扇風機・妹・アパート(1)「ボインが大好きお兄ちゃん フフフン」

「はいは~い コバトが来たよ~」
「えっ!?えぇ~~~~」


板橋タカオ 鮮魚店勤務


ガチャッ


「入れて 入れて~」
「ちょっと待ってろ」
「暑いんだから 早く」
「わかったから 待ってろって」


妹 コバト 専門学生 寮住まい


「お兄ちゃん 暑いよぉ」


久しぶりにうちのアパートに妹がやってきた

前回は母と一緒に引っ越しの手伝いを
してもらった時なので5年ぶりになる

それよりも今オナニーの真っ最中だったので
いろいろと隠さないといけない

出しっぱなしのティッシュとエロ雑誌
動画は停止とあとポスターは・・・仕方ないか


「おまえ門限とかあるんじゃないのか」
「あるよ だから来たんだもん」


現在9時を回ったところだ


「何だか汗くさいニオイがするなぁ」
「そりゃあ・・・」
「あっ!エアコンないじゃな~い」
「あるなんて言ってないだろ」
「これ引っ越しの時に持ってきた扇風機だし ハハハッ」
「うちにも元々なかっただろ」
「私の寮にはあるよん 使ってないけど」
「どして」
「一緒の部屋のカエデがエアコンダメなんだもん」
「じゃあ 扇風機か」
「まぁ こんな古くさいのじゃなくて
水を入れてヒヤッとさせるタイプだけど」
「何だよ それ」
「最近よく通販番組で紹介してるじゃん」
「そうなのか テレビはほとんど見ないからな
仕事場ではラジオだし」
「魚屋さんだもんね」
「あぁ そうだ 何か食べるか イカならあるぞ」
「やったね あとビール!!」
「ビールか 1本残ってたかな」


正月には実家に毎年帰ってるが
妹が飲んでる姿を見るのははじめてだ


「これ 俺にもひと口残しておいてくれ」
「は~い」
「しっかし おまえも酒が飲める年になったんだな」
「まだ半年も経ってないけどね」


ゴクゴクゴクッ


「プッファ~ うまい!!!はい お兄ちゃん」
「おぅ」


妹はイカをつまみながら部屋をジロジロ見ている
とりあえず巨乳グラビアのポスターには何も言わない


「窓閉めなくてもいいじゃない 2階なのに」


ガラガラッ


「開けても熱い風が入ってくるだけだぞ」
「あとは・・・台所の窓も開けないと」
「いやっ そっち開けると廊下から中が見えるから」
「そうなんだ じゃあ 女の人は住めないね」
「いるわけ・・・あっ いやっ 206号室に入ってきたんだ」
「若い人?」
「いやいやっ 中年だな 化粧が濃いから年はわからないけど」
「ふ~ん 水商売の人ね」
「間違いなくな」


妹は扇風機の前を陣取った


「おいっ 風がこなくなるだろ」
「汗がひくまで」
「シャワー入ってこいよ」
「そっか そうだね バスタオルちょうだい」
「あそこにかかってるの使えばいいだろ」
「びしょびしょでしょ」
「まだ今日使ってないから乾いてるって」


オナニーしたあとに入ろうと思っていた


「ここのガラス戸外しちゃったんだね」
「あぁ 引っ越したあとすぐな どうせ割れてたし」
「じゃあ ここで脱ぐしかないか」


うちは1Kのアパート 

玄関入るとすぐに台所で左側に小さいユニットバスがある
ベランダなしの4帖半 押入れがあるので片付ければ狭くない

洗濯は近所の銭湯にあるコインランドリーを使っている


「ボインが大好きお兄ちゃん フフフン」


そんな鼻歌を歌いながらユニットバスの前で脱ぎはじめた
中でも脱げるのにわざわざそこで・・・

一応体ごと反対を向いて見ないようにした


「はぁ・・・」
「好きなんでしょ お兄ちゃん」
「あぁ 好きだよ」
「家に貼ってあるのよりもおっぱい大きいね」
「早く入れって」
「私も寄せればこんな風になるかも」


あぁ 見たい でも抑えないと・・・


「ビキニとか着たことあるのか」
「ないない 泳げないの知ってるでしょ」
「海に行く女は泳ぐのが目的じゃないだろ」
「まぁね 男もでしょ」
「当たり前だ」


スルスル~ パサッ


「お兄ちゃんの家で素っ裸になっちゃった!」


見たい!どんなおっぱいに成長してるんだ


「じゃあ 水遊びしてきま~す」
「おぅ」


突然の訪問でパンツ一枚のままで会話してたが
最初の方は半立ちだったかもしれない

妹の顔を見ておとなしくなっていたが
またビンビンになってきた
ただ今さら何かはくもの不自然な気がする


「はぁ はぁ」


ひとまず妹の脱ぎ散らかした下着を見ながら
シコることにした


シャーシャーシャーシャー


シャワーの音がイヤらしさを増幅させる


「Cか」


ブラジャーのタグをチラッと見るとそう書いてある


「ないな」


パンティを拾い上げて見てみたが毛はついてない

よく考えたらこの部屋に女を入れたことがない
家族もありなら母と妹の2人いるけど・・・

今日妹は泊まっていくだろうが
誰かを泊めるのもはじめてのことだ

飲む時は大将の家か行きつけの飲み屋と決まっている
よく大将の家では酔いつぶれてお世話になるが
奥さんも豪快な人なので別に何も言われない



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母ほぐし(3)「アイスの実がいつもより美味しいです」

「美佐もいないし外食でもしましょうか」
「いいですね」
「今日はどこにする この間は私が決めたから
伸吾くんが決めていいわよ」


先月妻が大学生のセフレの家に泊まりに行った時は
うなぎを食べに行った


「カレー食べたいんですけどいいですか」
「もちろんよ どこにする」
「駅の向こうに新しい店が出来たみたいで
友達が美味しいって」
「そうなのね 知らなかったわ 
じゃあ 小野カレーのライバル店になるわね」
「はい そうみたいです」


小野カレーは昔から地元で有名な店で
チェーン店が近くに出来たことがあるが
逆に撤退させたくらい人気なのだ


店の戸締りをしてから義母と歩いてカレー店に向かった


【ショックカレー】

激辛・鬼盛りと大きく書かれた看板がかなり目立っている
8時前だが店内はほぼ満席だ


「テーブル席がちょうど空いてよかったわ」
「そうですね」
「それにしても若い人ばっかりね」
「食べっぷりではお義母さんも負けないでしょ」
「ウフフッ もちろんよ」


義母が大食いなのは結婚してから知った
見た目でもある程度わかるが予想を超えていたのだ


「僕はチキンカツカレー400 辛さは・・・Dで」
「はい」

「私はそうね この鬼盛りスペシャルもらうわ」
「辛さはどうしましょう」
「Bでいいわ  中辛くらいでしょ」
「ノーマルで辛めなのでAにした方がいいと思います」
「そう じゃあ Aにするわ」


辛いのは僕の方が得意だ


「一瞬びっくりしてましたね」
「店員さんよりもカウンターの男の子がこっちを見てたわ」
「ハハハッ 鬼盛りって1000ですもんね
さらにカツから何から見た目がすごいですし」


しばらくするとカレーが運ばれてきた
メニューの写真に負けないくらいの迫力だ


「これは小野カレーに勝てるかもね」
「テレビの取材殺到しそうだなぁ」
「あとは味ね じゃあ 早速・・・美味しい!!」
「じゃあ 僕も・・・辛い!! うわっ 美味しい!!」


わかくさでも月に数回カレーを出すことがあるが
万人受けする野菜多めの家庭の味なので正直物足りない

ただ豚汁もそうだが汁物が売れ残ることはないので
常連客にとっては食べ慣れた味で好評なのだ


「はぁ はぁ」
「お義母さん 汗がすごいですね」
「はぁ はぁ 伸吾くんも珍しく汗かいてるじゃない」
「ふぅ これはヤミツキになるなぁ」

「トンカツもこの肉厚よ 脂身が最高だわ」

「お先です はぁ 早くアイス食べたい」
「ちょっと待っててね アイスはコンビニで買うでしょ」
「そうしましょう」


倍以上の量だが少しして義母も食べ終わって店を出て
コンビニでアイスを買った


「アイスの実がいつもより美味しいです」
「ウフフッ 私にもちょうだい」
「どうぞどうぞ」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母ほぐし(2)「うるさいのがやっと出かけたわね」

「じゃあ 伸吾さん お母さん 行ってきま~す!!」


妻は二泊三日のキャンプに出かけた

珍しく店に顔を出したのは童貞狩りの期待で
テンションが上がってるのだろう


「うるさいのがやっと出かけたわね」
「ハハッ でも伸吾さんって呼んでくれてよかったです」
「あらっ そういえば呼んでたわね」


「おつかれさま~ 銀行の前で美佐ちゃんに
会ったんだけど何だかご機嫌だったわね」
「毎年恒例のキャンプよ」
「もう そういう時期なのね あぁ また年を取っちゃうわ」


津田和子 66才 惣菜店【わかくさ】店員 料理名人

亡くなった義父と津田さんが店の味を守っていた

義母と僕はまだ津田さんに料理を学んでる立場で
毎日味の最終チェックをしてもらっている


「もうだし巻きは大丈夫みたいね 覚えが早いわ」
「ありがとうございます」

「ひじきの煮付けはどうかしら?」
「これは・・・」


店に出始めて義母は2年目で僕は半年ほどだが
すでにひと通り作れるようにはなっている

ただ【わかくさ】の味になってないと
常連客を納得させられないのだ


「ごはんも炊けたしお弁当を作って
あとは豚汁の準備ね」
「はい」


営業時間は11時から19時 日祝休み

一番忙しいのは午前中の準備で
開店してからは昼食の時間帯以外結構余裕がある


「いらっしゃいませー」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

義母ほぐし(1)「みんなで弱点を言い合いましょうよ」

「みんなで弱点を言い合いましょうよ」

「何なの それ」
「じゃあ 伸ちゃんから言ってみて」
「あっ うん」
「あんた まだ伸ちゃんって呼んでるの 全く」
「あっ そうだった もう癖になっちゃってて
あなたとか伸吾さんって呼ばないとね」
「うちではいいけど外では本当にやめなさいよ
特に店に来るときは気をつけてね」
「はいはい」


佐々木伸吾 24才 惣菜店【わかくさ】店員

新婚 婿養子 妻とは元々家庭教師と生徒の関係


妻 美佐 32才 塾講師

父親を急病で亡くし跡継ぎ候補を
探していたところで僕が選ばれた
 
初体験の相手で性教育してくれた恩人

今でも妻には元生徒だった年下のセフレが何人かいる
僕は了承してるどころかアリバイ作りにも協力している


義母 優子 60才 惣菜店【わかくさ】オーナー

父子家庭で育った僕にとっては
義理とはいえはじめての母親という存在

一緒に働いているが嬉しくて仕方ない


「僕は・・・頭が悪いことかな」
「それって私の教え方が悪かったことになるじゃない」
「その通りでしょ 塾講師になったのだって・・・」
「それ以上は言わないで」


家庭教師としての評価が悪いので依頼がなくなり
塾講師をせざるを得なくなったのだ

働かなくても暮らしていけるが専業主婦になるつもりはなく
50才になるまで絶対に惣菜店では働かないと宣言している


「私は昔からカラダがかたいのよ 美佐は似なくてよかったわ」
「そうだったんだ」
「あんた 母親には全く興味ないのね」
「だってお小遣いくれるの お父さんだったんだもん」
「ハハハッ」

「それで美佐は何なのよ」
「う~ん 男にモテ過ぎるところかな お母さんと違って」
「ケンカ売ってるの?」
「じゃあ モテたことあるの? ねぇ ねぇ」
「・・・」
「私のこと妊娠しなかったらお父さんとだって・・・」
「それは言いすぎだよ」
「あっ 今 お母さんの味方したわね~」
「ウフフッ モテちゃったわ 伸吾くん ありがとね」
「いやっ ハハッ」


妻と義母の小競り合いはいつものことで
僕がどう仲裁するのかを2人で楽しんでる感じだ

あまり義母の味方ばかりしていると
相手してくれなくなるので加減はしている


「そんなことより明日のキャンプの準備は終わってるの?」
「もちろんよ 伸ちゃんに全部やってもらったもん ね~」
「うん」


妻は塾が主催するキャンプに行くことになっている
勉強もするが遊びを半分取り入れたイベントなのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

訪問介護士@宮園純子(6)「息子さんに体拭いてもらってるんでしょ」

「宮園純子です 今日からよろしくお願いします!」


温泉旅行で心も体も軽くなったので
初出勤の日は元気がみなぎっていた


「私がリーダーの伊藤で運転手は矢野くん
まぁ 仕事はしながら覚えてくれればいいから」
「はい」
「じゃあ 今日は準備終わってるからすぐに出ましょ」


会社の前に泊まっていたバンに乗り込んだ
リーダーの伊藤さんも矢野くんも若々しい


「最初のお宅は70代の女性で2年以上使ってもらってるから
特に注意することはないわ ヤセてるしね ウフフッ」
「何件くらい回るんですか」
「とりあえず2件は確定してて早く終わったら
他のチームの手伝いに行くことになると思うわ」


会社の前に5台のバンが停まっていたので
5つくらいのチームで回ってるようだ
顧客優先なので全体朝礼はないらしく
他のチームのスタッフとは挨拶すらかわしてない


「到着よ じゃあ 行きましょ」
「はい」


リーダーに言われたことを次々とこなしていく


「伊藤さんってリーダーの中ではやりやすい方ですよ」


道具を取りに車に戻ると矢野くんが声をかけてきた


「そうなんですね」
「今まで一緒に回ってた人は別のチームに行ったんですけど
辞めないか心配で」
「リーダーによってそんなに違うんですか」
「社長が一番優しいですけど他は結構スパルタで
辞めるなら早く辞めてほしいって考えだから」
「あぁ そういうことですね」


はじめての訪問入浴は思ってたより楽に進んだ
リーダーは慣れた手つきで話しながら洗っていく


「あぁ 気持ちいいわぁ 毎日でも来てもらいたい」
「息子さんに体拭いてもらってるんでしょ」
「最近は忙しくて週に1回くらいだもん」
「忙しい方がいいじゃないですか
もし出世したらもっと頼んでって言ってください」
「商売上手ね 社長さんでもないのに」
「ウフフッ 宮園さん そっち持って」
「はい」


リーダーが洗いやすいように体を持つ役割が私だ


「ありがとうございました」


はじめての現場をミスなくこなせてホッとした


「じゃあ 早いけど昼食にしましょ 次は1時だから」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

訪問介護士@宮園純子(5)「ポックリはいいけど俺より先に逝くのはなしだからな」

「ねぇ このお金で温泉旅行にでも行きましょうよ」
「温泉か 3人で行ったのは・・・20年以上前だな」
「ウフフッ あの子 今頃どうしてるのかしら」
「まぁ 元気にしてるだろ」


息子は出て行ってから年に1回は連絡が来ていたが
どんどん減って最近話をしたのは4年以上前のことだ


『元気?』
『う、うん あんたは』
『元気 じゃあ 父さんにもよろしく』


こっちから電話しても全然出てくれない
メッセージの既読はつくので無視してるだけのようだ

音信不通になった理由は全く見当がつかないが
そもそも会話らしい会話はなかったので
少し寂しいが受け入れている
結婚相手でも見つければ連絡してくるだろう


「週末はちょっと高いな」
「全部使えば大丈夫でしょ」
「さすがにもったいなくないか」
「じゃあ レンタカーじゃなく電車で行きましょうか」
「いやいやっ それは疲れるって」
「ウフフッ そうよね」


車はこっちに引っ越してきたタイミングで手放したので
お互いしばらく運転していない


「介護って大変そうだな」
「将来的にあなたの介護をすることになるんだし
練習になるわよ」
「いやいやっ 俺はポックリ逝くから」
「ウフフッ 私もポックリがいいわ」
「ポックリはいいけど俺より先に逝くのはなしだからな」
「わかってるわよ」


夫に愛されてるだけで貧乏なんて平気になる
女なんて単純な生き物なのだ


「純子・・・」


仕事をしてない分の力を私に使ってくれるなんて・・・


「信雄さん・・・」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

訪問介護士@宮園純子(4)「こういうことは反則なんだけど自腹で・・・」

「正直人手不足でね すぐにでも来てもらいたいんだ」
「まだ資格は・・・」
「働きながら取ってくれればいいよ 費用も補助するし
そうだな 1年勤めてくれたら費用は全額うちで持つから」
「本当ですか」
「それでいつから働けそうかな」


【さくらサービス】(訪問介護・訪問入浴)


面接してくれた社長は気さくで話しやすい感じだが
明らかに疲れてる様子だ


「じゃあ 来週からで」
「本当かい 最初は訪問入浴の助手をメインで
してもらうけどかまわないよね」
「はい」
「あっ もしかしてこのあと他のとこも面接に行くのかい」


このあとふたつの会社の面接に行く予定がある


「はい 早めに決めたかったので」
「そうだな こういうことは反則なんだけど自腹で・・・」


社長は財布からお札を抜いて差し出した 5万円だ


「これで何とか断ってもらえないか
条件は他のところも同じようなもんだから」
「あっ・・・はい わかりました」


面接に来ただけで5万円もらえるなんて思ってもいなかった


「じゃあ 月曜日 印鑑とマイナンバーカード持ってきて」
「はい よろしくお願いします」


言われた通り他の会社の面接を断って買い物に向かった



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

訪問介護士@宮園純子(3)「浮気するくらい元気だったら私も全然気にしないかな」

「あれっ 今日は誰も来てないんですか」
「さっきまで佐々木さんがいたんだけど
娘さんからの呼び出しで帰っちゃったの」
「また嫁姑戦争がはじまったんですね」
「間違いないわ」


佐々木香織 55才 千野団地C棟404号室

娘はとなり町に嫁いだばかりだが親離れ出来てないので
何かあるとすぐに呼び出される


「そんなことより・・・」


富田さんに夫が仕事を辞めたことなどを報告した
今では実母よりもうちに詳しいはずだ


「本領発揮じゃないの 純子さんの昔話は聞いてたけど
何だかんだ真面目に働いてるから疑ってたのよ」
「ウフフッ ちょっと懐かしくって」
「お気楽よね まぁでも仕事が見つからないんだったら
市に申請して千野団地に移るのもいいかもね」
「それもいいですけど私が働こうかなって」
「純子さんが!?だってそれはないって言ってなかったっけ」
「そうなんですけど・・・」


夫を休ませたい理由を打ち明けた


「そんなに回数減ってたのね 最初に聞いた時は
週2回はしてるって・・・月2回ってうちよりも少ないわ」
「今でも週1回はしてるんですか」
「少なくてよ」
「わぁ 70才で現役なだけでもすごいのに」
「私以外にも手を出してる可能性もあるくらいよ
別にもう気にしないけど」
「浮気するくらい元気だったら私も全然気にしないかな」
「そうよね ハハハッ」


久しぶりに富田さんと2人なのでさらに性生活の話を続けた


「でも毎日のようにキスはしてくれて・・・」
「何々 のろけ話でもはじめるつもり 
今さらキスなんてされても別にうれしくないけど」
「富田さんのところはどんな風なのかなって」
「前に言った気がするんだけどムラムラしたら
お互いパンツを脱がすことにしてるの わかりやすいでしょ」
「それですぐに・・・」
「そうよ 濡れてなくてもあの人はお構いなしだし
私はちょっと努力するけどね ウフフッ こうかな」


富田さんの手の動きがイヤらしい
肛門をさわりながらシゴいてる手つきだ


「ハハハッ 最近はいつしました?」
「何だかこういう話してると若返るわね
先週の金曜日かな 酔って帰ってきて脱がされたわ
私は先に寝てたんだけど起こされてね」


旦那さんを知ってるので生々しい


「普段は早漏じゃないのにすぐにドピュピュピュよ」
「うわぁ」
「そのせいで寝れなくなったから囚人モノのピンク映画を
観ちゃったわ これなんだけど」


デッキの上にあったビデオテープを見せてくれた


「こういうのあるんですね」
「最近はアダルトビデオがあるからピンク映画なんて
観ないだろうけどこっちの方が興奮するわよ 特に女は」
「わかります」
「今度みんなで観ましょうよ 佐々木さんとか
むっつりスケベだからハマりそうだし」
「ウフフッ でも娘さんのことでそれどころじゃないでしょ」


軽くエロ話をすることはあるが他人の話題のことが多い
別に避けてるわけではなく噂話が好きなのだ



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

訪問介護士@宮園純子(2)「仕事よりもこっちが元気になる方がうれしいんだけど」

「いつの間に勉強してたんだ」
「はじめたのはあの子が大学に行くって言った時よ
結局お父さんにお金借りたけど」


内容は忘れてる部分もあるが図書館にも通って勉強した


「本当に働くのか」
「雇ってもらえるかわからないわよ 資格もないし
でもちょっと楽しみだわ」
「純子をはじめて見たのは働いてる姿だったんだよな」


出会いは倉庫バイトで偶然同じレーンになったからだ
ハゲたおじさんが多かったのもあるがカッコよく見えた


「私もよ あの時はカッコよかったのに」
「今はダメか・・・ダメだよな」


昨夜の不発を気にしてるようなので
夫の股間をさすってあげた


「疲れてるからよ 私が仕事するようになったら
休めるし回復するはずよ」
「来週くらいから俺もまた仕事探しはじめるよ」
「仕事よりもこっちが元気になる方がうれしいんだけど」
「純子・・・」


ブチュッ チュッ チュッ


熟年夫婦でこんなにキスの回数が多いのは珍しいはずだ


「じゃあ 富田さんのところに行ってくるわ」


富田里美 64才 あずみ荘 201号室

アパートで一番の古株で入居してすぐに仲良くなった
平日はほぼ毎日のように富田さんの家で井戸端会議をしている
買い物も一緒に行くことが多い


「あぁ 俺は清水とあけぼので飲んでくる」
「ウフフッ 9時までに帰ってこない時は迎えに行くから」
「頼む」


清水さんは辞めた会社で一緒だった人で
何度か家で一緒に飲んだことがある
夫よりも年下で性格的に似ているのかずっと仲良くしている

5年前に会社を辞めて今は親戚の会社で働いている
枠があればそこで夫を雇ってもらいたい



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 


訪問介護士@宮園純子(1)「もっと安いアパートに引っ越しするか」

「純子 すまん 会社辞めてきた」
「はぁ・・・あなた どうしたのよ
ずっと大丈夫だったのに」
「ハハッ 病気が再発したのかもな」
「笑い事じゃないでしょ もう」


宮園純子 59才 150cm 60kg

夫 信雄 61才 166cm 54kg

結婚生活32年 音信不通の息子がひとりいる

家は家賃4万のアパート【あずみ荘】103号室

息子が家を出た後にここに引っ越してきた

貯金は現在40数万円
 
安月給とはいえお金が残ってないのは
息子を無理して大学まで行かせたからだ


「もっと安いアパートに引っ越しするか」
「ううん 私が働くわ」
「いやっ・・・お義父さんと約束したからな」
「ウフフッ それは覚えてるのね」


結婚の時に夫は父に私を働かせないと約束したのだ
それというのも元々いい加減な性格で仕事を転々としていた 

息子を妊娠しなければ結婚はしてなかったかもしれない
付き合ってすぐの行為で出来てしまったのだ


『あっ あぁ あぁ~~~~~~
ふぅ 見てくれ こんなに・・・最高だよ』


夫にとってはじめての女だったが
私はすでに2人の男と経験していた

コンドームのザーメンの量を自慢する夫に苦笑しながら
年上なのに可愛い男だなと思った

そして2回戦、3回戦 私が眠ったあとも夫は楽しんでいた
いい加減とはいえわざと中出ししたわけではない
たまたま出来てしまったのだ



「すぐに仕事見つけてくるから」
「もう若くないからそんなに簡単に見つからないわよ」
「最低でも年金もらうまでは働かないと」
「わかってるなら辞めないでよ もう ウフフッ」
「おまえじゃなかったら追い出されてるな」
「そうよ」
「純子・・・」


性生活は最近月に2回ほどに減ってしまった

一緒にオフロに入ったり胸を揉んできたりはするが
挿入射精まで至るのは本当にまれなのだ


「もっと元気になって」
「すまん・・・」
「じゃあ」
「あぁ 今日はイクまで舐めてやる」


「あんっ 信雄さん あぁ~ん あっ あぁ~~~~」



にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

カテゴリ
LINK



リンク
カウンター
アクセスランキング

QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
483位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
30位
サブジャンルランキングを見る>>