしてるところははじめて見る


「何だよ」
「いやっ いつもの小島と違うなって」
「余計なこと言うなよ」

「何なの ふたりでコソコソ話しちゃって」

「何でもないって 車 あれだから」
「結構大きいの借りてきたね」
「同じ金額だったから一応大きめのにしたんだ
自転車なかったらハイエースで十分だったけど」
「そっか そっか」

「じゃあ 俺たちは洗濯機とソファを先に運ぶから
姉ちゃんはテキトウに持てるの運んでいって」
「うん 自転車の鍵は?」
「これ」

「じゃあ 先に下ろしておきますね」
「ありがと」


ガシャンッ


重いモノは2年前に買った洗濯機とソファだけで
冷蔵庫は備え付けタイプだった ベッドは捨ててきた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(9)「康夫の頭を撫でるなんてもう40年ぶりかも」

「結構早く終わっちゃったね」
「美奈さんが手伝ったくれたからですよ」
「あとで腰が痛いとか言わないか心配だな」
「年寄り扱いしないでよ もう」
「ハハハッ」

「ごはんはどうする ピザでも取ろうか」
「今日はもう帰ります またあらためて遊びにくるので
その時はよろしくお願いします」
「そうなんだ 何だか悪いわね」
「このあとレンタカーを返してもらわないといけないし
運転があるから飲めないし」
「そっか そうよね」

「じゃあ ありがとな 小島」
「本当ありがとね 幸助くん」
「いやぁ その呼び方 最高だな」
「ウフフッ あっ 聞くの忘れてたわ 私たち似てる?」


姉は顔を近づけてきた


「う~ん どうしても・・・」
「あっ そうね」
「はっきり言ってくれていいって」
「これがね~」


姉は頭を撫ではじめた


「ちょっと ちょっと」
「仲がいい姉弟っていいなぁ」
「でしょ ずっと疎遠だったけどね」
「ハハッ」


「じゃあ また~」


ガチャッ


玄関が閉まるとまた姉は頭を撫でてきた


「何々」
「康夫の頭を撫でるなんてもう40年ぶりかも」
「撫でられた記憶ないって」
「イヤなの?」
「そんなことないけど・・・まぁ わっ・・・」


姉がゆっくり抱きついてきた


「これからは姉弟仲良く暮らしていこうね」
「う、うん」


おっぱいの感触でチンコがギンギンになっていく
これはすぐに離れないと気づかれる


「じゃあ 部屋片づけるよ」
「そうだね 私は疲れちゃったからちょっと寝ようかな
7時くらいになったら起こして」
「うん」
「ピザを食べたい気分なんだけどいいよね」
「ハハッ いいよ」


【姉貴の寝顔】のリアル版が2時間後に・・・ヤバい ヤバい




「ふぅ ふぅ はっ あっ あぁ~~~~」


ドピュッ


姉が部屋に入ったのを確かめてから
トイレに籠って便器の中に思いっきり発射した


シュッ シュッ


そして置いてある消臭剤も忘れずに吹きかけた




※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

中年姉弟の性風景(10)「姉ちゃん テンション高すぎ」

「姉ちゃん あっ 起きてたんだ」
「ノックしてよ もう」
「そっか ごめん」


7時前に部屋に入ったがもう【姉貴の寝顔】には手遅れだった


「そういうことも先に話し合っておかないとね」
「うんうん その前にピザ頼もう」
「そうね」


リビングに置いてある2店舗のチラシを
見ながらピザを選んでいく


「姉ちゃん どっちのピザ頼んだことあるの?」
「ううん まだ チラシを見ただけよ」
「そうなんだ こっちのチェーン店は知らないけど」
「知らない方にしようよ 一か八か」
「うんうん マズいピザって食べたことないし」
「それもピザゴッドだって ハハハッ 神だね」
「ハハハッ」


早速ピザを頼んで待つことにした


「部屋のノックもそうだけどトイレは鍵を閉めてね
あとオフロは廊下側の戸を閉めればいいかなって」
「うんうん」
「洗面とか使いたい時はノックしてくれてもいいし」
「オフロ場の中にいたら聞こえないんじゃない」
「そんな急ぎで洗面使いたいことなんてないでしょ」
「まぁ そっか」

「あと仕事が決まるまでは家事は私が全部してあげるわ」
「本当に?」
「うん 洗濯は2人だから週に1回でいいよね
あとオフロはシャワーしかしないんだっけ」
「冬はたまに入ると思うけど」
「そうなんだ 私も夏はいいかな 湯船の掃除も大変だし」


姉が結構ズボラなので少し気が楽になった


「ごはんも夜だけは作るつもりだけど・・・」
「炊飯器あるの?」
「あるわよ ずっと使ってなかったから使えるか心配だけど」
「送り迎えしてもらえるなら途中に店で食べてもいいかなって」
「もちろんそれも考えてるわよ 牛丼屋はお持ち帰りも出来るし
あっ そうそう スーパーは7時から半額よ」
「ハハハッ 帰りが7時になることは年に数回だけど」
「そうなの?」
「調べた感じだと6時前には駅に着くかなって」
「会社でゆっくりしてきてよ 幸助くんもいるんでしょ」
「幸助くんって 何度聞いても笑えてくるなぁ」


会社の定時は5時でゆっくり出ても6時過ぎには駅に着く
ただ小島の家に寄ってくればいくらでも時間調整できる


「康夫は何かある?」
「あのメダカのことだけど・・・」
「私が何かすることあるの?」
「特にないけどブレーカーを落としたまま
家を出たりとかされると困るっていうか」
「そういうことね 出かける時はチェックしていくわ」
「ありがと」

「メダカ飼ってるなんてかわいいわね」
「見てると疲れが取れるっていうか」
「まぁ 癒されるわよね」


姉はあまりメダカには興味はなさそうだ


ピンポ~ン


「ピザだ ピザだ」
「ハハハッ」

「いっただきま~す!」
「姉ちゃん テンション高すぎ」
「だってピザ食べるの久しぶりなんだもん」
「まさかだけどダイエット?」
「それ以外ないでしょ ガマンする理由なんて
あっ お金ないとかあるか」
「ピザくらいならいつでもおごるけど」
「本当に?」
「うん」
「やったぁ 一生ピザ食べ放題ゲット!
持つべきものは弟ね」
「一応1日Mサイズ1枚ってことでいいかな」
「ウフフッ」


その日は朝から引っ越しで忙しかったこともあって
姉との会話もそこそこに早めに眠りについた





※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1145位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析