ラブホ街で再会した兄妹(1)「おまえキャバ嬢なのか」

「おいっ 歩美 こんなところで・・・」
「お兄ちゃん!?」


妹と新宿のラブホ街で8年ぶりに再会した


古川功太 27才  妹 歩美 23才 

俺は家を出て最初の会社を辞めた時に
携帯番号を変えてそのまま家族に連絡しなくなった


「この辺で働いてるのか」
「ごめん 話はあとで ちょっと離れて」


妹の方に中年の男が近付いてきたので
言われた通りに少し離れた


「これ 飲んで飲んで」
「ありがとうございます」
「じゃあ タクシーとめようか」
「あっ 今日はドンキで買い物してから帰ろうかなって」
「そう じゃあ これ取っといて」
「いいんですか さっきもらったのに」
「これはタクシー代だって いやぁ 楽しかったよ
仕事あるからもう行くけどまた遊んでくれるかな」
「もちろんです 連絡待ってますね」
「ハハッ」


その男はタクシーに乗りその場を去っていった
妹はそれを確かめたあと俺に近づいてきた


「おまえ まさか・・・」
「何?それにしても久しぶりだね」
「あっ まぁ そうだな」
「化粧してるのにすぐバレちゃったか ハハッ
でも成長したでしょ」


露出の多い服なので体の線がはっきりとわかる

身長は伸びてないし顔もあまり変わってないが
胸だけ明らかに大きく膨らんでいる


「今の男って彼氏とかじゃないよな」
「基準がわからないけど男友達のひとりだよ」
「友達って・・・年上すぎるだろ」
「冗談だよ 体験入店で知り合った人 優しいんだよ」
「おまえキャバ嬢なのか」
「体験だってば そんな面倒な仕事しないよ 無職無職
友達の家に居候してるの」
「そうか」

「お兄ちゃん そんなダサい格好で女の人と会ってたの?」
「違う違う 仕事帰りだって」
「そうなんだ でも偶然にしてもすごいよね」
「あぁ」
「仕事終わったんでしょ 韓国料理食べに行こうよ このお金で」


5000円札をヒラヒラさせている


「友達の家ってどこだ 遠いのか」
「東中野だよ 頑張れば歩いて帰れるかな」
「さっきの男 金持ちなんだな」
「ただのサラリーマンって言ってるけどわかんない
あっ 今日は3万円もらってるけどね」
「それは・・・そういうことのお礼だろ」
「あぁ~ん お兄ちゃんとこういう話するの興奮するなぁ」


俺もだ 妹とはそもそも仲がいいわけでもなかったので
スケベな話をしていることが信じられない

特に家を出る前はオナニー中毒だったので
家族が邪魔で仕方なかった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ラブホ街で再会した兄妹(2)「お兄ちゃんってひとり暮らし?」

「お兄ちゃん 何だかムキムキになってない?」
「あっ まぁ 鍛えてるからな」
「そうなんだ もしかしてプロテインとか飲んでるの?」
「飲んだことはあるけど金がもったいないから今は飲んでない」
「ふ~ん あとで筋肉を見せてもらいたいな」
「いくらでも見せてやるぞ」


鍛えてるのはもちろん女にモテたいからだ


「乾杯!」


いつのまにか妹も酒まで飲めるようになってるとは・・・
時の流れを感じる


「お兄ちゃんってひとり暮らし?」
「あぁ 大泉に住んでる」
「遠いなぁ 田舎じゃない どうしてそんなところに」
「不動産屋にすすめられたんだ 何も知らなかったしな
まぁ 家賃も安いし住めば都だぞ なか卯もあるし」
「ハハハッ なか卯だって」


うちのごちそうと言えばなか卯の親子丼セットだった


「まだあるのか あそこのなか卯」
「あるある 人気店だもん お正月にも行ったよ」
「実家には真面目に帰ってるんだな」
「当たり前じゃない お兄ちゃんじゃあるまいし」
「ハハッ」
「まぁ お年玉を回収しに行ってるだけだけどね」
「20才超えたのにまだもらってるのか」
「うんうん 特におじさんたちからは結構もらってる
今年は合計15万くらいになったよ」
「すごいな 俺の過去最高は3万くらいなのに」

「ねぇ 来年のお正月は一緒に実家に帰ろうよ」
「えっ いやっ さすがに気まずいって 今さら・・・」
「まぁ 成功したら帰ってくるだろとか前はみんな言ってたけど
もうそんなにお兄ちゃんに関心ある人いないから」
「そりゃ そうだろ」
「私もさっき声をかけられるまでお兄ちゃんのことなんか
忘れちゃってたし ハハハッ」


面と向かって言われると少し寂しい


「・・・俺は時々思い出してたけどな」
「私のこと?」
「いやっ 歩美というか家族のこととか・・・」


成功したらというよりも結婚相手を見つけたら
さすがに家に連絡しようと考えていた


「ホームシックになってるじゃん 完全に」
「そんなことは・・・」
「あるでしょ かわいいな お兄ちゃん」
「かわいいって・・・まぁ いいや 飲むぞ 歩美」
「はいは~い 乾杯!」


そのあとは食事に集中しながら1時間ほど店で過ごした



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ラブホ街で再会した兄妹(3)「もちろん下ネタだよ」

「いやぁ うまかった! ありがとな」
「ウフフッ 肉ばっかり食べてたね お兄ちゃん」
「炭水化物は筋肉の敵だからな おまえもキムチ食いすぎだろ」
「辛いもの好きなんだもん」


満腹になって性欲が高まってきた
さっきから妹の胸が気になって仕方ない


「お兄ちゃん」
「何だ」
「今日部屋に行ってもいいかな」
「えっ!?」


連絡先の交換はしたがもう少し妹と話してたい
そう思っていたが妹も同じ気持ちだったようだ


「明日仕事あるんだっけ」
「仕事は昼からだし別にかまわないけど飲み足りないのか」
「ううん 話し足りないなって さっきとなりが近かったじゃん
だからセーブしてたんだよね」
「何を?」
「もちろん下ネタだよ」


俺よりも先に妹の性欲が高まっていたようだ


「おいおいっ 全然会ってなかったけど俺たち兄妹だぞ」
「だからいいんじゃない 何でも話せるし」
「何でもって・・・友達かよ」


”え・ろ・き・ょ・う・だ・い”


妹は声を出さす口の動きで伝えてきた


「ハハッ 相当酔ってるな」
「全然酔ってないよ 大泉だったら池袋乗り換えだよね 
新大久保駅へレッツゴー!」
「おっ おぉ」


妹はおしりを揺らしながら先を歩いていく


「お兄ちゃん 早く 早く」



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ラブホ街で再会した兄妹(4)「オナゴっておまえ・・・正解は暇だったからだ」

「やっと西武線に乗れたね」
「疲れたんじゃないか 普段はタクシー移動なんだろ」
「私が陸上部だったってこと忘れてない?」
「あっ そうだったな」
「お兄ちゃんは園芸部だったよね ハハハッ」


家にマラソン大会で入賞した時の賞状が飾られていた
一番いい成績は市の大会で3位だったはずだ


「バカにしてるのか」
「うん してる!」
「ハッハッハ そりゃあ そっか」
「だからびっくりなんだよね こんなムキムキなのが」
「鍛えだしたのは東京に引っ越してからだけどな」
「どうして鍛えようと思ったの?あっ それ当ててあげる
オナゴにモテたかったからでしょ~」


いきなり正解されてしまった


「オナゴっておまえ・・・正解は暇だったからだ」
「何それ~」
「仕事はすぐに決まったんだけど来月からって言われて
その前に体を鍛えておこうと思ってな」


それもあるが99%モテたいからだ


「力仕事してるんだね っていうか仕事何してるかまだ聞いてない」
「あっ そこは半年で辞めて今はジムのトレーナーと
ホテルのベッドメイクしてる」
「あぁ だからラブホ街にいたんだね」
「そういうこと トレーナーの方はまだ資格がないから
給料が安いんだ タダでジム使えるから元は取れてるけど」


そんなことを話してる間に大泉学園駅に到着した



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ラブホ街で再会した兄妹(5)「年寄り扱いするなって」

「なか卯 食っていくか」
「お持ち帰りにしようよ お酒も早く飲みたいし」
「そうだな」


駅から俺のマンションに行く途中になか卯はある


「本当にあるある」
「ハハハッ 親子丼でいいか」
「うん お新香とキムチもね」
「キムチはないんじゃないか 多分」
「そうだっけ 頼んだことないけどあると思ってた」
「まぁ 牛丼屋にはだいたいあるしな」


外に妹を待たせて買いに行った


「よし じゃあ 行くか」
「思ったんだけどさ 炭水化物は敵って言ってなかった」
「ごはん抜きに決まってるだろ」
「私だけ太っちゃうじゃない」
「俺と違って食べても太らないだろ」
「何だかんだ言って覚えてくれてるんだね」
「年寄り扱いするなって」

「ここから近いの?」
「あぁ 10分くらいだ 帰りは下りだから楽だぞ」
「結構な坂だね ここ」

「じゃあ このコンビニでお酒買わないとな」
「お酒って全然ないの?」
「ないない 家で飲むことはないから」
「そうなんだ」


チューハイ4本とチョコレートを買って家に向かった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ラブホ街で再会した兄妹(6)「思ったよりトイレがキレイでびっくりしたよ」

「ちょっとだけ部屋片づけていいか」
「ダメダメッ 親子丼冷めちゃうでしょ」


オナホールは引き出しの中に入れてあるが
ボディビルのポスターがいろんなところに貼ってある


ガチャガチャッ


「うわぁ 男くさ~い トイレはここ?」
「あぁ」


バタバタンッ


妹はすぐにトイレに入っていった

部屋は1DK 築年数は古いがトータル12帖の広さで
クローゼットも2か所あって収納にも困らない

トイレに行ってる間に小さなテーブルを出して
準備をしておくことにした



「あぁ スッキリした~」

「よし じゃあ 食べるか」
「うん!」

「乾杯!」

「思ったよりトイレがキレイでびっくりしたよ」
「今の仕事をするようになってからだけどな」
「そっか そっか」

「やっぱりなか卯だよな」
「そうだね」


まずは食べることに集中した



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ラブホ街で再会した兄妹(7)「まさかだけど豊胸手術したんじゃないだろうな」

「あぁ おなかいっぱい もう飲めないかも」


そう言いながらスカートの中をチラチラ見せはじめた


「お酒弱いのか」
「お兄ちゃんさぁ つまんないこと聞かないでよ
下ネタが好きって告白したのにさ」
「あっ あぁ」
「とりあえず苦しいからブラ取るね」


服の中に手を入れてあっという間にブラジャーを外した
どれくらいの下ネタを言っていいのか迷ってしまう


「歩美」
「何」
「サイズ教えてくれよ 結構デカいよな」
「ウフフッ はい 見ていいよ」


ブラジャーを手渡してくれた
脱ぎたてなので温かい


「Dか 俺の記憶の中のおまえはペチャパイだったぞ」
「お兄ちゃんが出ていってから急に膨らんだのよね」
「まさかだけど豊胸手術したんじゃないだろうな」
「よく言われる おじさんたちなんか毎年会ってたから
知ってるはずなのに」
「おじさんたちとそんな話してるのか」
「最近だよ 最近 大人になってからね」


乳首が立ってるのが服の上からでもはっきりわかる
それを見てギンギンになってきた


「これで抜いてきていいか」
「ウフフッ どうぞ どうぞ」


ブラジャーを持ってトイレに向かった


「はぁ はぁ あっ あぁ~~~~~~~」


ドピュピュッ


思いっきり便器の中に発射した


「ふぅ・・・」


まさか妹のブラジャーをオカズにすることがあるなんて
夢にも思ってなかった



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ラブホ街で再会した兄妹(8)「歩美も早く教えろ 20人以上だろ」

「お兄ちゃん いっぱい出た?」
「あぁ これ」


ブラジャーを妹に返した


「こすりつけてないの?」
「さすがにな なぁ 歩美 経験人数教えてくれよ」
「別にいいけど先にお兄ちゃんが教えて」
「おっ おぉ 2人だ 2人 笑えよ 笑え」
「ウフフッ 少ないね 同棲でもしてたの?」
「ないない それもその内のひとりはワンナイトで
相手は50代後半のおばさんだ 笑え 笑え」
「ハッハッハ お兄ちゃん 最高!」
「歩美も早く教えろ 20人以上だろ」
「ひどいな もう そんなに多くないもん」
「じゃあ 10人か」
「ううん もっと少ないし」
「本当のこと言えよ 俺はワンナイト告白までしたんだから」
「わかってるってば これだけ」


妹は指を3本立てた


「いやいやっ まさか」
「そのうち2人はワンナイトだよ」
「じゃあ さっきの男とだけ何回もしてるのか」
「ううん あの人とはセックスしたことないよ
ホテルには何回か行ってるけど」
「えっ!?」


内容もそうだがセックスと言葉に興奮する


「そもそもハダカも見せたことないもん
下着姿で手コキしたり顔の上に乗ったり罵倒したり
軽いSMプレイって感じかな」
「あぁ そういう性癖なのか 本当にいるんだな」
「じゃあ聞くけどお兄ちゃんってノーマル?」


よくよく考えてみると俺もヘンタイだ


「ノーマルだと思ってたけど
さっきおまえのブラで抜いちゃったからな」
「ウフフッ」
「妹をオカズにするなんてヘンタイもヘンタイだぞ」
「あんっ お兄ちゃんにオカズにされちゃった!」


どんどん楽しくなってくる


「なぁ 録音してもいいか」
「クチュクチュ音?それとも喘ぎ声?」
「いやっ セックスとかスケベワードを頼む」
「セックス?」
「あぁ 他の女がセックスって言っても興奮しないが
歩美が言うと興奮するんだ」
「お兄ちゃんってやっぱりかわいいね」

「じゃあ 頼むぞ」
「うん わかったぁ」


「セックス」

「おちんちん」

「フェラ」


あぁ たまらない 



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

ラブホ街で再会した兄妹(9)「お兄ちゃん 筋肉見せて」

「初体験のこと教えて」
「今度はおまえから教えてくれよ」
「うん わかったぁ じゃあ 話すね」


初めての相手は友達の彼氏
その日は3人でゲームをして遊んでたらしい


「友達がトイレに行った瞬間に近づいてきて
いきなりパンティーの中に手を入れてきて・・・」
「おいおいっ そいつやりたい放題だな 
おまえもどうしてやられっぱなしなんだよ」
「拒否る前に指がクリトリスまで来ちゃって
感じちゃったの こんな感じに あんっ」


妹は自分の手をパンティーの中に入れて触り始めた


「すぐに友達が戻ってくるだろ セックスまでは・・・」
「うん そのあと彼に用事が出来たって解散になって
すぐに私だけ戻ってセックスしたってこと」
「処女だったんだよな」
「うん 誰よりもスケベだったけどね」
「そうなのか」


そろそろいいだろと思って近づいておっぱいを掴んだ


ムニュツ


「お兄ちゃん・・・」
「うおぉ 柔らかいな 本物じゃないか」


モミモミッ


「あんっ あぁ~」
「歩美 もっと飲め」
「お兄ちゃんも正気に戻らないように飲んで飲んで」
「あぁ」


ゴクゴクッ ゴクゴクッ


買ってきた酒を全部平らげた


「お兄ちゃん 筋肉見せて」
「おぉ いくらでも見せてやる」


バサッ ガチャガチャッ スルッ


上を脱ぐついでに下着も脱いで全裸になった


「うわぁ すご~い!!! 筋肉もおちんちんも」


そう言って妹は抱きついてきた


「おぉ」


チュッ ペロペロッ


そして胸の筋肉を舐めはじめた


「はぁ はぁ お兄ちゃんの筋肉最高!」


ベッロン チュッ チュッ


乳首責めしたあと体を密着させてきた


「歩美 おいっ あっ ヤバいって」
「えっ!?」


舌とノーブラおっぱいの感触にフルボッキして・・・


「あっ あぁ~~~~~」


ドピュッ


暴発してしまった 制御できないなんてはじめてのことだ


「もう スカートにかかっちゃったじゃん」
「すまん」
「でもさっき出したばっかだから精子ちょっとしか出てないね」
「精子っておまえ・・・」
「じゃあ ザーメン?それともエロ汁?」
「いやっ 精子がいいな」
「古川功太のしぼりたて精子かけられちゃった」
「いやぁ フルネームはヤバいな」


ラブホ街で会った中年男の気持ちがわかった気がする
妹は男を悦ばせる能力があるようだ


「私もそろそろイキたいんだけど」
「どうすればいいんだ」
「マンコをメチャクチャにしてほしい」
「おぉ」


俺は妹のスカートをまくってパンティーに手をかけた
ここからは禁断の世界だ



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


ラブホ街で再会した兄妹(10)「古川歩美のマンコはどんな形なんだ」

「あぁ~ん お兄ちゃんに脱がされちゃうよぉ」
「古川歩美のマンコはどんな形なんだ」
「いやぁ~ん」
「ハッハッハ」


スルスルスルッ


毛はキレイに整えてある
ワレメが深いので全貌は見えない


クンクンッ


まずパンティーから楽しむことにした
いろんなニオイが混じった野性的な香りだ


「ニオイを嗅がないでよぉ」
「嗅いでほしいんだろ」
「ハハッ バレちゃった」
「なぁ マンコ広げてくれよ」
「はぁ~い」


くぱぁ・・・


「おぉ」


キレイな妹のマンコ・・・


ムクムクッ


「わぁ すごい ちょっとおちんちん反応してきたぁ」


賢者タイムにボッキするなんてはじめてかもしれない


「じゃあ・・・」
「激しくしてね」
「おぉ」


ベロベロッ ジュルジュルッ


マンコにしゃぶりついていった これが妹の味か


「あぁ~ん お兄ちゃん あっ あぁ~~~~~」


陰毛からクリトリスからマンコ本体から
おしりの穴まで執拗に舐めまくった


「はぁ はぁ 歩美 歩美」
「うわぁ~ん あんっ あんっ 気持ちいいよお~」


ベロベロッ ベッロン


「あぁ~ん イッちゃう あっ あぁ~~~~~~」


そのあとの記憶はない いつの間にか眠っていた



※上記画像をクリックするとAmazonサイト
北条光影作品一覧へジャンプします

全作品Kindle Unlimited対象 (月980円読み放題/初回30日間無料)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1057位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
46位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析