FC2ブログ

≪最新作≫ 「姉の反応」 Kindle電子書籍発売開始!

「姉の反応」の電子書籍の販売を開始しました

こちらは電子書籍限定の新作書き下ろし作品です
(近日序盤のみブログでも公開します)

是非よろしくお願いします!



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「バカにされそうな気がする」
「まぁ うちのお姉ちゃんならありうるね」
「モトコ姉ちゃんはレベルが高すぎる
いろんなの見てるはずだし」
「そうだね」


僕は尾崎ケンタ 16才

エッチに目覚めた小5の時から
頭の中は女の子のことでいっぱいだ

「似合うでしょ」
「いきなり金髪にしちゃうなんて・・・」
「ブラウン系で様子を見ようと思ったんだけど
美容師さんが思いきってしてみればって」

姉はマキ 19才

昔はメガネをかけていて太っていたがコンタクトに変えて
ダイエットしてぽっちゃり程度になった
性格は穏やかだが時々思いきったことをする

今回の金髪はさすがに僕も両親もびっくりした

「マキは専門学校デビューね」
「大丈夫なのか そんな髪で」
「今時こんなの普通だよ」
「俺らの時は不良だけだったんだけどな」
「お父さん 古すぎるよ」
「ハハハッ だってお父さんは年だもん」
「それを言うなよ」

母はまだ45才だが父はまもなく60才になる


友達は杉本シュン

近所に住んでいる同級生で
小さい時からいつも一緒に遊んでいる

シュンの姉はモトコ 21才

いわゆる不良で今時珍しい中卒だ
誰でも入れる高校があるにも関わらず進学を拒否した

紆余曲折あって何故か今は正体を隠して
猫耳をつけてメイド喫茶で働いている

正体を知ってる僕としては逆に末恐ろしい


「シュンをいじめたら承知しないよ」

はじめて家に行った時に脅された時のことは
今でもはっきり覚えている まだ僕は小4だった

ちなみにシュンはモトコ姉ちゃんと正反対で気が弱い

「ケンタくん ごめんね」
「びっくりしたよ」

モトコ姉ちゃんにビビッて誰もシュンに
近づかなかったので僕がはじめて友達になった

友達になったばかりの頃は
だいたい家でゲームをしていた

「シュン レベル上げ頼む」
「うん わかった」

何でも言いなりだ

「あぁ ケンタくんが友達になってくれて嬉しいな」
「なんだよ 恥ずかしいな」
「だって 本当だもん」


エッチに目覚めたキッカケはモトコ姉ちゃんだった
小6になったばかりの頃の話だ

「シュンと仲良くしてくれてるから
プレゼントあげるよ ケッケッケ」

それはまさしくエッチな本だった
女の人のハダカがだけじゃなく
いろんな体験談も載っていた

「ケンタくん 僕 興奮してきちゃった」

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

鈴木商店の未婚兄妹(3) 「最低な兄貴だよな こんな時に・・・」

「お兄ちゃん いつまで休めるの?」
「とりあえず一週間は休むって連絡したけど
こういうことだし会社も何も言わないよ」
「そっか」

母の葬儀が終わって2日経ったが
妹はまだ情緒不安定なままで
時々大声で泣き出したりしていた

私も妹ほどではないが混乱していた
心の準備が全く出来ていなかったからだ
正月に話した時には元気な声を聞いていたし
本当にまさかの出来事だったのだ

「はぁ・・・」

続きを読む

鈴木商店の未婚兄妹(2) 「お兄ちゃんと私は違うでしょ」

お母さんがいなくなったらどうしよう


私は鈴木カズミ 40才

ここ平沢村で唯一の商店を母と一緒に営んでいる
屋号は鈴木商店 戦前からここにあって
店の奥と2階が住まいだ

扱ってる商品は食料品と日用品全般
あと店先で地元の人が作った野菜などの
委託販売もしている

私は父が亡くなったあとに役場の仕事を辞めて
店を手伝うことにした

手伝うといっても母は店番だけで
経理も発注もすべて私がしているので
実質経営者は私と言っても過言ではない

続きを読む

鈴木商店の未婚兄妹(1) 「いい年して これくらいのことも・・・」

童貞のまま終わる人生も悪くない


私は鈴木ジロウ 42才

大型ディスカウントショップ勤務

年齢よりも老けて見られることが多い
何の取り得もない男だ


「鈴木さん まだこの商品撤去してないんですか」
「あっ すぐにやります」
「困るんですよね」
「うっかりしてたよ」
「いい年して これくらいのことも・・・」

続きを読む

「天使の兄嫁/悪魔の女」 Kindle電子書籍発売開始!

「天使の兄嫁/悪魔の女」の電子書籍の販売を開始しました

電子書籍版限定で「ヒトミとユキ」というエピソードを
特別収録していますので是非よろしくお願いします



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「マモルさん 何だか追い出すみたいな形になって
本当にごめんなさいね」
「えっ いやっ・・・」
「そんなこと思わなくていいのよ
この子の引越し代は私とタダシで出したんだから」
「ちょっと母さん・・・」
「何よ 本当のことでしょ」
「そりゃ そうだけど・・・」
「もう家族なんだから秘密にする必要ないでしょ」
「またやられちゃったな マモル」
「兄ちゃん 助けてよ」
「ハハハッ」


僕は飯田マモル 25才 

専門学校を卒業して映像編集の会社で
アルバイトをしている


「早く正社員になりなさいよ
嫌いじゃないんでしょ 今の仕事」
「今回の映画で賞獲れなかったらそうするって」
「賞を獲ってもあなた監督じゃないのに」


専門学校の時の仲間とインディーズで映画を
作ったりしている 僕は編集と助監督だ

監督の遠藤は在学中にコンテストで特別賞を獲った
その作品には僕は関わってないので
どうしても一緒に作った作品で賞を獲りたいのだ

遠藤はいろいろと才能がある
監督だけじゃなく脚本もカメラも担当していて
あと僕と違って話術に長けているので
キャスト探しに困ることがない

今回の主演の女の子も遠藤が街中で声をかけた
スタッフの女の子がそばにいたということもあるが
話を聞いてくれてOKをもらったのだ
演技は全くだがポスターにすると映える容姿で
インディーズだとそれだけですごく重要になる
観客賞なんかで男が投票してくれる確率が上がるからだ



家族は母と兄の3人家族
父は小さい頃に亡くなったので
ずっと母子家庭で育った


母はミサト 50才 

生命保険のセールスレディ

僕らを育てながら仕事をしていたので
忙しくて出会いがなかったのか
再婚の気配はこれまで一度も感じたことがない

彼氏くらいはいたかもしれないが
会ってるところを見たことがないので
兄と2人でかわいそうだと言ったりしていた


兄はタダシ 28才 公務員

僕とは違ってしっかりしている
真面目を絵に描いたような人物だ


その兄が今年結婚した

ヒトミ 29才

兄との出会いは飲み屋とのことだ
詳しくは教えてくれないがホステスを
してたのかもしれない


うちの古いマンションには部屋が2つしかなく
僕が出て行くことになった
ずっと兄と二人部屋だったのだ


「もう片付いたし マモルは帰っていいわ」
「ちょっとぉ まだお寿司食べてないんだけど」
「あっ やっぱり食べるの?」
「ちょっと 母さん ひどいよ」
「ハハハッ」

-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

天使の兄嫁/悪魔の女(5) 「女を知らないわけじゃないでしょ」

「マモルちゃん開けて」

仕事が休みなのでインディーズ映画の
編集を朝から取り掛かっていたが
昼過ぎにヤスエさんがやってきた

「はぁ・・・だからちゃん付けそろそろやめてよ」
「何言ってるのよ こ~んな小さい時から見てるのに」
「それはわかってるけどさ」
「生意気なこと言うようになったわね」
「そんなことないよ あっ ラーメンありがとね」
「何度もお礼とか言ったりして 全く」

続きを読む

天使の兄嫁/悪魔の女(4) 「嫌われちゃいそうだな」

「飯田さん・・・」

完全にキスを求められてる
こんな人通りのある場所でキスなんて
レベルが高すぎる

僕は大河内さんの手を引いて
人通りの少ない場所を探して歩いた

するとホテル街に来てしまった

このあたりは詳しくないので
本当に偶然なのだ

続きを読む

天使の兄嫁/悪魔の女(3) 「美容室予約しちゃったよ」

「おつかれ~」
「クランクアップおめでとうございます」
「乾杯!」

映画の撮影が終わったので
打ち上げをすることになった
スタッフとキャスト合わせて10人だ

「まぁ まだ編集が残ってるから
完成するのは1ヶ月後になりそうだけど
あっ 追加撮影あったら協力してくれよ」
「美容室予約しちゃったよ」
「あっ ユカちゃんは大丈夫だよ
アフレコで呼ぶかもしれないけど」

続きを読む

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析