FC2ブログ

≪最新作≫ 「父と娘の官能小説」 Kindle電子書籍発売!

「父と娘の官能小説」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

ドンドンドンッ

「タカコ~ いるんだろ」

「ちょっとお父ちゃん ベル押してよ」
「ハハハッ すまんすまん 入るぞ」
「うん」

「なんだ 洗濯モノ干してたのか」
「うん もう終わるよ」
「しっかしデカいブラジャーだなぁ」
「お母ちゃんも大きいでしょ」
「まぁな でもこんな色のは持ってないぞ」
「白だけだもんね」
「もうしてないだろ イサムしかいないし
垂れるからって若い時は気をつけてたけど」
「ハハハッ」
「どうせ垂れるだろ ここまで大きいと」

俺はタカコの胸を揉んだ

「お父ちゃんのスケベ!」
「スケベだからおまえも生まれたんだろ」
「そうだけど・・・」

口では嫌がる素振りをみせるが
俺に逆らうような性格ではない

「ビールあるか」
「うん」
「俺のために置いてくれてるんだな
おまえらは飲まないし」
「ううん ちょっとだけ飲むようになったよ」
「そうなのか」

タカコの家はソファもベッドもない
詳しくは聞いてないが2人のこだわりだろう
直接床に腰を下ろした

「ちょっと 座布団あるから」
「どこだ」
「待って 取ってくるから」

ガラッ

リビングのとなり部屋は座布団が
かなりの数置いてある

「何だ おまえら座布団集めてるのか」
「う、うん」
「珍しい趣味だな」

ここに来るのは久しぶりだ
サトシくんが俺に会うと委縮してしまうので
一応気を使っている

「これ使って」
「あぁ」

俺はスカートをめくった

「はいてないのか」
「もう お父ちゃんは」
「ちゃんと子作りはしてるのか 毎晩」
「えっ・・・」

この反応はしてないな

「話を聞かないといけないな 親として」
「ちょうど聞いてもらいたくて・・・」
「何だよ うちに相談に来ればいいだろ
エレベーターで上がってくるだけなんだ」
「今月ダメだったらって」
「そうか じゃあ 聞かせてくれ」
「・・・うん」


-以上-

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

北条光影

Author:北条光影

姉妹ブログ
ロリータ小説ABC

カテゴリ
オススメ作品!



最新記事
電子書籍発売中!







blogmura
LINK
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1.母と姉と
2.姉とワンルーム
3.義父と嫁の攻防戦
4.息子たちの嫁
5.母と息子の官能小説
6.父と娘の官能小説
7.清掃員美花
8.義母の誘惑
9.叔母と伯母
10.お説教
アクセスランキング
amazon電子書籍







QRコード
QR
RSSリンクの表示
アクセス解析