FC2ブログ

≪新作≫ 「息子たちの嫁」 Kindle電子書籍発売!

「息子たちの嫁」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は未発表の書き下ろし新作小説です
(近日中に序盤のみブログにて公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「マサオにチラッと聞いたかもしれないけど
介助のことで話があるんだ」
「なんだ お金は俺が出すんだし
迷惑はかからないだろ」
「調べてみたんだけど父さんがいうような
人を呼ぼうとするとそこそこ費用がかかるんだ」
「わかってるぞ そんなことは」
「それで・・・父さんに頼みがあって」
「何だよ 一体」
「俺たちの嫁を雇ってくれないかって」
「はぁ?」

思ってもみなかったことだ

「ほらっ まだトイレにも行けるし
専門の人を呼ぶほどでもないだろ」
「そうだな でもいいのか 面倒かけるぞ」
「だからさっき言ったように雇うってことで
介助の人に使おうとしてたお金を・・・」
「あぁ そういうことか おまえたち 
お金に困ってるのか そんなはずは・・・」
「子供たちの塾を家庭教師に変えたり
みんなそれぞれしたいことあるんだよ
うちはそういう理由じゃないけど」
「おまえのとこはなんだ」
「こいつ 働きに出たいってずっと言ってて
専業主婦をずっとしてるから退屈してるんだよ」
「ハハハッ そうなのか ケイコさん」
「お義父さんのお役にも立ちたいですし」
「家族なんだから無償でするのが普通だけどさ」
「それは貧乏人の家だけだろ
みんな自分の人生を生きてるんだ
それに俺が死んだらおまえたちに渡るんだし
どうせ使いきれるわけない このカラダじゃ」
「完治する見込みないって本当なの?」
「無理してリハビリしたら寝たきりになるかもって
医者が言いやがったんだ」
「ハハハッ」

長男はそのあとさらに説明を続けた

第一週が長男の嫁で二週目が次男の嫁と
わかりやすく取り決めてある

「用事がある時は交替で誰か来るから」
「あぁ でもみんなが来てくれるなんてよく説得出来たな」
「そこは公平じゃないと揉めるだろ のちのち」
「そうだな 遺産相続も四等分だし」
「父さんは死なないと思うなぁ 俺が先だと思う」
「おいっ ケイコさんの前でつまんないこと言うな」
「あっ ハハハッ でも本当にそう思ってるんだ」

もちろん死ぬつもりなんて毛頭ないが
こんな俺より先に死ぬなんてかわいそうな気がする

「今月は中途半端だからこいつがずっと来るから
来月の一週目が終わるまで」
「お義父様よろしくおねがいします」
「こっちがよろしくだよ 頼むよ」


「よかったじゃないか」
「あぁ こんなことになるとはな」
「若い女を拝みに俺も度々顔を出さないと」
「ケイコさんはもう44才だぞ」
「熟れ頃じゃないか それにおまえのとこの嫁は
みんな巨乳だから目の保養になるし 楽しみだなぁ」
「俺の介助に来てくれるんだぞ」
「わかってるって 俺も手伝うし」
「いやらしい奴だな」
「おまえだってちょっかい出すつもりだろ」
「バカ言うな 息子たちの嫁だぞ」

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

息子たちの嫁(1) 「あぁ バチが当たったのかなぁ」

「あぁ バチが当たったのかなぁ」
「ハハハッ おまえが捨ててきた女たちの恨みだな」
「恨まれてないぞ バカ言うな」
「知らないだけだろ」
「おまえだって知らないだろ」
「少なくともチエちゃんは恨んでたぞ」
「そういえば穴兄弟だったな 忘れてた」
「おいおい 痴呆も併発してるのかよ」
「バカ言うな」
「ハハハッ 決まり文句の”バカ言うな”いただきました」

続きを読む

息子たちの嫁(2) 「生意気だな 隠すつもりか」

「なぁ マサオ 調べてくれたか」

介助の派遣をしてくれるところを
いろいろ探してもらっている
もちろん女性限定で40才以下が希望だ

「そのことだけどみんなで話し合ってるところなんだ」
「話し合うって何だ 施設に入れようっていうのか
まだそこまでじゃないぞ」
「違うよ 多分近々モリオ兄ちゃんから
連絡があると思うから」
「生意気だな 隠すつもりか」
「だから・・・父さんに逆らえるわけないだろ」
「ハッハッハ そうだよな」
「みんな感謝してるんだ 父さんには」

続きを読む

息子たちの嫁(3) 「俺たちの嫁を雇ってくれないかって」

次の日長男が嫁と2人で家にやってきた

「マサオにチラッと聞いたかもしれないけど
介助のことで話があるんだ」
「なんだ お金は俺が出すんだし
迷惑はかからないだろ」
「調べてみたんだけど父さんがいうような
人を呼ぼうとするとそこそこ費用がかかるんだ」
「わかってるぞ そんなことは」
「それで・・・父さんに頼みがあって」
「何だよ 一体」
「俺たちの嫁を雇ってくれないかって」
「はぁ?」

続きを読む

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析