FC2ブログ

≪最新作≫ 「私と義母の不謹慎な関係」 Kindle電子書籍発売!

「私と義母の不謹慎な関係」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「もう2年も経つんですね」
「そうね 早いわ」

私は義父の三回忌のために
妻の実家を訪れている

「ユリは?」
「友達と会いに行くって」
「全くあの子は落ち着きがないんだから」
「そんなことないですよ」
「だから子供も・・・あっ ごめんなさいね」
「いえっ すいません 期待に応えられなくて」
「ウフフッ ヒトシくんと会うと
結婚前のことを思い出しちゃうわ」
「僕もですよ」


南野ヒトシ 32才 

妻が再婚だったので式は挙げなかったが
ほとんど私たちの結婚と同時に
義父は突然この世を去ってしまった

妻はユリ 35才 保険のセールスレディ

私の会社で保険の営業をしていて
そこで声をかけられた
はじめは保険加入が目的かと思ったが
徐々に恋愛に発展していった


「南野くん 私の親に会ってくれない?」

これがプロポーズの言葉だった

男からするのが一般的だが
妻は一度元夫にされたことがあるので
今後は自分からしてみたかったと
あとで教えてくれた


義母は田中フサエ 55才

本当に妻の母親なのかというくらい
2人は顔も体型も似ていない

妻は痩せ型で義母はぽっちゃり型だ


「怪しんでるんだろ」
「えっ・・・」
「ユリを産んだのは間違いなくこいつだって」
「あなた・・・」
「なんだよ 疑われてるから先に
教えてやってるだけだろ 文句あるか!」

義父は何かにつけ義母を虐げていた


-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

私と義母の不謹慎な関係(1) 「もう2年も経つんですね」

「もう2年も経つんですね」
「そうね 早いわ」

私は義父の三回忌のために
妻の実家を訪れている

「ユリは?」
「友達と会いに行くって」
「全くあの子は落ち着きがないんだから」
「そんなことないですよ」
「だから子供も・・・あっ ごめんなさいね」
「いえっ すいません 期待に応えられなくて」
「ウフフッ ヒトシくんと会うと
結婚前のことを思い出しちゃうわ」
「僕もですよ」


南野ヒトシ 32才 

妻が再婚だったので式は挙げなかったが
ほとんど私たちの結婚と同時に
義父は突然この世を去ってしまった

妻はユリ 35才 保険のセールスレディ

私の会社で保険の営業をしていて
そこで声をかけられた
はじめは保険加入が目的かと思ったが
徐々に恋愛に発展していった


「南野くん 私の親に会ってくれない?」

これがプロポーズの言葉だった

男からするのが一般的だが
妻は一度元夫にされたことがあるので
今後は自分からしてみたかったと
あとで教えてくれた


義母は田中フサエ 55才

本当に妻の母親なのかというくらい
2人は顔も体型も似ていない

妻は痩せ型で義母はぽっちゃり型だ


「怪しんでるんだろ」
「えっ・・・」
「ユリを産んだのは間違いなくこいつだって」
「あなた・・・」
「なんだよ 疑われてるから先に
教えてやってるだけだろ 文句あるか!」

義父は何かにつけ義母を虐げていた

「結婚してからじゃないからな
昔からこんな体してたんだ」
「あっ はぁ」
「ユリはガリガリだけどいいのか?」
「それはこっちのセリフですよ
僕なんかと結婚してくれるなんて・・・」
「ヒトシくんは年下で初婚なのに謙虚だな
まぁユリのいろいろを知って結婚を決めたんだから
覚悟は出来てるんだろうけど」

3人だけになると発言が過激になったが
酔うとさらに行動も伴って過激になっていた

「こっち来いや!」
「あなた ヒトシくんもいるのに」
「あぁ? 歯向かうのか もう相手してやらねぇぞ」
「・・・」

義母はシャツをめくってブラジャーを外し
義父のとなりに座った

「えっ・・・」
「ヒトシくん ごめんね」
「やっぱ酒のつまみはこのデカい乳房だな
なぁ ヒトシくんも舐めてみないか」
「でも・・・」
「こんなババァのは舐めたくないか」
「いっ いやっ そんなことは・・・」

私はどちらかといえば熟女好きなので
義母の胸を見ただけでボッキしていた

「いいんですか?」
「こいつが嫌がる理由ないだろ なぁ?」
「えっ えぇ ヒトシくん ユリには内緒ね」
「ハハハッ そりゃそうだ 
うちじゃユリが一番おそろしいからな」

お酒をひと口飲んで乳房に口をつけた

「もっとこうだよ」

義父が乱暴に吸い付くと乳首が立ってきた

「はぁ はぁ」
「もっといつもみたいにヨガれや」
「あなた でも・・・」
「もうヒトシくんは家族みたいなもんだから
いつもの姿を見せてやりゃいいんだ」
「・・・はい」

これは二度目に家に行った時のことだ

そのあとも何度か訪れたが妻がいなくなると
義父はいつも義母に卑猥な行動を取った


「いい音するんだぞ こいつ」

バシンッ!

義母のおしりを叩いた

「ほらっ ヒトシくんも」
「さすがにそれは・・・」
「おいっ 喜ばせたくないらしいぞ
残念だったな ハハハッ」
「やります やります」

パシンッ・・・

「そんなに弱く叩いてどうするんだ
手形が残るくらいがちょうどいいんだ こうだ」

バシンッ!

「あっ・・・」
「気持ちいいんだろ あぁ?」
「はい 気持ちいいです」
「すまんな 義理の母親が変態で ハハハッ」

ワレメまでは見ることはなかったが
胸とおしりは何度か見る機会があった

妻とセックスしてる時に
今でもその光景が浮かんでくることもある

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

私と義母の不謹慎な関係(2) 「いつかご一緒したいです 麻雀」

義父の葬儀にはもちろん参列したが
そのあとは仕事が忙しく来ていなかった

今回の三回忌は有給休暇を消化するために
会社の方針で来たようなものだ

ただずっと義母に会うのを楽しみにしていた


「あんなに元気だったのに・・・」
「まぁ 血圧が高かったから仕方ないわよ」

義父はオフロから出たところで倒れて
そのまま息を引き取ったのだ

「いろいろ聞いてますけどお寂しいですよね」
「最初のうちはね でも最近はお友達を家に呼んで
麻雀を楽しんでるから平気よ」
「麻雀ですか」
「あの人が亡くなってから勉強したの
何が楽しいんだろうって思ってたんだけど
やってみるとはまっちゃって」
「僕も学生の時に何度かやりましたけど
社会人になってからは全くやってないですね」
「そうなのね」
「上司が麻雀よりも夜の店が好きなので」
「キャバクラとかそういうの?」
「はい まさしく おごってもらうので
別に悪くはないですけど」
「ユリは知ってるの?」
「もちろんですよ 店名まで伝えてますから
黙ってそんな店に行ったら離婚されます」
「ウフフッ あいかわらずね」

義母と2人きりで話すなんてはじめてかもしれない
ついつい胸の方に目がいってしまう

「いつかご一緒したいです 麻雀」
「これからする?」
「えっ?」
「一緒にやってる人たちってみんな仕事してないし
呼べばすぐに来てくれるわ」
「そうなんですか」
「ちょっと中毒なのよね 私が一番ひどいけど」

義父がいた時は自分の意見をいうタイプじゃなく
言いなりだった義母が麻雀を誘ってくるなんて
人は変わるものだ

「じゃあ・・・」
「ユリが帰ってくるまでね」
「はい」

連絡して20分ほどすると
年配の男女2人がやってきた

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

私と義母の不謹慎な関係(3) 「僕はそんなにうまくないですって」

「お邪魔するよ」
「あなたが噂のお婿さんね」
「はじめまして 南野ヒトシといいます」

「こちらはゴンさんとハナさん 2人はご夫婦よ」
「腐れ縁だけどな」
「先に言っておくわ 私たちは同い年で66才
フサエさんよりひと回り近く年寄りだから」
「えっ そうなんですか 全く見えないです」
「うれしいわ」
「媚びを売るなんて さては営業か 仕事は」
「は、はい ルートセールスですけど」
「この人も定年まで営業一筋だったのよ
私にまで丁寧語で話すこともあったくらいでね」
「誰が顧客になるかわからないから
全く気が抜けないんだ 営業の人間は
君はルートだからそこまでじゃないだろうけど」
「はい 気楽なモノです ノルマもないので」
「じゃあ 歩合もないのか」
「多少はありますけど比重は大したことないです」

「はいはい 自己紹介は終わりにして
早く麻雀しましょ」

元々寝室だった部屋に入ると
中央に全自動の雀卓が置かれていた

「うわぁ 本格的ですね」
「そりゃ びっくりするわな
いくら麻雀好きでもなかなか持ってないから」
「フサエさんのおかげで楽だわ」
「こいつもまだルール覚えたところだから
打つのは遅いけど待ってやってな」
「僕も久しぶりなので変わらないですよ
特に点数計算とかほとんど覚えてないです」
「営業マン時代に嫌々点数計算を
覚えさせられたから任せてくれって」
「私もまだまだなのよ ゴンさんから
ほとんど上がったこともないし」
「強いんですね」
「まぁ運もあるけどな 初心者だと
平気でカンチャン待ちでリーチするし」
「当たり前じゃない リーチまでが大変なのに
あっ でも私は鳴き麻雀だから」
「ハナさんの得意技は役牌のみにドラ乗せよ」
「こいつの安いのをわざわざ逃げるのは大変だけど
振り込みたくないんだよな 俺は」

そして麻雀をはじめた
ゴンさんは悠々打ってるが女性陣は真剣だ

「あっ それポン」
「また白のみで上がるつもりか」
「ウフフッ」

「お義母さん それいただきます」
「えっ!?」
「チーです」
「びっくりしたわ うまい人はリーチせずに上がるから」
「僕はそんなにうまくないですって」
「いやっ 筋は悪くないぞ」

「ツモ!」

「調子いいじゃない フサエさん」
「やった裏ドラも乗ってるわ」

半荘終わっておやつタイムになったので
妻に何時に戻るか電話で聞いた

「もう帰ってくるみたいです」
「そうなの?」
「残念そうね フサエさん 娘より麻雀?」
「そりゃ ヒトシくんともっと打ちたいなって」
「ユリちゃんはしないのよね」
「じっとしていられない子だから」
「ハハハッ フサエさんに全く似てないよな
顔も性格も」
「それは昔から言われてます」

「じゃあ また麻雀一緒にやろうや」
「は、はい」
「フサエさん いつでも呼んでね」
「帰ってさっきの続きでもするか」
「ちょっとあなた・・・」
「何だ 大人しかいないだろ」

60代でセックスを楽しんでるなんて悪くない

「フサエさんも麻雀ばっかりじゃなく
そろそろ男でも作りなよ」
「またその話ですか」
「もったいないわよ そんな男好きな体して」
「そうだよな」
「あなたはダメよ」
「何も言ってないだろ」
「ウフフッ 仲いいですね あいかわらず」

2人は帰っていった

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

私と義母の不謹慎な関係(4) 「好きにしていいのよ」

「お義父さんが亡くなられてから
誰ともお付き合いされてないんですか」
「ヒトシくんまでどうしたの?」
「いっ いやっ お義母さんは魅力的ですし」
「もういろんな姿見られちゃってるからね」
「は、はい ハハハッ」

「好きにしていいのよ」
「えっ・・・」
「私のこと不憫に思うんならヒトシくんが慰めて」

やっぱり性格が変わってる
環境が人を変えるというのは本当のことだ

「お義母さん・・・」
「ユリが帰ってきちゃうから あとでね」

そう言われたがもうガマン出来ない
玄関に義母を連れていった

「ここなら車の音でわかるので」
「そんなに興奮してくれてるの」
「結婚前のこと思い出したら
すぐにビンビンになりますよ 男ですから」
「それなら麻雀誘う前に言ってよ」
「いやっ 久しぶりだったので」
「押しに弱いこと知ってるでしょ」
「は、はい」
「ウフフッ でも汗かいちゃってるし
ちょっと洗ってきてもいいかな」
「そのままでも・・・」
「うれしいわ でもトイレもしたいから 
すぐ戻ってくるわ」
「わかりました」

義母は5分ほど戻ってきた

「お義母さん 失礼します」

私はずっと気になってたワレメを
見ようとスカートをめくり
パンティに手をかけた

「あらあら いきなり」

一気に脱がした

「あっ・・・」

毛がキレイに剃られてある

「今 剃ってきたんじゃないわよ」
「でも前は・・・」
「あった方がよかった?」
「いえっ キレイです」

そういってしゃぶりついた

「あんっ 気持ちいいわ」

大きめのクリトリスを刺激していく

「ヒトシくん・・・」

指を入れるともう十分濡れているので
前戯もほどほどにボッキしたモノを
突き刺していった

「あんっ そんなに急がなくても・・・」
「もう帰ってきちゃうので
中に出しても平気ですか」
「もちろんよ たっぷり出して」

ブルルル~ ザザザッ

「あっ・・・」

発射する前に妻が帰ってきてしまった

「ヒトシくん 早くしまって」
「あっ はい」

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

私と義母の不謹慎な関係(5) 「主夫になる?」

「さすがに二日酔いじゃダメだもんね」
「大人になったわね」

三回忌は明日お寺で行うことになっている

「じゃあ ごはんの支度するわね」
「お願いね お母さん」

義母は台所に行ってしまった
なんだか名残惜しい


「あなた 相談があるんだけど」
「何?」
「お母さんとの同居考えた方がいいかなって
ここでひとりだと・・・」

妻から同居について話をされたのははじめてだ
義父が亡くなって気を落としてる姿を見ても
同居の提案がなかったのにどういうことだろう

「うちに来てもらうってこと?」
「それはちょっと無理じゃない 狭いし」

2LDKのマンションなので
別に部屋を空けれないわけではない

「じゃあ・・・」
「ここに引っ越してくればいいかなって」
「仕事は?」
「私はこっちの営業所に移ればいいし
あなたはちょっと遠くなるけど」

義母との同居は願ってもないが通勤が大変だ

「2時間近くかかるし さすがに・・・」
「この際 仕事をこっちで探すとか
どうせ出世も見込めないし」
「そこまで言わなくても・・・」
「ハハハッ ごめんね」

妻はキスしてきた

「でもユリがいいなら そうしてもいいかな」
「本当に?」
「収入減っちゃうと思うけど」
「ここで住むなら家賃もいらないし
元々私の方が稼いでるんだから」
「あいかわらずひどいなぁ」
「嫌いになった?」
「ならないよ」
「じゃあ・・・」
「愛してるよ ユリ」

私は妻を抱きしめた ここが家なら
間違いなくセックスに突入だ

それにさっきの余韻があるのでまだビンビンに
なっている 妻がそれに触れた

「あなた・・・お母さんがいるのに」
「えっ・・ ハハハッ」
「部屋行く?」
「あとでいいって」

「お母さん あとどれくらい・・・」

妻は台所に聞きに行った

「30分はかかるってさ 行こう」
「あっ うん」

部屋には妻が小さい頃に使ってたおもちゃや
服などがそのまま置いてある

「今日もブルマはいてあげよっか」

結婚前に泊まりに来た時に
中学の時の体操服を妻が見つけて
コスプレセックスを楽しんだ

「いいよ そのままで」
「まぁ ここで暮らすことになったら
いつでも出来るしね」

お互い全部脱いで抱き合った

「どうしてこんなにビンビンなのかな」
「ユリが魅力的だから」
「もう うれしいこと言ってくれるんだから」

子供がいないこともあるが
私たちの性生活は充実している

先輩に聞くと週1回か多くて2回だが
うちは2日に1回は必ずしている
私もだが妻がとにかくセックス好きなのだ

シックスナインで舐めあった

「あっ あぁ あなた・・・」
「はぁ はぁ」

義母に比べてボリュームはないが
妻のアソコは締まりがいい

「そろそろ・・・」

バックから突き刺した

「あんっ あなた もっともっと」
「はぁ はぁ ユリ・・・」

計ったように30分でお互い絶頂を迎えた

「ここでする方が私も興奮するし
あなたもビンビンだし 引っ越し決定だね」
「あぁ ちょっと仕事探しは大変そうだけど」
「主夫になる?」
「いやっ 生活は出来るだろうけど
今のうちに稼いでおかないと将来困るよ」
「そうだね 私の飲み代もかかるし」
「ハハハッ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析