FC2ブログ

孫の看病(1) 「寝たきりになってたら大変だったわよ」

”災い転じて福と為す”

この言葉がこんなにもぴったりくる出来事が
私の身に起こるなんて思ってもみなかった

杉本テルコ 63才

夫は2年前に脳梗塞であっけなく
この世を去ってしまった
定年になりやっと2人でのんびり
過ごせると思っていた矢先のことだった

「寝たきりになってたら大変だったわよ」

娘の言葉を聞いて何十年かぶりに
厳しく叱ったことも思い出になっている

続きを読む

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

孫の看病(2) 「もう お母さん心配させないでよ」

私は娘夫婦の住む街にある団地で
ひとり暮らしをしている

マンションを買ってもよかったが
夫も私も旅行が好きだったので
貯金はそのために使おうという結論になった

なのに旅行に一度も行くこともなく
夫はこの世を去ってしまったのだ

続きを読む

孫の看病(3) 「お祖母ちゃん大丈夫?」

「お祖母ちゃん大丈夫?」
「来てくれたのかい うれしいよ」

半年ぶりくらいに顔を見るが
ますますたくましくなってる気がする

「まず買い物に行ってくるよ
欲しいモノある?」
「そうだね ミナト屋のコロッケが食べたいね」
「うん」
「タイチも食べたいものあったら
買ってもいいからね そうそう財布は
テーブルに置いてあるでしょ」
「うん ある」
「あとは?」
「それじゃ・・・」

必要なモノをひと通り頼むと
すぐに買い物に出かけた

続きを読む

「孫の看病 -災い転じて福と為す-」Kindle電子書籍発売!

ブログで連載してました「孫の看病」の
Kindle電子書籍版の販売を開始しました

電子書籍版限定で「タイチと山田夫妻」というエピソードを
特別収録していますのですでに読まれた方にも
楽しんでいただけると思います



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

全3巻での販売も行っておりますので合わせてよろしくお願いします
「孫の看病 -災い転じて福と為す-」第1巻 無料キャンペーン!
(2015/04/17夕方~2015/04/22夕方まで)

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「お祖母ちゃん大丈夫?」
「来てくれたのかい うれしいよ」

半年ぶりくらいに顔を見るが
ますますたくましくなってる気がする

「まず買い物に行ってくるよ
欲しいモノある?」
「そうだね ミナト屋のコロッケが食べたいね」
「うん」
「タイチも食べたいものあったら
買ってもいいからね そうそう財布は
テーブルに置いてあるでしょ」
「うん ある あとは?」
「それじゃ・・・」

必要なモノをひと通り頼むと
すぐに買い物に出かけた

帰ってくるまでにトイレを済ませておこうと
いろんなところに掴まりながら
トイレに向かった

「はぁ はぁ 大変だわ」

なんとかトイレを済ませた
このあとタイチに拭いてもらうので
キレイにしておかないといけない

そういえば毛がボーボーだわ
こんなことならキレイに整えておけばよかった
結婚してから夫が亡くなるまでの間は
夜の生活がない時期でも
手入れを欠かしたことがなかったのに

ただじっくり見られることはないだろう
目を逸らしながら拭くはずだ

ワレメより胸の方が興味あるかもしれない
昔ほど張りはなくなったが娘と違って大きい
乳首は感じやすいので拭いてる時に
立ってしまいそうな気がする

祖母のハダカが孫にとって
どんなモノなのか私にはわからない

娘が気にしていないのに私が気にするのは
自意識過剰だと思い受け入れたが
少し不安になってきた

もしタイチが興奮してしまったら・・・

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

グランドマザーの足跡(1) 「触ってもいい?」

「おばあちゃん」
「どうしたの?」
「一緒にオフロ入ろうよ」
「えっ?」
「ダメかな」
「別にかまわないけど
そんなこと言うの はじめてだね」


私は山代ハツコ 63才


「本当におっぱい大きいね」
「ウフフッ」


私には子供が2人いる
息子のコウジと娘のモトコ


「触ってもいい?」
「あぁ いいよ」


孫はケンイチ 13才
娘夫婦のひとりっ子だ

続きを読む

グランドマザーの足跡(2) 「その時はその時よ」

私は両親と同じ布団で寝ていた

「おやすみなさい」

もちろん最初はひとりだが
夜遅くになると両親が私の両側に入ってくる
だいたいは熟睡してる時間だが
たまにそのタイミングで起きてることもあって
そのまま両親の会話を聞いたりしていた

「今日はどうしたの?」
「ハハハッ 元気だったろ
昼間からおまえのこと考えてたんだ」
「もしかしてまだ出来るんじゃない?」
「触ってみろ」

私のカラダに母の腕が当たる

続きを読む

グランドマザーの足跡(3) 「これで小学4年生か・・・」

先生にいたずらされたのも父と同じ時期で
小4の夏休みだった

先生といっても担任の先生じゃない 教頭先生だ

うちの学校は全校生徒が100人ほどで
1学年20人もいなかった
男女比は女子の方が少なくて私の学年には
6人しか女子がいなかった

ちなみに夫は学年がひとつ上だが
教科によっては合同で授業を受けることもあった
夫はその時から私に目をつけていたようだが
私は全く気づいていなかった

続きを読む

「グランドマザーの足跡」 Kindle電子書籍発売開始!

「グランドマザーの足跡」の電子書籍の販売を開始しました

主人公の老女の若いときからの男遍歴を描いた作品です
是非よろしくお願いします



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「おばあちゃん」
「どうしたの?」
「一緒にオフロ入ろうよ」
「えっ?」
「ダメかな」
「別にかまわないけど
そんなこと言うの はじめてだね」


私は山代ハツコ 63才


「本当におっぱい大きいね」
「ウフフッ」


私には子供が2人いる
息子のコウジと娘のモトコ


「触ってもいい?」
「あぁ いいよ」


孫はケンイチ 13才
娘夫婦のひとりっ子だ


現在は二世帯住宅で暮らしている
別居中の夫が親から引き継いだ土地に
娘の結婚を機に家を建て直したのだ

ちなみに息子は44才だがまだ独身だ


「母さん おなかすいたんだけど
あっ ケンちゃん・・・」
「すぐにあがるから ちょっと待ってて」
「あっ あぁ」

息子は私がオフロに入ってても
気にせずドアを開ける

「おじさんとおばあちゃんは
いつも一緒にオフロ入ってるの?」
「ううん 昔は入ってたけどね」
「ふ~ん」

教育上悪いのでそう言ったが
今でも一緒に入ることがある

「ずっと揉んでたいなぁ」
「ケンちゃんも男になっちゃったのね」
「まだ中1だよ」


おちんちんの皮がもう剥けている
きっとカズマさんが性教育したんだろう

カズマさんというのは娘婿だ


「おばあちゃん 拭いてあげるよ」
「ありがとね」
「また一緒に入ろうよ」
「あぁ いいよ」


もしかしたらケンちゃんも
私の男になるかもしれない

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

≪最新作≫ 「私と孫の官能小説」 Kindle電子書籍発売!

「私と孫の官能小説」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-


「おばあちゃん 寂しくないの?」


大宮幸恵 69才

夫は12年前にがんで亡くした
定年前でまだ63才だった

今では6つ上だった夫よりも
私の方が年を取ってしまった


子供は2人いる


幸司 40才

私に似ておとなしい子だ

由美 37才

バツイチで今は近くの
ワンルームマンションで暮らしている

うちで一緒に暮らさない理由は
幸司の嫁の礼子さんが苦手だからだ

その礼子さんは44才

幸司とは出来ちゃった結婚だった
年上ということもあるが
おとなしい幸司を尻に敷いている


孫も2人いる


和也 19才

私からの流れを汲んだように
おとなしい子で高校を卒業してすぐ就職した

就職先は島田工業 学校が推薦してくれた会社だ

智也 16才

礼子さんに似て活発で成績優秀
高校も進学校に入った

この智也のために礼子さんは
派遣の仕事をしている

ただ家事を私に任せようとはしない
すべてを仕切りたい性格なのだ


「お母さんの家なのに大きな顔しちゃってさ」
「いずれ幸司のモノになるんだし
別にいいじゃないの」
「私は?」
「あんたは結婚するんでしょ」
「恋人は欲しいけど子供はもういいかなって
今の生活結構気に入ってるし」
「私に家事をやってもらえるからでしょ」
「無理やりやらせてるみたいに言わないでよ」
「ウフフッ でもここに来ると息抜きになるわ」
「家では話す人いないもんね」
「和也が時々声をかけてくれるけど」
「”寂しくないの?”でしょ」
「そう でもお父さんが亡くなってから
毎年のように言ってくれてるからね」
「好きなのよ お母さんのことが
お義姉さんがいるから遠慮してるんじゃない」
「そうだと嬉しいけどね」


由美がいる時はここで過ごすことが多い
家にいてもすることがあまりないからだ

小さな庭でいくつか花を育てたりしてるが
私が本当に好きなことは料理だ
ただ今は披露する場がない

この由美の部屋の台所は電気コンロがひとつで
まな板を置くスペースもなく
料理をするには不向きなのであまり作らない

家では礼子さんが食事の用意も洗濯もしてくれて
私は部屋の掃除をするくらいだ


「金曜日からちょっと旅行に行くから」
「恋人いないんじゃなかったの」
「友達と行くのよ でもそこで出会うかもね」

由美がいないなら週末はあの人に会いに行こうかな

-以上-



官能小説シリーズは北条光影作品の入門編として読んでいただければと思います

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

私と孫の官能小説(1) 「おばあちゃん 寂しくないの?」


「おばあちゃん 寂しくないの?」


大宮幸恵 69才

夫は12年前にがんで亡くした
定年前でまだ63才だった

今では6つ上だった夫よりも
私の方が年を取ってしまった


子供は2人いる


幸司 40才

私に似ておとなしい子だ

由美 37才

バツイチで今は近くの
ワンルームマンションで暮らしている

うちで一緒に暮らさない理由は
幸司の嫁の礼子さんが苦手だからだ

その礼子さんは44才

幸司とは出来ちゃった結婚だった
年上ということもあるが
おとなしい幸司を尻に敷いている


孫も2人いる


和也 19才

私からの流れを汲んだように
おとなしい子で高校を卒業してすぐ就職した

就職先は島田工業 学校が推薦してくれた会社だ

智也 16才

礼子さんに似て活発で成績優秀
高校も進学校に入った

この智也のために礼子さんは
派遣の仕事をしている

ただ家事を私に任せようとはしない
すべてを仕切りたい性格なのだ


「お母さんの家なのに大きな顔しちゃってさ」
「いずれ幸司のモノになるんだし
別にいいじゃないの」
「私は?」
「あんたは結婚するんでしょ」
「恋人は欲しいけど子供はもういいかなって
今の生活結構気に入ってるし」
「私に家事をやってもらえるからでしょ」
「無理やりやらせてるみたいに言わないでよ」
「ウフフッ でもここに来ると息抜きになるわ」
「家では話す人いないもんね」
「和也が時々声をかけてくれるけど」
「”寂しくないの?”でしょ」
「そう でもお父さんが亡くなってから
毎年のように言ってくれてるからね」
「好きなのよ お母さんのことが
お義姉さんがいるから遠慮してるんじゃない」
「そうだと嬉しいけどね」


由美がいる時はここで過ごすことが多い
家にいてもすることがあまりないからだ

小さな庭でいくつか花を育てたりしてるが
私が本当に好きなことは料理だ
ただ今は披露する場がない

この由美の部屋の台所は電気コンロがひとつで
まな板を置くスペースもなく
料理をするには不向きなのであまり作らない

家では礼子さんが食事の用意も洗濯もしてくれて
私は部屋の掃除をするくらいだ


「金曜日からちょっと旅行に行くから」
「恋人いないんじゃなかったの」
「友達と行くのよ でもそこで出会うかもね」

由美がいないなら週末はあの人に会いに行こうかな

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析