愛すべき息子のために(1) 「ママ 来週から働くからね」

"ママはずっとトモヤの味方だからね”

私の名前は江口トモミ 47才
シングルマザー
35才の時に産んだ可愛い息子の
トモヤと二人暮らしだ

親にも勘当され息子の面倒を見る人が
いなかったので貯金を切り崩しながら
なんとか暮らしてきた

ただ息子にはいい大学にも行かせたいので
いろいろとお金がかかってくる
ずっとそばにいたので甘えん坊のままだが
働きに出ようと思っていた

続きを読む

愛すべき息子のために(2) 誰の子供かはわからない

私はレディースではないがいわゆるギャルで
遊んでるうちにまわりの人に紹介されキャバクラで
働きはじめすぐに店のNo.2になった
顔は普通だがFカップの胸が武器になったのだ

続きを読む

愛すべき息子のために(3)「この胸を見たら触りたくなるよね」

子供のことを考えてここへ引っ越してきた
郊外にある公営のマンションだ
保育所と小中学校と大きな緑地公園が
すべて隣接してる絶好の立地なのだ

保育所に預ける前は毎日のように
公園に連れていった
学校に行くようになり息子がいない時間も
増えてきてようやく自分のことや
将来のことを考えるようになった

続きを読む

愛すべき息子のために(4)「小6だと女子の方が詳しいもんね」

小4ではいじめに遭い毎日私の胸に甘えてきた
このままだとダメだろうと元気づけた
小5でクラス替えがありマミさんのところの
ケンジくんとかと仲良くなりいじめもおさまった
実は私がケンジくんに友達になってと
お願いしたのだが息子にはそれは内緒だ

部屋に布団を2枚敷いて寝ていたが
その時私だけ薄い掛け布団をかけていた

続きを読む

愛すべき息子のために(5) 「何か食べたいものある?」

「じゃあ トモヤもケンジくんと
そういう話してるのかなぁ」
「わかんないけどしてるかもね」
「エッチな本とか一緒に見てくれれば
いいんだけど」
「今日うちで見てるかもしれないわ
あっまた弟に頼んでみようか」
「本当に!? 冗談じゃなくて
そうしてほしいわ」
「パンチラだけじゃ済みそうにないわ」

続きを読む

「母と姉と」 電子書籍発売開始!

ブログで連載しておりました「母と姉と」の
電子書籍の販売を開始しました

久々に実家で暮らすことになった主人公の
ちょっとエッチなエピソードが楽しんでいただける作品です



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

「母と姉と」第1巻  「母と姉と」第2巻  「母と姉と」第3巻

2014/10/16未明~10/20まで
「母と姉と」第1巻の無料キャンペーンもありますので
是非この機会に手に入れてみてください

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
お持ちのスマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad/iPod touch)でも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「気持ちいいわ ゴロウ」
「しょうがないな もう」
「ごめんね」

そういうと母は立ち上がった

「もう大丈夫よ バスタオルちょうだい」
「う、うん」
「少しだけ酔いが醒めてきたわ
大人になった息子にハダカを見られるなんて
ちょっと恥ずかしいわね」
「お酒飲んだあとに入るのもうやめてよ」
「そうね」

僕はリビングに戻った
姉はもうソファの横に寝転がっている

「姉ちゃん 寝たの?」
「えっ ゴロウじゃないの」
「何言ってるんだよ 部屋で寝なよ」
「連れてって~」
「はぁ・・・」

母をあそこまで介助したので
もう恥ずかしさはなくなっていた
むしろ姉に触れたい気持ちになっていた

「じゃあ 部屋までね」
「うれしいなぁ 早くベッドに」
「わかった わかった」

姉を起こすと真正面から抱きついてきた

「何してるんだよ」
「この方が楽だから」

姉の胸と僕の胸が合わさる
服を着ていても感触がはっきりとわかる
母と違って張りのある胸のようだ

ベッドまで連れていって
そこで背中から下ろそうとすると
最後抱き合った状態からキスをしてきた

「ありがとね」
「もう」

そしてすぐ部屋を出ようとすると
また声がかかった

「最後にこれ脱がしていって」
「えっ」

-以上-

傷心旅行は息子と2人で(1) 「旅行に行こうか」

「旅行に行こうか」

私は宮本アヤコ 48才
18才の時に産んだ息子がひとりいる
シュンという名前でもう30才だ

息子は私というより
両親や妹が育てたと言っても過言ではない

息子の父親とは結婚せず
そのあとも男から男へと渡り歩いた

私はどうしようもない母親なのだ

続きを読む

傷心旅行は息子と2人で(2) 「一緒に入る?」

「オフロ入ってくるわね」
「うん」
「一緒に入る?」
「えっ」

息子とはいえ一緒にいる期間が短いので
普通に他の男と同じように接してしまう

続きを読む

傷心旅行は息子と2人で(3) 「刺激が強すぎるかな」

「あっ お母さん・・・」
「もう中3だったらオナニーはしてるわよね」
「う、うん」
「よかったわ ちょっと心配してたのよ
性教育は誰にしてもらったの お祖父ちゃん?」
「ううん 学校で・・・」
「友達いないんでしょ」

続きを読む

「愛すべき息子のために」 Kindle電子書籍発売開始!

~誰よりも大切な息子と2人で過ごす日々~

思春期を迎えて女性に興味を持ちはじめた息子
そんな息子の成長を喜びながらも接し方を模索する母親

母子家庭における大事な通過点を描いた作品です



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

第1巻  第2巻  第3巻

2015/02/03まで「愛すべき息子のために」第1巻の無料キャンペーン中です
是非よろしくお願いします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコン(Windows)でも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

”ママはずっとトモヤの味方だからね”


私の名前は江口トモミ 47才
シングルマザー
35才の時に産んだ可愛い息子の
トモヤと二人暮らしだ


親にも勘当され息子の面倒を見る人も
いなかったので貯金を切り崩しながら
なんとか暮らしてきた


ただ息子にはいい大学に行かせたいので
いろいろとお金がかかってくる
ずっとそばにいたので甘えん坊のままだが
働きに出ようと思っていた


「ママ 来週から働くからね」
「・・・うん」
「お留守番してもらわないといけないわ」
「何時に帰ってくるの?」
「多分6時過ぎには帰ってこれるわ
でも残業がある時は遅くなることもあるの」
「ふ~ん」
「寂しいんでしょ」
「そんなことないよ」


無理して強がっている息子の顔が
凛々しく見える 親バカもいいとこだ

-以上-

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1318位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析