僕はペット(1)

僕はペットだ

あれは5年前の出来事
当時小6だった僕は友達と
近くの大きな公園で遊んでいた

「暑いなぁ」
「アイスでも買いに行こうよ」
「お金は?」
「僕はあるよ」
「俺もある」
「えっ」
「なんだ ヒデキは持ってないのか」
「あぁ」
「いいや 今日はおごってやるよ
コンビニまでダッシュするぞ」
「え~ 遠いよ」
「早く早く」
「待ってよ」
「シンちゃんだけ足速すぎるよね」
「ダイは太りすぎだって」

続きを読む

僕はペット(2)

私はペット飼っている
少年というペットだ

あれは5年前の出来事
当時私は48才で今よりもずっと体力があった
そしてものすごくストレスを
抱えてる時期でもあった

私の家は夫と娘の3人家族
夫はタクシードライバー
不景気のあおりを受けて収入も減り
年々不機嫌でいることが多くなっていた
元々亭主関白だったのだが
それに輪をかけて私にきつく当たった

続きを読む

僕はペット(3)

「あなた・・・」
「なんだよ」
「なんだよって もう・・・」
「暑苦しいだろ わかんないのか
最近おまえ太りすぎなんだよ
体力あり余ってるなら走ってこいよ
ダイエットにもなるから」
「そんな・・・」
「やせたら抱いてやるよ」
「すぐにやせれるわけないでしょ」
「いいから走ってこい 俺は寝るから」

続きを読む

僕はペット(4)

「あぁ 本当に痛い・・・」
「どうしよう・・・」
「ちょっと起こしてくれる」
「は、はい」

かわいい少年だわ
エミと同い年くらいかしら


続きを読む

僕はペット(5)

「おばさんが悪いことしてると思われると
困るから私の子供のふりしてくれる」
「えっ」
「出来るでしょ」
「はっ はい」

少年は泣きそうな顔になり
ますますからかいたくなってきた

続きを読む

ヤエコ伯母さんの妄想日記(1)

「伯母さんって結婚失敗したんでしょ」

うちの家は両親と僕と母の姉である
伯母の4人で暮らしていた

中学で性に目覚めてからというもの
伯母が僕にとっての性の対象だ

続きを読む

ヤエコ伯母さんの妄想日記(2) 「昔はなんでも教えてくれたのにね」

「そうねぇ」
「最近は彼氏いないみたいだけど
前はいたんでしょ 僕が生まれる前とか」
「そういうことはあんまり聞いちゃダメよ」
「どうして?」
「どうしてって シンちゃんも
知られたくないことあるでしょ」

続きを読む

ヤエコ伯母さんの妄想日記(3)「自分の子供のことでしょ」

「お母さんたち卒業式行けそうにないわ ごめんね」
「いいって」
「またヤエコ姉ちゃんにお願いするしか・・・」
「いつもごめんね」
「気を使わないでよ 居候なんだし」
「本当助かってるよ ヤエコさんのおかげで」
「マサヒコさんは仕事のことだけ考えて」
「ありがとね」

続きを読む

ヤエコ伯母さんの妄想日記(4)「旅行なんて久々じゃない」

「ただいま」
「あっ おかえりなさい
母さんもう戻るから 夜ご飯は2人で食べてね」
「うん」

2人の僕を見る目は不自然だが
気にしないようにした

続きを読む

ヤエコ伯母さんの妄想日記(5)「まだダメよ」

次の日は学校が終わると
急いで家に戻った もちろん誰もいない

まず用意してある昼ごはんを食べて
すぐに2階の伯母の部屋に向かった

ガラッ

ずっと入りたかった場所だ
小さい時はよく入っていたが
最近はいつ入ったか覚えてないくらいだ

続きを読む

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
電子書籍新作紹介

最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1318位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
サブジャンルランキングを見る>>
LINK







リンク
カウンター
Kindle Unlimited 全集シリーズ



オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析