FC2ブログ

父親の彼女@池田優子 (4) 「俺に似てるだろ」 

私は長年の片想いを実らせた

タクヤさんの奥様が亡くなった時
少しでも喜んだのは世界中で私だけのはずだ

人として最悪なのはわかっている

ただ奥様とは同じ土俵にすら立てなかった
それはタクヤさんが結婚した時に
まだ私は16才になってなかったからだ

”早く大人になりたい”

そう思いながら片想いを続けていたのに
まさか私が16才になる前に結婚してしまうなんて
考えもしなかった

タクヤさんは当時25才
社会人になったばかりで実家で暮らしていた


「お兄ちゃん 私も一緒に遊びたいよ」
「今日はユウコを連れていけるところじゃないんだ」
「え~」
「20才になったら連れてってやるよ」

居酒屋なら入れてもらえるがクラブやバーには
未成年は入れない

「またナンパでもするんでしょ」
「当たり前だろ」
「お金もないくせに」
「おまえよりは持ってるよ」
「またママに借りたんでしょ」
「うるさいな 一緒に遊んでやらないぞ」
「ウソだよ ごめんね お兄ちゃん
じゃあ タクヤ兄ちゃんもまだ彼女いないよね」
「いない いない」
「ちゃんと教えてよ 最後は私が付き合うんだから」
「3年後な」
「そんなのあっという間だよ」

その日の夜 奥様と出会い半年後結婚した


「お兄ちゃんのバカ!」
「ユウコ・・・」
「バカ! バカ! 不良になってやる」
「俺もまさか結婚するって思わなかったんだ」


高校に入ってヤケになって男遊びに走った
初めての男もどうでもいい遊び人だった

ただタクヤさんへの思いは消えなかった

「私も行く」
「おまえ・・・何もしないだろうな」
「連れていかないなら何するかわかんないよ」
「わかった わかった」

子供のお披露目の時にはじめて2人の愛の巣に
私は上がり込んだ

「可愛い!女の子みたい」

フミヤくんを見て純粋にそう思った
タクヤさんへの思いとは別の感情だった

「俺に似てるだろ」
「うん タクヤ兄ちゃんそっくり」
「ちょっと私にも似てるって」
「ハハハッ そうだな」

奥様の顔はあまり見れなかった
ひきつった笑顔になるのは間違いないからだ

「お兄ちゃんこれからも来ようね」
「勝手なこというなよ」
「なんだよ 来てくれよ
フミヤもユウコちゃんに会いたいって」
「ウフフッ」

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

北条光影

Author:北条光影

電子書籍新作紹介
カテゴリ
最新記事
blogmura
LINK
Kindle Unlimited 全集シリーズ



リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ作品!



アクセスランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

☆ランキング参加中☆
クリックお願いします!







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析