FC2ブログ

大人の家族旅行(2)「いいじゃないか 旅館といえば修学旅行だろ」

「おふくろ 大丈夫だった?」
「あぁ 快適だったよ」

祖母のための特別シートになっているが
長時間乗るのは今日がはじめてだったので
それだけを心配していたのだ

歩けないわけじゃないが念のため車イスでの移動だ

「いいところだね」
「設備とか写真で決めたんですけど正解だったかな」
「みんなはじめてだもんな ここは」
「そこまで寒くもないし露天風呂に入るには
ちょうど良さそう」
「うんうん」

今回の旅行は2泊することになっている
1泊だと慌ただしくなるからだ


「川の字で寝るんだね 今日は」

10人くらいは泊まれそうな広い和室の部屋だ

「このあと家族風呂に入るから
露天風呂は明日にしてくれよ」
「貸し切りなんだよね」
「あぁ 今日はうちしか使わないから
時間は気にしなくていいらしい」
「じゃあ 食事のあとに露天風呂に入りに行こうかな」
「その考えはなかったな 勝手にしてくれ」

「どんなお風呂なんだろ」
「姉ちゃんは見てないの?」
「そう 先に見ない方が楽しめるかなって」
「あっ そっか 僕も見なきゃよかったな」
「露天風呂の方が気持ちいいだろうけど
家族みんなで入ることなんてないもんね」
「家のオフロで4人で入ってたことはあるけどね」
「おふくろも一緒なのははじめてってことだな」
「あんたたちが大きくなってからもないでしょ」
「ハハハッ そうだよね」

ちょっと緊張してきた 大人になってから
母や姉にハダカを見られた記憶はない

姉のハダカも気になる 母は昔と変わらないだろうけど

ボッキなんてしてしまったら一生笑い者だ
このあとトイレで出しておかないと

「じゃあ 30分ほどしたら行こうか」
「そうね」
「浩之 その前に連れションでも行くか」
「ハハハッ 何よ その学生ノリは」
「いいじゃないか 旅館といえば修学旅行だろ」
「まくら投げもする?」

「楽しそうだねぇ」


廊下を出ると父が嬉しそうに話しかけてきた

「彼女はいないって言ってたよな」
「う、うん 出会いもないし」
「じゃあ しっかり出しておかないと
大変なことになるぞ」
「あっ う、うん」

性教育を父にしてもらったので気まずさはない

「万由もうちにいた頃より肉付きがよくなってるし
俺も見るのを楽しみにしてるんだ」
「自分の娘のハダカでも興奮したりするんだ」
「興奮というよりも好奇心だな おふくろたちも
おまえのちんちん見るの楽しみにしてるかもよ」
「まさか」
「おふくろは触ってくるかもしれない」
「えっ!?」

祖母とはいえ触られるとまた違う感じになる

「まぁ 出しておけばちょっとの間は大丈夫だろ 
無理になったら先にあがってもいいし」
「そんなことしたらバレバレだよ」
「ハハハッ みんな大人だから理解してくれるって
拓海なら見た瞬間にビンビンになるだろうけど」

僕は拓海と差がない気がする
生で女体を見るのが10年ぶりくらいなのだ
AVで見慣れてるとはいえ迫力が違う

「洗い場も確かあったしそこで出してもいいしな
その時は俺も付き合ってやるから」
「本当に?」
「女3人に男2人なんだ 俺たちは助け合っていかないと」
「うれしいな」
「何だ やっぱり心配してたのか」
「うん」
「よし しっかり出してこい」

こんな話をしてると中学の時の自分に戻った気がする

父はあの時もいろいろと気を使ってくれた
酔って帰って来る時にはおみやげとして
コンビニでエロ本を買ってきてくれたりしたのだ


「あっ あぁ~」

みんなが待ってるので強めにしごいてすぐ発射した



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

大人の家族旅行(1)「あぁ にぎやかでいいねぇ」

「この年になってみんなで旅行するなんて
夢にも思わなかったわ」
「そうだな ただ今回の主役はおふくろだからな」
「ウフフッ ありがとね みんな」
「おばあちゃん 本当によくなってよかったよ」
「そうだね」


木下浩之 33才 独身

今回祖母の快気祝いということで
久々に家族揃って温泉旅行に行くことになった

僕は高校を卒業してすぐに家を出た
行きたい専門学校が近くになかったからだ

今はマンガ家になった友達の手伝いをしたり
時々依頼されるイラストを描いたりして暮らしている

収入は少ないがその友達の作業場で
暮らしているので特に生活には困っていない
母が時々食料を送ってくれることでも助かっている


父は浩二 57才 測量技師

母親のことを何よりも大切にしている孝行息子と
親戚からは言われている

次男なのに母親と暮らしているのがその証拠だ


母は万美 57才 専業主婦

僕が子供の頃はスーパーでレジを打っていたが
姉と僕が大学に進学しないことを宣言したので
そのタイミングで専業主婦になった


姉は速水万由 36才 専業主婦

中2の息子がひとりいる 名前は拓海

中学時代に部活の後輩と付き合いはじめて
そのまま結婚した

結婚式はあとだったので一応出来ちゃった婚だが
すでに家族ぐるみの付き合いだった

僕も家で姉と義兄がイチャついてるのを
何度も目撃したことがある


祖母は幸江 79才 未亡人

ここ5年くらいは入退院を繰り返していた
一時は危ないと言われたりしてたので
温泉旅行に行けるまで回復したのは奇跡に近い

祖父は20年前に亡くなっていて
そのあとずっと祖母はうちで暮らしている
僕も5年くらいは一緒に暮らした


「拓海も来てくれればよかったのに」
「あの子はもう別人だから 反抗期で」
「最近は正月にも顔を見せないもんな」
「男の子って本当難しいわ」
「浩之は楽だったけどね 反抗期といえば万由だし」
「ごめんね お母さん あの時は」
「ウフフッ こんなに素直になるなんて・・・」
「泣かないで」
「泣くわけないでしょ あの時のこと思い出すと
腹が立ってくるわ」
「ババアと言ったことは反省してます」
「あの時は今のあんたより若かったのよ」
「お父さん 何とかしてよ」
「ハハハッ お酒を飲んだりした時にも
ボヤいたりしてるから一生忘れないだろうな」
「今日はお背中流します お母様」
「姉ちゃん 顔が笑ってるって」
「うるさいわね 浩之は」

「あぁ にぎやかでいいねぇ」

車で5時間かけて目的地に到着した



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

≪最新作≫大人の家族旅行【Special Edition】電子書籍発売!

大人の家族旅行【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品> 

1. 大人の家族旅行  
2. 兄と妹のはじまり
3. 妹だった彼女 母だった恋人

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

表題作は書き下ろしの新作小説です

※同時収録の「兄と妹のはじまり」と「妹だった彼女 母だった恋人」は
現在発売中の電子書籍と同じ内容となっておりますので
購入する場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

職業系官能小説集【Special Edition】Kindle電子書籍発売!

職業系官能小説集【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品>

1. 女教師の標的
2. 個室-女性専用タイム-
3. 女教師の孤独
4. 母親代行
5. 熟女騒乱-言い訳は厳罰の対象-

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※同タイトルの本編は発売中の電子書籍と同じ内容ですので
購入される場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

我が家の問題児(5)息子も外ではこんな風に話せてるのかな

次の日2人を送り出して洗濯をはじめようとすると
洗濯カゴの中に息子のパンツを見つけた

ただのパンツじゃない夢精したあとのパンツだ

はじめての夢精は中1の時だった
夫にすべて任せたので私は洗濯しただけだ

そのあとはオナニーをするようになったらしく
一度もこういうパンツが入ってたことはない

パジャマのズボンも一緒に入ってるが
それにも染みが残っている

オナニーする気力もなく眠ってしまったのかな

ちょっと息子が不憫に思えてきた
あんなに明るかった息子がいじめられてるなんて

学校でのことは確かめようがないから困る
のぞきに行くわけにもいかないし

あっ 息子の友達に聞いてみようかな

同じクラスにはなれなかったけど同じ高校に通っている


深田祐樹 少年野球時代からの息子の友達

息子は一応レギュラーだったけど
深田くんは補欠で代打専門だった

おとなしい性格でよく家にも遊びに来ていた


電話だと息子がいたりして難しいので
夕方に家まで会いに行くことにした


「あっ 深田くん」
「おばさん」
「ちょっと話したいんだけどいいかな」
「う、うん」

部活だったり友達と遊んでたりで
会えないかもと思っていたがすぐに会えた


「ここでいいわね はい これジュース」
「ありがとう」
「お母様にはよく会ってるんだけど
深田くんに会うのは久しぶりよね」
「3か月ぶりくらいかな」
「そうよ 小学校の時は毎日会ってたのに」
「ハハハッ そうですね」
「言葉遣いが大人になったわね」
「いやぁ」

息子も外ではこんな風に話せてるのかな

ちなみに深田くんの母親はスーパーで働いてるので
行くたびに軽く挨拶をしたりしている
今もレジに立ってる時間だ

「和博のことなんだけど・・・」
「あっ はい」
「クラスが違うからあまり知らないだろうけど
最近どんな風にしてるか知らない?」
「えっと・・・何だかハブられてるみたいで」
「そうなんだ」
「この間橋本くんの教室を通りがかった時に
のぞいたらひとりで机で寝てて・・・」
「はぁ・・・何かしたのかしら 和博」
「友達がいないからだと思う」
「そっか 深田くんと同じクラスだったらよかったのに」
「うん そうですね」
「ごめんね それだけだから 行って」
「あの・・・」
「またうちに遊びに来てね 学校では仲良く出来ないかも
しれないけど」
「おばさん 僕・・・」
「深田くんはハブられないようにしてね」

どっちかというと深田くんの方が
いじめられやすいタイプだからだ

息子と関わって同じようにハブられたら元も子もない

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

我が家の問題児(4)こんな姿は誰にも見せられない

夫と息子を送り出して真っ先にすることは
掃除や洗濯じゃなくオナニーのことが多い

「はぁ あんっ あんっ」

リビングのソファに座ってローターオナニーだ
大型テレビに向かって足を大きく広げていく

こんな姿は誰にも見せられない

うちのマンションは静かに入ってこれないので
何も気にせずオナニーすることが出来る

息子が万が一早退してきたとしても
オートロックが解除される音ですぐにわかるのだ

「あっ あぁ~」

1日1回はイってないとすっきりしない

昨晩は夫に2回もイカされて本当に気持ちよかった
回数は減ったがプレイ自体は昔と変わっていない気がする


ただ問題は息子だ 
今日もきっといたずらしてくるに違いない

のんびりと掃除、洗濯、買い物を済ませると
ちょうど息子の帰ってくる時間になる


『料理の準備は僕が帰ってからしてよ』

いたずらをはじめて2日目にそう言われたので
言う通りにしている



「おかえりなさい」
「はぁ・・・」

ため息をつきながら部屋に入っていった
今日は何もしないつもりかな

それならそれで言ってくれないと
夕食の準備がはじめられない

30分ほどしても来る様子がないので部屋に向かった


コンコンッ

「和博 和博」

返事がないのでゆっくりとドアを開けた

「入るわよ」

息子はベッドにうつぶせになって寝ていた

「寝てるの?」
「うっ うぅ・・・」

泣いてるようだ これはおとなしく出ていこう

「じゃあ ごはんの時に呼びに来るわね」
「うっ うっ・・・」

やっぱりいじめられてるのだろう
ただそれを問い詰めるのはよくないと書いてあった
相談されるまでは見守るしかない


私は夕食の準備をはじめた

いつ息子に触られても驚かないように心の準備はしている
万が一にも手をケガしたりヤケドすると
息子が困ってしまうからだ

ただ今日は夫が帰ってくるまで部屋から出てこなかった


「和博 食べましょ」
「・・・」

返事はなかったが食卓には来てくれた

「何だ おまえ 何かあったのか」
「えっ 別に」
「顔が腫れてるぞ うつぶせで寝てたのか」
「う、うん」

余計なことは言わないでと心の中で思いつつ
2人の会話を聞いていた

昔ほど仲がいいわけではないが
野球の話をしているのをみると癒される


「ごちそうさま」
「もういいのか」
「う、うん オフロ入ってくるよ」
「お湯はちゃんと入ってるからね」
「うん」

息子はオフロ場に行ってしまった

「あいつ 元気なかったな」
「まぁ そういう日もあるわよ」
「やっぱり野球やってないと発散できないんだろ
何か集中出来るものがあればいいけど」
「あなたはどんな感じだったの?」
「俺か まぁ 女・女・女だな」
「聞くんじゃなかったわ」
「正直だろ おまえはどうだったんだよ 男・男・男か」
「そんなわけないでしょ 部活一色だったもん」
「あぁ 演劇部だったな」
「うん 裏方だけど高1の時は一番忙しかったし」

「和博のはじめての彼女はどんな子だろうな」
「ウフフッ 全く見当もつかないわ」
「まぁ これくらいおっぱいが大きければいいけどな」
「あんっ あなたこんなところで もう」
「ダメなのか」
「ウフフッ ううん いいよ」

昨日抱かれたばかりなので全くの想定外だ

「精力のつくものを食べさせたな」
「そんなことないよ」

夫のモノがギンギンになっている

「部屋に行きましょ」
「ここでいいだろ すぐにはあがってこないし」
「でも・・・」

リビングと浴室を繋ぐ廊下の間にドアがあるので
多少はごまかせるがさすがに気になる

ただ2日連続で相手してもらえるなんて
10年ぶりくらいかもしれない

私はパンティを下ろした

「じゃあ・・・」

愛撫されないまま受け入れた

「おぉ いつもよりも締まってるな」
「あなた・・・もう あんっ」
「はぁ はぁ あっ あぁ~」

夫は5分ほどで発射した こんなことは珍しい

「いやぁ これじゃ早漏だな」
「でもあの子が出てくる前でよかったわ」
「満足してないだろ おまえは」
「ううん 十分満足したわ」
「そうか そうか ハハハッ」

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

我が家の問題児(3)”エスカレートしなければ可愛いものじゃないですか”

そうは思っていたがその日から毎日なので
さすがに私も困ってしまっている

夫に相談して解決する問題なのかどうかもわからない

親とか友達にも聞きにくいので
私はネットの子育てお助けサイト【ラブリラ】に登録した

会員はほとんど小さい子がいる母親だが
私と同じように思春期の子を抱えて悩んでる母親もいる

匿名で現在の状況を書き込み
同じ境遇にいる母親と分かち合ったり
ベテラン主婦にアドバイスをもらったりする

私が息子にされたことを詳細に書き込むと
いろんなコメントが寄せられた


”うらやましいです 私も息子にかまってもらいたい”

”贅沢な悩みだと思います うちの息子は女というよりも
女中扱いしてくるので”

こういう意見が半数くらいだった

サイトに登録してる時点で悩んでる母親なので
この程度は楽しむレベルというところなのだろう


”エスカレートしなければ可愛いものじゃないですか”

”私もオフロをのぞかれたりパンツを汚されたり
いろいろとされてましたがいつの間にか終わってました
時間が解決してくれるのでガマンしてあげましょう”

確かにそうだ 息子に体を触られても
別にイヤというわけではない ただダメというだけだ


”旦那さんには早めに相談した方がいいですよ
私も同じ状況になりましたが最終的には夫が
何とかしてくれましたので”

私もいつかは相談しようと思っているが
息子に知られると逆にエスカレートする可能性もある

いやっ 無視されるのが一番怖い

本当は子供を3人以上作る予定だった
夫もそれを望んでいたが私の体が悲鳴をあげて断念した



「愛子・・・」

夫はもう年なのか月に2、3回しか手を出してこない
浮気を少し疑っているが今はそれどころではない

「あなた・・・愛してるわ」

おしりの触り方が息子と似てる気がする
こんなところまで遺伝するのだろうか

「あっ あぁ 気持ちいいな」

避妊しなくていいのでお互い存分に楽しめる

「あぁ~ん あんっ あなたイッちゃうわ」
「はぁ はぁ 一緒に」
「は、はい あぁ~ん あぁ~」

夫と体の相性は悪くない気がする
他の男を知らないだけかもしれないけど

セックスのことは【ラブリラ】の姉妹サイトで勉強している

夫を満足させることが夫婦円満に繋がるということで
フェラの仕方からオナニーでの解消方法まで載っていて
ローターもこのサイトでおすすめのモノを購入した

私は若い頃より今の方が性欲が高まってる気がする
オナニーをはじめたばかりの中学の頃でも
時々悶々とするだけだった

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

我が家の問題児(2)『何が面白いのよ 私たち親子なのに・・・』

『ちょっと 今度は何なの』
『あぁ 柔らかいなぁ』

息子に胸を揉まれるなんて何年ぶりだろう
小1の時に家族3人でオフロに入っていて
揉まれた気がするがそれ以来かもしれない

『やめなさい! ほらっ 料理もしてるでしょ』
『母さんって最近いつセックスしたの?』
『何を言ってるのよ』
『教えてくれないなら服の中に手を入れるよ』
『もう 急にどうしたのよ お父さんに言うわよ』
『言えばいいじゃん もし叱られたら
もっとひどいことするけどね』
『はぁ・・・』

思春期の男の子は難しいと身構えていたが
中学の3年間を乗り切って安心していた

今になってこんな風にはじまるなんて・・・

『早く答えてよ』
『そんなこと本当に知りたいの?』
『いいから』
『はぁ・・・先月よ』
『ハハハッ そうなんだ 先月の何日?』
『何が面白いのよ 私たち親子なのに・・・』
『早く』
『25日よ』
『給料日には毎月セックスしてるんだね』
『そんなことないわよ』

『母さんって父さん以外のちんちん咥えたことある?』

そこで夫から電話がかかってきたので中断した

『じゃあ 迎えに行ってくるから』
『車でセックスしたことあるの?』
『いつまで続くのよ』
『答えないなら助手席に乗っていたずらするよ』
『はぁ・・・事故っちゃうでしょ もう』
『じゃあ 答えて』
『あるわよ じゃあね』

息子にウソはつけない

思春期の子供がいる家庭はどこもこんな感じだろう
将来のためにも誠意を持って対応しないといけない

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

我が家の問題児(1)『ほらっ 料理してるでしょ 手を離して』

「もうやめて お父さんに見られちゃうわ」
「野球見てるから大丈夫だって はぁ はぁ」
「あんっ もう そんなこと・・・」
「皿でも洗っててよ 母さん」
「だって・・・」


橋本愛子 35才 専業主婦

高校を卒業して就職した会社で夫と出会い
すぐに息子を授かり結婚した

計画的ではなくいわゆる出来ちゃった婚だ


夫は邦彦 50才 バツイチ

私と付き合っていた頃に他の女性社員とも
関係を持っていたことを噂で聞いた

離婚していろんな女に手を出していたらしい

そのひとりが私で遊ばれた理由は若かったからだ


『産んでくれ 俺はずっと子供が欲しかったんだ』


前妻との間には子供はいなかった
離婚の原因はそれだったようだ


息子は和博 16才 高校1年

中学までは野球をやっていて友達も多く
明るい子だったが高校に入って変わってしまった

野球部のない高校に入ったのが間違いだった

甲子園を目指せるほどの能力はなかったが
それだけが部活の目的じゃない


「はぁ はぁ エロいなぁ 今日も」

息子が私にいたずらをはじめたのは先週からだ
詳しくは教えてくれないが
学校でいじめに遭ってるのかもしれない

私が夕食の準備をしている時に手を出してきた


『えっ!?和博 何をしてるの!』

黙っておしりを揉みだしたのでびっくりした

『料理しててよ』
『そんなところ触られてたら出来ないでしょ』
『しないなら脱がしていくよ いいの?』
『何言ってるの もう やめなさい!』

息子の方を向くとすぐにスカートの中に手を入れ
パンティに手をかけてきた

『脱がされたいんだ ハハハッ』
『ちょっと・・・』

パンティを下ろしはじめたので手で払おうとしたが
無理だったのであきらめて料理をすることにした

『ほらっ 料理してるでしょ 手を離して』
『はいはい』

ただそれでは終わらなかった

部屋に入って着替えてからまた台所にやってきて
今度は胸を揉みはじめたのだ

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

母と息子 第3集【Special Edition】Kindle電子書籍発売!

母と息子 第3集【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品>

1. 母と息子の約束
2. 良妻と愚息
3. 我が家の問題児

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※同タイトルの本編は発売中の電子書籍と同じ内容ですので
購入される場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ


リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!




アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析