FC2ブログ

女教師の孤独(1) 「横島先生 おはようさん」

どうして私はこんなに孤独なんだろう


「おはようございます」
「はい おはよう」

学校というところはある意味
社会と切り離されて存在している
そこで働く教師という職業もだ

「横島先生 おはようさん」
「おはようございます」

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

女教師の孤独(2) 「お姉ちゃん・・・」

5年前 実の弟のヒデヒコが
ひとり暮らしの私の部屋に急に
訪ねてきて住みついた時期があった

両親とは死別してるので
弟は私にとって大切な家族だ

続きを読む

女教師の孤独(3) 「戸田くん静かにして」

「ハハハッ こいつ泣いてるぜ」
「戸田くん静かにして」
「うるせぇよ ババァ」

まわりの生徒も無関心を装う
ターゲットにされたくないのだ
もちろん私もそのひとりだ
マニュアルのように時々注意する

続きを読む

女教師の孤独(4) 「約束は出来ないよ」

「教育上よろしくないですね」
「いえっ もう中学3年生ですし」
「あいつとの会話はエロばっかですよ
離婚してほとんど口も聞いてくれなく
なったんだけどこれのおかげで」
「はぁ・・・」

こんな親子関係もこの世に存在するのか

続きを読む

女教師の孤独(5) 「シンゴまた苦情がくるぞ」

「先生はあんな感じでしょ」

父親が指さした先のポスターを見ると
確かに私のハダカに近いものだった

「ハハッ そんなことは」
「当たりでしょ まぁ服の上からでも
多少はわかるもんね でももったいないなぁ」

酔っているからか父親の目が
だんだんエロくなっていくように感じた
早く帰らないと・・・

続きを読む

女教師の孤独(6) 「危ないじゃないですか」

「どうでした?」

宇野先生が心配して声をかけてきた
戸田くんの父親のことを大きいと思ったが
さらに背が高そうだ
私は160cmもないので
背の高い人はうらやましい

「一応会えました」
「どんな人なんですか」
「う~ん 似てるかな 戸田くんと」
「危ないじゃないですか」
「まぁでも戸田くんのことを
大事に思ってるので安心しました」
「親の心は持ってたってことですね」
「はい」

続きを読む

女教師の孤独(7) 「いじめですよね」

「今日突然学校に来なくなった理由って
何かわかりますか」
「いえっ でも先生はご存知なんでしょ」
「あっ えっと・・・」
「いじめですよね」
「すいません ここ最近エスカレートしてて」
「おとなしい子だから狙われるんでしょうね」
「何とも言えないです 生徒同士の
やりとりをすべて把握してるわけではないので」
「友達でもいればねぇ」

続きを読む

女教師の孤独(8) 「自分で消しなさい」

「小山くん これってもしかして」
「先生・・・」
「いいじゃない そんな年頃だし」
「でも・・・」

奪い返すのかと思ったら
そこまでじゃないようだ
なので興味本位で再生ボタンを押してみた

続きを読む

女教師の孤独(9) 「友達になれば」

「友達になれば」
「えっ」
「戸田くんも友達いないでしょ」
「そんなこと・・・」
「逆らってもさ 小山くん以外の人が
いじめられるだけだと思わない?」
「そうだと思う」
「でしょ みんな小山くんに感謝してるのよ
今日なんかビクビクしてたもん」
「そうなんだ」

続きを読む

女教師の孤独(10) 「盗撮も犯罪ですよ」

「全部映ってるんですよ ここは
警察呼びますよ」
「いいですよ これだけずっと話してて
逆におかしいでしょ 今さら」
「そんなことよく言えますね」
「お堅いなぁ まさか先生なの?」

続きを読む

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析